痛みやこりの検査 体調の検査 歪みの検査 

検査する

検査をすることで痛みやこりが起きている場所と原因がわかります。痛みやこりがある時に、その場所が原因とは限りません。

痛みやこりがある部分が原因ではない場合が多いので、その原因を見つけるのも検査が必要なんです。
例えば膝の痛みは膝には炎症やハレがありますが、原因は別な所にある場合が多くあります。

関節は関節で解消していかなければいけませんが、どうして膝の痛みが起きたのか原因があります。この原因を見つけていくためにも検査することが大切になります。
腰痛も同じことですが、痛みが起きている所が原因とは限りません。痛みやこりがある所だけ湿布を貼ったりすることも必要ですが、低周波治療器や電器をして抑えることも必要かも知れませんが、原因は????ということを考えて下さい。

その原因を見つけ出すために検査することが重要になります。
まず初診の方は体調が落ちて悪くなっています。どんな方も今まで、体調が良い方はいませんでした、体調が良いと思っている方は多くいましまたが。
ですから

検査すること

後頭部の左のラインが反応しています。左のラインの反応が強くあるから痛みやこりも起きています。
だからライン1の方よりもライン2の方が体調が悪くなって骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。
風邪をひいても、このラインに反応として出てきます。

インフルエンザにかかっても、帯状疱疹(ヘルペス)にかかっても反応として出てきています。
腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、のある方は、体調が悪くなっていますので体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなっています。

治療は:このラインを上げる治療をしていきます。

ラインを上げる治療をすると痛みやこりが楽になっていきます。
ラインを上げる治療をすると、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、が楽になります。
ラインを上げる治療をすると、骨盤の歪み・背骨のズレが減っていきます。
ラインを上げる治療をすると、顔が小さくなって小顔になります。
ラインを上げる治療をすると、骨盤が小さくなって小尻になっていきます。
ラインを上げる治療をすると、ウエストが細くクビレてきます。
ラインを上げる治療をすると、浮腫みが減っていきます。

ラインが上がって安定してきたらラインの反応が左から右にラインの反応が移りやすくなりますので、この時に体質改善の治療ができます。

体質改善と言うのは別名、アンチエイジング、若返りの治療です。大木の症状は体質と密接に関係しています。
体質改善の治療をすると体が強くなっていきます。
小顔矯正、骨盤矯正の方も体質改善の治療で維持する力が上がります。戻りが少なくなっていきます。

1回で体調が良くなることはありません。と言うのは最近、多くの方が体調がすごく悪いからです。悪い方ほど簡単に考えています。

説明はわかりやすいように簡略化しています。