生理痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で生理痛を改善しようと思うなら生理痛の原因からかえていくことを考えて下さい。生理の解消なら体調と体質から変えるカイロプラクティック徳力整体院
生理痛

生理痛を解消

毎月の生理が来る前には、落ち込むことや悩みが増えてしまう方もいます。毎月の生理のつらさを改善できるとしたら、どうでしょう。

じつは生理痛になるのは、原因がありますが、病院に言って検査してもホルモンのバランスが悪いとか言われるのが、セキの山です。

生理痛が起きるのは、原因があります、この原因を見つけ出すことができれば生理痛は無くなるか、軽くなります。

生理の時に関係する内臓と言うのは卵巣と子宮、ホルモンです。この内臓が直接的な原因です。

しかし、それだけでしょうか???????

当院では検査する事ができますから、検査してみると色々なことがわかってきます。

生理痛が起きる原因

生理痛が起きる原因は

① 体調

② 体質にあります。

生理痛になるのは、体調と体質が深く関係しています。

体調と言うのは自分で感じるものですが、あることが起きていると感じなくなります。

体調とは、「体調が落ちる」とか「調子が悪い」とか一般的に言うものです。

体調が悪いとは風邪を引いて寝込んでいる時だけではありません。

体調が落ちるとは疲れやストレスの蓄積が多くなったことです。

疲れやストレスと言うのは体にたまって多くなるものですが、これがどこにたまるのか、と言うことで生理痛になります。

体に多くの疲れやストレスがたまってくると、体はどうなるのでしょう!!!

疲れやストレスの蓄積から歪みやズレを起こしていきます。まずは骨盤や背骨が歪みやズレを起こしていきます。

人として生きている限り疲れやストレスはあります。

疲れやストレスがあるからと言っても脳がマヒしていると感じません。

脳がマヒするとどんなに歪みやズレが起きていても感じません。

ひどい痛みが起きている状態でも痛みは感じません。

ですから自分では体調は良いと思っている方も実際には多くなっています。

これは年齢に関係なく起きています。脳が元気だから痛みやコリが限界まで悪くならなくても痛みやコリを感じます。

しかし脳がマヒしていると、最大限、限界を超えた状態で痛みやコリになります。

痛みやコリを回復させることができるのは、脳にあります。

脳が元気だから回復させる力があります。

落ちすぎている体調

最近は新患の方で体調が良いと言う方はいません。自分では体調が良いと言う方はいましたが、検査すると大変だと心配するくらい落ちています。

つまり感じていない、と言う事です。

感じていない方が生理になると生理痛がひどくなります。寝込むこともあるくらいになります。腹部がうずいたりすることもあります。下腹部が重苦しい感じになります。

お腹の部分を検査するとブヨブヨしていると思ったら脂肪でもなくムクミ、つまり浮腫だったと言う方までいます。浮腫みと言うのは体調の悪さを表します。

脂肪と浮腫みは違います。

脂肪は中に脂肪がありますが、浮腫みはリンパ液があります。

下腹部に浮腫がある方が下腹部痛になります。ズキっとする痛みになったり、重苦しい感じになったり、生理痛になります。

もちろん、この時には骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

体調が悪くなると骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。そして背骨の5番目、3番目はズレています。この時に生理になると生理痛が起こります。

体調が落ちると自分の内臓の弱い部分の骨がズレを起こします。生理痛が起きやすい方は腰椎の3番目、5番目です。

3番目は卵巣に関係した骨です。5番目は子宮に関係した骨です。

つまり体調だけではなく体質的にも生まれつきにも3番目と5番目がズレています。この方が成長していくと生理の内臓が老化して生理になります。これが体質です。

疲れやストレスの蓄積

自分の体には弱い内臓と、そうでもない内臓があります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。。

弱い内臓に多くの疲れやストレスは溜まりやすく、たまると骨のズレを、さらに起こしていきます。

生理痛とは

 

体質と言うのは遺伝です。つまり家系的な弱さです。親が生理痛がひどかったとか何かの病気があったとかです。

根底にあるには体質です。精子と卵子のDNAです。親からもらう遺伝子の情報には生理痛にあると断言できるものが含まれて生まれてきます。あとは生理痛になるのが、いつなのかです。

この悪い遺伝子がないと生理痛にはなりません。

ホルモンのバランスもあまり関係しません。

体調が悪い時にはホルモンのバランスが崩れています。

体調が悪い時には、子宮、卵巣の働きが落ちています。

体調が悪い時には骨盤が開いて骨盤の中の内臓に影響があります。

体調が落ちている時には骨盤は開いて骨盤の中の内臓に影響があります。

体質的に弱い部分が悪くなります。悪くなると生理の時に症状が起こります。

生理痛というのは

 

 

 

小倉生理痛を改善するなら原因から変えていく事をするカイロプラクティック徳力整体院

2018年03月09日