腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になってるものから改善しないと根本的には楽になることはなく繰り返しやすくぎっくり腰にもなりやすく進行状態が多くあります。

急性状態で起きる腰の痛みというのはぎっくり腰でも捻挫ですから捻挫は3日から一週間ぐらいで回復していきます。
多くの方は知らないと思いますがぎっくり腰というのは捻挫です。
手首足首なのと同じように起きるのが捻挫ですか関節が大きいために痛みが強く体を支えている部分でもありますから痛みが強くて動けないということがありますが捻挫です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには

しかしぎっくり腰になったということは体調が良くないということを示して警報として知らせてくれています。
これを安易に簡単に考えてしまうと腰痛やぎっくり腰が治ったとしても楽になったとしても体調やぎっくり腰起こした原因が治ったわけではなく命の危険があることもあります。
体というのは何も原因がなくて起きることはありませんが体が起こすボディーランゲージというのは痛みやこりなどの症状として警報として示してくれていますが人は簡単に考えてしまいます。

もしかしたら腰痛やぎっくり腰で起きなければ倒れてしまっている可能性もあるんです。
それほど体調が良くない時にぎっくり腰が起こります。

急性腰痛も

ぎっくり腰で死ぬことはないと思いますが体調の悪さというのは心臓にも負担を起こしている可能性もありますし血管にも問題を持っているかも分かりませんがまずはぎっくり腰として気付かせて休ませようとしているという感じですね。
ぎっくり腰などをしたらまたね違いも同じことなんですが急用取らないと大変な結果を招くこともある可能性もあります。

後ろでドクロの顔をした鎌を持った人が立っている可能性もあります。
体というのは何も原因がなくて痛みが起きたりすることはありませんので何かの原因があるということなんですが痛みさえ楽にしてしまえば治ったと思います。
原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために難しいものにな おから簡単な方法に逃げている方が多くいます。
原因なんかは調べてもわからないために見つけ出すことをしていなくて楽にする方法というのは対症療法という方法になります。

対症療法の低周波治療器や電器

 

対症療法ばかりしていると

対症療法という方法は原因なんかは関係なく楽にすることばかり中心的にしています。
楽にする治療というのは湿布を貼っても楽になることもありますしドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも楽になることはありますし家族の方に揉んでもらっても楽になることはあるでしょうし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽に感じてしまうこともありますし低周波治療器や電気などの物理を用いてかけてもらっても楽になることはあります。

しかし楽にすることばかりに逃げていると原因もいつまでも同じままではいられません。
原因があるとしたら進行していくということなんですが腰痛というのは原因がしっかりとあります。
しかし多くの先生は原因を見つけ出すことはできません。

腰痛を検査する

検査をすると言うのは簡単なものではありません。
見た目で見てわかるものではありません。

足の長短だけでわかるものではありませんし足の長短を揃えれば骨盤が揃ったということもありません。
当院では足の長短を確認をしていませんので足というのは初回では違っているのが当たり前だからです。それを揃えたからといって骨盤のゆがみが取れたわけではありません。

腰痛を改善していくときにはもちろん筋肉靭帯の炎症や腫れを改善していかなければいけません。
そしてそれだけではありませんので単純に筋肉靭帯の炎症だけで治ることはありません。
その先にあるものというのは骨盤の歪みや骨盤の開きなんですが当然、腰痛ですから骨盤の歪みは骨盤の開きが起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰痛に

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時に重たいものを持ったりしたら腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きで不安定になっている時に何かを取ろうとしたら体を支えることができないために腰が痛くなります。

骨盤の歪みは骨盤の開きがある時に車の運転をして姿勢が悪かったりすることで骨盤の歪みは骨盤の開きが拡大して大きくなっていきますので骨盤の不安定状態がさらに広がっていきますから腰痛や腰の痛みが大きい車から出ようとした時に体が伸ばせなくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときにくしゃみをしただけで腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに足を組んで座っているだけでも腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに横座りをしているだけで腰が痛くなります。

骨盤の歪みは骨盤の開きがあるときに布団で寝ている時に腰が痛くなります。
骨盤の歪みは骨盤の開きというのは寝ても取れることはありません。

しかし骨盤の歪みは骨盤の開きだけを矯正すればいいというわけではなく、どうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きているのかという裏側に原因があります。

何も原因がないのに歪みやズレが起きることはありません。
腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みは骨盤の開きがありますが普段から骨盤の歪みは骨盤の開きは誰でも起きているものです。

歪みやズレがない方はいない

逆に歪みやズレがない方は一人もいません。
しかし程度があります。

程度というのは骨盤の歪みや骨盤の開きが軽い方もいれば、中程度の方のいれば、重症程度の方もいれば、ひどすぎる方もいるということです。

骨盤の歪みがその人にとって最大限に広がった時に腰が痛くなります。
後はきっかけが必要ですからきっかけというのは重たいものを持ったり前かがみをしたりくしゃみをしたりすることです。

この両方が重なった時に腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレから

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きを起こすのは何が原因なのかということを説明しなければいけませんのでもうしばらくお付き合いください。

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分けられます。
弱い部分に疲れやストレスが溜まりやすくなります。

そうではない部分というのはあまり痛みやこりになることもなく関係することもなく先将来につながることもありません。
しかし弱い部分というのはそうはいきません。

弱い部分に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に多くなっていき細胞の変化を起こしていきます。
細胞が変化したものが病気の可能性が強くなります。

腰痛は腰の痛みだけでは済まない

これが腰痛と先将来の問題の関係です。
しかしなって行っている途中ではいくら病院で検査をしても異常は見つかりません。

病気になる時には半年や一年で病気になることはなく10年以上かけながら進行をしていきいつかは完成状態をします。
病気になるためには健康な細胞から一気に病気の細胞になることはありません。

ある程度完成状態を細胞が起こさないと病院で検査をしても健康だと言われます。
色々な症状というのは弱い部分に疲れやストレスが溜まっていき弱い部分の細胞が徐々に変化していき最終的には病気として完成して数値的な異常が出るまでになります。

疲れやストレスがたまりやすいところというのは例えばですけど体重が100キロの方がいて体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきます。

腎臓疲労

腰痛になる体の構成は

体重の半分以上は水分で構成されているということですが水分と言っても単純な水ではなく血液、リンパ液だったりという水です。

水に疲れやすストレスがたまるというのは考えられませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まりやすく問題になる部分があります。

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところと考えられるのは中枢神経系も内臓の一部だと考えれば内臓と筋肉になります 。

しかし病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まるということが実際に起きていきますが数値的な異常は出ていないということですね。

腎臓疲労が

腰痛を起こす原因というのは腎臓疲労が原因です。
弱い腎臓に疲れやストレスがたまりやすくなると腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり骨盤を歪ませたり開いた状態をしていきます。

多くの腰痛の場合必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが存在しています。
骨盤の歪みは骨盤の開きを起こすのは腎臓疲労が原因です。

しかし腎臓が直に起こすわけではなく腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなることが原因で骨盤が歪んだり開いたりします。

大腰筋、腸骨筋の問題

腎臓に関係する筋肉というのは大腰筋という筋肉と腸骨筋という筋肉の二種類になります。
両方合わせて腸腰筋ともいいます。

この腸腰筋は腎臓に関係する筋肉ですが一旦は股関節の内側についていてもう一方は腰の腰椎5番目の骨から横隔膜のところまである筋肉です。

この筋肉が緊張したりして短くなってしまうことがありますので短くなったぶんだけ体を起こすことはできませんしその時には骨盤の歪みや開きも起きていますから体を支えることができません。

患者さんから腰痛が起きていると聞くと腎臓というのをイメージするのは当然だと思うぐらい腎臓が深く関係しています。
腰痛の方の腰の少し上の部分を触ると腎臓の位置になりますので、その位置を触ると腫れていたり炎症を起こしたりして出っ張っていることが多くあります。

腎臓が炎症起こしたり腫れたりまたはぶよぶよした状態になっているということは明らかに腰痛を起こしやすくなっているということなんですがこういう状態でも病院で検査しても数値的な異常は出てきません。

しかし実際に触ればわかることなんですが。

腎臓を触ると炎症やハレが

腰痛の方の場合筋肉や靭帯の炎症を改善できたら骨盤の歪みは骨盤の開きを整えていきなおかつ腎臓の働きを良くしなければいけません。

そのため一度で全て治ることはありませんが楽になるとは思います。
しかしそれで治ってしまったわけではありませんので弱い腎臓を強くしていかないと、もしかしたらですが先将来につながることが起きる可能性があります。

腰痛を起こしている方の多くは透析になっている場合があります。
これはあくまでも可能性ですからなると断言しているわけではありません。

しかし今は病気ではないし透析でもありません。

腎臓に疲れやストレス

腰痛を楽にしていくためにはまず楽にしていくことを優先していきます。

腰痛が楽になったらそこから体質改善という治療がありますので体質改善で弱い腎臓を強くすることができます。
腰痛が起きてしまう時には必ず体全体にも疲れやストレスが溜まっています。
疲れやストレスは弱い腎臓にだけ溜まっていることはありません。

身体全体に疲れやストレスが溜めながら弱い部分に疲れやストレスがさらに溜まっていきます。
人の体は色々疲れやストレスが溜まっていても、あらゆるところが悪いということはあまりありません。

多くの方の場合、腰痛を楽にしたらここも悪いとか言われます。
体に何かの症状が起きる時には警報だと思ってください。 警報が起きてしまった時には休養とることも必要ですが休養とっても改善しないということもあり。

なんでもかんでも休養を取ればいいというわけではなく体が回復する力があるのかということを考えなければいけません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど



北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月21日