小顔矯正

小顔矯正

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。
小顔矯正をしていく時にはボキボキしたりすることもなく痛いこともないと思われる子顔矯正をしています。
小顔矯正をしていく時には顔を無理やり押さえつけたりすることはしていませんので安心してください。
小顔矯正をする時にはマッサージをするような感じだと思ってもらえば一番近いと思いますのでマッサージ感覚で顔を小さくすることができます。

小顔矯正とは

しかしマッサージ感覚と言ってもマッサージをしているわけではありません。マッサージをするような感じで顔を揉んでいるだけで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。
しかし院長もマッサージをして顔が小さくなることはないと思っていますので院長だけができる小顔矯正なんですが本当にマッサージをしているような感じで徐々に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をして行く時には今まで30年間で多くの方の顔を小さくすることをしていますが院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと必ず同じ答えが返ってきますので同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんという答えなんですが検査することができますので検査をしてみると全員が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になっている方が多くいました。

背骨のズレと小顔矯正

背骨のズレやゆがみや開きなどというのは体調の状態を表していますので体調が悪いということを表していますが痛みやこり、だるいとか色々な症状がない限りは体調が良いと思っているでしょうが実はそういうことではありません。
痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限らないということなんですが体調と言うのは毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することやいろいろなものごとで疲れやストレスが溜まっていきますから疲れやストレスが溜まって落ちた状態を言います。

疲れやストレスというのは日常的に多く存在していますので疲れやストレスが全然溜まっていないという方はいません。
疲れやストレスというのを分かっていない方はいると思いますが溜まっていないということはありません。

疲れやストレスというのは生きている限り生活している限り体を動かしている限り存在しているものですから暑いというのもストレスになります。

ストレスと小顔矯正

最近は夏でも異常に暑いことが多くありますので暑さを受けているだけでも体は悲鳴をあげています。
この悲鳴をあげることがストレスになります。
ストレスというのは色々なものが存在していますので一概に例を挙げることはできませんが多くのストレスが体に蓄積していきます。

小顔矯正をして行く時には体に溜まったストレスが一番、邪魔なものになります。
ストレスが多く貯まれば貯まるほど体の歪みやズレを起こしていき背骨のズレを起こしますが顔にも体の状態を表すものが出てきます。

体調を表す顔

体の状態を表すものというのは顔の歪みが起きたりすることもありますし顔の脂肪や顔のむくみというのは顔だけではなく体の状態を表していることが多くあります。

顔のむくみや顔の脂肪というのは身体全体のものを表していますのでどうして顔にむくみが脂肪が起きるのかということを考えなければいけませんが多くの方は考えることもしていません。

毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することやいろいろなものごとで疲れやストレスは溜まるばかりなんですが疲れやストレスがたまるところがあります。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 柱体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので体重の半分以上6割以上は水分で構成されているということですから水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分に水分が存在しています。

疲れやストレスと小顔矯正

水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った35 kg の中に疲れやストレスが存在するところがあります。

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していませんのでこの中に疲れやストレスが溜まりやすい所は筋肉と内臓になります。
内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので注意して聞いてください。

内臓にストレスが溜まるということが本当に起きているんです。

内臓疲労とは

しかし病気ではないために病院でも検査はできません。
病院というところは病気として完成したものしか分かりませんので数値的な異常がでる時には完成間近か完成しているということです。

小顔矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスが原因で顔がゆがんだり顔に脂肪が多くなったりむくみが多くなったりしますがむくみというのは大変まずい結果になります。

むくみというのはフシュと言いますのでフシュというのは体調が異常に悪いことを示しています。
むくみが多くなっていくということはリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなりますが、これは体調の悪さを表しています。

リンパマッサージ

ですからリンパマッサージ、リンパ療法などでリンパを流せばいいというわけではありません。
リンパマッサージというのは本当にリンパを流しているんでしょうか。

院長が思うにはリンパマッサージというのは軽いマッサージだと思いますので、どうして何も原因がないのにリンパの停滞が起きて老廃物が多くたまることが起きるのかという問題が存在しています。

何も原因がないのにリンパが 流れないということはないと思いますのでどうして流れないのか老廃物が多く蓄積しているのかということを見つけ出さなければマッサージをしてもまた元に戻って行きます。

根本的な原因は疲れやストレスの蓄積にあります。

疲れやストレスの蓄積

どうして疲れやストレスが溜まったのかどこに溜まったのかということが一番の問題になります。

単純にリンパを流せばいいというだけではありません。

小顔矯正をして行く時にはもちろんリンパも解消していきますがリンパよりもあげなければいけないのは体調なんです。

今まで30年間で多くの顔を小さくすることをしてきましたので初回から顔を小さくすることができますが小顔矯正の意味を多くの方に知ってもらうために顔を小さくしているという感じですがただ美容的に顔を小さくしているわけではありません。
当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると全員の方が体調が悪く疲れやストレスを多くためてしまっていますので疲れやストレスがたまるところは内臓ですから内臓の働きの低下からリンパの働きが悪くなり体の歪みやズレが起こります。

疲れやストレスというのは弱い内臓に溜まっていきますので人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分は何も起こすことはありませんが弱い部分はそうはいきません。

弱い内臓に

人の体には強い内臓というのは存在しませんし間接も存在しませんので何も症状が起こらない部分だということです。
弱い内臓には疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まることが原因で溜まっただけでは済まないんです。

弱い内臓に疲れやストレスがたまると細胞が徐々に変化していきます。
弱い内臓に疲れやストレスが溜まると細胞が変化していき変化した最終形態が病気です。

体調の状態を改善していかなければ維持することはできませんし持続力はありません。
顔を小さくした方は質問されますが維持することができるのか持続力はあるのかということを聞かれますが、それはご自分の体の状態を考えてもらえば分かると思います。

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が疲れやストレスだけではなく睡眠負債状態の方が多くなっています。
睡眠負債状態というのは自分でも気がついていないことが多くありますが眠りが浅いということになります。

眠りが浅いということは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。

寝ている人を見てスースー寝息を立てていれば寝ていると思うでしょうが大脳の中まで考えていませんし見えてはいません。
寝ている格好だけを見て寝ていると判断しているだけです。

眠りというのは大脳が休養とっている時だけを言いますのでどんなに良い眠りをしているような状態に見えても大脳の仲間ではわかりません。

最悪な睡眠

一番最悪な睡眠がありますが夢よりももっと悪い睡眠です。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが長く夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックでありたった数秒の時間だったということがあります。

夢を見るよりもさらに悪い睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
例えばですけど6時間睡眠時間がある方が12時ぐらいに寝て5分ぐらいですぐ眠れて12時5分から5時55分まで寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

夢を見るとは

そして目が覚める瞬間に夢を見ています。

目が覚める瞬間に夢を見ているから夢しか記憶に残ることはなく最悪な睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまっています。
小顔矯正をする時には顔というのは頭蓋骨のひとつです。

つまり頭蓋骨を小さくするということをしていくのが小顔矯正何です。
頭蓋骨というのは大脳が収められていて守られていますので頭蓋骨を小さくするということは大脳にも影響が大きい脳幹の部分にも何らかの問題を起こします。

小顔矯正をして行く時には頭蓋骨が深く関係をしていますので顔の骨だけ小さくするということも可能ですが全体的に小さくしなければ頭でっかちになってしまいます。

小顔矯正とは

小顔矯正というのは頭蓋骨矯正という感じになりますが前側の顔だけ小さくするということはないと思います。
そんなことをしていたら逆にバランスが悪くなったりすることもありますが大脳にすごく影響を出します。

トータル的に小顔矯正をして行く時には頭蓋骨を小さくすることをしなければいけませんが当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみて異常のある部分を見つけ出すことが顔を小さくすることになります。
つまり小顔矯正と言っても顔を小さくするというよりも異常のある部分を見つけ出して正常に戻していくことが顔を小さくする結果になるということです。

小顔矯正をして行く時にはマッサージをするような感じで顔を揉んでいるだけで顔が小さくなっていきますが顔には皮膚や筋肉や靭帯や骨があります。

顔を小さくするには

これのどれを取っていけば顔を小さくすることができるのかという事が問題になります。
小顔矯正をする時には皮膚や筋肉や靭帯や脂肪なども減らさなければいけません。
しかし多くの方は顔にも疲れやストレスですが溜まっていますので疲れやストレスが溜まることが原因で皮膚や筋肉や脂肪や靭帯などが炎症を起こしたり腫れたりしてる方がいます。

筋肉の炎症を起こしたり腫れたりするとぶよぶよになっていきます。
脂肪の炎症を起こしたり腫れたりするとぶよぶよになって多くなっていきます。
そして中にむくみが出てきます。

頭がい骨を小さくする

さらに頭蓋骨の一つである顔の骨の炎症を起こしたりハレを起こしていきます。
普通は起きるものではありませんが顔にも炎症や腫れがあると顔が大きくなったり肥大したりしていきますので大きくなったり肥大したりすることが原因で顔が一気に大きくなって見えますし朝から顔がむくんでいるような感じがします。

朝が一番いいはずなんですが顔が引き締まっていなければいけないのは朝です。
つまり眠りが浅いということが言えますので眠りが浅いと朝から顔が引き締まることはありませんから朝から顔がむくんで見えます。

眠りと顔は

それほど眠れていないということであり眠りが浅いという可能性があります。
小顔矯正をして行く時には睡眠負債と体に溜まった疲れやストレスが原因で顔が大きくなっていき脂肪が多くなったりむくんだり顔が歪んだりということが起こります。
これを正常な状態に持っていくことが小顔矯正をすることになります。
特に顎のラインは多くの方が炎症や腫れがひどくなっていますので炎症や腫れを少しずつでも軽くすると顎のラインがすっきりしてシャープになります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年08月20日