骨盤矯正

骨盤矯正は

骨盤矯正をしています

当院では人気がある骨盤矯正をしています。当院の骨盤矯正はボキボキしていませんし痛くもない骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は骨盤周辺の脂肪や浮腫みもとれていく骨盤矯正をしています。

骨盤周辺の脂肪や浮腫みが取れるだけではなく骨盤自体が小さくなる骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正というのは、どう言うものなのか。

骨盤矯正自体をわかっていない方が多くいます。

当院では骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の横を触ってもらいますが上手く骨盤の横を触ることができない方がいます。

当院の骨盤矯正は骨盤矯正を始める前に、必ず骨盤の横を触っておぼえてもらっています。おぼえることは単純です。

今の骨盤の幅をおぼえるだけなんですが、これが簡単なことではありません。

と言うのも、ただ、骨盤の横に手を当てれば良いと言う訳ではないからです。

骨盤の横に手を当てて骨盤の幅を感じようとしないと骨盤の幅はわかりません。ですから、ただ、手を当てれば良いと言う事ではありません。

幅を感じようとすることが大切です。それができると本当に小さくなったのが、しっかりとわかります。

骨盤矯正とは

骨盤矯正と言うのは現実にどう言う者なのか。

骨盤矯正とは骨盤の骨を矯正していく事ですから、骨盤の骨を矯正する事とは。

今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが、検査する事ができますから検査してみると骨盤矯正希望の方、全員が骨盤に歪みや骨盤の開きがありました。

それだけでも骨盤が大きくなりますが、最近は、それ以上のことが起きています。

それ以上のこととは、骨盤の骨自体が炎症を起こしている方が多くいます。

骨盤の骨が炎症がなくて異常がない方は、今までいませんでした。

多くの方が自分でも気が付いていないで骨盤に炎症が起きています。

骨が炎症を起こしていれば骨も肥大して大きくなります。

骨が炎症を起こしていれば骨盤周辺の脂肪が多くなります。

骨が炎症を起こせば浮腫みやすくなります。

骨の炎症もどこがどんなふうに炎症を起こしているのか、検査ができないと骨が改善できません。

骨の状態を詳しく確認していくことが必要です。

検査すること

当院では検査する事ができますから他とは違った骨盤矯正ができます。

しかも自分の両手で骨盤が小さくなったのがわかるようにしています。

その他には触り方をおぼえるようにすると小さくなったのがわかります。

骨盤矯正をしていく時には、痛くない怖くない無理に押さえつけたりしない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をしていく時にはマッサージをするようにして骨盤矯正をしていきます。

しかしマッサージをするようにといいましたが、マッサージではありません。

一番、近い言葉がマッサージをするようにというのが近い言葉ですがマッサージをするようにして骨盤を整えて行ける骨盤矯正です。

本当にマッサージをするようにして骨盤を小さくしていく事ができますがマッサージではありません。

マッサージ見たいにして揉むようにしていくと骨盤の炎症やハレが解消して、骨盤の歪みや骨盤の開きが改善していきます。

そして骨盤矯正をしていくとウエストが細くなっていきます。

ウエストが細くクビレができる矯正

同時にできるのがウエストが細くクビレができる矯正です。

当院の骨盤矯正は痛くもない初回から変わる骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正はボキボキもしないし、痛くもない骨盤の歪み・背骨のズレをしているので人気がありますが、自分で小さくなったのが感じないと、本当に変わったのがわからないと思いますから、骨盤矯正を始める前に記憶しておいてください。

記憶しておくことは自分の骨盤の幅です。

この触り方は、簡単ではありません。何度も言いますが、簡単に触ると小さくなったのがわからない方もいます。

骨盤矯正をしていくときに30センチも50センチも変わることはありません。

ズボンやスラックス、パンツが緩くなったと言う事もありますが、基本的には自分の手で触って小さくなったのがわかることだと思います。

洋服でわかるよりも手でわかるほど変えていきますが、触る時に脳を働かせて触らないとわかりません。

そのため、左右差を感じるように触ると、わかる方もいます。

当院の院長は変化したのが触れば、すぐにわかります。

いつも訓練しているので、触り方と感覚神経の働かせ方ができます。

左右差を感じようとすると脳の感覚神経が働きます。

脳で幅を感じると言う事です。

 

骨盤矯正のさわり方

 

 

当院では30年の臨床と経験で骨盤矯正をしています。

2017年12月19日