小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で小顔矯正をお考えなら1回目から顔が小さくなる矯正をしている30年になる徳力整体院。
小顔矯正をしています

小顔矯正をしています

当院の小顔矯正はボキボキもしない痛くもない小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は初めから顔が小さくなることで人気がある評判の良い小顔矯正です。

 

当院の小顔矯正は無理やり抑えつけたりすることもしていません。

小顔矯正をする時にはマッサージするようにと行った方が良いと思うくらいの感じで小顔矯正をしていきます。

しかしマッサージではありません。

マッサージしても顔が小さくなる、小さくできることはないと思っています。

小顔矯正をしていく時には、顔のどこを小さくしたいのか、お聞きしています。希望で変える事ができますから。

全体を変えることを希望する方もいれば、部分的に気になる所を変える方がいます。

多くの方が小顔矯正に訪れていますが、小顔矯正ということを良くしてっていません。

ただ、、小顔矯正と言うと顔を小さくすること、顔が小さくなれば良いと思っている方が多くいます。

つまり顔が小さくしたい、と思うだけで、小顔矯正というものを知らない方が多くいます。

顔を小さくすると言う事とは???

顔が小さなると言うこととは??

どうして顔に浮腫みがでるのか??????

どうして顔が変形して歪みを起こすのか????

小顔矯正をする為には

小顔矯正をする時には顔と言うよりも顔は顔面骨ですから頭がい骨の一部になります。

つまり顔を小さくしていくと言う事は頭がい骨を小さく動かすと言う事になります。

簡単に書いていますが、頭蓋骨を小さくすることが小顔矯正です。

顔だけ小さくしても頭が大きいままだとバランスが悪くなります。

顔の骨に影響があることは脳にも影響を出すこともあります。

 

小顔矯正をする時には、顔の浮腫みを解消しても顔が小さくなります。

小顔矯正をする時に、顔の脂肪を減らしていくと顔が小さくなります。

小顔矯正をする時に、骨盤の歪みを改善しても顔が小さくなります。

小顔矯正をする時には、背骨のズレを改善しても小さくなります。

小顔矯正をしていく時に、体調を上げても小さくなります。

小顔矯正をするときには、体にたまった疲れを改善しても顔が小さくなります。

小顔矯正をする時には、体にたまったストレスを減らしていく事でも顔は小さくなります。

小顔矯正をしていくときには、内臓の働きを上げても顔が小さくなります。

小顔矯正といっても顔だけではありません。

小顔矯正をする時には、色々な部分から改善していく事も必要です。

色々な部分の総合的なものが顔に影響しているからです。

しかし

初回は顔だけ

初回は顔だけ触って小さくしていくことをしていき、他は、後回しにして小顔矯正をしていきます。

できるだけ1回目から顔が小さくなることをわかってもらうようにしていますが、顔だけ触って小さくする方法では維持する力がありません。

と言うもの、体調が悪かったり、疲れやストレスが多く蓄積しているのに、維持する力があるとは思えません。

体調が悪いことが顔の輪郭の歪みを起こしています。

体調の悪さが顔の浮腫みを起こしています。

などが多いと小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持することができることはありません。

しかし1回目は顔が小さくなることが、本当だと言うことをわかってもらうために顔だけ触って小顔矯正をしています。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持することができないのは、疲れの蓄積が多い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのはストレスの蓄積が大きい方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、骨盤の歪みが大きくある方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、背骨のズレが大きくある方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、内臓の働きが低下している方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、眠りが浅い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、睡眠負債が多い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、寝つきが悪い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、夢ばかり見て寝ている方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、寝ながら考え事をしている睡眠をしているかたです。

体調の悪さ

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが、ほとんどの方の体調がすこぶる悪くなっていますが、悪さを感じていない方、悪さをわかっていない方が増えています。

自分でも気が付いていないで体調が落ちている方は、眠りが浅い方です、寝ている間に、眠りが浅くなっていると睡眠負債になって脳疲労が多くなっていっています。

脳疲労は脳を弱らせていますから色々な痛みやコリを感じなくなったりします。

感じることができないから、『体調が良いと思っていました」と言われます。

当院では検査する事をしています。

検査してみると体調の状態が分かります。

そして歪みやズレの検査もできます。

小顔矯正をする時には検査することも重要な意味があります。

体調が悪い方ほど小顔矯正をしても戻りやすく、小顔矯正をしたあと『ダルク』なる確率が高くあります。

小顔矯正をして顔が小さくなる為には変化が起こりますから変化に体力がないと、さらに体調が落ちるからです。

体力がある方、体調がそこまで悪くない方は「ダルク」なりません。

そして小顔矯正の顔の効果が出やすくなります。

 

 

 

 

 

 

小倉で初めから顔が小さくなる小顔矯正をしています。

2017年12月28日