浮腫み

浮腫み
  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で浮腫みを改善するなら浮腫みの原因から解消していることで人気がある徳力整体院は30年。

浮腫みを減らす

浮腫みと脂肪には違いがあります。脂肪は脂肪です。浮腫みは浮腫みなので、多くの方が勘違いしています。

ほとんどの方が浮腫みと脂肪が混同して考えていますが、脂肪と言うのは中に脂肪があることを言いますが浮腫みと言うのは中には脂肪があることはありません。

脂肪は変化がありませんが、浮腫みは時間でも変化します。

朝から顔が浮腫んでいることや、足の浮腫みなどが代表例です。

時間などで変化するものが浮腫みです。

脂肪は変化しません。

 

浮腫みと言うと押してみるとわかりやすくなります。浮腫みを手で押すと凹みがもとに戻るのに時間がかかります。

浮腫みというのは特に体にも起こりますが、手や足の浮腫み、また顔の浮腫みということが多くあります。

浮腫みが起きる時にはあるものが関係して起きています。このあるものとは日常的にいつもあるものです。

浮腫みを減らしたいと考えてサプリメントを試す方も多くいますが、浮腫みは太って見られるだけではなく浮腫みを繰り返していると目の下のクマなども起きたり、シワの原因になることもあります。

浮腫みを改善するなら体の内側のケアも大切です。

全身の血流やリンパの流れなども原因があることが多く見受けられます。

浮腫みを解消するならサプリメントが有効だと言う方もいます。

朝起きたら顔がパンパンになっている。

夕方になると足が浮腫んでいるなどが起きている方が浮腫みです。

浮腫みと言うのは

浮腫みと言うのは血流が悪く、塩分の取りすぎでも浮腫みやすくなります。皮膚の下にある体液量のバランスが崩れて細胞組織間の液が増加した状態で起きています。

特に手や腹部に多くなることもあります。

浮腫みやすい体質というのがあります。

スナックやお菓子、ファーストフードを良く食べる方。

お酒を飲むことが多くある方。

ラーメンなどのスープを全部飲む方。

デスクワークで座ってばかりで動かない方。

冷え性の方。

便秘の方。

水分をとる割にはトイレにいく回数が少ない方。

甘いものを食べる方。

夕飯が遅くなる方。

運動をしない方。

などと言いますが、これは体質ではありません。

浮腫み体質と言うのは、意味が違います。

確かに浮腫みには浮腫み体質が深く関係しています。

しかし浮腫み体質と言うのは、遺伝が関係していることを言います。

遺伝子が関係した物であり家系的なものが遺伝子であるので親から受け継いだものが体質です。

浮腫み体質

浮腫み体質の方が体調を落としていくと余計に浮腫みやすくなります。

浮腫み体質は生まれつきある体質の事ですから、赤ちゃんの時からある体質の方のことを言います。

ここで太りと違いますから脂肪とも違うのが浮腫みです。

浮腫みの遺伝子がある方が、体調を落としていくと浮腫みやすくなります。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積や寝不足です。

最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

毎日、毎日の生活や仕事でも疲れやストレスは多くなります。

それ以上に眠りが浅いことが原因で身体に多くの疲れやストレスがたまっていきます。

そうすると細胞の間や空間にもリンパの流れが悪くなって老廃物が多くなります。

これが皮下脂肪、筋肉間に多くなることが浮腫みです。

浮腫みが多い時には体に疲れやストレスが多く蓄積している時です。しかも疲れやストレスは筋肉にもたまりますがある部分に多くたまります。

例えば体重が100キロの方がいるとしたら60キロから70キロが水分です。

後の残りは水分を無くした骨と筋肉とじん帯、と神経と血管とリンパ管と脂肪と皮膚とあとは内臓です。

疲れやストレスがたまるのは内臓です。内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。

疲れやストレスがたまる時には内臓にたまっていきます。

内臓疲労が多くなると浮腫みやすくなります。

そして

肝臓から浮腫みが

肝臓の働きが弱ってくるとリンパの流れが停滞して老廃物が多くなります。

病気ではなく肝臓の弱りから起きる問題が浮腫みを起していきます。

肝臓だけではなく他の内臓にも疲れやストレスはたまります。

そして最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。

昔でしたら寝ようとすると寝つきが悪く中々眠れないとか、夜中に目が覚めて1時間も2時間も眠れないと言う感じでしたが。

今は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

この眠りの方が本当に寝ていれば問題はありません。しかし寝ている本人の事なんか、誰でもわかりません。

最近は睡眠負債と言う言葉があります。

身体は寝ているけど脳が寝ていない睡眠のことです。時間ではありません。短い時間でも寝ていれば睡眠です。

一番、最悪な睡眠が、この寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は身体を弱らせていきます。

目の下のクマは代表例です。

寝ながら考え事をしている睡眠の方の体調は異常なほど落ちています。

司令塔である脳や脳幹が弱っているのに、内臓が正しく働くことはありません。

特に肝機能が落ちた状態になるとリンパの流れに命令が出せなくなります。これが浮腫みとして滞留します。

つまり体調の基本的なことができていないと浮腫みは多くなるばかりです。

しかしサプリメントを飲んでも体調は上がりません。

病院で点滴をしてもブドウ糖ですから体調とは違います。

栄養ドリンクを飲んでも、もりもり元気になることはあありません。

ウナギや焼肉を食べても食が進んだと言うだけで体調が良くなることはありません。

体調を良くする為には基本的なことができていないと上がりません。

体調を良くする為にはそれぞれの内臓にたまった疲れやストレスを軽くしていく事をしないと上がる事はありません。

体調が悪くなると骨盤の歪み・背骨のズレがあります。この骨盤の歪み・背骨のズレは内臓疲労から起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるとリンパの流れが悪くなります。そして浮腫みになります。

 

浮腫みとは

 

 

小倉浮腫みを減らすなら原因から解消することをしているカイロプラクティック徳力整体院。当院では小倉北区小倉南区で初めから浮腫みを減らすことが出できるので人気があります。

 

2018年02月19日