腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽にしていこうと思うならまずは痛みを楽にすることからしていきます。
しかし楽になったからといって治ったというわけではありませんので、そこから原因になっているものを見つけ出して原因を解消というよりも減らすことをしていかなければ本当の意味で腰痛を治すということは言えません。
腰痛には腰痛になっている原因がありますが、まずは痛みを楽にすることからしていきます。
腰痛や腰の痛みが起きた方や慢性化した方もしっかりとした原因が改善できていないから繰り返し安くなっていきますので長期間、悪いかなとも何が原因で長期間、腰の痛みが起きているのかということを見つけ出さなければいけないということです。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛や腰の痛みを楽にする方法というのは楽にしているだけであり、直しているわけではありません。
腰痛や腰の痛みの治療法というのは大きく分けて三通りの治療法があります。
一つの治療法は対症療法という治療法です。
もうひとつの治療法は歪みやズレを改善していく方法です。
そしてもう一つの治療法というのは体質改善で大元中の大元から改善していく方法です。
まずは何と言っても腰の痛みを楽にすることから始めていかなければいけませんので腰痛は腰の痛みのある方は筋肉や靭帯にも炎症や腫れを起こしていることもありますので炎症や腫れを改善していかなければいけませんし場合によっては熱を持っているという場合もあります。

腰の炎症やハレがある

炎症や腫れや熱を解消していくことから始めていきます。
そして次の段階にあるものは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれがあります。
多くの腰痛の場合、骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが存在していますが椎間板ヘルニアになっている方もいますので椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく誰でも起きても不思議ではないものです。
腰の痛みがある方の場合多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある時に同じ姿勢をしたりすることで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが拡大していきます。

ズレやゆがみや開きなどが拡大することが原因で骨盤が不安定になっているのに体を支えることができない姿勢をすると痛みになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると

腰痛や腰の痛みがある方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていますがズレや開きや歪みを直さなくても楽にすることはできます。

腰が痛くなっている原因は骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレなのに、これらを解消しなくても楽にすることができるために残ったままになっています。
原因を残したまま楽にすることができます。

背骨のズレで腰が痛くなる

原因を残したまま楽にする方法というのは湿布を貼ったりしても楽になることもありますしドラッグストアで売っているサプリメントを飲んでも楽になることもあるでしょうしマッサージをしても楽になることもあるでしょうし鍼を打っても楽になることもあるでしょうしお灸をしても指圧をしても楽になることもあるでしょうし低周波治療器や電気などをかけても楽になることはありますが腰痛の原因になっているものは変わっていません。

腰痛の原因になっているものは骨盤の問題ですから骨盤の問題を改善していかなければ矯正して整えていくことをしなければ繰り返しやすく戻りやすく腰の痛みがないからと言って安心してはいられません。
というのも骨盤の問題というのは進行していくからです。

こじらしたりすることもありますし悪化させたりすることもありますし慢性化になることもありますが一番、怖いのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが、どうして起きているのかという問題なんです。
何も原因がなくて骨盤の問題が起きることがありませんのでどうして起きてしまっているのかどこから起きてしまっているのかという原因があります。

骨盤のトラブル

骨盤の問題というのは姿勢が悪かったり猫背で起きることはありません。
姿勢が悪いのも猫背になっているのも原因がしっかりとあります。

骨盤の問題が起きるのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体を動かしたりすることが原因です。
毎日毎日の生活で体を多く使うことをしていますので多く使ったぶんだけ疲れやストレスが生み出されていきます。

多く生み出されてしまう疲れやストレスなんですが疲れやストレスは体の弱い部分に溜まっていきます。
人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しますが強いというわけではなくそうでもないという状態なんです。
一般的には強いという状態で説明しているテレビや特集などがありますが強いというわけではなくそうでもないという正常レベルのものです。

正常レベルの者には疲れやストレスは溜まりにくくなりますので弱い部分はそういう状態にはいきません。
弱い部分には多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

弱い部分に疲れやすいですが、たまることが原因で体は歪みやズレや開きを起こしていきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な部分の水です。

水分に疲れやすですがたまるということはありませんので後残った40 kg の中に疲れやストレスが多く蓄積していくところがありま。

腰痛は疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは所を選ばず溜まっていくのが疲れやストレスがです。
あと残った40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスを溜め安く問題になるのは筋肉と内臓なんです。
内臓と言うと多くの方が病気というのをイメージしますが内臓の疲れやストレスを溜めてしまい疲弊状態に陥っていくということですから病気というわけではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけてしまうことなくしっかりと話を聞いてください。

体には毎日の生活や体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスを満たされていきますが減らすことを考えている方はいません。
体が疲れたとか言うと美味しい鰻を食べたり焼肉を食べたりという感じで済ましています。

確かにこれらは栄養源ですから疲れやストレスも少しは減ることがあるかも分かりませんが唯一疲れやストレスが経ることができるのは寝ている間だけですが最近、多くの方が眠れていない状態の方が多くなっていますので眠れていない状態の方は睡眠負債状態と言います。

不眠症と腰痛

不眠症というのがありますが不眠症というのは睡眠負債とは違いますので不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりするのが不眠症です。
睡眠負債というのは不眠症とは違いますので睡眠負債は夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴なんです。
普通でしたら良い睡眠をしているように思いますが寝ているだけであり眠りがすごく浅いということなんです。
眠りというのは大脳が休養をとって寝ていることだけをいいますので熟睡状態の事を寝ていると言います。
熟睡ができている時間がどれくらいあるかで寝ているということになりますがただ寝ている状態では睡眠が浅い状態ですからねているということはありませんので、この状態のことを睡眠負債と言います。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていることができますが睡眠負債状態というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

目が覚めた瞬間に忘れる

目が覚めた瞬間に忘れてしまうため寝ていると勘違いしています。

本当に熟睡状態ができている方は寝ようとする少し前からあくびが出ます。
どんなにいい睡眠ができたとしても朝に目が覚めた瞬間にあくびが出なければいけません。
簡単なバロメーターなんですがあくびというのは眠れるか眠れないかの差になります。
しかしあくびが出て寝ようとしても布団をひいたり冷たい布団の上に乗っかっただけで目が覚めてしまうということもあります。

あくびが出たら歯を磨いたりせず本当は寝た方がいいのですがそういう状態ではいきません。
寝ようとする時間がある程度一定であれば30分か1時間前には徐々に寝る体制に入っていきますので寝る体勢に入るということはあくびになります。

本当に眠れていればアクビが出ます

あくびが出ない限りは眠れているとは言えないこともあります。
睡眠負債状態というのは最近多くなっているものなんですが新しい言葉で 寝ているようで眠れていないのが特徴です。
大脳が休養とって出ていない限りは体調はどん底だのような体調をしていたり、奈落の底のような体調をしています。

しかし大脳が弱ってしまっていますので痛みやコリを感じにくく鈍感になったり麻痺した状態になりますので大変な状況になっていることもあまり分からない方もいます。
眠りが浅いということは体調が良いわけではありません。
熟睡ができなければ体調はすごく落ちています。

大脳の弱りで腰痛になる

大脳が弱ってしまうということは脳細胞の急激な現象が起きていくこともありますから精神疾患になりやすく鬱やパニックや認知症ということも先将来考えられます。

しかしわからないような状況であれば進行状況を招いていくということもあります。
自分で体調が分からないようなことが起きているのに検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあって内臓が下がっていたり背骨がずれすぎてガタガタ状態になっていて椎間板ヘルニアが起きていても平気な顔をして体調は良いと思っています。

 

こういう方が腰痛を起こすと厄介な状況になっていますので簡単に楽にならないこともあります。
というのも骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正して寝ている時には整って良い状態になっても立った瞬間に崩れていくからです。

睡眠負債と腰痛

それほど大脳が弱っている方が多くなっています。
治療が終わって立った瞬間に崩れていき骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていくほど滞納が弱っていく方が多くいますが

生命機能の中枢である大脳が弱るということは大変なことなんです。

しかしそういうことを言われてもしっかり考えている方はいませんから右の耳から入って左の耳に抜けていくという感じになって考えてもらうことができません。

当院では検査することをしていますので検査をしてみるとどういう状況になっているのかということがわかりますがすべてがわかることはありませんので治療を進めていくことでわかる何回もあります。

そのためにはまずは腰の痛みですから腰の痛みの原因になってるものは目先にある筋肉靭帯の炎症ということもありますし骨盤の歪みは骨盤の開きということもありますからそれらを改善していくことからしていかなければいけませんので改善できて楽になることができるのかということで次の問題が控えています。

不眠症と睡眠負債tと腰痛
2018年10月29日