肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりは筋肉が硬くなって起きる物ですが、筋肉もどうしてかたくなっているのか原因があります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

肩こり

肩こりというと筋肉のコリと言う事で肩こりが起きています。肩こりを感じるときには筋肉のコリが起きていますから、筋肉のこりをほぐして柔らなくすることをしています。

筋肉と言うと僧帽筋という名前の筋肉ですが、この僧帽筋の筋肉がコリを起こすことが肩こりです。

しかし、コリと言うのは、どう言う現象なのか、わかりますか。

コリ、コリと言いますが、肩こりのコリとは??????

それを説明できる専門家の先生も少ないようです。

ただ、筋肉が緊張しているとか、固くなっているとか???

では、どうして筋肉のこりが起きるのか???

肩の使い過ぎ??

いつも同じ肩ばかり重いものを持つから???

パソコンを使い過ぎ??

スマホを使い過ぎ??

仕事で肩を良く使うから??

などなど色々な肩こりの原因があります。

その肩こりの筋肉のコリを説明できる方はいませんから適当に言う場合が多くあります。

肩こりと言うのは実は重大な意味があるから体が起こすボディランゲージです。

意味もなく筋肉のコリを起こすことはなく、意味があるから自分に体のことを知らせる為に送る警報です。

この警報の肩こりも単純な肩こりもあります。

もちろん肩の筋肉を使いすぎて起きる一時的な肩こりです。

この肩こりの場合、湿布を貼ったりするとか、肩や腕を動かすことや休ませることでも肩こりは楽になります。

この場合、一番の有効な手段は湿布を貼ることです。野球選手のピッチャーが肩をアイシングしていますから、一時的に冷やしてみるとかすると筋肉の緩和ができることもあります。

しかし、いつもすることではありません。

ピッチャーは酷使している訳ですから。

普通は、ここまで酷使することはありません。

では、運動選手みたいに使う事はないのに、どうして肩こりが起きるのか??

普段の生活で使う事しかしていないのに、どうして肩こりが起きるのか??

肩こりが起きているときには当然リンパの流れも悪くなっています。

しかし、リンパの流れが悪くなって肩こりというよりも、筋肉がコリを起こしているからリンパの流れが悪くなって老廃物がたまったと言う事が先です。

リンパの流れが悪くなったら老廃物が多くたまって、と言う事はありません。リンパ療法をしている方は言うかも知れませんが。リンパ療法もあまり押すことはしないマッサージですから。

リンパ療法と言っていますが、実態はマッサージです。ぐいぐい押すマッサージではないと言うことです。

さするようにしたり、表面上のマッサージをしてリンパを流すと言っています。

しかし、どうしてリンパの流れが停滞しているのか、と言う理由があります。

何も原因がなくて、リンパの流れが停滞することはありません。

リンパの流れと血液の流れは違いますが、ある原因からリンパの流れ、血液の流れは停滞してしまいます。

これは体にたまった疲れやストレスです。

リンパの流れも最終的には鎖骨部分の静脈に流れていきます。ですから最終的には血液と同じです。リンパの流れから流れ込んだゴミは最終的には腎臓で処理されます。

循環も良くしてもすべて内臓を通過していきます。内臓を通過しない循環はありません。

循環を良くすればするほど内臓に負担が起こります。

内臓の負担は内臓が元気であれば大したことはありませんが、内臓疲労が起きていると内臓負担は多くなものになります。

内臓負担が大きければ大きいほど内臓疲労は進行して行きます。

しかも日々の生活で疲れやストレスは内臓にたまっていっています。

この両方の内臓にたまる疲労から内臓は弱っていきます。

ある内臓が弱った時に肩こりになっていきます。

ある内臓というのは心臓、肺、肝臓、胃などです。

始めは肺や、心臓、肝臓、胃の弱いで済まされますが、疲れやストレスの蓄積が多くなると、ある現象が進行していきます。

ある現象とは老化です。

老化の進んだものが病気です。

しかし、完成してしまわないと病院で検査しても分かりません。

いくら症状を訴えても病気なっていなければ異常なしか原因不明です。

何かの症状を訴える場合、異常なしではなくわからないとは言いません。

例えばですが、内臓の老化が80パーセントを超えると病院で検査すると数値が異常になって病名が付きます。

病名がつくということは、もう病気です。

しかし、ゼロから100に一気になることはありません。

病院では数値ばかり気にしていますが、実物を触るとどうでしょうか??

例えば、当院では患者さんの背中を良く触ります。

例えば糖尿の方でしたら背中の左側が固くなって張っています。

肝臓の老化が進んだ方も肝臓病ではありませんが、肝臓のある右側が固く張って高くなっています。

数値に出るないは別として内臓自体を見ていると異常状態を起こしています。

これを確認して肩こりを治療していくが当院の肩こり解消法です。

いつまでも一時抑えばかりしていると原因は進行していきます。

一時押えと言うのは低周波治療器や電器、マッサージばかりしていると原因は進行して100人の肩こりの肩が、その中の20にんか 20人か30人くらいが心臓病や肺の病気、肝臓の病気、胃の病気になっています。

後の方はなりかけです。

これが肩こりの原因です。

だから肩こりといっても筋肉のコリと思わないで、本当の原因を見つけることが大切です。

当院では体質改善という治療もあります。

体質改善の治療は若返りの治療です。

病気になる前に内臓を若返りさせることができる唯一の方法です。しかし1回や3回や5回でできる物ではありません。

そんなマジック的な治療はしていませんしできません。だましではなく治療ですから。

体がそんなに簡単に若返ったら1回につき1000万や1億円もかかってもできません。

映画と同じ聖杯と同じことですから。

そんなだましはしていません

体を直すことは簡単ではありませんから!!!!

 

 

 

肩こりを原因から楽にして直す為には

北九州市で小倉南区、小倉北、行橋などからカイロプラクティック徳力整体院は肩こりを原因から解消していくことをしています。

当院は「小倉 肩こり」、「小倉南 肩こり」、「小倉北 肩こり」、「小倉南区 肩こり」、「小倉北区 肩こり」などの検索キーワードで人気があります。

2017年09月13日