腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽にしていくためには何をするのかということを考えなければいけませんが強い痛みに見舞われている時には考える余裕はないと思いますので強いためになる前に慢性化する前に考えなければいけないと思います.

腰痛や腰の痛みになった時には運動やストレッチをすることでもよくなることもあります。
湿布を貼ったりすることでも腰痛や腰の痛みを楽にすることもできます。

腰痛とは

家族の方や専門家の先生にマッサージをしてもらったり揉んでもらったりすることでも腰の痛みを楽にすることができます。
電気や低周波治療器などをかけても腰痛は楽になることもあります。
しかし楽にすることと直していくということは全然意味が違いますので楽にしてから直していかなければ本当の意味で腰痛を治しているということは言えないと思います。

腰痛を治すためにはサプリメントや健康食品でも腰痛を楽にすることはできますが楽にすることと原因を見つけ出して改善していくという意味の二段階の方法があるということです。
腰痛というのは原因があるから起きているわけですから原因を見つけ出すことは簡単な方法ではないために表面上の痛みを楽にする治療を「治した」と言っています。

腰痛の痛み止め

痛み止めの注射などを打ったりすることでも腰痛が楽になることもあります。
痛み止めの注射と同じように痛みを止めているだけですから直しているわけではないということですから痛み止めをしている治療を楽にする治療と言います。

痛み止めをする治療のことを対症療法といいます。対症療法というのは多くの治療法が範囲に入りますので直しているわけではありませんので楽にしているだけです。

楽にしている治療ばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくということがあるということですが 腰痛や腰の痛みを悪化させたものが椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりしていますので腰痛が治ったと思っていても急に椎間板ヘルニアが起きたり振興したりすることもありますし一気に坐骨神経痛に進行していくということもあります。

骨盤の歪み・骨盤の開き

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも起きていても不思議ではないし進行してもおかしくはありません。
当院でも検査することをしていますがヘルニアがあると患者さんに説明するとビックリすることも多くいます。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になるのも、また、それらが慢性化してしまうことも多くありますが特別なものではなく誰でも起きても不思議ではないものです。

腰痛を起こしてしまう一つの原因として多くの方が思っていることは重たいものを持ったりして急激に腰が痛くなったとか中腰をして何かをしている時に急に立とうとしたら腰が痛くて体をまっすぐ伸ばせなくなったとか、靴下、ズボンを履こうとして腰が痛くなったとか何かを取ろうとして体を飲ました時にグキッと音がして腰が痛くなったとかくしゃみをしただけで腰が痛くなったとか夜寝て朝起きたらいつも腰が痛いとか色々なことを言われますがこれらは全て切っ掛けです。

痛みの切っ掛け

腰が痛くなる時には切っ掛けが必要ですから切っ掛けで起きてしまいますが、切っ掛けは原因ではありません。
腰が痛くなる時には切っ掛けと原因の二つが重なった時に初めて起こります。
両方の条件が揃った時に腰が痛くなります。
あとはタイミングです。

腰痛を起こすもう一つの原因は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレにあります。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正しなくても湿布を貼ったりすることでも痛みを抑えるクリームを塗ってもサプリメントを飲んでもマッサージをしても低周波治療 などの電気をかけても楽になります。

しかし何度も言いますが楽にする治療と原因を見つけ出して直していくという意味は全然違いますがまずは何と言っても楽にすることからしなければいけませんので楽にする治療のことを対症療法というよりも体調を上げていく治療と当院では入っています。

対症療法

対症療法と腰痛

対症療法という治療法は湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージをしたり電気をかけたりという治療になりますので当院ではそういう治療法はしていませんので対症療法というよりも体調を上げていく治療と言った方が性格だと思いますから体調を上げていく治療で痛みを緩和する行為をしていきます。

体調を上げていくためには何をすればいいのかという問題なんですが単純に湿布を貼ったりしても体調を上げることにはなりません。

マッサージをしたり電気治療器をかけたりサプリメントを飲んだりしても体調を上げることができません。
実は体調をあげる方法というのは大変難しく簡単にできるものではありません。
何をしてもあげることができないのが体調を上げる事です。

一度、落ちてしまった体調を上げるというのは大変、難しい事になりますので簡単に上げることはできないと思います。第一に最近多くの方が眠りが浅い形が多くなっていますので本人に気がついていなくても検査をすればすぐにわかりますが夜寝ようとすると、すぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので熟睡状態のことを言います。

睡眠と痛み

つまり目が覚めないから寝ているとは言えないということなんです。
人は寝ている時に夢を見ると思いますが夢というのは目が覚める瞬間に見ているのが記憶に残り覚えています。
寝ている時も何回か夢を見ているということですが寝て夢を見る時間というのは数秒の時間だったり数分の時間だけです。

どんなに長く夢を見ていたという記憶があってもたった数秒の時間だったということがあります。
人は長く夢を見ることはできません。

例えばですけど11時頃に眠りについてに着くまでに約5分、目が覚めるまでに1分。どちらかと言うと目が覚める時間の方が急激に潜水艦が浮上してくれた状態で目が覚めてきます。

潜水艦の浮上する時よりも潜っていく時の方が時間がかかります。
潜水艦のような状態ではありませんが人の眠りというのも表せば同じようなものです。
この中で夢を見ている時間を1分とします。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

眠りと痛み

目が覚める時間が6時だとしたら7時間で眠りがあるということですから本当に寝ている時間がどれくらいあるのかという事が問題になりますので少なければ少ないほど、朝ければ多いほど寝ていないということになります。
眠りが浅いということは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きやすくなっています。
眠りが浅い時には大脳が急激に弱っていきますので限界まで悪さを食べてしまわないと分からないということがあります。

眠りが浅いということは大脳が弱っていくだけではなく麻痺状態に陥っていくこともありますので麻痺してしまうと限界まで悪くしてしまわないとわからないということがありますので分からない方ほど急激に椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛に進行していきます。
普通はなっていく過程がありますので一気になるというよりもまずは腰痛が起きて腰痛が治りきらない状態が次第に椎間板ヘルニア起こし神経を接触してしまうと坐骨神経痛になっていくという過程があります。

しかし大脳が弱ってしまったかたほど過程を通り越してしまいますので一気になることがあります。
大脳が弱った方ほど大脳にある回復する治癒能力というのが停滞してなくなっていきますので回復できない状態まで落ちてる方もいます。

治る力、回復する力

自然治癒能力というのはほっとけばいいというわけではなく自然治癒能力の根源にあるものは大脳にありますから大脳が弱った方ほど慢性化状態を起こしやすくなっていますので慢性化状態になってしまった方ほど腰がいつまでたっても治りません。
眠りの問題とは別にもう一つ毎日毎日の仕事や運動することや生活することや精神的なプレッシャーを加えられることで人は疲れやストレスを多く生み出していきます。

疲れやストレスを多く生み出した結果、体に溜まっていきますが体のどこにたまるのかという問題を考えている一般の方も少なく専門家の先生も知らない場合が多くがあります。
疲れやストレスがたまるところを考えればわかると思いますが人の体には何があるのかということを考えなければいけませんのでひとつひとつ分解してみると神経と血管とリンパがあり皮膚と皮下脂肪とその他の脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓しか存在していません。

疲れやストレス

例えばですけど体をぎゅっと絞ってみると体重が100 kg の方がいるとしたら60 kg の水分が出てくるそうです。
体重の半分以上は水分で構成されているということですから水分といっても血液だったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水だったり色々な部分に水が存在していますが水に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、あと残った部分に疲れやすストレスがたまるところがあるということです。

疲れやストレスが溜まるところというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきますが先ほど説明したように水分が60 kg にもなるということですから神経と血管とリンパと脂肪と筋肉と靭帯と骨と内臓の重さは40 kg にもなります。
この中で疲れやストレスを貯めやすくなっているところというのは筋肉と内臓しか存在していません。
しかし内臓と言うと多くの方が病気というのは勘違いしてしまいますが病気と言っているわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まることが原因でいろいろなものが起きるということなんです。

疲れやストレスが多く貯まれば溜まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起こります。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きた時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんし何をしても体を支えることができなくなってしまっています。
支えることが出来ない時に何をしても何もしなくても痛みになります。
これが腰痛起こしている原因になります。

2018年11月20日