腰痛

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を改善しようと思うなら腰痛をまずは楽にすることを先にしてどうして腰痛が起きてしまったのかどこから腰痛になってしまったのかということを見つけ出さなければ本当の意味で腰痛を楽にすることはできません。

腰痛を改善する方法というのは二通りの方法があります。
一つの方法は楽にする方法ともう一つの方法というのは腰痛がどこかが起きたのかどうして起きたのかということを見つけ出すことをしていく方法です。

腰痛を改善していく方法の多くは楽にする施術が多くありますので対症療法という方法になります。
対症療法という腰痛を治すと思われる治療法というのは原因なんかは関係なく楽にすることを優先的にしていく方法です。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

多くの腰痛を楽にする治療法というのは対症療法という治療法ですから対症療法というのは湿布を貼ったりしても楽になるレベルであれば楽になるでしょうしドラッグストアなどで売っているサプリメントを飲んでも楽になるレベルであれば楽になることもありますし家族の方に腰を揉んでもらっても専門家の先生に揉んでもらってマッサージをしてもらっても楽になることもありますし整骨院や整体院やカイロプラクティック院などで多く用いられている低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあります。

しかし楽になっても腰痛を起こした原因は残ったままになっています。
腰痛を治そうと思うなら原因を見つけ出すことをしていかなければいけませんが検査することができなければ見つけ出すことはできません。

当院では30年間、腰痛を改善することをしていますので腰痛を楽にする技術と腰痛を治す技術と検査する技術を磨くことをしています。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは

どうして腰が痛くなったり腰痛が起きたのかということを本人に聞くと重たいものを持った時に急に腰が痛くなったとか車の運転をしている時にいつも腰が痛いとか中腰で座っている時に腰が痛くなるとか座ってしばらく仕事をしていると急に立とうとすると腰が痛くて体を伸ばせないとか布団に寝ている時に朝起きたらいつも腰が痛いとか色々な腰痛を言われますがこれらのことを全て切っ掛けと言います。

切っ掛けという限りは原因ではありません。
違うところに原因が存在するということです。

腰痛や腰が痛くなる時には切っ掛けと原因が両方揃った時に腰が痛くなります。
切っ掛けは先ほど説明したように重たいものを持ったり前かがみで何かを取ろうとしたりというのが切っ掛けです。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いのは骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛を起こしている、もうひとつの原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。普通は骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きたりすると姿勢が悪いとか猫背が起きているからだとか説明されることも多く見受けられますが本当は違うものが存在しているから起きています。

単純に背骨がずれたりすると脊髄を守っていますので脊髄を守ることがずれるとできなくなりますのでそういう事が起きることはないと思います。
ではどうして骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレが起きるのかという問題なんですが毎日毎日の生活や仕事や運動することや

精神的な緊張が加わることが原因で多くなったりするものがありま。
多くなっていくものは何をしても多くなってしまいますので何もしなくても積み重なっていくこともありますので何もしない方が腰痛になってしまっている方もいます。

生活している限り生きている限り積み重なって多くなっていくものです。
腰痛を改善しようと思うなら原因を見つけ出すことをしなければいけませんが多くの治療というのは原因を見つけ出すことをしていません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛の原因になるのは

病院というところは病気の検査をする専門家ですから病気としてなってしまったら病院に行って検査をして MRI 検査やレントゲン検査はエコー検査や血液検査、尿検査などをすると陽性反応示してしまうのはもう病気として完成している場合だけです。

しかしあるものが多くたまることが原因で骨盤が歪んだり背骨がズレたりしていきます。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くなっているものは疲れやストレスです。
体には多くの疲れやストレスが溜まっていくばかりなんですが何もしなくてもたまりますし何かをしたら、さらに溜まっていきます。

疲れやストレスが溜まるということは多くの方が分かっていると思いますがどこに溜まるのかということを知らない方が多くいますし溜まったものを減らすことを考えていません。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは焼肉を食べても減っていくこともあるかも分かりませんが多くのものは残ったままになっていますし油文が多いものを食べれば食べるほどアルコールを飲めば飲むほど内臓にも負担が起きています.

体を動かしたり生活をしたり仕事をしたり運動したりすることでも多くの疲れやストレスは体に溜まっていくということもありますからそれ以上に食事で脂っこいものを食べたりアルコールを飲んだりしたりタバコを吸ったりすることでも多くの疲れやストレスは分解や消化に働くことをしますので働けば働くほど疲れやストレスは自分自身つまり内臓に溜まっていきます。
何もしなくても疲れやストレスは多くなっていきますし何かをしたら余計に疲れやストレスが多くなっていきます。
色々な物事で疲れやストレスは多くなっているばかりですから減らすことをしていかないと溜まったところは大変なことになっています。
疲れやストレスが溜まっているということは体は補正的に歪みやズレを起こしていくということです。

そして疲れやストレスというのは溜まるところがあるから溜まっていますので先ほども少し説明をしましたが例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら100 kg の体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきます。

水分と言っても単純なものではありませんので血液だったりリンパ行きだったり体液だったりという水分です。
水分に疲れやストレスがたまるということは考えられませんので後残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスのたまる所

35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

この中に疲れやストレスがたまるところがあります。
疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりながら筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスが内臓に蓄積していきますが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まるということを説明していますので勘違いしないでください。

色々な症状を起こす時には必ず疲れやストレスが内臓に溜まっています。
ありとあらゆる症状というのは内臓の部分に疲れやストレスが溜まったことが原因で体の歪みやズレが起きて痛みやこりになっています。
腰痛や腰の痛みやぎっくり腰が起きたりするのはある部分の内臓に多くの疲れやストレスが溜まったことが原因です。
腰痛や腰の痛みやぎっくり腰が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。そして背骨のズレが起きています。

多くの腰痛は腰の痛みというのは、この三つが重なっている時に重たいものを持とうとしたり前かがみになったり同じ姿勢をしたりして骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくなった状態で腰の痛みとして腰痛になっています。
腰痛と関係する内臓というのは骨盤に関係する内臓ですからそれは腎臓だと思います。

疲れやストレス

腎臓疲労

しかも体には弱い部分とそうでもない部分がありますのでそうでもない部分は何も症状を起こしたり関係することは来ませんし先将来に繋がることもありません。

しかし弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めてしまいやすく、ためてしまうと関係するものを悪くしてしまいます。

人それぞれで弱い部分が違いますので腰痛を起こしたり腰の痛みを繰り返したりぎっくり腰になる方は腰痛になる内臓が深く関係をしています。

腰痛になる内臓というのは主には腎臓ですから腎臓に関係する筋肉は骨盤に付着しているのが骨盤のバランスを悪くしてしまい骨盤が開いたり歪んだりしていきます。

腎臓が弱ってしまうと腎臓というのは一時的に言うと骨盤の上の方の肋骨の下の部分にありますので触ってみると固く張っていることが多くあります。

腎臓に疲れやストレスが

腎臓に疲れやすレスが溜まっていくと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり収縮したり弛緩したり伸びきったりしますので骨盤を支えることはできませんから骨盤が開いたり骨盤が歪んだりしていきます。

腎臓が弱いかたが腰痛を繰り返したりしますのでいつも起きてしまうものではなく2年に1回だったり一年に一回だったりという感じで腰痛を起こすこともあります。
そして一週間のうち3日ぐらいは腰が痛いとかいう方もいますから色々な腰痛があります。

全ての原因は腎臓に関係するものなんですが病気ではありませんのでいくら検査をしても健康ですよという感じで異常が見つかることはありませんが何かが起こっているということは何かが起きているということなんですが病気として完成していないためわからないということです。

人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分は何も起こすことはありませんし先将来につながることはありません。

弱い腎臓にたまる

しかし弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていきますのでためてしまうことが多くなればなるほど長期になればなるほど細胞が徐々に変化していきます。
腎臓も疲れやストレスが多く溜まってしまうと何も起こらないということはありませんから徐々に進行していくということがあると思います。

しかし病気と言ってるわけではありません。

腰痛や腰の痛みを訴える方が治療に来てくると腎臓のある部分を触ると固く張っていたり出っ張っていたりハレていたりということがあると思いますし、またはブヨブヨの方もいます。

腎臓に疲れやストレスがたまる
腎臓の疲れやストレス

普通の整体院では腎臓に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことはできませんので単純に表面上にある骨盤の歪みや背骨のズレを矯正しているだけですが、それだけでも腰痛は楽になってしまうこともあります。
しかし骨盤の歪みは骨盤の開きを起こしたり背骨がずれたりする原因は腎臓疲労に原因がありますので腎臓が疲労してしまうと効果がなかったりすることがありますが腎臓疲労と言うのは簡単に解消できるものではありません。
内臓に溜まってしまった疲労というのは多くの方に見受けられる現象なんですが簡単に1回や2回で減ったりすることもありません。

腎臓の問題

しかし根本的な原因は腎臓疲労が腰痛を起こしていますので腰痛を良くするためにもまずは筋肉のバランスを整えたり炎症や腫れを改善したり背骨のズレを矯正したり椎間板ヘルニアが検査することで見つかれば解消したりすることや骨盤の歪みは骨盤の開きを改善しながら腎臓の働きを良くすることをしていきます。

しかし腎臓の働きというのは体調レベルですから腎臓が元気になったということだと思いますので腎臓が元気になれば終わりというわけではなくそこから元来治らない細胞レベルを直さなければ腎臓良くすることはできませんから元気になることも一時的でありまた疲れやストレスが溜まるという弱さがあるということです。
それらを治す治療を体質改善と言います。

腎臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2018年09月03日