更年期障害

  • はてなブックマークに追加
  • 更年期障害になっている方は原因がありますので原因から改善していくようにしないと病院でもらう薬ばかり使っていると余計にホルモンのバランスが悪くなってきます北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイ
更年期障害

更年期障害

更年期障害は閉経前後に女性ホルモンの分泌のバランスが崩れるときに起きています。特に卵巣で作られるエストロゲンの分泌量が深く関係した症状が起こります。

年齢とともにホルモンの分泌量は減少していきます。9歳前後からエストロゲンの分泌は始まって、30代半ばでピークを迎えます。これ以降は分泌する量は落ちていくばかりですが、卵巣の機能低下に従って40代半ばで急に落ちていきます。

この突然の変化に体がついていかないで起きるのが更年期障害と言う症状です。

閉経前後に起きるので50代前後の体調の異常を更年期障害と言います。

更年期障害

 

それ以外は自律神経失調症と言いますから。自律神経失調症と更年期障害というのはただ見ただけでは見分けがつきません。

自律神経失調症と更年期障害の見分け方は年齢だけです。50歳前後であれば更年期障害といわれ、それ以外では自律神経失調症といわれてしまいます。最近は以前なかった男性の更年期障害と言うもあります。また、若年性更年期障害と言うのもあります。

エストロゲンの分泌

卵巣で作られるエストロゲンをコントロールしているのは脳下垂体です。脳下垂体が分泌しなさいと言う命令を出しても卵巣機能の衰えによってエストロゲンの分泌は減少していきます。

つまりいくら中央センター(脳下垂体)で指令が出ても、末端(卵巣)が良くないと正しく働かないということです。

軽々前後であれば、当然、ホルモンのバランスが低下して悪くなりますが、閉経なのに、何も症状が起きない方もいます。

起きる方と起きない方の関係も分かっていません。

更年期障害を変えるには

更年期障害を変えようと思ったがあの体調から整えていくようにしないと、何よりもすべて優先されるのは体調です。

病院の薬などでは体調が落ちてるとか上がってるとか体調というのは関係ありません。しかも病院の薬で体調が上がることはありません、サプリメントでも健康食品でも体調が上がることはありませんので何をしても一番難しいのが体調をあげるといことです。

マッサージをしても電気治療器をしても、これらはすべて刺激などで体調は落とすことはできても体調を上げることはできません。

では体調を上げるのはどうしたらいいのか??

体調を上げていくためにはどうしたらいいのか。どうすれば体調が上がるのか。何かを飲めば体調が上がるのか。

運動すれば体調が上がるのか。十分休養をとれば体調が上がるのか。

すべては体調というのに関係していることですが、こんなことをしても上がらないのが体調です。体調が上がってくるとを回復力も上がってくるので回復力が上がるということは元気になっていうことなんですが、体調を上げるというのは大変困難なことになっています。

というのは、皆さん体調というのを簡単に考えている場合が多くありますので、マッサージでもすれば上がるだろうと思っている方が多くいらっしゃいますけどそんな簡単なことで上がるのが体調ではありません。

楽になることと、痛みやこりが減って楽になることと、体調が上がるということは違います。

体調というのは体力とも違います。運動をするとを体力というよりも筋力は上がります。筋力が上がれば体調が上がるかというとそんなことでは体調はあがりません。

当院の治療でも一番手を焼いているのが体調を上げるということです。

更年期障害を解消するためには、体調から上げていくことをして色々なところの働きを良くすることをしています。

体調というと基本的になるものは、内臓の働きが中心です。内臓の働きが上がることが体調が上がるということにつながっていきます。

体調が上がっていくことが更年期障害から起きるいろいろな症状を改善と解消することができます。先ほども言ったようにサプリメントをのんでも薬を飲んでも体調が上がっていくわけではありませんので、体調を上げていくためにはどうすれば体調が上がるかということを考えなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから更年期障害を改善するカイロプラクティック徳力整体院

参考にしてください。

yahooヘルスケア 更年期障害

ヘルスケア大学 更年期障害

goo 更年期障害

ウィキペディア 更年期障害

エンジョイエイジング 更年期障害

EO健康 更年期障害

E治験.com