肩こり

肩こりになるのは

肩こりを楽にしていくためには肩こりの原因になっているものから改善しなければいけませんが肩こりと言うといろいろな原因が考えられますので筋肉だけという肩こりはあまりないと思いますが肩こりと言うと筋肉中心で考えた方がいいと思いますので筋肉から改善していくことをしています。

肩こりと言うと考えなければいけないのはどうして筋肉のコリが起きてしまうのかということなんですが多くの方は考えていない方が多くいますので肩こりのこりというのはどういう意味があるのか。
こりというのは意味不明な言葉でもありますのでこりというのを日本語で訳すと緊張とか疲労とかいう感じが一番近いと思います。

肩こりとは

筋肉のコリが起きてしまうとリンパの働きを悪くなっている老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなっていきます。
何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありませんし老廃物が多く蓄積していくことはありません。
どうして筋肉のコリが起きるのかということを考えなければいけませんが多くの方は単純に肩こりということしか言いません。

筋肉のコリが起きる時にはどうして筋肉のこりが起きているのかという問題がありますが毎日毎日の生活や仕事をすること、運動することやいろいろなものごとで多くなるものがあります。
何をしても多くなるものですから何もしなくても多くなったりします。
多くなるものが体に蓄積していくのが原因になりますので肩こりを起こす時には毎日毎日の仕事や生活することや運動することやいろいろな物事で肩や筋肉を使っていますので肩や筋肉を使うということは筋肉疲労が起きて蓄積していくことがあります。

意外と肩や腕や指というのは多くを使っていますので最近は多くの方が携帯やスマートフォンを持っていますので操作することでも指の操作でも肩に力が入っています。

毎日、筋肉を使うことが肩こりに

肩に力が入っていることが原因で筋肉疲労がいつのまにか積み重なっていくということで肩こりになっていきます。

いつのまにか筋肉に疲労が積み重なっていき疲労が筋肉を硬くしてしまいますので固くなったものがリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまり循環が悪くなるということで肩こりになります。

肩こりを慢性化したり長く肩こりを感じてしまうといつでもありか筋肉も硬くなっていきます。
この硬くなるという現象 一時的なものでもなく長期間慢性化した状態で起きてしまうと老化していくということが起こります。

年齢が一才歳をとることがどうかだけではありませんので筋肉も老化していくということが本当に起きてしまいます。
筋肉が老化したものが原因で肩こりになってしまうということがありますし筋肉が老化して硬くなると 背骨を引っ張ってしまう可能性もあります。

肩こりは

筋肉が緊張したり収縮する

筋肉が硬くなると短くなりますので短くなったものは骨を引っ張ってしまいます。
筋肉というのは骨から骨にくっついていますので筋肉が短くなることが原因で骨を横に引っ張ってしまい余計に肩こりになるという方もいます。

老化から起きる筋肉の硬さというのはいくらもんでも揉んでいる時だけいい感じがしますがすぐに戻ってしまいます。
老化した筋肉というのはそんなに簡単なものではありません。

老化した筋肉は揉んでも電気をかけても針を打ってもお灸をしても何をしてもやらかくなることがありません。
単純に簡単な筋肉とだけは考えないで欲しいところです。

肩こりと言っても筋肉疲労から起きている肩こりの方もいます。

しかしどれくらい慢性化してしまったかで筋肉も硬くなって老化するかと思います。

筋肉疲労が肩こりに

筋肉疲労だけではなく背骨のズレが落ちて筋肉を引っ張ってしまい肩こりになっている方もいます。

色々な肩こりがありますので検査をすることが中心で原因を見つけ出すことができます。

検査をしてみると多くの肩こりの方の問題が見つかっていくことも多くありますので検査ができると大変便利な反面、重大なものがわかるということもあります。
というのも背骨がずれる原因が深く関係しているからです。

背骨のズレというのも姿勢や猫背が原因でズレたりすることはありませんし背骨というのは中枢神経系を守っているものですから簡単に曲がったりすることはありません。

姿勢や猫背で曲がったりすることはありませんので何の原因で曲がってしまうのかということを見つけ出さなければいけません。

多くの肩こりの方の場合は原因が必ず存在しますので単純に湿布を貼っても肩こりを楽になってしまうことはありますが楽にすることと肩こりを治していくということは全然意味からして違います。

栄養でも運動不足でもない

ドラッグストアなどに売っているサプリメントや肩こりを楽にするという何かのエキスが入っている 飲んでも栄養やエキスで解消できるものは背骨のズレではありません。

いくら栄養とってもどんなに栄養豊富なサプリメントを飲んでも背骨のズレは取れることはありませんし背骨のズレが起きた原因が改善されることはないと思いますが楽になることはあります。

マッサージや鍼やお灸をしても刺激という意味にはなりますがマッサージ感覚や呼吸や指圧をしてもらうことで楽になることはありますが治るということの意味が全然違います。

低周波治療器や電気などをかけても単純に電流で筋肉を運動させることをしますので筋肉疲労が多くなりますがリンパの働きが悪くなったのが解消できるし老廃物が多く流れていくということは起きて循環は一時的にしているときは良くなります。

低周波治療器や電器は

一番簡単な方法というのが低周波治療器やシップを当てることです。
低周波治療器というのは痛みやこりなどを楽にすることができますが散らしているだけですからチラシていても原因が存在しますので楽にすることばかりしていると大変なことになり進行していきます。

低周波治療器というのは多くの整骨院や整体院やカイロプラクティック院などで用いられている電気なんですが単純にプラス端子からマイナス端子に電気を流して筋肉を動かすことをして疲労させていることをしています。
低周波治療器を当てている先生もよくわかっていないでただあてていることが多くありますので研究してみると低周波治療器というのは痛みやコリを散らしているだけです。

肩こりになる時にはどうして肩こりになってしまうのかということを見つけ出さなければいけませんが多くの治療というのは見つけ出すこともなく楽にすることをしていますから背骨のズレが徐々に固着状態に入るということもありますし原因もいつのまにか進行していくということもあります。

いつまでも背骨がゆがんだままでは柔らかいままではありませんので周辺にある筋肉や靭帯が徐々に硬くなっていき老化していくということで固まってしまいます。

低周波治療器や電器

コリの筋肉も老化する筋肉も

固まってしまったものは簡単にはやらかくなってはくれませんから揉んでも老化ですから意味はありません。
肩こりを起こす時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで疲れやストレスが多くなり疲れやストレスが体に溜まっていくのが原因です。

しかし体に溜まった疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけですから貯まるのはどこなのかという問題が出てきます。

疲れやストレスが溜まってしまうところというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg も出てきますので体重の半分以上は水分だということですが水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったりという感じの水分になります。

水分に疲れやストレスが溜まるということは言いませんので、あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。

疲れやストレスの蓄積

あと残った35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

この中で疲れやストレスが一番多くたまりやすいところというのは内臓と筋肉になります。

中枢神経系も内臓の一部だと考えれば内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まっていきます。

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内蔵と言うと病気というのを関係づけるのはやめてください。

体には何があるのかということを先ほど体重で表したように多くのものは水分で構成されていますので水分に何かが起きるということはありませんが疲れやストレスがたまると水分も流れが悪くなります。

水分というのは血液だったりリンパ液だったりですが流れが悪くなることが原因で老廃物が多く蓄積していくということが起こりますが一般的に言うリンパ療法というのは軽いマッサージだと思います。

表面上にリンパがあるから軽く流していくことでマッサージをしていくことをしているという感じだと思いますのでリンパ療法というのはあまり意味がないような感じがします。

それよりも重要なものは疲れやストレスが溜まったところの内臓が深く関係していますので内臓が働かないと全ての中心は内臓です。

疲れやストレス
体を動かすことで肩こりに

体を動かしたり仕事をしたり生活したり運動したりするだけではなく人は食事をすることをしますので食事をするということは内臓が働かなければ分解や消化できません。

内臓は分解したり消化したりすることで働いていますので働くことでも疲れやストレスは多くなっていくということが起きています。

いろいろなものごとをしたり体を動かしたりすることや食事をしたりすることでもアルコールを飲んだり 焼肉を食べたり油文を消化したりすることでも内臓は働いてくれていますしいつも呼吸することでも肺が働いてくれているから酸素を取り込むことができます。

ハイが働いてくれているから血液の中に酸素を混ぜることをしてくれていますので血中酸素が増えることで大脳が酸素で満たされるということが起きています。

睡眠負債から肩こりになる

最近は多くの方が睡眠負債状態を抱えています。
睡眠負債状態だとわかっていない方も多くいます。

睡眠負債というのは寝ているようで眠れていないんです。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勝手に勘違いしてる方が多くいます。
不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまうのが不眠症です。

しかし睡眠負債というのは目が覚めることはありませんので朝まで寝ていると勝手に思っているということです。
夢というの目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

寝ながら考え事をしている睡眠

しかし夢というのは長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間だったり数分の時間だったりという感じです。
夢よりもさらに浅い睡眠が存在しています。

この睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一番浅い睡眠ですから夢を見るよりもさらに悪い睡眠になりますので眠りが浅いということは大脳が弱っていきますから大脳が弱った方は痛みやコリを感じなくなり麻痺した状態になっていきます。
こういう方が肩こりになってしまうと限界まで悪くしてしまっていることが多くあります。

肩こりになるのは

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月27日