肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを楽にして楽になったら肩こりの原因を見つけて解消することをしているマッサージではなくストレッチでもなくツボでもなく薬でもなくサプリメントでもなく病院でもなく原因から解消
肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていく為には肩こりの原因を見つけることが大切です。ですから肩こりのコリを解消して楽にしたら、治ったと思わないで下さい。

肩こりを楽にすることと、肩こりを根本から直すことは違います。

肩こりの治療と言うと色々ありますが、多くは楽にすることばかりして肩こりを治したと思わせていますが、肩こりというと筋肉のこりをほぐせば良いと言う訳ではありません。

しかし原因を見つけなくても肩こりを楽にする事ができます。しかし肩こりの原因は残ったままです。

肩こりを楽にする治療法

●湿布を貼ったりしても鎮痛効果がある薬剤でコリを押さえることができます。暖かい湿布を貼ったり、冷たい湿布を貼ったりなどがあります。

●マッサージをしたりすることでも肩こりは楽になります。

●針灸をしても肩こりは楽になります。

●指圧をしても肩こりは楽になります。

●低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になります。

●整体でボキボキしても肩こりは楽になります。

●カイロプラクティック院でボキボキしてもドロップ治療をしても肩こりは楽になります。

しかし、これらは対症療法です。

対症療法というのは原因を見つけることなく肩こりを楽にする方法です、整体院やカイロプラクティック院でする治療も当院から見れば対症療法です。

歪みやズレをボキボキして矯正していますが、どうして背骨がズレを起こすのかを考えていません。

確かに肩こりを起こしている原因は筋肉疲労なんですが、筋肉が原因ではありません。

どうして筋肉疲労が起きるのか、原因があります。

何も原因がなくて筋肉疲労が起きることはありません。

どうして筋肉疲労が起きるのか????

毎日、毎日、肩や腕や指は良く使います。

しかし筋肉が疲れをためると筋肉疲労を解消するホルモンが分泌されてコリを解消するはずなんです。正常であればですが。

何かの原因があって、筋肉疲労が解消できないのか。

又は筋肉疲労を解消できないほど体調を落としているのか、です。

筋肉疲労が多くなると昼間でも筋肉のコリは減らすことができますが、圧倒的にコリを減らすことができるのは夜に寝ている時です。

夜に肩こりを解消する

肩こりが起きると寝ている時に正常に働くと筋肉のコリを減らして楽にすることを体はしていきます。

しかし、これは正常に働いている時です。

体のホルモン系の働きが落ちた時や脳の回復させる力が落ちた時には働きが正常にできません。

なんでもかんせも勝手に働いてくれている体は、最大に働きが落ちるのが睡眠負債の時です。

最近はスースー寝息を立てている方も目が覚めない方も眠りが浅くなっています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。目が覚めないから寝ていると思っています。

ただ目が覚めないからです。と言う理由だけです。

目が覚めないから寝ていると言う事はありません。

目が覚めなくても、夢をるのは数時間夢を見る方はいません。長く夢を見ている状態でも1分だったりです。

あとの数時間はどうでしょう。

あとの数時間が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。しかし寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠から肩こりに

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳が弱っていきます。脳が弱ると疲れやストレスを減らすことができません。ですから疲れやストレスの蓄積し放題になります。

毎日の生活や仕事や精神的な抑圧などで疲れやストレスがたまりますが、これを減らすことができのは眠りです。つまり脳から寝ていないと減らすことができません。

脳から眠るということができないと疲れやストレスを減らすことはできません。

脳から眠ることができないと自力では回復できません。

肩こりというと身体に蓄積する疲れやストレスが原因で歪みが起こりますが、この疲れやストレスはどこにたまるのか。

疲れやストレスの蓄積する場所は筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。水に疲れやストレスがたまるかというたまりません。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓です。

つまり内臓に蓄積することで内部から体は崩れていきます。

疲れやストレスは全体の内臓に溜まりながら、弱い内臓に多くたまります。

肩こりに関係しやすい内臓に疲れやストレスがたまることで歪みになり肩こりになります。

肩こりに関係しやすい内臓と言うのは、心臓、肺、胃、肝臓です。

時々、胸苦しいとか、息が吸いにくいとか、胸のあたりでチクッとする痛みが一瞬あるとか、無いですか??

これが内臓に蓄積している疲れやストレスで起きる症状なんですが病気ではありません。

ですから、病院でいくら検査しても分かりません。もし異常が見つかれば、もう病気になっています。

血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしても異常が出ないのは、今はまだ、病気ではないからです。

血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。

病気として完成したら検査することで判明します。

完成する前はいくら検査しても分かりません。

健康な細胞から1年や3年で病気になることはありません。

病気になるためには5年以上、10年くらいかけないと細胞の変化は完成しません。

その時に検査すると病気としてわかります。

肩こりとは

 

 

 

小倉肩こりを楽にするなら楽になったら治ったではなく、そこから肩こりの原因をみつけることをしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月02日