肩こり

肩こりを楽にしようと思うなら筋肉のコリばかり注目していないで肩こりの筋肉のコリがどうして起きているのかということを見つけ出さなければいけませんが多くの肩こりを解消している治療法というのは原因を見つけ出すこともなく楽にすることばかりしています.
肩こりと言うと多くの治療方が筋肉ばかりに注目してしまってこりをほぐすことばかり中心にしていますが今まで30年以上

肩こりを研究してきて実際に治療もしてきましたが今まで肩のこりが筋肉だけで起きている方は一人もいませんでした.。
しかし肩こりというのは筋肉のコリをマッサージしたりほぐしたりすることで楽になってしまうことがありますが楽になってしまうのは一時的なものです。

肩こりとは

肩こりのコリとは

肩が凝っている時にはこりを起こしているということで肩こりになっていますがこりというのは日本語にとって意味不明な言葉ですからコリを説明しろと言われてもどう説明していいのか迷ってしまうこともあります。
肩こりのこりとは筋肉疲労や緊張や固くなる現象なんですが硬くなるというのも一時的に揉みほぐしたりすれば柔らかくなるレベルの硬さのことだけです。

当然筋肉が疲労してあり緊張したり硬くなったりするとリンパの働き悪くなって老廃物が多くたまるということが起きてしまいます。
筋肉が硬くなってしまえばリンパの働き悪くなっている老廃物が多くたまり循環が悪くなります。
肩というのは意外に多く物事で使用していますので多くの方がバッグを持ったりすることでも方は落ちないようにしていますので筋肉はより多く使っていることが多くあります。
スマートフォンや携帯を扱う時にも細かい文字を扱ったりタッチしたりすることをしていますので腕の筋肉や肩の筋肉をより多く使っています。

肩を使うことが多くある

キーボードで操作する時でも肩や腕の筋肉を使っていますので筋肉疲労が積み重なっていくことでコリになっていきます。
単純に肩こりの コリというのは筋肉疲労のことを言いますのでリンパの働きを悪くなるということは筋肉疲労が起きてしまえば当然、起きていると考えた方がいいと思います。

子供さんがゲームをしたりするときにも肩に異常に力が入っていますので力が入ることが原因で筋肉疲労が起きたりすることがありますので子供さんでも肩こりが起きてしまいます。
ということを考えれば買ったというのは運動したり仕事をしたりスマートフォンや携帯などを操作したりキーボードを打ったり字を書いてありバッグを持ったりすることで肩の筋肉をより多く使っていますのでより多く使うことで筋肉疲労が起きたりすることで肩こりになるということです。
しかし今まで30年間、肩こりを解消することをしてきましたが未だに一人として筋肉のこりだけで起きている方はいません。

筋肉のコリから肩こりになる

筋肉のコリが起きてしまう時には必ず背骨のズレが重なって起きていますので背骨がずれることが原因で筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動いたりすることで引っ張られたり緩んだりして老廃物の流れが悪くなりリンパの働きを悪くなって循環が悪くなり肩こりになっています。

しかし背骨のズレも何も原因がないのに中枢神経系を守っている背骨が簡単にずれることはありませんし姿勢が悪いからと言って背骨がずれたりすることもありませんし猫背だからといって背骨がずれることもありません。
背骨というのも中枢神経系の脊髄を守っているものですから簡単に姿勢で曲がったり猫背で曲がったりすることはありません。
背骨がズレることで脊髄は何らかの影響を受けてしまうからです。
背骨がズレてしまうことが原因で筋肉は引っ張られたり緩んだりして肩こりになります。
しかし背骨のズレを直さなくても矯正しなくても筋肉さえ楽にすることをすれば肩こりは楽になって感じてしまいます。
背骨のズレがあるから筋肉が引っ張られてるのに筋肉をマッサージをしたりほぐすことをすれば背骨のズレを矯正しなくても肩こりを楽にすることができます。

筋肉が緊張する肩こり

背骨のズレも肩こりになる

しかし背骨のズレというのも原因があるから起きているのと長期にわたり背骨のズレが残ったままになっていると筋肉や靭帯も引っ張られたり緩んだりしたままですから単純に戻せなくなることもあります。
筋肉や靭帯が引っ張られているのに正常に戻すことができるのか元に戻すことができるのかということは確認してみなければ分かりませんし矯正をしてみなければ分かりません。

筋肉や靭帯が引っ張られたり緩んだりする時間が多くなればなるほど筋肉や靭帯は血行不良を起こしていきますので血行不良を起こすと筋肉や靭帯は固くなっていきますので硬くなるということは老化していくということですからいくらマッサージしても揉んだりしても何をしても、やらかくなるレベルではありません。
もんだりしてもやらかくなる時もあれば、何をしても柔らかくならない筋肉もあります。

肩こりになる時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで体には多くの疲れやストレスは生み出されてイキ生み出したものが体に溜まっていきます。
体に溜まった疲れやストレスが中から体の崩れを起こし背骨のズレになり筋肉が引っ張られたり緩んだりして肩こりになっていきます。

歪みやズレが起きればリンパの流れが悪くなる

当然、この時にはリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積しているということです。

しかし毎日毎日の生活で運動することで仕事をすることや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが生み出されて体に溜まっていきますが体のどこにたまるのかということが肩こりを解消していくときに重要なことになります。
もちろん体に溜まるということですから体の全身に溜まっていきますが体には弱い部分と、そうでもない部分というのが存在しています。
そうでもない部分というのは痛みやこりなどに関係することはありません。

しかし弱い部分というのは誰でもある部分ですから弱い部分には疲れやストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まることが原因で急速に老化が進んでいきます。
疲れやストレスが弱い部分に多く蓄積していくと細胞の変化が起きて老化しながら内臓の病気に近づいていきます。
病気というのも1日や二日で病気になることもなく健康な細胞から病気の細胞に変化していくには10年以上かかると言われています。

健康な細胞から病気の細胞になっていく過程では、まだ病気ではありませんのでいくら病院で検査をしても数字的な異常は出ることもなく見つかることはありません。
病気として完成したものは病院に行って何らかの検査を受けて数字的なものや異常が発見されれば病気ということになります。
しかしなっていく過程ではわからないということです。
例えば数字で説明すると分かりやすいと思いますので簡単にわかりやすく言うとゼロの時点ではまだ病気ではありませんのでいくら検査をしても異常は見つかりません。

なっていく過程では異状なし

10の時点でもまだ病気ではありませんので検査をしても病気ではありません。
20でも30でも40でも50まで進行していても病気ではありませんから検査しても異常はありませんから健康だと言われます。
数値が60を超えて70や80まで来るといよいよ数値的な異常が出やすくなってくる場合があります。
80を超えるまで内臓の細胞が変化していき老化していくということが起きるといよいよ検査をすると数値的な異常が確実になってきます。

これは単純な数字ですから80といっても数値的な異常が出ていないということもありますので半年後にもう一度、検査をすると病気という診断が降ってくる場合もあります。
1度以上が出たものは数値が下がっても数値だけは落ち着いてきますが内臓が変化したのかと言うと変化したということは少ないと思います。

肩こりのコリと筋肉

当院で肩こりを検査する時には筋肉のコリが起きているのかということを見つけ出して解消することから始めていきますが筋肉の解消ができたら先にあるものは背骨のズレですから背骨のズレを矯正することをしていきます。
そして背骨のズレがどこから起きたのかということを見つけ出すためにも検査することをしています。
多くの背骨のズレの場合、内臓疲労が原因で弱い内臓に疲れやストレスが溜まったことが原因で背骨のズレとして起きています。

弱い内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で肩の部分の背骨がずれを起こしていき背骨がずれを起こすことが原因で筋肉が引っ張られたり緩んだりして肩こりになります。
肩こりに関係しやすい内臓を上げるとしたら心臓と肺と横隔膜が主になります。
肩こりを起こしている方や繰り返しやすい方、よくマッサージや整骨院などに行くかたや整体院やカイロプラクティック院などを訪れている方も時々感じているかも分かりませんが症状としては息苦しさや胸苦しさや時々急に咳が出たりすることがあります。

筋肉だけではない肩こり

一瞬で時々なんですが胸の辺りでちくっとする痛みがある方もいます。
何も原因がないのに息苦しさを感じたりすることはありません。

何も原因がないのに胸苦しさを感じることはありません。
何も原因がなくて心臓の辺りでちくっとする痛みが起きたりすることはないと思います。
ということは何らかの病気ではない状態で何かが起きていると考えなければいけないと思います。

肩こりを感じている方は心臓と肺と横隔膜に病気ではない状態で異常が起きています。
しかし最近は疲れやストレスの蓄積ではなく睡眠負債状態の方が多くなっています。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。

不眠症というのは寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。

不眠症と肩こり

また夢を多く見るということも不眠症のひとつです。

しかし睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないのが特徴ですが普通に考えれば良い眠りをしているように思いますが実は眠りが無茶苦茶と言っていいほど浅いんです。

睡眠負債状態の方の眠りを簡単に説明すれば寝ながら考え事をしている睡眠をしていますが寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもありますので寝ていると思っています。
本当に毎日毎日寝ている方が肩こりを起こすことはありません。

もし肩こりを起こすようなことをしても回復が早くなって肩こりは治りやすくなります。
寝ていることで筋肉のコリは解消していくからです。
眠れていないと筋肉のコリは解消することはできません。

睡眠負債と肩こり

睡眠負債状態というのは寝ている本人は気がついていないことが多くありますので目が覚めなければ寝ていると単純に考えている方が多くいますし夜、寝ようとするときと朝目が覚めた時にあくびが出ないのが特徴です。

日中にはあくびが出るかも分かりませんが肝心な夜寝ようとする時にあくびが出ないのが睡眠負債状態の特徴でもありますので、あくびをしているかどうかというのも肩こりに関係します。
肩こりに関係する背骨のズレというのは肩の部分に関係しますので肩の部分には胸椎の1番目と2番目と3番目がありますが1番目と2番目は心臓に関係する骨です。

胸椎の3番目は灰に関係する部分ですから肺が弱った時には咳が出やすくなったり息苦しさや胸苦しさを感じてしまうこともありますから背骨の3番目の骨がズレを起こします。
はいに何らかの異常が起きる場合があると横隔膜も異常を起こしますので首の骨の3番目と4番目と5番目と6番目と7番目の骨がずれを起こします。
背骨がずれれば筋肉は引っ張られて肩こりになります。

睡眠負債と肩こり
2018年10月29日