肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを楽にするなら筋肉のコリから解消したら、そこで終わりではなく、そこから原因を見つけ出すことhが重要です、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりとは

肩こりとは、どうして肩こりになるのか、と言うことを知らないで、ただ肩こりだけを楽にしようとしても肩こり解消をしようとしても、その時には楽になるかも知れませんが、肩こりを感じなくなっても原因は残ったままになっています。

肩こりと言うのは筋肉で起きていますが、毎日、毎日の生活、仕事で多く腕や肩や指を使っています。この使うことが原因で筋肉は疲れをためていきます。

肩こりのコリとは筋肉が疲労したことを言いますから筋肉が疲労すると筋肉が緊張を起したりすることでリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまっていきます。これが循環が悪くなることになります。何も原因がなくてリンパの流れが悪くなることはありません。何かが起きているからリンパの流れに影響を出しています。

ですからリンパの流れを解消することは軽いマッサージと同じです。あることから改善していかないと意味ありません。

肩こりが起きている方、肩こりになりやすい方、肩こりを繰り返す方などは原因があります。

毎日、毎日、腕や肩を気が付いていないこともありますが多く使っています。と言うか使わないでは何もできません。

足よりも多く使う事があるのが腕や肩です。

バックを下げることも肩を意識して上げておかないと持つことができません。重さに関わらず肩には負担になります。

スマホの動作も肩や腕には負担です。筋肉疲労が起きやすくなります。

キーボードを打つことも肩こりになります。

車の運転でハンドルを維持することも力が入っていますので肩こりになります。

鉛筆やボールペンでものを書く時も腕や肩に力が入りますから肩こりになります。

買い物をして指や手で持つことも肩こりになります。

洋裁、和裁などの細かいもの意をする時も肩こりになります。

料理を作る時も腕や肩に力が入りますから肩こりになります。

野菜を切る時も筋肉を使いますから肩こりになります。

掃除をする時も筋肉を動かしますから肩こりになります。

日常的に肩こりになることが多くあります。

肩こりとは

肩こりとは筋肉のコリが原因ですが筋肉のコリとは筋肉疲労ですから特別なことをしなくても筋トレをしなくても運動をしなくてもたまります。

運動しても筋トレしても筋肉は鍛えられますが疲労が多くなります。

肩こりには一時的にコリを起こすものと、永久的に変わることがないコリがあります。

筋肉疲労が積み重なっていくと筋肉も徐々にですが固くなります。この固くなるということは一時的な硬さではなく永久的な硬さです。永久的に固くなった筋肉は柔らかくなることはありません。いくらマッサージしたりストレッチしたりしても一時的にほぐれるだけです。また10分、20分くらいで元に戻ります。

筋肉の永久的な硬さと言うのは老化です。筋肉が老化したものが揉めば柔らかくなるかと言うとなりません。マッサージしても筋肉の老化は柔らかくなりません。

しかし筋肉が硬くなりすぎると神経がマヒして肩こりを感じなくなりますコリを感じる神経も筋肉の周辺にありますから筋肉だけで固くなると言う事はありません。筋肉が固くなる時には神経と血管、リンパ管が固くなります。

神経や血管が固くなると血行不良、握力低下、手のコワバリ、指のコワバリなどとして起こります。

血流も悪くなるし神経も流れが悪くなりますから、当然として起こる結果です。

肩こりと言うのは楽にする事ばかりしていると行く行くは血行不良、神経の問題になる可能性があると言う事です。

肩こりも筋肉だけを言えば、ここまで多く関係しています。

対症療法ばかりしていると

肩こりを良くするためには対症療法という施術があります。対症療法は楽にする方法です。肩こりを楽にする方法が一般的に用いられている肩こり解消法です。

しかし肩こりを楽にすることと、肩こりを直していく事は違います。

対症療法とは普通、一般的に多く使われているのは湿布を貼ったりすることです。

●湿布を貼ったりして薬剤の鎮痛効果で楽になる肩こりでしたら楽になると思いますが、肩こりを直している訳ではありません。肩こりを直す為には検査して原因を見つけることから始めないと肩こりは良くなりません。

●サプリメントを飲んでもドラックストアで売っていますから飲んでみると肩こりが楽になることもあるかも知れません。栄養やミネラル、何かのエキスなどが入っていることで肩こりが緩和させるかもしれません。しかしサプリメントで肩こりが緩和されるものでしたら肩こりは良くなります。

●鍼灸さんでも針やお灸で肩こりを楽にすることはできるかも知れません。

●指圧でも肩こりは楽にすることはできます。

●低周波治療器や電器でも肩こりは楽にすることはできます。

しかし

肩こりを楽にする対症療法と肩こりの原因を見つけ出していくこととは違いが大きくあります。

当院ではマッサージとかではありませんので、そのときだけの肩こりをよくすれば良いと言う訳ではありません。

当院では体を直していく治療院です。

肩こりを直していく

肩こりを直していくことは1回では無理です。1回で肩こりは楽にすることはできるかも知れません。しかし何度も言いますが肩こりを楽にすることばかりしていると肩こりになっている原因もいつまでも同じままではありません。

原因は肩こりを感じていない時も進行途中だからです。

年齢が増しているのに原因が変わらないと言う事はありません。

肩こりになるには肩こりの原因があります。

それを見つけていく為には検査して見つけていきますが、当院の検査は病院で行う検査とは違います。病院の検査は

血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などですが、これは病気の検査です。病気になればわかる検査ですが、健康な細胞から一気に病気の細胞になることはありません。

検査してわかるのは1つずつです。1つが解消されると次の2番目がわかります。病院のけんさのようにすべてが一度でわかることはありません。

総合的には体調の状態も判断していきます。体調が良いのか、悪いのか、です。

肩こりがある時には当然、体調は落ちています。肩こりが軽い時は少しだけ体調が良い時です。

しかし最近は多くの方が体調が悪く、奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

初回から院長が体調が良いと思う方がいますが、あることが起きていると、そう思うようになります。

睡眠負債

睡眠負債と言うのがあります。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。この方は自分でも気が付かないで脳が弱っていますから痛みやコリ、体調を感じなくなります。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしているのか。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

眠りとは脳から寝ている事を言います。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。

 

 

肩こりとは

小倉近郊の北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にする為に。

2018年05月29日