肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを解消するなら筋肉のコリから解消して原因を見つけることからしているカイロプラクティック徳力整体院は小倉南区と小倉北区から来院しています。
肩こり

肩こりを解消

肩こりを解消するなら筋肉のコリから解消して原因を見つけることも必要です。肩こりを長期化させたり慢性化すると、いつまでも筋肉も同じままではありません。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージですがコリとはどんなことでしょう。

肩こりのコリとは、筋肉がどうなっているのか。

肩こりのコリとは筋肉が緊張したりしていることだと思います。

それでは、どうして筋肉が緊張したりすることが起きるのか。筋肉が緊張するとリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

では、どうして筋肉のコリが起きるのか、筋肉のコリが起きる原因は何なのか、そこを探っていかないと原因は見つかりません。

肩こりには肩こりを起こす原因があります。

肩こりになる理由があるから肩こりになります。

単純に肩こりと言うと湿布を貼っても楽になることもあるでしょうが、それだけでは原因は見つけ出すことはできません。肩こりに原因があるとしたら原因も、いつまでも同じままではありません。つまり原因も進行すると言う事です。

肩こりと言うと色々な治療があると思います。

サプリメント、医薬部外品、湿布を貼っても、マッサージしても、針をしても、お灸をしても、ツボを押しても、運動しても、筋トレしても、ストレッチしても、低周波治療器や電器をしても対症療法にしかなりません。

対症療法と言うのは原因は関係なく楽にすることをしています。

楽になれば良いと言う治療法が対症療法です。

多くの治療法が原因なんか関係なく、原因を見つけることなく楽にしています。しかし原因もいつまでも同じままではありません。

サプリメント、医薬部外品、湿布を貼っても、マッサージしても、針をしても、お灸をしても、ツボを押しても、運動しても、筋トレしても、ストレッチしても、低周波治療器や電器をしても原因は変わることなく、原因も進行していきます。

肩こりを感じていない時でも原因は進行していきます。

一時しのぎばかりしていると肩こりの原因は進行して、肩こりとしてだけではなく形を変えて出てきます。

肩こりのメカニズム

肩こりが起きる時には、毎日の生活、仕事、寝不足などで疲れやストレスが蓄積している時に起こります。この疲れやストレスがどこにたまるのか、と言うことまで考えている方はいません。

疲れた~、ということを言ったり、ストレスがたまったと言いますが、この疲れやストレスがどこにたまるのか、もちろん体にたまっていくわけですが。

体のどこなのかげ一番の問題です。

肩こりを強く感じている時には、体は疲れをためています。

肩こりを強く感じている時には、体はストレスをためています。

全身に疲れやストレスをためながら、肩こりになる部分にさらに多くの疲れやストレスをためています。

肩こりの部分だけに疲れやストレスがたまることはありません。

全身に疲れやストレスが蓄積して、特に肩こりに関係する部分に疲れやストレスをためることから肩こりとして感じます。

肩こりと言うと筋肉のコリが優先ですから筋肉のコリとは筋肉疲労の事です。

筋肉が疲労しているとリンパの流れがわるくなって老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

筋肉疲労が慢性化して長期になると筋肉も老化して固くなっていきます。筋肉が老化したら元には戻りません。老化した筋肉をマッサージしても低周波治療器や電器をしても一時的にしてるときだけ楽に感じますが、又、すぐに戻ります。

あまりに筋肉が硬くなりすぎると神経がマヒして肩こりを感じなくなります。しかし、それだけでは済みません。筋肉の周辺には神経と血管がありますから、筋肉が固くなった所は神経も血管も固くなります。

神経や血管が固くなると手や指の感覚が失われていきます。

手や指の感覚が落ちていくと握力の低下が起きていき、手のコワバリとして感じることもあります。

単純に肩こりとしてだけではなく、大変なことが起きていきます。

筋肉を老化させる方法は、日常生活でも進みますが、マッサージ、低周波治療器、電器などをしていると進行を早めてしまいます。

マッサージ、低周波治療器や電器は刺激しているだけですから、揉めば揉むほど筋肉は硬くなっていきます。

低周波治療器や電器はプラス端子からマイナス端子へ電気を流して刺激して散らしているだけです。

電気で散らしていると筋肉は疲労を強くしていきます。これが筋肉の老化を促進させていきます。

背骨のズレから肩こり

筋肉だけではなく背骨のズレから起きる肩こりもあります。当院では多くの方がこれに該当しています。

肩こりは背骨のズレから起こっています。しかし背骨のズレも何も原因がないのに背骨のズレが起きることはありません。

背骨は中枢神経を守っています。

背骨のズレが起きると中枢神経に影響がでます。

簡単に姿勢などや、猫背で背骨のズレが起きたら大変です。

ですから肩こりは姿勢が原因ではありません。

姿勢も、どうして姿勢が悪いのか、原因があるからです。

肩こりと言うと疲れやストレスの蓄積で起きていますが、この疲れやストレスがどこにたまるのか、と言う事ですが疲れやストレスは筋肉にもたまりながら、何十倍も多くの疲れやストレスがある部分にたまります。

このある部分とは例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓、中枢神経です。

内臓と中枢神経に多くの疲れやストレスが蓄積していきます。

肩こりになる時には心臓や肺、横隔膜、胃、肝臓の問題がある時に背骨のズレが起こります。

心臓や肺、横隔膜、胃、肝臓に疲れやストレスが蓄積した方が肩こりになります。

心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓の背骨に関係する部分は首の下から胸椎の1番、2番、3番が関係して起きていきます。

頸椎の5番、6番、7番と胸椎の1番、2番、3番は心臓と肺と横隔膜に関係する部分です。

心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓に疲れが溜まると、頸椎の5番、6番、7番と胸椎の1番、2番、3番にズレが生じます。

これが背骨のズレとして筋肉を引っ張ってしまって肩こりになります。

内臓疲労から肩こりに
睡眠負債から肩こりに

睡眠負債から肩こりになる方もいます。

最近の方は寝ているようで寝ていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

単純に目が覚めないから寝ていると思っていませんか??

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。脳から寝ていないと寝ていません。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

寝ている本人は寝ているからわからないでしょうが、脳が寝ていないと寝ていません、夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

夢を見る事よりも、さらに浅い睡眠があります。その睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠ですが目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

記憶に残る方もいますが、多くは目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をしている睡眠をしていたことを忘れます。

そのため寝ていると思っています。目が覚めないからと。

寝ながら考え事をしている睡眠のことを睡眠負債と言います。

睡眠負債になると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲弊、さらに脳が弱ると脳衰弱になります。

脳が弱ると、ただ単に弱っただけでは済みません。

脳細胞の急激な減少になって減っていきます。

脳が弱ると心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓も弱っていきます。弱ると背骨のズレが起こります。これが肩こりになります。

 

 

 

小倉肩こりを解消するなら原因から改善することをしているカイロプラクティック徳力整体院は小倉南区小倉北区から多くの方が来院しています。

2018年05月07日