小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正はボキボキすることもなく痛いこともない小顔矯正をしています。
小顔矯正をするということは顔を小さくすることなんですが顔を小さくするということはどういうことなのかということを知ってもらうために説明をしていきます。

小顔矯正

小顔矯正

今まで多くの方の 顔を小さくすることをしていますが全員と言っていいほど小顔矯正の意味をわかっていませんので単純に美容的な小顔矯正では持続力もないし維持することもできませんし顔が小さくなることは、なりにくいと思います。
小顔矯正をしていくときに何をしたら顔を小さくなるのかということを考えなければいけませんが多くの方は単純に顔を小さくしたいというだけでを持ってきていますのでしっかりと小顔矯正の意味をわかってください。

小顔矯正で顔を小さくするというのは顔というのは何があるのかということを厳密に分けて考えてください。
顔を小さくしていくわけですから顔には何があるのかということが分からないと小さくすることはできません。
顔には分別して考えればわかると思いますが皮膚と筋肉と脂肪と骨しかありません。
例えばですが顔のむくみを減らすことでも小さくなることはあります。
顔の脂肪を減らすことでも顔は小さくなることはあります。

あとは筋肉と靭帯と骨しかありません。

どうしたら顔が小さくなる

顔に多くなってしまったむくみを減らしたり脂肪を減らしたりすることも小顔矯正の一部だと言えば一部なんですが単純にそれだけでは少ししか小さくなることはありません。

ではどうすればもっとさらに顔を小さくすることができるのかという問題があります。
むくみや脂肪を減らすことをしてどうすればさらに顔を小さくすることができるのか。
あと残ったものは筋肉と靭帯と骨しか存在していません。
小顔矯正をしていくときに顔の骨というのは顔面骨ともいいますが頭蓋骨の一部でもあります。
頭蓋骨というのは頭の骨という意味もありますが顔の骨も頭蓋骨の一部になります。

首の上に乗っかっているもの全てが頭蓋骨ですから顔の骨も頭骸骨のひとつです。
頭蓋骨を小さくするということが小顔矯正になります。
顔の骨を小さくすることが小顔矯正ですから顔の骨は頭蓋骨ですから頭蓋骨を小さくするという意味になりますが頭蓋骨矯正とは意味が違います。

小顔矯正が2つある

当院では小顔矯正をしていく時には二通りの小顔矯正が存在しています。
一つ目は体調を良くすることで顔が小さくなる小顔矯正で初回から行う小顔矯正でもあります。
もう一つは体調が良くなってからできる 体質改善による小顔矯正です。

しかし体質改善の小顔矯正は初回からはできませんし準備が整っていないとできません。
まずはじめに行う小顔矯正というのは体調による小顔矯正ですから体調と言うと疲れやストレスの蓄積になりますので疲れやストレスを減らすことをして行くと顔が小さくなるという小顔矯正です。

毎日毎日の生活や仕事をすることや体を動かしたりすることや座っているだけでも映画を見ているだけでもテレビを見ているだけでも多くなるものが存在しています。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスと小顔矯正

多くなるものというのは疲れやストレスです。
体に多くの疲れやストレスが溜まると顔にも疲れやストレスが溜まっていきます。
顔に疲れやストレスが溜まると脂肪が多くなったりむくんだり顔が歪んだりすることもあります。
体にも多くの疲れやストレスが溜まりながら顔にも疲れやストレスが溜まることが起こります。
顔には全体に疲れやストレスが溜まるということも起こりますがどこに溜まっているのかということを検査して見つけることをしています。

当院の小顔矯正は美容的な小顔矯正というよりも治していくことで顔を小さくしていく小顔矯正です。
体にも多くの疲れやストレスが溜まりながら顔にも疲れやストレスが多く溜まっていきますので疲れやストレスを溜まっているところから減らしていくことで顔がずいぶん変わってくるということがあるんです。
初回は顔だけ触って疲れやストレスを減らすことをして顔を小さくすることをしていますが多くの方の顔の部分で言うと顎のラインは疲れやストレスが多く蓄積している部分ではあります。
ということは顎の部分は疲れやストレスを減らすことですっきり引き締まって細くなっていくという効果があるということですね。

疲れやストレスのたまる部分

体には自分でも気がついていないで多くの疲れやストレスが溜まっていきますが疲れやストレスが溜まっているからといって痛みやコリが起きているということはないです。
疲れやストレスの蓄積というのは大変多くの方に溜まっていますから溜まっていないという方はいません。

全員の方に院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと同じ答えが返ってきます。
もちろん同じ答えというのは体調が悪くありませんとか調子はいいですという感じなんですが院長が検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれてガタガタ状態になっているという方が多くいます。
これらの歪みが開き背骨のガタガタ状態というのは体調の状態を表しています。

自分でも気がついていないことが多くある体ですから何かの不調上体が起きるということもあるでしょうが起きていないことも多くあります。

睡眠負債と疲れやストレス

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態というのは大脳を弱らせていきますので大脳が弱ってしまったかは痛みやコリを感じにくくなるということが大変な状態を招いていてもわからないという方がいます。

大脳が弱っていて睡眠負債状態があるなと検査でわかっても説明してもなかなか分かってくれない方もいます。
睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて目が覚めなくて朝を迎えるという感じなんですが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることをいいます。

つまり熟睡状態です。

多くの方が目が覚めないから寝ていると思っています。
人が見てスースー寝息を立てているような眠りをしていても格好だけ見ていますので大脳の中のことまでわかっていません。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが長く夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックであり数秒の時間だったり数分の時間だったりということです。

不眠症という言葉がありますが不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ます方が不眠症です。

睡眠負債と小顔矯正

不眠症と睡眠負債

不眠症というよりも睡眠負債というのは目が覚めない状態で眠りがすごく浅い状態のことを言います。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは大脳を急速に弱らせて行けますので痛みやコリが起きているような体をしていても感じにくく麻痺した状態になっていきますので風邪を引くようなことをしても風邪はひきにくくなります。
体に風邪の細菌やインフルエンザウイルスが体内に入ってきて増殖傾向を起こすと大脳が元気だから熱を上げることをしています。

大脳が弱ってしまった方は風邪を引くこともできません。
大脳が弱ってしまったかたはインフルエンザにもなりにくく隠れインフルエンザという状態になります。

風邪やインフルエンザになっていないのではなく発症しないということですから発症する力がないと言えます。
睡眠負債で大脳が弱っていくと弱っただけではすみませんので痛みやコリを感じなくなるぐらい頭が弱ってる脳が弱っているという方がいますので骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくを着ていても何も痛みやコリを感じていない場合がありますし生理痛,、生理不順や便秘などで起きている方もいます.。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくためには何をしたら顔が小さくなるのかということを考えなければいけませんが先ほども説明したように顔には皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨しか存在していません。

普段からあるものではありませんがむくみを減らしていくことでも顔は小さくなることもあります。
顔に多くなってしまった脂肪を減らすことでも顔が小さくなっていくことはありますが志望というのは主に皮下脂肪が中心ですから皮下脂肪というのは皮膚の下の脂肪という意味です。

浮腫みというのは代表的に言うとフシュという意味になりますのでフシュというのは体調が悪いことを表して多くなっているものですから朝から顔がむくんでいるという方は眠れていないし大変なことが起きていると言えます。
多くの方が勘違いをしていますがむくみというのは体調が悪くて起きているので単純にリンパの働きが悪くなったり老廃物が多くかまっているというのが原因ではなく結果です。

ですからいくらリンパの働きを良くしても老廃物を流すことをしても、またすぐに元に戻ってしまいます。
朝から顔がむくんでいるという方は体調がすごく悪かったり眠れていない方ですから朝が一番顔が引き締まっていなければいけません。

顔の浮腫み

しかし朝から顔がむくんでいるという方は体の状態が良くなくて良くないということは骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレがあるということを指しています。

朝から体を動かしたり仕事をしたりすることや生活したりすることで徐々に疲れをためていき顔がむくんでいるということは起きる可能性もあります。

朝からむくんでいる方ほど睡眠負債状態になっている可能性もありますから自分で気がついていて眠れていないんだと思う人もいるかも分かりませんが多くの方は眠れていないことが分かっていないので目が覚めないから寝ていると思っている方が本当に睡眠負債状態になっています。

睡眠負債状態になればなるほど異常になるほどが多くありますので異常というのは体が麻痺した状態になっていきます。
睡眠負債状態になった期間が長くあったりすると脳細胞の急激な現象が起きて物忘れや記憶障害が起きたりうっかり状態が多くなったりしていきます。

大脳疲労

イライラしたりすることや頭が重たくなったりすることは何かの原因があると考えた方がいいと思いますので一過性の場合もありますし時々出てくるということで症状を感じている方が多くいますから、いつも起きているわけではありません。

多くの症状というのはいつも起きているような感じがしますが時々起きてしまうのが色々な症状です。
そのため多くの方が気がついていなくて理解もしていなくて調べてもいない方が多くいますので最近はスマートフォンの普及からすぐに検索できるのに全然意味を分かっていないという方がいますがあまりでも情報が多すぎると惑わされる原因になってしまいます。

情報というのも研究所の方が書いている場合もありますが実際に治療を行う方が書いていることもありますからそれを分けて考える必要があります。

検査もできないで想像だけで書いていることもありますから。

小顔矯正とは
2018年08月25日