下痢

  • はてなブックマークに追加
  • 下痢を起こすのは腸が原因ではなく多くの場合、胃の周辺の問題で起きています。

下痢

下痢になりやすい方と下痢を繰り返し起こす方には原因があります。

 

この下痢を起こす原因から改善していくことをしないといつまでも下痢になりやすく、下痢が起きなくなっても、こんどは下痢を起こしていた原因が進行して違う悪さが進行していきます。

下痢というとストレス性とか精神的なものが関係して起きているとか色々なことを言われていますが、薬で抑えることもいいかもしれませんが、下痢の原因は常に動いていますから、止まることはありません。

下痢を起こしている原因が必ずありますので、それを見つけて改善していくようにしないと原因というものは、いつでも進行途中です。

原因は

下痢を起こしている原因として、一般的に言えることは膵臓の状態です。

膵臓と言っても病気ではありません。

膵臓も疲れをためたりすることが起きます。

多くの場合、下痢は胃の部分で起きています。

腸ではなく胃の部分のハリや炎症などの状態で下痢になります。

胃の入り口の問題があると下痢になります。

胃の後ろにあるのが膵臓ですから、膵臓が張ると下痢になります。

下痢はほとんどの場合、このどちらかか、両方の関係で下痢になっていきます。

あとは精神的なもので胃にくる方がいます。

胃が悪くなりそうなときに下痢になることもあります。

人で下痢が違いますので色々な確認が必要になりますし、

一つではなく、複数の下痢で起きていることもあります。