膝の痛み

  • はてなブックマークに追加
  • 膝の痛み、膝の水がたまる、膝の内側の痛み、膝の外側の痛みなどには原因があります、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院

膝の痛み

膝の痛みには色々な部分の膝の痛みがあります。

膝の痛み

 

膝全体の膝の痛み、膝の内側の膝の痛み、膝の外側の痛み、お皿の部分の痛み、膝の中の痛み、歩くと痛む膝の痛み、階段を上る時の膝の痛み、座って立つときに痛む膝の痛み、力を入れたら痛む膝の痛みなどがあります。

膝の痛みには一番ヒアルロン酸が有効と言われていますが、ヒアルロン酸は潤滑液と同じなので関節に油をさすと言う感じですよね。

年齢とともに潤滑液が減ってしまうのが原因と言われていますが、年齢と言うと膝の痛みがない方もいます。

膝の痛みがない方もいますので、年齢と言うのは違います。それでは個人差なのか、という事になります。膝の痛みがない方は潤滑液があると言うことです。

学者でもないけど詳しい話は、専門のページを見てもらうとして、現場担当と言う事で説明すると膝の痛みを薬やヒアルロン酸で抑えることなく、原因から改善していくようにしていきます。

痛みには原因が

必ず体に起きる痛みには原因があります。もちろん膝の痛みにも原因がありますが膝の痛みを訴える方が来院していきますが多くの方の膝を見てみると炎症が起きていたり腫れていたりぶよぶよしていたりしています。

関節を触るだけで検査することができますので見た目だけではなく実際に触って確認をしていきます。

確認というのは膝の痛みがどこから起きているのかということです。

必ずどこかに原因がありますのでその原因を見つけていくようにしています。

原因を見つける前に膝関節の炎症やハレを抑えていくことをしていきます。関節をもむようにしていくだけで関節が徐々に細くなっていきます。

細くなるということは炎症やハレが改善しているということになります。

まずは何事も原因を探るよりもその物自体を見て異常がないかを確認していきます。

膝関節の場合、間接自体に炎症が起きていたり、ハレが強く起きていたりすることが多くありますのでハレや炎症を抑えていことから始めていきます。

そしてさらに深い原因があります

関節がたまってきたら関節をそういう状態にした原因がもっと先にありますのでそこから改善していくようにしていますがこの部分が本当の原因です。

奥底で原因があるのに湿布を張ったりヒアルロン酸を注射を打っても、一時的に楽な状態を作るだけで原因はすべて残ったままになっています。

原因を残したままでいると膝関節自体が変形することもあります。

膝がどうして痛むのか

ひざの痛みなどして起きるのか原因をしっかり探る必要がありますので当院では膝の痛みの原因を見つけていきます。

ひざの痛みが起きるときにはひざの痛みが起きる原因が存在するから膝が痛くなっています。

この原因から改善して変えていことしないと痛みだけ抑えてしまうと徐々に膝は変形していきます。

当院の膝の痛みの治療は、まず、関節のハレ、炎症、水が溜まっていれば水を減らすことからしていきますが、どの部分が異常を起こしているのか、見つけていく治療をしていきます。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は膝の痛みを改善。