小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で小顔矯正をするならボキボキしない痛くないで初回から顔が小さくなる矯正で人気がある30年の経験から北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

小顔矯正とは

当院では特徴がある小顔矯正をしています。小顔矯正をする時には、当然、ボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしています。本当に小顔矯正をする時にはボキボキもしない顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は院長の手の技術のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしてます。院長の手の技術力のみで顔を小さくしていく事をしています。手の技術力ですから低周波治療器や電器などは一切、使いません。

当院の小顔矯正は、小顔矯正に入る前に顔を自分で触って大きさや幅をおぼえてもらうようにして小顔矯正に入ります。

しかしスタッフがメジャーで測ることは簡単にできますが、他人が測ると小顔矯正をする前は、きつく測って、小顔矯正をした後は緩くはかることもできます。あとは測る位置がちがったりと言う事もあります。

しかし自分の手で触っておくと、違いが分かりやすく嘘がありません。しかし手で触ると言うことは簡単なようで大変、難しくわかりにくいようです。

小顔矯正といっても10センチも20センチも小さくなることはありません。小顔矯正で変わるのは1センチだったり、2センチだったり、3センチだったりと言う感じです。

ですから1センチ、顔が小さくなっても分かるように触っておぼえておいて欲しいんです。

小顔矯正の触り方は院長から説明しますから、その通りに触るだけです。

小顔矯正の触り方は

小顔矯正の顔の触り方は、

①両方の手を手首の所で合わせます。

②手首を合わせたらアゴの部分に当てます。

③アゴの部分に当てたら手のヒラと指を顔に密着させます。浮いた部分はわかりませんので、できるだけ浮かさないようにして下さい。

④顔に手のヒラと指を密着させたら、次は左右差を感じます。

これだけです。

4番目の左右差を感じようとしないと小さくなっても分かりません。1センチ小さくなっても分かるようにして下さい。そのため、目を閉じて左右差を感じようとして集中すると脳が働きだしますから、脳の感覚神経が働くとしっかりとわかりやすくなります。

この触り方を2度、練習します。

1度目は小顔矯正に入る前にデスク越しに、もう一度は小顔矯正に入る直前にベットに上向きに寝てもらって院長と一緒に触ります。触る時に左右差を感じようとしないとわかりません。しかしあることが起きていると脳の感覚神経がうまく働きません。あることと言うのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をして行くときに一番、小顔矯正の障害になるものがあります。一つは疲れやストレスの蓄積です。毎日、毎日の生活、仕事、先進的な緊張、プレッシャー、抑圧などで疲れやストレスがたまります。この疲れやストレスが、どこにたまるのか、ということが小顔矯正に関係しています。

疲れた~とかストレスがたまった、と簡単に言いますが、この疲れやストレスはたまる所があるからたまる訳です。それがどこにたまるのか、と言う事です。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓です。

つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきますが、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレス

疲れやストレスが内臓にたまっていくと、骨盤の歪み・背骨のズレに必ずなります。

疲れやストレスがない方はいません、疲れやストレスがわかっていない方は多くいます。

疲れやストレスは簡単なことでたまっていきます。運動することでも疲れやストレスが多くなります。

疲れやストレスが内臓に多く蓄積していくと背骨のズレが起こります。例えばアルコールを飲みすぎて肝臓に疲れやストレスがたまると背骨の8番目はズレを起こします。回復すると背骨のズレはなくなります。しかし回復できないと背骨のズレが徐々に大きくなっていきます。悪化したものが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは特別なモノではありません。誰でも起きる事です。

アルコールを飲みすぎないでも肝臓に毎日の生活、仕事、精神的なプレッシャーで疲れやストレスがたまります。特に弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまりますから、たまると背骨の8番目の背骨のズレになります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。そう内臓の仕事なんですが、内臓も働いてくれていますから内臓が働くことで疲れやストレスが生まれてしまいます。

運動しても疲れやストレスが多くなりますから、脂肪は数か月で減りだすかも知れませんが、浮腫みは多くなります。この浮腫みは疲れやストレスがたまるからです。

人の体は何をしても疲れやストレスが多くなります。

小顔矯正と睡眠負債

小顔矯正をする時には、もう一つ問題があります。最近、多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債と言うのは脳から寝ていないことです。

眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。脳が休養を取って寝ている事を言います。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

 

小顔矯正とは

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正をするならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年06月11日