骨盤矯正

当院では骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をして行く時には骨盤を小さくして小尻にすることをしていますがどうやったら骨盤矯正をして骨盤を小さくすることができるのかということを考えています。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤矯正と言うと多くの方が骨盤の矯正をすればいいだろうと思って訪れていますがもちろん必然的に骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪みは骨盤の開きを対象として矯正することをしていきますが単純にそれだけではありません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行く時には骨盤の歪みや骨盤の開きを調整することで骨盤を小さくなることはありますが多くの場合、単純に

それだけでは少ししか小さくなることはありません。

骨盤矯正をする時には骨盤矯正に入る前に自分の骨盤を触って覚えてもらうことをしていますので変化が分かるように小さくなったのが分かるようにしているのが当院の特徴です。

骨盤矯正というのは骨盤を小さくすることなんですが骨盤というのは関節がありますので関節は二つの大きな関節と恥骨の関節になります。

骨盤には関節があります

二つの大きな関節というのは仙腸関節という関節ですが真ん中の仙骨という三角形の骨と右側と左側の寛骨という骨の重なった状態のことを言います。

仙腸関節というのは強固な人体につながっていますので足の部分と上の体をつなげている部分ですからそんなに大きくずれたり歪んだりすると歩くこともできません。

骨盤の歪みと言ってもそんなに大きくずれたり動いたりすることはありません。
仙骨という中央の骨を中心として右側の上部が前側にずれたりすることはあります。

骨盤の歪み・骨盤の開き

中央の仙骨を中心として左側の上部が前側に歪んだりすることはあります。
またこの逆も両方起きてしまいますし外旋と内旋という状態の言葉がありますが外側に広がったり内側に入りすぎたりということもあります。

骨盤の矯正をして行く時には骨盤矯正をしていくわけですから骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくことは最低条件だと思いますので多くの方の骨盤を矯正することをしていきましたが最近は多くの方が単純な骨盤の歪みは骨盤の開きだけではないということなんです。

骨盤矯正をしていくときに骨盤の歪みは骨盤の開きがあると骨盤の周辺の部分というのは脂肪やむくみが多くなりますのでむくみや脂肪を減らすことでも骨盤は小さくなってくれます。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると股関節が出る

骨盤の歪みやズレがあると股関節が出っ張ってくることもありますので股関節が出っ張ってくると足が大きくなるということもあります。

しかし骨盤矯正をしている時には体に蓄積している疲れやストレスが関係しています。
一見考えると骨盤矯正で押していくときに疲れやストレスが関係するのかということがありますが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは体に蓄積してしまった疲れやストレスが原因だからです。

体には毎日毎日の生活で疲れやストレスが多く満たされていきますので運動することでもストレッチをすることでもジョギングをしたりすることでも筋肉を鍛えたりすることでも多くの疲れやストレスは多くなっていきます。

何をしても疲れやストレスが多くなるばかりです。
何もしなくても疲れやストレスが多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積と骨盤矯正

つまり何をしても何もしなくても疲れやストレスが多くなることがあります。
疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが骨盤矯正をしていくときに問題になるんです。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなります。
つまり体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水だということです。

疲れやストレスが水にたまるということはないと思いますので、あと残った40 kg の中に疲れやすですが溜まり骨盤矯正をしていくときに問題になるものがあります。
残った40 kgの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。

疲れやストレスの蓄積する所

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは全てに溜まっていきます。
つまり皮膚にもたまにながら筋肉にもたまりながら人体にも食べれながら脂肪にもたまにながら骨にもたまにながら内臓にもたまにながら溜まっていくということです。

信じられないことかも分かりませんが実際には溜まっていることが多くあります。
疲れやストレスというのは貯まるところを選べません。

しかし最大限、多く溜まっていくところというのは筋肉にもたまにながら内臓にたまっていきます。
骨盤矯正をしていくときには骨盤の内臓が関係していることもあります。
骨盤の内臓というのは大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣になります。

骨盤の内臓と言うと変な意味に聞こえるかも分かりませんが便秘が起きている方は腸の働きが悪いわけですから腸の働きを悪く便が溜まっていると調和を大きく膨らんでいきますので腸が膨らむということは骨盤の歪みを起こし骨盤の開きを起こしていきます。

骨盤矯正と内臓

骨盤の内臓も関係する

生理痛や生理不順がある方も骨盤の下の方が開いた理由頑張り起こしていきますので開いたり歪んだりすることで股関節が出っ張ってくるということもあります。

内臓のある位置を考えたらわかると思いますが内臓のある位置が全て関係しています。
毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることでいろいろなものを取れ体を動かしたりすると多くなっていく疲れやストレスが生み出されて体に溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こし歪みや開きが起きると代謝が悪くなり老廃物が多くたまりリンパの働きを悪くなります。

そうするとむくみや脂肪が多くなっていきます。
骨盤矯正をしていくときに骨盤の歪みが中心で考えるだけではなく中にある内臓が中心で考えた方が正解です。

内臓の働きが悪いと骨盤の歪みは骨盤の開きが起こります。

しかし最近はそれだけではありません。

疲れやストレスの蓄積度合い

先ほども説明したように皮膚にも脂肪にも筋肉にもじん帯にも骨にも疲れやストレスが溜まっていきます。

これらに溜まっていくと炎症を起こしたり腫れたりということが起こります。
炎症や腫れを起こすということは大きく肥大します。

最近は多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが検査をしてみるといろいろな状況がわかってきますので骨盤の歪みは骨盤の開きをもちろん強制することをしていますが単純にそれだけではなく皮膚や筋肉や靭帯や脂肪などにも炎症や腫れを起こしていたり骨盤の骨、自体が大きく膨れ上がっているということもあります。

普通では起こらないような状況が起きているのが最近ですから多くの方が睡眠負債状態に陥っているということが伺えると思いますが新しい言葉として睡眠負債状態という言葉がありますが不眠症とは違います。

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症で寿司夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

睡眠負債と骨盤矯正

しかし睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。
睡眠負債状態というのは熟睡状態まで深く眠ることができないのが睡眠負債状態です。
つまり眠りが浅い状態だということですが寝ている本人には寝ているから分からないということがありますが夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えています。

しかし睡眠負債状態というのは夢よりも浅い睡眠ですから最悪ですから大脳が急激に弱った状態になり弱っただけでは済まなくなって脳細胞の急激な減少を招いていきます。

今まで多くの方の骨盤を小さくすることをして小尻にしていますが初めに体調はどうですかとか調子悪くないですかとか聞くと多くの方が調子は悪くありませんとか体調はいいと思います簡単に考えていますが検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれて片方状態になっている方ばかりたんですが普通はこういう状態になっていると体調が悪いはずなんです。

しかし多くの方が体調の悪さを感じていません。

体調の悪さと小尻になること

つまり麻痺した状態、鈍感になっているということなんですが麻痺した状態が起きたりすることは普通では考えられませんし

鈍感になることはありませんから睡眠負債状態が大脳を弱らせてしまって痛みやコリを感じなくなってしまっているということです。

大脳が元気だからゆがんだりしたら痛みやこりとして感じさせるようにしています。
大脳が元気だから風邪の細菌が体内に入って増殖しても発熱させてウイルスや細菌を減らそうとします。
骨盤矯正をして行く時には単純に骨盤を小さくすればいいというものではありません。

例えばですけど骨盤が小さくなったぶんだけ大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣というのはどういう状況になっているのかということがあります。
骨盤が横に広がるということは多くありますので狭くなったぶんだけ圧迫する可能性もあるということです。

しかし骨盤矯正で整えていく骨盤というのは歪んだり開いたりすることがありますが歪んだり開いたりすることは中の内臓の状態から起きています。

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると

何も原因がなくて骨盤が歪んだり開いたりすることはありませんので何かの原因があるということですが何かの原因というのは体の中に原因がありますので体の中に何があるのかということを考えれば必然的に多くは内臓ということになります。

しかし 内臓と言っても病気というわけではありませんので直接的に内蔵と言うと病気というのを考えることなく内臓にも疲れやストレスが溜まるということで骨盤が歪んだり開いたりしていきます。
普通一般的に骨盤矯正と言うと骨盤ばかりに注目してしまっていますが体の中から直さないと骨盤が小さくなりにくく戻りやすくなります。

そして骨盤矯正をしていく時には体調というのも深く関係しますので体調が悪かったり調子が落ちていたりすると骨盤を持続させることができませんし維持させることはできません。
骨盤矯正をしていくときに単純に骨盤を小さくすればいいというわけでもないしお尻にすればいいというわけではありませんので体調からあげたり疲れやストレスを解消したりすることをしなければ 維持することや骨盤が小さくなりにくくなります。

不眠症と睡眠負債

そして骨盤矯正をするときにも言えることなんですが睡眠負債状態があったりすると大脳が急激に弱っていきますし脳細胞の減少が伺えますので体調が無茶苦茶と言っていいほど落ちています。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまったり夢ばかり見ているような気がするというのが不眠症です。
しかし睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴です。
普通でしたら良い眠りをしているような感じなんですが眠りがすごくあさく単純に浅い眠りをしているだけです。

眠りが浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言います。
睡眠負債状態の方は寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっています。
睡眠負債状態の方は寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていると大脳が急激に弱っていき脳細胞の急激な現象を起こしていきます。

睡眠負債と不眠症
2018年10月26日