肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを楽にしていくなら原因を見つけて改善していく事から小倉北区と小倉南区で徳力整体院はコリを解消して30年。
肩こり

肩こりを改善していくには

肩こりを楽にしたいなら原因から見つけていくことをお勧めしています。

 

肩こりの治療というと対症療法が多く見受けられます。対症療法でも効果があるかも知れません。しかし対症療法ばかりしていると肩こりには原因がありますから原因も、いつまでも同じままではありません。

原因が進行してしまうと、肩こりも起こしながら形が違った状態で表面上に出てきます。

肩こりと言うと筋肉をほぐせば楽になることが多くあるために、筋肉ばかり対症療法の治療をしています。

しかも原因を見つけることが簡単ではない為にです。

肩こりを起こしている原因を見つけることは熟練が必要です。

経験を積んで技術を磨いていかないと、本当の肩こりの原因に行き当たることはありません。

専門家でもない方が肩こりの筋肉をもんで楽になることもありますが、楽にすることと肩こりを治していくと言うことは違います。

肩こりを楽にする方法は

肩こりを楽にしていく方法は、一番、簡単で誰でもできるのがドラックストアで売っている湿布を貼ったりすることです。

肩こりを感じている場所に湿布を貼ることで楽になる肩こりもあります。

湿布には鎮痛効果がありますから鎮痛剤で改善できる肩こりであれば楽になりますが、原因は関係ありません。原因を見つけることなく薬剤で改善している肩こりですから炎症が起きていたり、使い過ぎから起きる肩こりには冷やすことが有効かも知れません。最近は温湿布と言うのもありますから温めて循環をよくする、リンパの流れを良くすることで肩こりが楽になることもあります。確かに温めていくと循環やリンパの流れが良くなりますが、良くなった分だけ負担になる部分もできてきます。

ですから温めれば良いと言う訳ではありません。お風呂も同じことが言えます。お風呂で温めて循環を良くしてもリンパの流れを良くしても負担になる所は多くあります。

ですから循環を良くすれば良いという訳でもありません。

肩こりが起きる時には、必ず体に疲れやストレスがたまっています。この疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、多くは内臓にたまっています。

疲れやストレスの蓄積

この内臓に蓄積する疲れやストレスが歪みの原因になっています。

歪みが起きれば筋肉は引っ張られたり緩んだりして筋肉が緊張することで肩こりになります。

ですから、本当は肩こりと言うのは内臓の病気ではなく内臓疲労が原因で起きています。

しかし病気ではない為に、筋肉が原因だと勘違いしている方が多くいます。筋肉さえほぐしてしまえば肩こりも一時的に楽になるからですが。

人の体は100キロの体重の方がいたら70キロが水分です。筋肉の中にある水分、骨の中にある水分、内臓の細胞の中にある水分など体液が水分です。水分が何か起こすとは考えられません。

あとの残りは、骨、筋肉、じん帯、神経、リンパ、血管、膜、内臓(中枢神経系)しかありません。

筋肉にも疲れやストレスはたまりますから、あとの残りは内臓です。

毎日、毎日、エネルギーを作るのは内臓です。エネルギーがあるから動けるし働けます。内臓が働いているから生活できます。

内臓が元気だから生きています。

毎日、毎日、働いてくれている内臓に疲れやストレスがたまらない訳ありません。食事を消化したり、分解したり、便を作ったり、アルコールを分解したり、脂分を分解したりすることを内臓がしてくれています。

内臓も勝手に働いている訳ではありません。

脳からの指令があるから働きます。

食事をするとノドを食べたものが通る時にもノドの筋肉が働いてくれるから誤飲が起きないし胃へ食べたものを送ります。

食べたものが空洞を落ちている訳ではありません。

いつもいつも自律神経で働いてくれている内臓が元気だから体は歪みが少なくなり筋肉のコリも起きません。

内臓が元気な状態を保つ為には脳が元気じゃないと保てません。

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。

眠れる方は一概には言えませんが、「アクビ」が出ます。寝ようとするとアクビがでて朝からアクビが出るのが普通です。

時間だから寝ると言う事では脳は寝る準備ができていません。

体は疲れていても、脳が興奮状態と言うよりも弱り過ぎていると寝ようとすると眠れますが浅い睡眠しかできません。

 

 

眠り 寝る 睡眠

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

夜に寝る時間になったら、すぐに眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思う方が多くいます。この方の体調を検査する事ができますから検査してみると、体調がすごく悪く、痛みやコリにはマヒしている場合が多くいます。

その証拠に骨盤の歪みや開きが大きく背骨のズレも大きくあります。普通は歪みやズレがあると痛みやコリを感じなければなりませんが、感じていない方が多くいます。

痛みやコリが起きる時には容器からあふれる状態になって、初めて気が付くと言う方もいます。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れます。夢ほど記憶に残りません。

夢も目が覚める前に見る夢だけ、目が覚めたら夢を見ていたと言う記憶が残ります。

逆に何の夢を見ていたと言う記憶がある方が眠りが浅い睡眠です。

眠りと言うのは脳から寝ていないと寝ていません。目が覚める覚めないは、あまり関係がありません。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると内臓疲労が進んでいきます。

この進んだものが肩こりになる場合も多くあります。

肩こりになる方は、一例で言うと、息苦しさが時々あったり、胸の部分で一瞬、チクッとするか動悸がある方がいますが病院で検査しても異常なしと言うこともあります。

今はないけど、一時期、セキがでて困っていたと言う事もあります。

また顔色が悪かったり、胃の問題も肩こりにつながります。

 

 

 

当院では小倉肩こりを楽にしていく時に原因をみつけて改善していきます。評判が良いから小倉北区小倉南区から多くの方が来院しています。

2018年02月02日