頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛は偏頭痛や頭の痛みを薬を飲んで楽にしていくことをしている方が多くいると思いますが一時的に痛みを止めることをしているだけですから楽にすることばかりしているということです。
頭痛は偏頭痛、頭の痛みには原因があるから起きていますので繰り返す原因を見つけ出さなければ色々な状況が進行して言ってしまうということがあります。

何も原因がなくて頭が痛くなったり偏頭痛が起きたり頭痛になるということはありません。
頭の痛みを訴える方の検査をしてみると体調がすごく悪い方が多くいますが自分の体調の悪さを感じていない方が多くいますしわかっていない場合が多くあります。

体調と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

体調と言っても頭の痛みだけを感じてしまっている場合が多くありますので体調というのは意味不明な言葉でもありますから体調が悪いということはどういうことなのかということを説明していかなければいけません。
最近見たテレビで特集を組んでいる番組がありましたが脳梗塞や脳出血などの方が頭痛は偏頭痛や頭の痛みを起こしていたと説明をしていました。

病気の脳梗塞や脳出血などがあったりすると大変な結果を招いてしまいますが一年や2年で脳梗塞になることはありませんしなっていく過程があるということなんです。

病気になっていくためにも期間が必要ですからどれぐらいの期間がなっていくのかということは厳密に言うとわかりませんが進行状況がすべて違います。

痛みが起きるのは

頭痛は偏頭痛や頭の痛みを訴えるということは何かの原因があるから痛みになっているわけですからその原因を見つけ出さなければいけませんが病気になっていない限り病気として完成していない限り病院で検査をしても異常な数字が出ることもなく何かが見つかるということもないと思います。

病気になっていくためには半年や一年という期間ではなく5年や10年や20年かけながら悪くなっていきますので時々頭痛や偏頭痛や頭の痛みなどを起こしながら徐々に細胞が変化していくことが起こります。
しかし病気として完成していない限りは頭の痛みの原因はわかりませんので痛み止めの頭痛薬ばかりを飲んでしまうという場合が多くあります。

痛みの原因は

しかしになるのを待つわけでなく頭痛頭の痛みや偏頭痛の原因をならないうちに見つけ出さなければいけません。
頭痛は偏頭痛頭の痛みは訴える方の多くは不眠症という状態な方も多くいます市不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夢を多く見る時間があったり夜中に何回も目を覚めてしまう方が不眠症です。

不眠症というのは脳が興奮している状態や脳が緊張している状態で最初は起きてしまいますが徐々に期間が長くなっていくと単純な興奮や緊張だけでは済まないということも進行していきます。

しかし最近多くの方が眠れているけどと思っているか違いますが眠れているけどと思っている方は睡眠負債状態になっている場合が多くありますので眠れているのに頭痛は偏頭痛頭の痛みがあるということは大変おかしな現象です。
睡眠負債状態というのは自分でも寝ているから分からないと思いますが睡眠負債状態の方が異常と思えるほど増えてしまっています。

薬で抑えてばかりいると

頭痛は偏頭痛は頭の痛みになりやすい方は普通一般的には頭痛薬ばかり使って楽にすることをしていますが楽になっているだけであって一時的なものですから原因を改善して解消しているわけではありませんので繰り返し安く悪化させやすく慢性化状態になっていくということがありますが頭痛は偏頭痛や頭の痛みというのはしっかりと原因があって起きていますので原因から改善していくことをしないと大変なことになる可能性もあります.

頭痛は偏頭痛頭の痛みになりやすい方というのは頭を触ってみるとわかることが多くあります.

最近は多くの方が自分では眠れていると思っていても眠れていない場合が多くありますので眠りが浅いと脳は興奮状態を起こしたり緊張したりすることが起きて腫れたり炎症したりということが起こります.。
眠りというのはだいのうが休養とって寝ていることだけを眠りと言いますので単純にスースー寝息を立てて寝ていることが眠りだけではありません.。

不眠症と睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症と睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症という言葉がありますが不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりする方が不眠症です.。

不眠症からも頭痛は偏頭痛、頭の痛みが起こりやすくなります.。
新しい言葉なんですけど睡眠負債という言葉があります。
睡眠負債という言葉は寝ているようで眠れていないのが睡眠負債ですから夢を見るよりもさらにあさく大脳が考えながら寝ている状態です。

夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいるため目が覚めた瞬間に寝ていると思っています。

眠りとは

大脳が休養とって寝ていない限りは眠っているわけではありません。

睡眠負債状態の方は多くの方が寝ながら考え事をしている状態になっていますので寝ながら考え事をして睡眠をしています。
目が覚めることとは違いますので目が覚めないから寝ていると思いがちなんですが寝ながら考え事をしている睡眠というのは大変よくない睡眠の方になるというよりも悪い睡眠になります。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは大脳を急激に弱らせていきますので興奮や緊張どころの話ではありません。
寝ながら考え事をしている睡眠が多くなって行けば行くほど大脳は急激に弱っていきますので大脳が弱ることが原因で緊張や興奮どころではない状態が起こりますから脳細胞の急激な減少が起きたりすることがあります。一度、脳細胞が減ってしまったら蘇ることはないと思います。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の方は

脳細胞の急激な減少は痴ほうや認知症を起こしやすくなりますので若くしても起きてしまうのが若年性認知症、若年性痴呆症です。

最近は多くの方が頭痛を起こしていなくても腰痛でも肩こりでも睡眠負債状態の方が多くなっています。
単純に考えても目が覚めなければ寝ていると思いやすいのが普通ですけど。

しかし眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。
大脳が休養とって寝ていることができないと体調はすごく悪くなって奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調している場合が多くなっています。

こういう結果から頭痛は偏頭痛や頭が痛くなるというのは当然、起こります。
当院では今現在起きている頭痛を解消していくこともできますが一時的に楽にすることよりも原因を見つけ出すことをしていますので今現在起きている頭痛の方も多くの方が来院していますが、その場で楽になることをしています。

原因から変えていく

しかし頭痛を楽にすることと頭痛の原因を見つけ出して直していくということは全然意味が違いますので、まずは体調を上げたり体を整えたりしなければいけません。

体調を上げて体を整えていくことで多くの症状は改善していき歪みやズレも解消できるからです。
体と言うのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることで多くの疲れやストレスを生み出してしまいます。
疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていきますので体の弱い部分に溜まることが原因で色々な症状を起こしていきますから頭痛は偏頭痛や頭の痛みになりやすい方は大脳の脳細胞が悪いということになりますから悪いのを直さない限りは解消できるものではありません。

体の弱い部分に疲れやストレスが多くたまりやすくなっていきますから疲れやストレスが溜まることが原因で頭痛や偏頭痛や頭の痛みになっていきます。

原因も進行する

薬ばかりで抑えていると原因がいつのまにか進行してしまって頭の痛みとは違って形を違った状態で表に出てくることもあります。

頭痛は偏頭痛、頭の痛みのある方はまずは体調を上げて楽にすることから始めてきますので疲れやストレスを減らすことから始めていきます。
弱い部分に疲れやストレスが溜まることで頭痛になってしまっていますので肩こりや首のこりということも起こりやすいのは

当然ですからそれが直結して肩こりから頭痛になったり首のこりから頭痛になったりということもあるかも分かりませんが多くの場合は別物として考えるようにしたほうがいいと思います。
別物というのは原因が、いくつも重なっているということです。

しかし肩こりがある方が頭痛になりやすいというのは普通一般的によく言われていることなんですが二つが重なっているということですから肩こりと頭痛が同時に起きている場合が多くありどちらかを解消することでも両方取れてしまうということが起きてしまいます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛を起こす原因

しかし両方を楽にしても原因は残ったままになっています。
首のコリや頭痛が起こりやすい方も場合も同じように首のこりと頭痛が同時に起きているという結果でどちらかを楽にすることで圧力が下がってしまって楽になるということはありますが楽になっただけであって治ったわけではありません。

楽にすることと直すということは意味が全然違うからです。
楽にすることは簡単に一回や二回でできるかも分かりませんが原因を直していくということは一回や二回で治ることはありません。

原因がそんなに簡単に治ってしまったらまたは変わってしまったら苦労はしません。
そんなに簡単に変わってしまう原因であれば本当の原因ではありません。
原因を直していくということは体質改善の治療でのみ行うことができる問題です。
頭痛持ちという言葉がありますが頭痛持ちという言葉は体質レベルの悪さから起きている問題のことを指しています。

頭痛は偏頭痛や頭の痛みのある方は頭痛薬ばかり飲んで抑えることなく、どうして起きるのかどうして頭痛になるのかということを考えなければいけません。

原因を見つけること

頭痛は偏頭痛やたまの痛みのある方は原因を見つけ出すためにも目の前にある体調や疲れやストレスの蓄積状態を減らしていくことが第一に必要になります。

そのためにはまずは頭の痛みを楽にすることからしていきます。
頭の痛みを楽にして体を整えて歪みやズレを解消して疲れやストレスの蓄積したところの部分を解消していくことをしていきますが単純にそれらをしていくのは体質改善の治療ではなく体調を上げていく治療になります。

体調を上げれば上げるほど色々な症状は取れていきますが、とりにくくこじらせているものもあります。
頭痛というのも一回や二回で楽になっていくこともありますし悪化させたり拗らせている場合はしばらく楽になるためには期間がかかる場合もあります。

検査をしてみないとどういう状況になっているかということはわかりませんがダイレクトに悪い部分だけ検査することはできませんので悪い部分の上に色々な物が重なっているという状態で起きている場合が多くあります。
そのために体を揃えていくことをしていかなければいけないということですから歪みやズレを揃えたり矯正したり体調をあげたり疲れやストレスを溜まっているところから減らす作業が必要になります。
体調や調子が上がってくると体が整ってくるので体質改善の治療に進むことができます。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になるのは
2018年10月16日