腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で腰痛を楽にするならボキボキしない痛くない改善で楽になるカイロプラクティック徳力整体院
腰痛

腰痛を楽にしていく為には

腰痛を楽にしていくなら腰痛の原因を見つけることが大切です。

しかし腰痛の原因になっているものを改善しなくても痛み止めの方法は色々あります。

痛み止めの方法は一時的な方法です。

一時的な痛み止めの方法は色々ありますが、一番は湿布を貼ったりすることです。

湿布を貼ったりしておさまる痛みであれば治まっていきます。湿布を貼ったりと言うのは大変、多くの治療院が使っていますが冷やしたりする湿布もあれば、温めたりする湿布もあります。

多くの腰痛は急性状態では冷やした方が一番です。

慢性化した腰痛は温めてもいいし、冷やしも良い状態です。

湿布を貼ったりすると冷やされたりして痛みを緩和することができます。鎮痛効果のある薬剤で炎症を抑えることができます。

ただし湿布は悪すぎるものに対しては効果がありません。表面上の炎症を改善するだけですから。

湿布を貼ったりすると初めはヒンヤリしますが、あとは薬剤の鎮痛効果です。インドメタシンなどの効果で鎮痛させることができるものであればおさまります。→ しかし腰痛には原因があります。痛みは改善できるかも知れませんが。腰痛を起した原因は、どうするの??という事です。

普通、一般的に使うことが多い湿布を貼ると言う事ですが、軽いものに対して効果があります。特に捻挫とかが有効です。

つまり急性状態の時に効果を表します。

一番、簡単な治療法の一つが湿布を貼ると言う事です。

しかし湿布を貼ったりして急激な痛みは改善できても慢性化しやすくなることもあります。

低周波治療器を腰痛に

腰痛を起している方も多くの方が受けている治療の一つに低周波治療器や電器があります。

低周波治療器は多くの治療院でしています。

病院でも整骨院でも整体やカイロプラクティック院でも低周波治療器をしています。

低周波治療器は低周波の電気を体に流しています。

プラス端子からマイナス端子へ電気を流します。

痛みがある部分に電気をあてて刺激をして痛みやコリの緩和をしています。

低周波の電流を流して筋肉を刺激して痛みやコリの緩和をしています。

プラスからマイナスへ電流を流すことで刺激して筋肉を運動させています。

筋肉を運動させると筋肉疲労が起きて痛みやコリがなくなります。

筋肉を電気で刺激すると痛みやコリがちってしまってわからなくなります。

これを低周波治療器では楽にすると言っています。

痛みやコリを散らしているだけです。

腰痛を起した原因は関係ありません。

だいたい時間にして15分くらいが基本です。あとは電流の強さです。痛くない程度でしています。

しかし当院では低周波治療器や電器をしてません。

それには理由があります。

低周波治療器や電器をしても痛みやコリを散らしているだけですから、患者さん為にはなりません。

痛みやコリをちらす低周波治療器は一番、簡単で良いですが、意味も分からずに使っています。

実は当院でも昔は使っていました。技術力がない時に、良く低周波治療器をしていました。しかしこの時には意味も分からずに使っていました。

矯正した後に、残った痛みやコリを良くする為にと言う事でしたが、ある時に低周波治療器を研究してみる機会がありました。

そうすると大変なことがわかりました。

低周波治療器は痛みやコリを散らしているだけと言うことが。

それ以来、一切の低周波治療器や電器を使わなくなりました。

病院で注射を打つ

※病院で注射を打っても痛み止めです。

腰痛を起こしている原因なんかは関係ありません。

腰痛をおこしている骨盤の歪み・背骨のズレは関係なく痛み止めをしています、それも骨盤の歪み・背骨のズレを残したままです。

※マッサージでも筋肉に対して揉んだりすることをしています。筋肉から起きている腰痛であればいいですが、院長は筋肉から起きている腰痛を今まで1度も見た事はありません。

30年間、腰痛を治療してきて1度もありません。

しかしマッサージをしても腰痛は楽になることもあります。

腰痛の痛みがある時には圧力が上がっていますから圧力が上がると痛みになります。

圧力が落ちた時には痛みになることはありません。マッサージをしていくと高かった圧力が下がります。このため腰痛が楽になりますが、腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレは変化ありません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても普通は程度が軽いと痛みやコリはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレも普段から ない方はいないくらいです。

骨盤の歪み・背骨のズレも程度・段階があって大きくなると腰痛を起こすことになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても歪みなどが小さいと何も起こりません。

腰痛の原因

腰痛を起す時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

この骨盤の歪み・背骨のズレも どうして起きるのか、原因があるから骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛の原因になる骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因は身体にたまったあるものが原因です。

このあるものとは疲れやストレスです。

体に疲れやストレスが蓄積していくと必ず骨盤の歪み・背骨のズレになります。

あとは疲れやストレスの多さで違いがあります。

疲れやストレスが多くなれば、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

体に蓄積していく疲れやストレスは限界なく蓄積していきます。

疲れやストレスの蓄積は、ここまでしかたまらないと言う事はありません。

限界なく疲れやストレスはたまっていきます。

あとは骨盤の歪み・背骨のズレが最大になるのを待っているだけです。

疲れやストレスは

疲れやストレスは身体にたまりますが、筋肉にも疲れやストレスはたまりながらある部分に多くたまっていきます。

このある部分と言うのが内臓です。

内臓に蓄積していく疲れやストレスが多くなると腰痛に進展していきます。

内臓といっても病気ではありません。

ですから検査してみても陽性は出ませんが、もし陽性反応が出たら、もう病気になっています。

いつも検査している方も今まで異常がなくて1年後には異常になるということはありませんから。

いままでは健康で一気に数値が高くなることはありません。

病気になる時も過程があります。

ゼロから100はありません。

検査しても水面下で進行しているため、わからなかっただけです。

しかし当院で説明している腰痛の原因は腎臓疲労です。

腎臓に疲れやストレスがたまることで腰痛は起こります。

腎臓ひ労が腰痛になる

 

 

 

小倉腰痛を改善するならカイロプラクティック徳力整体院。

当院では検索で「小倉 腰痛」と「腰痛 小倉」の検索でも人気があります。

2018年01月30日