小顔矯正が評判なのは

小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正はボキボキすることもなく顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることをしています。
小顔矯正というのは顔を小さくしていくことなんですが多くの方は小顔矯正の意味をわかっていませんので小顔矯正の説明をしていきたいと思います。

小顔矯正をして行く時には顔を小さくしていくということなんですがどうやったら顔を小さくすることができるのか。
小顔矯正をして行く時には顔に多くなってしまった脂肪を減らすことでも顔は小さくなります。
小顔矯正をしていくときには顔にできてしまったむくみを少なくすることでも顔は小さくなると思います。

顔の脂肪、浮腫み

しかしむくみや脂肪を減らすことをしても少しは顔が小さくなっていくと思いますが単純にそれだけでは小顔矯正というよりも顔の表面上を小さくしているだけです。
顔の表面上を小さくすることでも確かに見た目で見て顔が小さくなったような感じがすると思いますがそれだけでは少ししか

顔を小さくすることはできると思います。
小顔矯正をしていくときにはどうやったら顔を小さくしていくことができるのかということを考えなければいけませんので顔の皮膚の部分にむくみや脂肪が多くなったものを減らすことでも顔は引き締まっていくと思いますが顔には何があるのかと言うと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨が存在しています。
この皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の部分の何を変えることをすると顔が小さくなるのかという説明をしなければ小顔矯正を語ることはできません。

小顔矯正とは

先ほども言いましたが顔の脂肪やむくみというのは皮下脂肪の部分に多くなってしまうものです。
脂肪、むくみがどこにあるのかというのは顔の皮膚の下の脂肪の層に溜まった状態のことを言います。
脂肪やむくみを減らすことでも顔の皮膚が引き締まっていき分厚くなってしまった皮膚が引き締まっていくということや皮下脂肪が減っていき顔が小さくなっていきます。

顔の骨の上の部分の筋肉や靭帯を減らすことはできませんので顔の表面上にある皮膚の下に多くなってしまった脂肪やむくみを解消していくことが普通の小顔矯正なんです。

しかし単純に考えてもただ減らすだけでは意味はありません。
どうして脂肪が多くなってしまったのかむくみが多くなってしまったのかということを考えなければいけません。

浮腫み、脂肪の原因

脂肪やむくみが多くなるのは体調に関係しているからです。
体調というのは疲れやストレスの蓄積です。

毎日毎日の仕事や生活すること屋運動することや体を動かすことで色々なストレスや疲れが多くなっていきます。
この疲れやストレスが体に蓄積していくことが原因で顔の脂肪やむくみが多くなっていくからです。

またむくみと言うと朝から顔がむくんでいるということをよく言われると思いますが朝からむくんでいるような状態では眠れていないということを指しています。

もし仮に眠れているような状態であれば朝からむくんでいるということは起こりません。
寝て目が覚めてすぐですから1番顔が引き締まっていなければいけません。

本当に良い眠りをしているのであれば朝は顔が一番引き締まっていて運動することや歩いたりすることやショッピングをしたりすることや仕事をしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されていきますので夕方になればなるほど顔がむくんでいるということはあるかも分かりません。

むくみというのは何も考えていない方が多くいますので大変良くないことなんです。
脂肪とむくみは違います。

多くなる原因

脂肪は太ることですがむくみというのは何も原因がなくてリンパの働きを悪くなったり老廃物がたまったりすることでむくみが起きていますが何も原因がなくてむくんだりすることはありませんので何かの重大なものが潜んでいるということでリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまりむくみになりますのでむくみというのを検索してみるとフシュという言葉が出てきます。

病院に入院している方がお腹にたまった水というのを聞いたことがあると思いますがこの水というのは腹水と言う水ですが良くない状態の方がお腹がパンパンに膨れてしまっているということで腹水と言われますがフシュというのは腹水の一部です。
自分でも分かっていないぐらい体調が悪く低下した状態で朝から顔がむくんでいるという方はフシュ状態になっている方です。

睡眠負債と小顔矯正とは

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠りが浅いということを指していますが不眠症という言葉がありましたが不眠症ということは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまったりする方が不眠症でした。

しかし睡眠負債という言葉があります。
睡眠負債ということは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方です。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。つまり熟睡状態のことだけを眠りと言います。

多くの方が寝る時間も短くなっていますし例えば6時間の睡眠がある方でも 布団に入って寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っているでしょう。

人が見て目を閉じてスースー寝息を立てていれば寝ていると誰でも思いますが大脳が本当に寝ているのかどうかも判断できないのに勝手に寝ていると思い込んでいます。

人が見て本当に寝ているかどうかは見た目で見てわかるものではありません。
大脳が寝ている睡眠がどれくらい毎日あるのかということになりますので本当に熟睡状態の眠りをしていない限りは惰眠になっています。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
夢を長く見ていたと思っても脳が起こすごまかしやだましであり短時間の時間で夢を見ています。
夢を長く見ている人はいません。

睡眠負債

夢を繰り返し見ている方はいます。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますが目が覚めた瞬間に忘れてしまう最悪な睡眠があります。

最悪な睡眠というのは寝ながら考え事をしている睡眠です。
多くの方が気がついていなくて寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。
寝る時間が6時間ある方が寝ようとする時間に5分消費してしまい後の5時間55分後夢を見る時間が5分ぐらいであとの5時間50分の時間が寝ながら考え事をしている睡眠になってしまい数秒の時間が夢という感じです。

ほとんど大脳が とって眠れている時間はありません。
睡眠負債状態のある方はあくびが出ることが時間的にも少なく昼間は出る可能性もありますが夜寝ようとする時間と起きてすぐにあくびをすることは少なくあります。

あくびというのは大脳が休養を取りたい時にします。

小顔矯正をしていくときには一番近くにあるのは大脳です。

睡眠負債状態の方は大脳が急激に弱っていますのでどんなに体調を落としていてもあまり体調の悪さを感じていません。

当院では検査をすることができますので検査をしてみるとむちゃくちゃ異常状態が見つかります。
院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると多くの方が同じ答えを返してきます。

その同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査して調べてみると骨盤の歪みは骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれてガタガタ状態になっていたりしています。

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨がずれてガタガタ状態になっているということは体調が落ちて悪くなっているということを指しています。

これだけ体調が悪いのに維持することはできる理由はありません。

顔のでxつぱり 
小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていく時には体調がすごく関係をしていますので体に多くの疲れやストレスが溜まっていると維持することはできないし持続力はありません。
痛みやこりが起きている時には大脳が元気だから感じ取ることができます。

睡眠負債状態で大脳が麻痺状態に陥っていきますので麻痺状態になればなるほど麻痺状態が強くなればなるほど痛みやコリを感じなくなり限界まで貯めてしまった状態でこじらせた方がやっと痛みやコリを感じていきます。
小顔矯正をしていくときには体に蓄積してしまった疲れやストレスが全て関係をしていきますので疲れやストレスが多い方は

必ず骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きています。
そういう方が顔のむくみが朝から起きています。

体調が悪い方が顔の脂肪が増えて顔がパンパンになっていきます。
小顔矯正をする時には顔だけすればいいというわけではありませんし体の方も整えていくことをしなければ維持することや持続力はありません。

当院では小顔矯正を受ける前には顔を触ってもらうことをしています。
小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

しかし簡単な触り方なんですが難しい触り方です。
小顔矯正をするときの触り方というのは両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

顔の触り方

しかしただ触っただけではわかりませんし手をおいただけではわかりません。
小顔矯正をしていくときに顔を小さくなったのがわからないという方がいますがわからないという方は誰だ手を当てているだけです。

まずは小顔矯正をして行く時には鏡で見て自分の顔の形を覚えてもらうことをしています。
顔の形というのは皆さん違いますので何が違うのかと言うと顔の大きさも違いますし顔の形というのは左右が同じではありません。

顔の左右が違うということですから顔の左右が違うところを見て鏡で確認してもらいます。
例えて言うと顔の右側が全体的に大きいとか左側のホホ骨の部分が一部出っ張っているとか左右差があります。
この左右差を触って覚えておかないと小顔矯正をしたときの変化がわかりません。
小顔矯正をしていくときには小顔矯正を受ける前に自分の顔の形や大きさを覚えておかないとどれくらい小さくなったのかということはわかりませんので鏡で見て判断することもできますが自分の両方の手のひらで感じ取るようにしてください。

先ほども説明しましたが小顔矯正をするときに両方の乳首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってください。
この時に先ほど 鏡で見たように感じ取ることができるのかということが一番の感覚神経の働きの問題になります。
多くの方が顔を触ることができないで左右が違ったように感じます。
先ほど鏡で見たような感覚で同じように感じる方はいませんのでそれほど難しい触り方はしてもらいますがこれがしっかりとできると顔を小さくなった時の笑顔が違います。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

2018年09月13日