肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にしていくなら小倉南区と小倉北区からも多くの方が来る30年になるいカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にしていく為には

肩こりを楽にしていくには、いくつも方法がありますが、どれをしたら肩こりが楽になるのか、肩こりが解消するのか、肩こりが改善するのか、と言うことおw考えることがありますが、どれをではなく、自分の肩こりがどうなっているのかです。

肩こりが、どうして起きているのか、なぜ起きているのか、何が原因で起きているのか。と言う事です。

肩こりを楽にしたいと思う方は多くいますが、原因を見つける方法は自分ではわかりません。

肩こりは病気ではありませんから、病院でも見てくれません。

もし、病院に行くと注射を打ったりすることの痛み止めと言う感じはできると思います。あとは湿布を貼ったりすることです。肩こりを感じなくさせることをしているのが注射を打つと言う事になります。

湿布を貼ってもシップというのは炎症を抑える為に使いますから、コリにはどれほどの効果があるのか、と言う事になります。湿布でスーとする効果のある成分が入っています。

貼ったすぐはヒンヤリしていますが、しばらくすると感じなくなります。あとは薬剤の効果です。

薬剤で肩こりを楽にすることができるのが湿布を貼ると言う事です。

マッサージをしても筋肉をもんで良くなるレベルの肩こりでしたら楽になりますが、そんなことをしていたらマッサージレベルでは効かなくなります。

一時しのぎばかりしていると、肩こりを起こしている筋肉も進行していきます。

肩こりを改善しようと思うなら筋肉のコリがどうして起きているのか、と言う原因をみつけることです、何も考えないで注射を打ってもサプリメントを飲んでもマッサージしても楽になることはあります。

肩こりと言うと筋肉のコリですが、筋肉のコリとは、どう言うものでしょう???????????

意味不明なものがコリと言う言葉です。

日本語で近い言葉が緊張です。筋肉の緊張がコリと言う事になると思います。

では、筋肉の緊張と言うのは、どうして起きるのか。

肩こりと言うと

肩こりを起こしている肩と言うのは、いつも使う事が多くありますから、自然と何をしても肩や腕を使ったり指を使う事も肩を使っています。

何気なく肩を使いますから意識していないで肩の筋肉を使いすぎていることがあります。

意識すると本当に多くの物事に肩を使っています。

肩を使うと筋肉は疲れをためていきます。

肩の筋肉に疲れがたまると筋肉疲労になります。この筋肉疲労が肩の筋肉を緊張させて肩こりになりリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまり循環が悪くなります、

運動する事でも肩や腕を動かすと肩の筋肉を使いますから筋肉疲労は起こります。肩や腕を動かすと循環は良くなります。筋肉も鍛えられます。動かすことでリンパの流れも解消します。一時的にですが。しかし筋肉疲労は解消できていません。多くの方が放置状態です。動かすことで筋肉に疲れがたまることは、ほとんどの方が考えません。

体を動かすと疲れやストレスもたまります。部分的に見れば筋肉にも疲れやストレスがたまります。

体に疲れがたまる、ストレスがたまると言いますが部位別に見てみると肩にも多くの疲れやストレスはたまります。

筋肉疲労が多くなると乳酸も多くなります。

肩こりとは

肩を使う事

肩を使う事はゲームをしても肩に力が入っています。

家事をすることでも肩に力が入っています。

掃除をする時も肩に力が入ります。

携帯を操作する時も肩に力が入ります。

仕事でも肩を良く使います。

寝ている時も手枕でも肩に力が入ります。

ソファーで寝ている時も変な位置に首や肩が来ている時もあります。

買い物をしたものを持つ姿勢でも肩を使っています。

色々な肩を使う事をしないと生活できません。

運動してもストレッチしても肩を使いますがケアをしていません。

一番、多く使っているのにため込むばかりで減らすことをしていません。

野球選手のピッチャーでもなければ酷使と言うのはないと思っています。

筋肉疲労を解消する

筋肉に蓄積した疲労は多くなる前に減らすことしないと多くなるばかりです。

生活でも多くなるし仕事でも多くなるばかりです。

筋肉も疲れやストレスを蓄積していきます。

そして最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

眠りが浅いと体は筋肉の疲労を解消することができません。

眠りと言うのは体を弱らせることにもなりますから回復する力がありません。

回復する力ががないと筋肉の疲れやストレスを解消できません。

夜に寝てら朝まで目が覚めないから寝ていると考えていませんか?????

眠りとは脳から寝る事です。

脳から寝ていないと眠りとは言えません。

 

 

当院では「小倉 肩こり」、「肩こり 小倉」、「小倉南区 肩こり」、「小倉北区 肩こり」などの検索でも人気があります。

 

2018年01月06日