肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 筋肉がハリを起こしたり、硬くなったり、リンパの流れが悪くなって老廃物も多くたまることで肩こりになります。
肩こり

肩こりを感じる時には、どうして肩こりになるのか、考える必要があります。肩こりを筋肉のコリだと決めてしまっていることが多くあります。肩こりと言うと筋肉のコリだと言う感じですから運動的にも肩甲骨を動かす運動やストレッチなどが多くテレビでも紹介されて芸能人の方がやってみて肩こりが楽になったとか言っています。

何だか、お店の特集で芸能人の方が、どの店も美味しいと言うのと同じような感じです。確かに美味しいのかも分かりませんが。

本当に効果がるのかも分かりませんが、多くの肩こりの方は運動してもストレッチをしても変わらない事が多くあり続かないと言う事でも肩こりを感じています。

30年の肩こりの研究から

当院では今までの30年間の肩こりの研究から筋肉だけで起きている肩こりはないと思っていますし、実際に治療してきて筋肉のコリだけの方はいません。これは断言できます。

しかし肩こりと言うと筋肉を揉んだり、マッサージしたり、低周波治療器や電器したり、湿布を貼っても楽に感じてしまいます。このため検査もしていないし原因を突き止める必要もない方が筋肉のコリばかり解消しています。

肩こりを検査することを当院ではしていますが、普通は検査する事なんかできません。筋肉を触って固さだけで判断することはできません。

マッサージをしている専門の先生も触ってわかることはありません。

筋肉を検査する時には筋肉だけを、つまむようにしないと検査はできません。

肩こりのコリを検査する

普通でもできない検査ですが、当院ではできるから簡単にしていますが、簡単な技術ではありません。本当に筋肉のコリがあるのか、検査するとわかりますが、多くの方は筋肉のコリがありますが、単純な筋肉疲労の方ばかりです。これは今まで検査してわかっていることです。

確かに筋肉の疲労か起きている肩こりはあります。しかし、そんなに筋肉の疲労や硬縮、緊張が強い方はいません。筋肉に対しても色々なものがあります。

筋肉段階

筋肉の段階にも色々あります。筋肉疲労だけはありません。

軽い段階 筋肉疲労

 筋肉疲労が起きると筋肉は一時的に固くなります。この硬さのことを緊張と言います。筋肉が緊張して固くなった現象です。しかしこの硬さは一時的なものです。肩、腕、首を動かしたりすることでリンパの流れが停滞していたものは流れていきます。老廃物も流れていきます。

普通の生活では肩を大きく動かすことがありませんが、多くの方が動かす事をしていません。していなくても肩こりを起こしていない方も多くいます。

では、どうして自分だけ肩こりになるのか。

そこに何かの原因が潜んでいます。

その為に検査することができないとわかりません。肩こりと言っても複雑に絡んでいることもあります。一つの原因ではない場合も多くあります。一つずつ、除いたり解消しないと先のことは、わかりません。

検査と言っても病院のデータのように、一度に全てわかることはありません。

肩こりを検査すること

肩こりを検査することは一つずつ目先にあるものから検査していきます。その為、いくつも重なっている方の場合、表面上にあるものから減らしていかないと検査もできませんから解消はできなくなります。何も検査しなくても筋肉のコリは解消できますが、多くの場合、筋肉のコリだけで起きているものはないと説明しましたように関係するものが色々あります。

そのため順番があります。まずは何と言っても筋肉のコリの検査からです。

① 筋肉の検査

筋肉を検査してコリがあれば解消していきます。解消法は揉んだりマッサージをしたり

肩こりの原因

肩こりを解消する

肩こりを楽にしていく為には筋肉のコリから解消していくようにしています。肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージが多くありますが肩こりを起こす筋肉のコリと言うのは、どうなっているのか、単純に肩こり、肩こりと言いますが、肩こりのコリとは筋肉がどうなっていることなのか、と言う事は説明できる方は多くいません。肩こりを解消している施術院の方も知りもしないし考えもしない方が多くいます。

肩こりを起こしている筋肉のコリとは筋肉が緊張したりしていることです。では、どうして筋肉が緊張して固くなっているのか、と言う事なんですが、肩に限らず筋肉は毎日の生活、仕事、姿勢、荷物を持つ、維持する力、運動、ストレッチ、筋トレなどで多く使っていますが、筋肉を使う事をすると筋肉は仕事をしていますから動かしたり使う事で疲れが多くなり蓄積していきます。

この積み重ねの筋肉疲労が肩こりになります。筋肉疲労が起きていくからリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。これでも肩こりになります。肩こりと言うのは筋肉に疲れが溜まることで感じるのが肩こりです。軽いうちは肩や腕を動かすことでリンパの流れが改善されて老廃物が流れ循環が良くなります。

しかし筋肉の疲れ=筋肉疲労が多くなると簡単には回復できなくなります。

当院では肩こりを検査して筋肉のコリを確認しながら施術していきます。筋肉のコリが解消できてきたら次に進んでいきます。

肩こりになるのは

肩こりと言うと見た目でみて見えない原因が潜んでいますから筋肉ばかりに注目してコリをほぐしたり、柔らかくしたりしようとしていますが検査も確認もしていません。確かに筋肉を揉んだりしてもマッサージしても肩こりは楽になるでしょうが、肩こりを楽にすることと、肩こりの原因を見つけて直していくこととは大きな違いがあります。

肩こりを楽にする施術と言うのは湿布を貼ったりしても楽になることもあります。肩こりを楽にすると言うとサプリメント、医薬部外品でも肩こりは楽になることもあるでしょう。マッサージしても筋肉を揉んでも肩こりは楽になると思います。低周波治療器や電器をしても筋肉のコリが散ってしまってわからなくなることで楽に感じるかも知れません。

しかし肩こりには目で見えない、目でみても、わからない原因が潜んでいます。原因も いつまでも同じままではいられません。体が歳をとるように原因も進行していきます。進行するスピードも関係します。急速に進行する場合と普通に進行する場合など色々です。

何回も言いますが肩こりを楽にすることと、肩こりの原因を見つけ出して解消していくことは違います。肩こりの原因を見つけることは大変、難しい為、多くの治療院が対症療法ばかりしています。対症療法と言うのは原因なんか関係ありません。対症療法という施術法は湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器、ボキボキしたりすることです。

当院では肩こりの原因を見つけ出していく施術をしていますが、その前に肩こりを楽にしていく対症療法をしています。

肩こりとは

肩こりには、どうして肩こりが起きるのか??

何をしたら肩こりになるのか??

肩こりと言うのは何なのか??

という事を考える方は少ないようです。

ただ、肩こりがつらいとか、しか考えません。

その為、肩こりと言うと筋肉のコリをほぐして終わりと言う治療が多くあります。実際に筋肉をほぐせば、その時は楽になったように感じます。

それで『肩こりが良くなった』、『肩こりが治った』、『肩こりが楽になった』と思う方が多くいます。

本当に、そうでしょうか????????????

肩こりと言うのは、どうして起きるのか、原因があって肩こりになっています。

この原因を見つけていく事をしないと形が変わって症状を起こしていきます。しかし原因は同じなんです。

肩こりに関係するものは筋肉のコリと背骨の歪み、首の骨のズレ、内臓が関係しています。

内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。

疲れやストレスの蓄積が肩こりになる

肩こりを解消

 

北九州市小倉北区 30代の女性
家が近くなので肩こりを解消する為に来てみました。

院長:
この方の肩こりには筋肉のコリと言うよりも筋肉が炎症を起こしていることと背骨の歪みと体調の悪さに原因がありました。
体調が落ちすぎていると筋肉も炎症を起すことはあります。筋肉がコリの段階なのか、それ以上の段階なのか判断しないと治療はできません。
ただ筋肉をマッサージしても揉んでも筋肉の炎症は取れません。
そして背骨の歪みは内臓疲労から起きていますから内臓疲労を改善することをして背骨の歪みも解消していきます。

※当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※肩こりが解消する変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。体調や体力がついてくるとダルクなりません。
北九州市小倉南区 70代の女性
昔から肩こりが強くていつもは近所のマッサージをしていました。

院長:
内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。
この方の肩こりには原因があって眠りが深く取れていないのが原因で心臓が疲労して弱っているのが原因でした。眠りが浅いと脳疲労が起こります。脳疲労が起きれば心臓は血液や酸素を脳へ送ることをさらにして脳を元気にしていくことをしています。
しかし、いくら血液と酸素を送っても脳が元気にならないので延々と送ることをしています。これが心臓疲労の原因です。内臓といっても病気ではありません、疲れやストレスの蓄積です
心臓も弱ってしまうと動悸、息苦しさなどが起こります。

※当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※回復する変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。体調や体力がついてくるとダルクなりません。

肩こりは筋肉のこり、筋肉疲労、緊張、硬縮、弛緩、リンパの流れが滞って老廃物の蓄積などが原因で起きています。

筋肉の問題だけでも、多くのトラブルを起こして肩こりになります。

楽になる肩こり

 

いつも肩や腕はよく使うことが多く筋肉疲労は日常茶飯事です、最近はスマホの発展で細かい字を見たり、ディスプレイで目の疲れを起こしやすく、目を使う事でも肩こりになります。

スマホの使う事が多いので肩や腕を使う事で肩こり。

同じ肩や同じ方に荷物を持つことで肩こりになる。

事務仕事で肩こり。

パソコンを使う事で肩こり。

腕や肩を使う仕事で肩こり。

横向きに寝て腕を立てて頭を支える姿勢で肩こりになります。

長く運転をすることで肩こり。

免疫力低下で肩こり、風邪を引いて肩こり。

 

肩こりになるのは

肩こりになる方は無意識に肩こりになることをしています。

体の疲れやストレスがたまっていくと、疲れやストレスを感じないで肩こりになる方がいます。

肩こりを感じる時には筋肉の緊張でコリを起こしているから肩がこるということで肩こりになります。肩が凝っているときには筋肉がコリを起こしているので硬くなってきます。

筋肉が硬くなると循環も悪くなってリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまります。この老廃物が多くたまることでも筋肉はコリを起こします。

そのため、検査というのが重要なものになっていきます。まず何よりも検査をしっかりすること。当院の院長は筋肉のコリの部分を確認することができます。

当院の検査方法は、肩凝りがどこから起きているのか検査をすると、すぐにわかります。

肩こりの場合、肩の筋肉を触れば筋肉残りから肩凝りが起きているのかということが、すぐに検査でわかります。

簡単に言うと、筋肉がコリを起こしているか、筋肉以外から起きている肩こりなのか。

本当の肩こりの原因は主には3つです。

筋肉の問題、内臓疲労の問題、脳疲労の問題から起きています。

これを見た時に、疑問に思う方もいるかも知れませんが、これが本当のことです。ただし、内臓といっても病気ではありませんので勘違いしないでください。

疲れやストレスは内臓にも多くたまります。もちろん筋肉のもたまりますよ。しかし、多くの疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。内臓に疲れやストレスがたまると働きが悪くなるし、働きが悪くなることで内面から崩れていき、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

この骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きると筋肉もコリを起こしたり、これを悪化させると椎間板ヘルニアになります。頸椎のヘルニア、胸椎のヘルニアになります。

内臓に蓄積する疲れやストレスが体の歪みを起こしていき、骨の歪みやズレになります。この時のは歪みの程度・状態により筋肉のコリになります。これが通常の肩こりです。

何かをしたら疲れが発生します。この発生した疲れがたまるのが筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくと歪みができて肩こりを感じだします。

肩こり

① 筋肉で起きる肩こり

② 歪みから起きる肩こり

③ 内蔵疲労から起きる肩こり

多くの場合この三つの肩凝りがあります。

ほとんど多くの場合、筋肉だけで起きる肩こりはあまりなく、ほとんどが3番目の原因から肩凝りになります。歪みが起きるときもゆがみが起きる原因が内臓を疲労なので、本当の肩こりというのは疲れやストレスが内臓に蓄積して背骨の歪みになって歪むことで筋肉が引っ張られたりしてコリを起こして肩こりになっています。

病院に行っても、まずはじめはどんな症状を問診をして肩こりの場所を聞いてみて検査することからはじめて見ると思います。しかし病院では検査でわかることは病気になってからです。

多くの肩こりの場合、病気ではないので検査をしてもおわかりません

肩こりも原因がありますから原因から改善していくようにしていかないと、湿布や注射、薬、電機でも一時抑えはできるかもしれませんが、肩こりが感じないときも原因は進行していきます。

 

肩こりがない訳ではなく感じないだけということも多くあります。肩こりも起きる時には歪みと歪みを起こした原因が潜んでいます。

つらい肩こりは、普通は、筋肉のコリと言う感じですが、肩こりほど、色々な原因あるものもありません。

肩こりには肩こりが起きた原因があります。当院ではこの原因も考量に入れながら改善していく事をしていきます。

肩こりを解消する
コリを解消するには

肩こりを主に起こしているのは僧帽筋と言う筋肉になります。

僧帽筋から肩こりになる

この僧帽筋は、頭の付け根から首から背中まである筋肉です。

ですから肩こりだけではなく、首の痛みと首のコリまで起きる方も多くいます。僧帽筋がコリを起こしている時には、体調も落としていることが多くなります。つまり体に疲れやストレスがたまっていると言う事になります。

疲れやストレスが多くたまると、体調が悪くなって循環や代謝なども悪くなります。体調を落として悪くなると肩こりが起こりやすくなるからです。

コリは

肩こりが筋肉のコリからとしたら普通は、肩や腕、手を使う仕事をすると、筋肉のコリは起こります。
筋肉のコリが起きると、循環も悪くなります。
循環の関係の代表的なのもは、リンパです。
筋肉の間にあるリンパ液が吸収して老廃物を減らしていきます。
ただし、何も原因がなくて、リンパ液が働かないわけありませんが。
リンパ管やリンパに命令を出すホルモンが出ていないとリンパは働きが悪くなります。
筋肉の間を循環して老廃物を取るリンパ液も、いつも働いている訳ではなく命令が来た時に働きをします。

リンパの流れで肩こり


その命令を出すのは、肝臓です。
肝臓が病気と言っている訳ではありません。
肝臓に疲れやストレスがたまっていると、弱ってしまって命令を出すことができません。

 

 

疲れやストレスの蓄積

あとは、体調も関係します。
体調が落ちていたり、疲れやストレスが体にたまっていると、循環や内臓の働きが悪くなります。
体調が落ちていると、歪みやズレも起きている場合があります。

肩こり

体調が悪いと、

① 循環が悪い。
② リンパの働きが低下する。
③ 体に疲れやストレスがたまる。
④ 歪みやズレが起こります。
⑤ 筋肉が固くなっている方もいます。
これらの原因が肩こりを起こしています。

肩こり

肩こりの原因になるものは
肩こりは簡単に考えないで下さい。
電器や機械、ボキボキしたり、揉んだりししていると原因がわからなくなります。
① 筋肉のコリから肩こり
② 体調が悪いと歪みやズレができるので肩こりになる
③ 肩や首の骨が椎間板ヘルニアになっている
④ 筋肉が固いことから肩こりになる方もいます。
⑤ 内臓から起こる肩こりもあります。

簡単に上げて見ても5つありますので、これ以外で起きるものもあります。

①体調が落ちているから肩こりになります
肩こりが起きるときには、疲れやストレスがたまっています。
疲れやストレスがたまると、体の歪みが起きています。
体の歪みが起きて、疲れやストレスが蓄積すると、筋肉だけの肩こりではなくなります。

体に疲れやストレスがたまると、リンパの流れが悪くなります。
リンパだけではなく血流も悪くなります。
その他の体液の流れも悪くなって、色々な所に疲れやストレスがたまっています。
疲れやストレスは際限なく限りなく蓄積することができます。

あまりに多くの疲れやストレスがあると、マヒする方もいます。

疲れやストレスは、どこにでもあるし、何かをして起きるものもありますが、原因がない場合も多くあります。

① 筋肉のコリから起きる肩こり

使いすぎやパソコン作業、レジ打ち、手仕事などの繰り返しで、肩を使いすぎると肩こりになります。

この時の肩こりは、筋肉のコリで起きています。
  

肩こりは筋肉の循環が悪くなって起きています。
肩で筋肉がコル、だから『肩こり』です。
コリとは肩の筋肉が緊張している事を言います。

肩の筋肉が緊張すると、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、老廃物もたまります。
肩を使って起きるコリと肩を動かさないで血流が悪くなって肩こりが起きる場合があります。

筋肉のコリは、肩を上下させるとか、肩や手を回したり動かすと、軽くなる場合もあります。
軽くならない場合は、

② 背骨などの歪みやズレから起きる肩こり

首の骨や背骨まで歪みが起きたり、骨のズレが起きると肩こりは、筋肉だけでは済まなくなります。
この歪みやズレは、疲れやストレスの蓄積で起きています。

 


①の場合も、②の場合も、肩こりになっている原因は、個人個人違いますから、肩こりの原因を見つけて改善する施術をしていきます。

しかし、肩こりに関係する筋肉は、循環が悪い時間が長いと、筋肉も固くなります。
一時的に固くなって、肩の筋肉が張る場合と筋肉が老化して固くなっている場合があります。
一時的な筋肉の張りでしたら、柔らかくするだけで良くなります。

その原因を見つけていくためにも、筋肉から柔らかくしていく方法で、どれくらい改善できるかやってみて判断していきます。椎間板ヘルニアが起きているかもしれません。

又は、

肩こりは内臓から


肺が弱って肩こりになることも

肩こりも内臓から起きているかも知れません。(病気ではありません)
本当は、内臓の疲れから起きている肩こりも多くあります。
単純に肩こりも筋肉のコリと思わないでください。
疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓の疲れやストレスの蓄積だけではなく脳にも関係して肩こりになります。
脳と言うと、眠りにも関係しています。

眠りが浅いと、脳が弱ります。

肩こりには眠りも


脳が弱ると、脳と心臓と関係が密接なので、心臓が弱って首の付け根が緊張して凝ったり、
骨のズレになったりヘルニアになります。

この場合も、内臓を元気にしていく事で改善していきます。
又は、繰り返さないように体質改善 アンチエイジング 若返りで変えていきます。
詳しくは、体質改善 アンチエイジング 若返りで簡単ですが説明しています。
もっと詳しくは来院されて今の体の状態をチェックして説明します。

いつもでも肩こり体質でいないで原因から変えていきませんか??
そして、肩こり体質から抜け出しませんか??
肩こりが起きやすい方も、肩こりが起きらなくなることが目的です。

肩こりを体質改善で

当院には肩こりを体質改善で変える施術法があります。
例えば、肩こりに関係する僧帽筋と言う筋肉が固くなってる方がいるとします。

つらい肩こり


首から肩の下の方にまである筋肉です。
だから、肩こりと首の痛みと首のコリが連動している場合があります。
筋肉のコリで肩こり
この僧帽筋が、高くなっている方がいるとしたら、電機や機械、手で揉んでも柔らかくなるかと言うと、一時的には、循環を良くすることはできます。
どんなに、うまい人がしても、循環が一時的に良くなるだけです。
循環が良くなってリンパの働き良くなり老廃物も流れるでしょ。
しかし、それだけで、筋肉は柔らかくなりません。

一時的な状態を作ることと、永久的に柔らかくすることは違います。
それ理由は、固い筋肉は老化しているからです。
老化している筋肉は、揉んでも、電機をしても柔らかくなりません。
何をしても、柔らかくならないものが老化です。

持続的に肩こりを感じる方と、繰り返し肩こりを感じる方は、筋肉が固くなっています。
つまり、肩の筋肉が老化しています。
老化からくる肩こりは、いくらもんでも一時的で、また繰り返す場合が、ほとんどです。

理由は、いくら筋肉をもんでも、もう柔らかくならないと言うことです。
この方の場合、筋肉を、柔らかくなるように若返らせる必要があります。
肩の筋肉を若返らせて良くするためには『体質改善アンチエイジング若返り』の施術をする必要があります。
その老化して固くなった筋肉を柔らかくすることが体質改善でできます。
しかし、体調と体力がないとできません。
筋肉が柔らかくなる「力」が必要だからです。

当院では老化した筋肉を柔らかくする施術のことを体質改善 又は、アンチエイジング 又は、若返りと言っています。

この施術は筋肉だけではなく、他の内臓なども対象として施術することができます。

何も原因がないのに、肩こりは起きません。
運動しないと言っても、肩こりは起きません。
姿勢が悪いからと言っても、それだけでは、肩こりは起きません。

当院のカイロプラクティック徳力整体院は、痛くない方法で肩こりを楽にすることをしています。
北九州市小倉の近隣から多くの方が来院されて肩こりを解消しています。