カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉でカイロプラクティックならその痛みやコリが楽になることもあります。痛みやコリは歪みやズレから起きています。小倉南区と小倉北区からも30年になるカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

小倉でカイロプラクティックなら

カイロプラクティックと言うのはアメリカの発祥の骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する施術です。カイロプラクティックと言うのは手の技術、つまり手技と言う意味があります。

手の技で体を矯正する事をして歪みやズレを解消していくのがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックと言うのは腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、首の痛み、首のこり、膝の痛み、頭痛、頭の痛み、偏頭痛、膝の痛み、股関節の痛み、更年期障害、自律神経失調症、猫背矯正、姿勢矯正、小顔矯正、骨盤矯正などをしていくのがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックで対象になるのは色々ありますが、多くの症状の改善と解消ができます。

何かの痛みやコリに関わらずあらゆる症状は歪みやズレから起きています。しかも単純に歪みやズレだけではありません。

多くのカイロプラクティック院では単純な歪みやズレだけを矯正する事をしています。他のカイロプラクティック院で多少の違いはありますが、電気をかけてボキボキして違う電気をかけると言う感じだと思います。

酸素カプセルも一時、流行しましたが、どうして酸素なのかと言うことがわかっていません。確かに芸能人が走った時に酸素を吸っていることがテレビで見ますが、一時的なことをしているだけです。酸素カプセルから出たら、ドンドン落ちていきます。基本は体です。

何をしても体が基本で考えて下さい。

当院では検査する事をしています。病院のように病気の検査ではありません。病院で行う検査は病気の検査です。血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などは病気として完成したものか、完成まじかのものが数値などで異常を示すことで出ます。

カイロプラクティックで扱うものは病気ではありません。

また痛みには、確かに病気の時も痛みがあります。その場合は病院で検査してみることも必要です。

検査しても数値の異常があまりなく治療の必要がない時や原因が不明な時にカイロプラクティックの施術をしてみると楽になることもあります。

体を楽にすることと、直すことは違います。

楽にすることは楽にする事であり対症療法と言います。対症療法は原因なんか関係ありません。痛みやコリには原因がありますが、原因を見つけることは簡単ではありませんから楽にすることをして直したと言っています。

痛みやコリの原因を見つけることなく楽にしてばかりいると原因もいつまでも同じままではありません。つまり進行していきます。進行した物は病気として起きることもあります。

人の体は弱い部分とそうでもない部分があります。そうでもない部分は痛みやコリにはなりにくく関係がありませんが、弱い部分は疲れやストレスをためやすく、疲れやストレスを多くためていくと細胞の変化が進行していきます。細胞の変化したものが病気です。つまり弱い部分は関節であろうと内臓であろうと老化していきます。老化した関節が症状を起せば膝の痛みになります。老化した内臓が症状を起せば病気になります。

しかし今すぐではありません。今は未病です。病気にあらずです。病気ではありませんから何かの不調を感じて検査しても異常が見つかりません。

健康な細胞から病気の細胞に変化する為には1年や2年ではなく10年くらいかかって変化していきます。

今もスタートを切っているから痛みやコリなどの症状になっています。

スタートを切る前でしたら何も症状は起こりません。と言うか体全体がスタートを切っています。つまり色々な部分が進行途中と言う事です。

弱い部分は進行が早くなります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体をギュウーと絞れば体重の半分異常が水分です。水分には疲れやストレスがたまるという事はありません。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で自分の体の弱い部分に疲れやストレスがたまりやすくなります。

弱い部分が関節であれば関節が痛くなります。この場合は関節と言うよりも筋肉、じん帯ですね。

痛みやコリになるのは

痛みやコリになるのは自分の体の弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で歪みやズレになります。骨盤の歪み、骨盤のズレは腎臓に関係して起きています。つまり腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスをためてしまうと筋肉に関係する大腰筋、腸骨筋の筋肉のバランスが悪くなって骨盤が歪みや開きが起こります。

歪みや開きが起きれば骨盤は不安定になりますから、不安定な時に重いものを持ったりすると体を支えることができません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるから体を保持することができない姿勢をすると痛くなります。これが腰痛、腰の痛みです。

肩こりでも筋肉の使い過ぎで筋肉疲労が起きていきます。筋肉疲労が起きると筋肉は緊張したり固く(一時的に)なります。

筋肉が固くなるとリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまっていき循環が悪くなります。これが肩こりなんですが。

さらに悪化させると筋肉だけではすまなくなって背骨のズレから起きる肩こりになります。筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから骨がズレて動くことで筋肉は引っ張られていきます。

骨がズレて筋肉が引っ張られることで起きる肩こりが起こります。

ということは肩こりと言っても2つの肩こりがあると言う事ですね。

2つの肩こり

①筋肉疲労から起きる肩こり

②背骨のズレから起きる肩こり

 

①の肩こりは湿布を貼ったりしても楽になる肩こりです。ドルックストアで売っている肩こりを解消すると言うサプリメント、医薬部外品でも楽になる肩こりですね。普通は筋肉の疲労から起きる肩こりも体が正常であれば筋肉のコリを解消するホルモンがでて解消しているハズなんですが。何かの問題が起きていて解消できないのかも知れません。多くの場合は体調の低下で正常に働くことができない場合が多くあります。

体調の低下が起きると体は悲鳴を上げているような感じになりますから大変な状況が起きていることもあります。それを単純な肩こりとして処理して良いのかと言う事もあります。

肩こりが起きる時には肩の部分だけが悪い訳ではありません。

体全体が落ちています。

 

②の肩こりは背骨のズレから起きている肩こりですから、筋肉をほぐすだけでは楽になりません。背骨のズレから起きる肩こりは背骨の中には中枢神経がありますから猫背や姿勢で歪んだりすることはありません。

猫背や姿勢で歪みやズレを起こしたりすると脊髄を守ることができません。

先ほども説明したように内臓に疲れやストレスがたまって蓄積された内臓疲労が歪みやズレの原因ですから内臓の疲労から減らすことしないと内臓も正常に働きません。

毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレスを減らすことは簡単なようで簡単ではありません。

疲れやストレスはマッサージしても気持ちよさはありますが、それでは減りません。

低周波治療器や電器をしても気持ち良さはありますが、それでは減りません。

サプリメント、医薬部外品を飲んでも疲れやストレスを減らすことができるのはないと思います。

一番、難しいのが疲れやストレスを減らす事であり、内臓疲労を減らす事です。

疲れやストレスを減らす事ができるのは、たった一つです。疲れやストレスを自力で減らす事ができるのは寝ている時だけです。

睡眠障害とカイロプラクティック

最近は多くの方が睡眠負債になっています。自分でも気が付いていないことが多くあるのが睡眠障害です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠です。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。

脳が寝ていることを寝ていると言います。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしているか寝ているからわからないと思います。

睡眠障害と言うのは取り返しができません。

睡眠障害が進行してしまうと脳細胞が急激な減少をしていきます。

脳細胞の減少は止まりません。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

睡眠負債は目が覚めません。

寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠です。

 

小倉南区と小倉北区でカイロプラクティックで歪みやズレを矯正すると痛みやコリが楽になります。小倉で30年のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年07月06日