腰痛

腰痛を楽にしていこうと思うなら、腰痛の原因になっているものから改善していかなければいけませんが、腰痛の原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレから起きています。

しかし、ゆがみや開きズレを矯正しなくても楽にする方法があるために骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが置き忘れてしまっていますので、置き忘れから起こる進行状態が多く見受けられます。

ボキボキしない

腰痛とは

腰痛の原因である骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを矯正することもなく、原因を見つけ出すこともなく、楽にする方法がありますが、楽にする方法というのは対症療法という方法です。
楽にする治療というのは、湿布を貼っても楽になることもありますし、ドラッグストアなどに売っている健康食品やサプリメントを飲んでも腰痛は楽にすることはできる可能性もあります。
家族の方に腰を揉んでもらっても楽になることもありますし、専門家の先生にいマッサージをしてもらっても腰痛は楽になることがあります。

低周波治療器や電気などをかけてもらっても、腰痛を楽にすることはできます。

対症療法と言う治療法

しかし、これらの対象療法という治療法は1時的に楽にしていることをしています。

楽にすることと原因を見つけ出すことは全然意味が違います。
楽にすることというのは楽にすることをしています。
治しているわけでもありませんし、表面上のものを1時的にしろ楽にすることができます

対症療法で楽になる

これらの治療法のことを対症療法と言います。
病院に行って注射を打ったりすることも痛み止めにはなりますが、痛み止めを行うことは原因を見つけ出すこともなく、楽になってしまうために、対症療法の中の1つです。
腰痛を起こす時には原因がありますので、原因から改善していかないと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレというのは慢性化した腰痛になるというよりも循環が悪くなっていきますので、歪みやズレが起きた所というのはそのままではありません。

腰痛が起きる時には必ず筋肉や靭帯を巻き込みながら起きていますが、必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが存在しています。
歪みやズレを整えない限りは楽にすることはできる可能性もありますが腰痛を治すことはありません。

楽にする治療と直す治療

普通一般の方には分かっていないと思いますが、腰痛を楽にしていく治療と腰痛の原因になっているものを見つけ出して解消していく治療という二つの治療法が存在しています

腰痛を楽にしていく治療の方が短期で改善することもありますが、楽にすることばかりしているとこじらせたり、悪化させたり慢性化状態を作ったりしますので、いつかは普通の楽にする治療では治らなくなっていきます

腰痛には腰痛になる原因がありますので、原因から改善していくことをしなければいけませんが、腰痛の原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために、多くの治療家の先生も避けているような状況です。
普通一般的に考えてもマッサージをしたりしても楽になることもありますし、低周波治療器などを当てても楽になることがある為に楽になることを直したと思っているでしょうし、腰痛の方も治ったと思うでしょうが、実は大きな間違いがここに存在しています。

腰痛の原因

腰痛を治すには、そんなに簡単に治ることはなく、原因を見つけ出すこともしなければいけませんし、初回時は体調を落としていますので体調もあげることも必要なんですが、まずはなんと言っても痛みを改善しなければいけませんので、対症療法を先に優先的にしていきます。
対処療法をして楽にしていかなければいけませんが、楽になったらそこから原因を見つけ出して改善していくことをしています。

しかし、当院の対処療法の治療は筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善することはもちろんですが、骨盤の歪みや骨盤の開きなどを改善していくことをして楽になっていきます
ですから、単純にマッサージをしているわけではありませんし、低周波治療器などをかけてしているわけではありません。

腰痛というのは、体に溜まったあるものが原因なんですが、あるものというのは特別なものではなく、誰でも存在しているものですが、多くなればなるほど腰痛になりやすくなります

切っ掛けと腰痛

腰痛を起こしている方は、きっかけが原因のように思うでしょうが、きっかけはあくまでもきっかけにしか過ぎませんので、きっかけというのは重たいものを持ったり、体をひねったり運動したりスイングをしたり、前かがみになって何かを取ろうとしたりくしゃみをしたりすることで起きるのがきっかけです。
きっかけはきっかけであって、原因ではありませんので、その他に原因になるものがあるということです。
原因になるものは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり、背骨がずれたりするのかという裏側にある原因があります。

何も原因がなくて歪みや骨盤の開きが起きることもありませんし、背骨がずれたりすることもありません。
どうして骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きるのかという問題があります

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていると骨盤は大変不安定になっていますので不安定になっている時に重たいものを持ったり、前屈をしたりするとバランスが悪くなったり、体を支えることができませんので支えることができないと腰を痛める結果になります。

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレになる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや歩いたりすることやジョギングをしたりすることや車の運転をしている時でも多くなったりするものが原因なんです。
骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きるのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスというのは、溜まっていない方はいませんので、多くの方が疲れやストレスを溜めてしまっていますが、疲れやストレスと説明しましたが、疲れやストレスというのは同じ意味になりますので疲れが溜まって蓄積した状態がストレスという風になりますので、蓄積疲労がストレスの意味になります。
多くの方がストレスという意味を簡単に考えてよく意味を分かっていないのに使っています。

しかし、ストレスがたまるところがあるから溜まっていくと、歪みやズレになっていきますので、どこに溜まるのかという問題なんですが、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので体重の半分以上は水分で構成されているということですが、水分に疲れやストレスが溜まるというのは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れ休めずがたまり歪みやズレの原因を起こすところがあります。

腰痛と腎臓疲労

どこにたまるストレス

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
体は多くは今、説明したので、構成されていますので、この中に疲れやストレスがたまるところがあります。

中枢神経系も内臓-1部ですから、多くのストレスというのは筋肉にもたまにながら内臓に蓄積して行けますので、どちらかというと筋肉よりも内臓に溜まる疲れの方が多くあります。

内蔵というのは毎日毎日食事をしたり、消化したりすることや分解したりすることで、多く内臓が働いてくれていますので、働くことでもストレスが内臓に蓄積していくこともあります。
しかし、内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、何でもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓にストレスがたまるという意味になります。

最近は多くの方がストレスを溜めている内臓を確認してみると、炎症を起こしたり、ハレたりしている場合が多くありますが、こういう状態で炎症や腫れを起こしていても数値的な異常は出ていませんので数値的な異常が出ることが原因で病気という診断が下ります。

内臓にストレスが蓄積

内臓に蓄積していくストレスというのは、病気ではありませんので、病気というのは数値的な異常が出なければ病気とは言えません。

内臓にもストレスが溜まると、体の筋肉よりも更に内側にあるのが内臓ですから、内臓のストレスが蓄積した状態で骨盤が歪んだり言葉んが開いたり、そして背骨のズレになっていきます。

特に背骨のズレというのは内臓に直結していますので例えばアルコールに関係なく、肝臓に疲れやストレスがたまることが原因で背骨-8番目の骨がズレを起こしていきます。

腰痛になる場合は腎臓が深く関係をしていますので、弱い腎臓に疲れやストレスが溜まりやすく疲れやすいですが、溜まることが原因で腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなりますので、腎臓に関係する筋肉は骨盤の周辺にある筋肉ですから、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい背骨のズレになっていきます。

腰痛や腰の痛みというと表面上の痛みさえ楽にすれば良くなったと思うでしょうし、また骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正して整えれば腰の痛みは楽になることが多くありますので、その先にあるものまで見つけ出すことをしていないのが実情です。
しかし、病気ではないため、数値的な異常が出ないので、病院に行ってもわかりませんし、検査が出来なければ当然そこまでの治療はできないということです。

腰痛の原因を検査する

当院では検査する技術を向上させていますので、中がどうなっているのかということを見つけ出すことをしていますが、最近多くの方が体調異常と思えるほど落としていますので、異常な体調をもっている方は腰の痛みや色々なものが重なって起きているものもあります

単純に骨盤の歪みは骨盤の開きだけではなく、骨自体が炎症を起こしたり、ハレたりということまで起きていますので、炎症や腫れが起きていると骨がジュクジュク状態になっているという特殊な状態の方もいます。
骨が炎症を起こしたり、ハレたりというのは特殊なことなんですが、最近多くの方が骨自体を炎症を起こしたり、ハレたりということが起きて変形を起こしている方もいますので、炎症や腫れだけでも痛みを伴います。

普通では骨が炎症を起こしたり、ハレたりして変形を起こすということは考えられないことなんですが、最近は多くの方が自分で思っているほど体調が落ちていますので、落ちていれば落ちているほど変な症状も起きたり、特殊な状態が起きたりすることも多く見受けられます。

腎臓疲労が腰痛になる

普通一般的には弱い腎臓に疲れが溜まることが原因で大用金鳥骨筋という筋肉のバランスが悪くなり、筋肉バランスの悪さから骨盤が開いた理由がんだりして背骨がずれているということが腰痛なんですが、最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないということなので眠れていない方は体調が自分でも気がつかないうちにどんどん低下していき、奈落の底のような体調をしていたり、どん底のような体調をしている方がいます。

しかし、多くの方は睡眠負債状態が起きてしまっていますので、睡眠負債状態というのは脳が弱っていきますので、脳がいわゆることが原因で痛みやこりを感じにくくなっているのが現状ですから、自分でどんなに体調がいいと思っていてもすっごく悪いという方もいます。

体調が悪いから腰痛になる

多くの方がただ自分の体調の悪さを考えていませんし、少しこの辺がとか言う状態でも背骨全体的に検査をしてみるとガタガタ状態になっていて、何箇所もヘルニアがあるのにそれをしっかりとわかっていません。

骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがあるということはすごく体調が悪いわけですけど、軽いものから酷いものから酷すぎるものから色々段階があるということです。

腰痛を起こした時には何かのきっかけが必要でしょうし、きっかけがをする前に骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレがあって骨盤が不安定になっていないと腰の痛みは起こりません

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が睡眠負債状態ですから、寝ているようで眠れていないので、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りますが、寝ながら考え事を教える時間が圧倒的に長くなっていくと寝ているのか眠れていないのかということもわからなくなり、自分で勝手に寝ていると勘違いしています。

自分で勝手に勘違いしている眠りというのは、目が覚めないから寝ていると思っているだけです。
どんなけ睡眠素材や寝ながら考え事をしてる時間があると、大脳が弱ってしまうのかということも分かっていませんし、大脳の弱りが大変な結果を招いていくということがありますが、なっていく過程では分かりません。
大脳が弱ってしまうと、脳細胞の急激な現象が起き、精神疾患や鬱やパニックや認知症が起きやすくなっていきます。

腎臓疲労腰痛に


2018年08月18日