頭痛

頭痛を改善する

頭痛を楽にしていくには

頭痛が起きやすい方、頭痛になりやすい方、頭痛を繰り返しやすい方、いつも頭痛薬を服用している方の頭痛を改善することができます。

頭痛になるのは、原因がありますから原因をみつけていく治療をするようにしないと、頭痛の方の半数は脳梗塞になる確率が高くなります。

これは当院が言っている訳ではなくテレビの特集で言っていたことです。

頭痛と言うのは頭で起きています。

しかも脳で起きていますから脳の問題と言う事になります。

●普通は肩こりがあるから頭痛になると言う事で頭痛がある方は、肩こりと同時に起きていることが多いようですから肩こりを解消して頭痛を良くしようとすることがあります。

つまりは肩こりからくる頭痛と言う事ですが、本当にそうでしょうか??

院長は肩と首の部分には関係がありますが、まったくと言う事はありませんが別物だと思います。

頭痛も肩こりを良くすれば一時的に頭痛を感じなくなります。

これが肩こりから起きる頭痛と言う構図になっていますが、院長は別物と思っています。

頭痛は頭痛、肩こりは肩こりだと、言う事だと思いますが、肩こりを良くしても圧力が下がるので頭痛が改善することがあります。一時的ですが。

●首の痛み、首のコリから起きる頭痛と言うことも良く言われますが、これも首の痛み、首のコリは首の痛み、首のコリ、頭痛は頭痛だと思いますから別物があると言う事です。

しかし首の痛み、首のコリをほぐしていくと頭痛が良くなることもある為に、首の痛み、首のコリから起きている頭痛と言うことを言われます。

しかし頭痛は頭痛です。首の痛み、首のコリは首の痛み、首のコリです。たまたま同時に感じているからです。

これらが起きることを体調が悪いと言います。

何かの痛みやコリなどの症状を感じることを体調が悪いとか、調子が悪い、と言います。

 

寝込んでいなければ体調が良いか、と言うとそうではありません。

風邪を引いていないと、体調が良いのか、と言う事があります。

体調とは

体調の悪さを説明するのは、簡単なことではありません。

体調が悪くなる、体調が落ちるということは疲れやストレスの蓄積で落ちていきます。

疲れやストレスがない生活はありません。

人は刺激を受けて生きています。

刺激を受けると疲れやストレスが生まれます。

仕事をすると疲れやストレスが多くなります。

飲食をしても疲れやストレスは多くなります。食べることで内臓が働きますから内臓が仕事をしています。内臓が動いてくれるから生きていることができます。

アルコールを飲んでも疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。アルコールを分解するのにどれだけの内臓が働くのか!!!!

タバコを吸うと肺が働きます。働くことで疲れやストレスが肺にたまります。

脂分が多い食事をすると脂分の分解にどれだけ内臓のエネルギーが使われるか!!使うと疲れやストレスが多くなります。

息を吸うことでも肺が働きます。そこで生じる疲れやストレスがあります。

内臓も働くと疲れやストレスをためていきます。

それ以上に仕事や生活、運動で筋肉だけではなく内臓に疲れやストレスがたまっていきます。

この疲れやストレスがたまると体調が落ちていきます。

そして脳にも疲れやストレスはたまります。

脳に疲れやストレスがたまります。これは特別なことではありません。

脳に疲れやストレスがたまると脳は緊張が強くなります。

この緊張が頭痛、片頭痛になります。

一度、頭痛になった方、頭痛持ちだった方が頭痛が起きなくなったかたも要注意が必要です。

と言うのは最近は頭痛が起きなくても頭痛の原因はあるからです。

以前に頭痛が起きていた方は、原因から改善していないと形が変わっておきます。

その進行途中では頭痛が一時的に長い間でもないことがあります。

頭痛には頭痛を起こしている原因が脳にあります。

脳の原因を見つけ出すことも薬を飲むように簡単に、見つけることができる訳ではありません。

初回では体調の悪さや色々なものが邪魔をして見えなくしています。

体調の悪さがある場合は、疲れやストレスの蓄積から減らしていく必要があります。

その疲れやストレスは脳にもたまりますが、他の内臓にもたまります。

眠りから頭痛に

最近は眠りが浅い方が増えています。

眠りが浅いと寝ているつもりになっています。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思っている方が多くいます。

眠りと言うのは脳が休養をとることで脳が寝る事です。

体は寝ていても脳が寝ていないと寝ていません。

人が見てもスースー寝息を立てていても寝ているとは言えません。

脳の中が問題なんです。

脳の中から緊張や炎症やハレ、硬縮などを改善しないと頭痛が改善しない方もいます。

寝ている時に夢を見ることは目が覚める瞬間に見ていますが、たった数秒や数分です。同じ夢を見ているか、違う夢を見ています。

夢を見る睡眠も浅い睡眠ですが、もっと浅い睡眠があります。

この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠といいます。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

夢はおぼえていますが、寝ながら考え事をしている睡眠は記憶に残ることは少ないようです。

寝ながら考え事をしている睡眠が多くなると睡眠負債になります。

睡眠負債と言うのは取り返しが付かないと言われています。

睡眠負債は心筋梗塞や脳梗塞、認知両貝、痴ほうになりやすいことはわかっています。

 

脳疲労から頭痛になる

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は頭痛を楽にしています。

2017年12月13日