膝の痛み

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で膝の痛みには曲げると痛い歩くと痛い薬や運動したりストレッチをしたりサポーターを巻いたり病院でヒアルロン酸を注射したりすることがありますが、原因を見つけ出すことが大事です。30年になる徳力整体院。
膝の痛み

膝の痛みを楽に

膝の痛みがある方は原因を見つけることなく対症療法ばかりしていることが多く見受けられます。対症療法と言うのは膝の痛みがどこから起きるのか、本当に年齢のものなのか、と言う事を見つけることなく膝の痛みを楽にしていく方法です。

体には年齢だけではなく痛みやコリの原因があります。この原因を見つけることは簡単ではありませんから、病院でも注射で水を抜いたりしてヒアルロン酸を注射しているのが現実です。

確かにヒアルロン酸は大切なことです。ヒアルロン酸を打つと楽になります。

しかしヒアルロン酸を打つばかりで良いのかな、と考えないと膝の痛みの原因があれば原因はヒアルロン酸をうったりしていると原因いつまでも同じままではありません。

本当に加齢から起きる膝の痛みであるのか、どうかは病院ではわかりません。

炎症やハレがあれば湿布を貼ったり抗生物質で押さえたり、ヒアルロン酸を注射したりすることを病院ではしていると思います。

しかし病院にいっていると言う方が来院すると膝には炎症やハレがあります。

何回くらい病院に行ってたのか、聞いてみると1年、行っていると言う事でした。

病院では

膝を見てみたり、触るとブヨブヨしていることがわかるんですが、1年、病院にいっているのに炎症やハレが取れていません。

当院でも1回で取ることはできませんが、1回目でかなり炎症やハレを取ることができました。

それから膝の全体ではなく、痛みが起きている場所を絞りながら改善していくようにしています。

その為にも、まずは全体の炎症やハレから手で解消していく事をしていきます。

膝全体の炎症やハレが解消できたら、次の段階として一部分の炎症やハレを見つけて範囲と深さと確認しながら膝の痛みを治療していきます。

当院の院長である私は、目で見た状態ではわからないものを見つけ出すことができます。

炎症やハレがある状態では軟骨も損傷を起こしやすく回復ができません。

そして膝の骨自体が炎症やハレを起こしていることもあります。

膝のじん帯や筋肉、関節を検査する事をしています。

対症療法をしても

膝の痛みがある方は膝を曲げると痛いとか、歩くと痛いとか、階段を上ると膝の痛みがあるとか、膝の痛みがあるからストレッチをしたり運動をしたり、サポーターを巻いたり、病院で水を抜いたり、病院でヒアルロン酸を注射したり膝の内側が痛いとか、膝の外側が痛いとか、言いますが、原因があります。

原因を見つけることなく楽にする治療のことを対症療法といいます。

対症療法ばかりして原因を見つけることなく安心していると進行があることもあります。

膝の痛みには楽にすることと、直すことの両方の治療があります。

膝の痛みには膝の痛みが起きた原因が必ずあります。

膝の痛みがない時でも、一度、起きた膝の痛みの原因は残ったままです。

膝の痛みがどうして起きるのか、何か原因があるのか、考えるようにして下さい。

加齢ばかりが原因ではありません。

レントゲンを撮っても異常がないのはレントゲンは骨折やヒビがないと言う事です。

膝の痛みがある方は徐々に膝が変形していく事もあります。

対症療法ばかりしていると変形性膝関節症になったり進行していきます。

膝の痛みには原因が

膝の痛みには原因が必ずあります。

例えば骨盤の歪みなども膝に負担をかけてしまいます。

膝から延びる色々な筋肉のバランスが悪くなることもあります。

しかし、それだけではありません。

膝の痛みと言うと強く内臓が関係しています。

その内臓は肝臓です。

肝臓の内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

ですから病院で検査しても見つかりません。

体に多くの疲れやストレスがたまると言うことは内臓にも疲れやストレスはたまります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓しかありません。

つまり内臓に多くの疲れやストレスがたまり体の中から崩されていきます。

体全体に疲れやストレスがたまりながら、筋肉にもたまりながら、内臓に疲れやストレスは多く蓄積していきます。

内臓に蓄積する疲れやストレスが多くなればなるほど体は歪みを起こしていきます。この時に骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

この骨盤の歪み・背骨のズレが肝臓に蓄積して背骨の8番目のズレをおこしていきます。

これが、おおもとで膝の痛みに進行していきます。

ですから膝の炎症やハレが解消できたら骨盤の歪みと背骨のズレを整えて肝臓に蓄積した疲れやストレスを減らすことをしてきます。

肝臓に問題が起きると花粉症、アレルギー性鼻炎、膝の痛み、外反母趾を起こします。

 

 

 

小倉膝の痛みを楽にするなら原因を見つけることからしているカイロプラクティック徳力整体院。膝の痛みがある方は膝を曲げると痛いとか、歩くと痛いとか、階段を上ると膝の痛みがあるとか、膝の痛みがあるからストレッチをしたり運動をしたり、サポーターを巻いたり、病院で水を抜いたり、病院でヒアルロン酸を注射したり膝の内側が痛いとか、膝の外側が痛いとかの症状があります。

2018年03月26日