自律神経失調症は改善する

自律神経失調症は改善できる

自律神経失調症になるのは理由と原因があって自律神経失調症になります。薬で自立神経を安易に抑える事よりも原因と理由を知って、どうして起きたのか、どうしてなったのかと言う事も考えて改善と解消を目指しませんか。

自律神経失調症

 

原因とか理由が分かったいないと繰り返し起きやすくなります。薬は直しているというよりも中和するのを待っているという感じです。

中和する時には落ちた状態で中和していきますので、今とは変わっています。長くなればなるほど落ちていきます。色々なものが落ちていきます。今のままで止まることはありません。

自律神経失調症と言うのは、色々な症状が起こります。

のぼせ、微熱、吐き気、倦怠感、ダルイ、動悸、くらくらする、フラフラする、めまい、冷や汗、体の一部が震える、朝起きられない、眠れない、寝つきが悪い、イライラする、頭がぼーっとする、頭痛、生理不順、肩こり、体が重い、やる気がしない、元気が出ない、などの色々な症状が起こる場合があります。

自律神経と言うのは、実際にある神経のことです。どこにあるのかと言うと背骨の両横にあります。この自律神経は、背骨の両横にあって骨盤のあたりまで続いています。

おおもとは、大脳の脳幹から出ています。この神経が失調状態になることが自律神経失調症です。ですから自律神経失調症と言うのは大変なことです。

自律神経失調症

自律神経は

イラストにあるように脊髄神経の部分と背骨を書いていますが、肌色が背骨でピンクの色が脊髄です。この脊髄から出ている神経が自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経と副交感神経は、車で言えばアクセルとブレーキの役目と言う感じです。つまり働きように命令を出す神経と、抑える神経になります。

多くの場合、更年期障害と同じ症状を感じます。と言うのは自律神経失調症と更年期障害の差は性別、年齢、閉経に関係するからです。

女性で年齢が閉経前後あれば更年期障害、男性や女性でも閉経に関係ない年齢であれば自律神経失調症と言われます。

病院の先生もあまり調べてみることもしていないで決めつけてしまうことが多いようです。お薬を出しておきましょうと言われると思います。自律神経を安定させるお薬と言う。

自律神経失調症は

病院では原因は???関係ありません。 お薬を飲んで下さい。

どうして自律神経が乱れてしまったのか??

どうして自律神経が失調状態なったのか??どうして?????

理由は簡単です。体調が落ちて悪いからです。誰でも体調が落ちて悪くなっているのに自律神経が正常なわけありません。ストレスが蓄積しているのに自律神経は正常か?? いいえ です。

体調と言うとわからなくなっている方が多くいます。と言うのも体調は寝ているときに落ちていくからです。

眠りが浅いと言うのが寝ているけど眠りが浅いと言うことが最大の落とす原因です。今ではなくて自律神経失調症になる前にしばらくの間か長くなかったですか??

昔にあった方が多く自律神経失調症になっています。自律神経失調症になるもの数日でなることはなく数か月かかってなっていきます。または数年の方もいます。初めは症状はありませんが、だんだんとなんか変な状態になっていきます。

寝ているときが一番自律神経は崩れやすく気が付いた時には、結構、進んでいます。

解消するには

自律神経失調症を解消と改善するなら、まずは体調から上げていく施術をしていきます。

自律神経失調症の方は、全員、体調がよくありりません。体調が悪いから色々な症状が起きています。体調が良ければ症状は起こりません。

まずは、そこから解消していくようにしないと自律神経は整いません。体調を整えてあげていくことは簡単ではありませんが体調も落ちすぎていると数回かかります。

そして体調が上がってきたら症状も緩和されることもありますが、ひどく悪い部分ほど調子が良くなるのに数回かかります。

そして長く陥ってしまって慢性化して悪くしたものは体質改善、アンチエイジング、若返りの施術でしか変わることはありませんので、体質改善、アンチエイジング、若返りの施術で変えていきます。

自律神経失調症には

①体調を上げる

②体質改善、アンチエイジング、若返りの施術で体を変える  ことです。

 

 

参考までにウキペディアの自律神経失調症のぺーじは

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などから徳力整体院は自律神経失調症を改善と解消しています。