小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正をして顔を小さくしたいと思うなら基本的なものから変えていかないと顔が小さくなりにくいとか維持することや持続性がないということがあります。

小顔矯正とは

単純に何も考えないで小顔矯正をするのではなくどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんが多くの方は基本的なことを忘れてしまっている場合がありますので専門家の先生も知らない先生も多くいますから基本的なものというのは体の状態になります。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔を無理やり押さえつけるような感じで小顔矯正をする矯正もありますが当院ではそういうこともしていませんし無理やり顔を押さえつけても持続性はありません。

小顔矯正をしていくときには電気、機械を使うこともなくての技術だけで顔を小さくすることをしています。

小顔矯正をしていくときには手の技術だけで手だけで顔を小さくすることをしていますが先ほど説明したように二つの重要なものがあると説明しましたが二つというのは体の状態に関係するものだと言いましたので体に関係するものというのは体調なんですが体調というのは意味不明な言葉でもありますので自分で体調が良いと思えば体調が良くなってしまいますが検査をしてみるといろいろな状況がわかってきます。

体調の検査すること

疲れやストレスから骨盤の歪み・背骨のズレ

検査をしてみると色々な状況が分かってくるということはご自分で感じていない部分ですごく体調落としている場合があります。

院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると小顔矯正を希望されて訪れた方の全員が体調はいいです調子は悪くありませんと簡単に答えてしまいますが検査をしてみるとそんな状況じゃないということがわかりますが、自分で何かの症状を感じていない限りはいくら説明してもわかってもらえないこともあります。

体調が悪い時には体はどういう状況になっているのかということを説明すると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれすぎてガタガタ状態になっていることもあるし背骨のズレから椎間板ヘルニアになっている方もいます。

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤のトラブルが起きていたり背骨のズレが大きくあるということは、体調が悪いということを指しています。
体調が落ちるということは疲れやストレスが蓄積しているということなんですが疲れやすですが蓄積していくと骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりすることが起こります。

逆に体調が良い時には骨盤が歪んだりすることはありません。
体調が良い時には背骨がずれてガタガタ状態になっていることはありません。
ということを考えれば体調が落ちている方ほど骨盤が歪んだり骨盤が開いているということであり背骨がずれてガタガタ状態になっているということなんです。

背骨のズレ

しかし背骨がずれたり骨盤の問題が起きているからといっていた京都りの症状を感じているかと言うとそうでもありません。
骨盤のトラブルが起きたり背骨がずれたりするのは疲れやストレスの蓄積度合いが大きくあることが原因で起きていますので痛みやこりとして直結していなくても、よく話して聞いてみたりすると生理痛がひどかったり便通が悪いということもあります。

小顔矯正をする時には疲れやストレスの蓄積から起きる体調の低下の問題が大きく変わっていますので顔にも疲れやストレスが溜まっていることがありますので疲れやストレスが溜まるのは身体だけではありません。

疲れやストレスが多く溜まっていくと顔のむくみや脂肪が多くなっていきます。
疲れやストレスが多くなっていくと全員ではありませんが顔の歪みとして現れる場合があります。
小顔矯正をする時にもう一つ関係するものというのは疲れやストレスと睡眠負債状態が関係します。

睡眠負債

睡眠負債状態というのは不眠症とは違います。不眠症というのは夜中に何回も目を覚ましてあり寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症です。
しかし睡眠負債状態というのは一度、寝たら目が覚めることはありません。だから多くの方が出ていると勘違いしていますが寝ているということは熟睡状態のことだけをいいますので大脳が休養とって寝ていることだけをいいますから体が寝ている状態が眠りではありません。

多くの方が睡眠負債状態を不眠症と勘違いしてしまいますが不眠症というのは先ほど説明したように目が覚めたり眠れなかったりするのが不眠症です。

睡眠負債状態というのは夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど眠りが一番浅いんです。
目が覚める力がないから朝まで目を開けることはないということなんです。
こういう状態の方が異常に増えていますので睡眠負債状態があると大脳が急激に弱っていき大脳が炎症を起こしたり腫れたりということが起きています。

単純に睡眠負債状態で眠りが浅いだけではすみません。

眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていきますので弱った結果脳細胞の急激な現象が起きたり記憶力が低下したり目が見えづらくなってかすんだりすることがあります。
また大脳の急激な低下からイライラしやすくなったり精神疾患ぽくなったりうつっぽくなったりパニくることがあります。
大脳が弱るということは脳細胞の急激な減少を招いていきます。 脳細胞の急激な現象が起きるということは認知症ぽくなりますので先将来につながることになりますから早めに治療をしていかなければいけませんが小顔矯正というよりも大脳の治療になります。

睡眠負債と眠り

睡眠負債状態で眠りが浅いのに体調が良いことはありませんので感じていないということなんです。
睡眠負債状態で起きていると眠りは浅いわけですから眠りは浅いことに大脳が弱ってしまっていますから大脳が弱るということは内臓を支配している自律神経の働きも低下し免疫力も低下し体調はすごく悪くなっていきますが、その悪さを感じていないということになります。

普通だったら寝込んでいるような状態でも感じていなければわかりませんので体調がいいと勘違いしてしまっています。
勘違いしている方ほど記憶力が落ちたり、物忘れが多くなったり、うっかりが多くなってしまいます。

眠れていないのに眠れていないことがわからないということが色々な結果を招いていきますので本当は小顔矯正ところではありませんが希望が小顔矯正ですから顔を小さくすることに専念していきます。

初回から顔が小さくなる

初回は顔だけ触って小さくすることをしていきますが本当は顔を触らなくても顔というのは小さくなることもあります。
しかし小顔矯正を希望されて訪れているわけですから顔を小さくするためには顔を触って小さくしなければ納得してもらうことができませんので顔を触って小顔矯正をしていきます。

小顔矯正と言っても一回で終わる小顔矯正はありませんので体を整えることもしていただければいけませんが悪くなってしまった部分や細胞を若返らせることが必要なることもありますので、その場合は一回で終わることはありません。

体調と骨盤の歪み・背骨のズレ

当院では小顔矯正をして行く時にはしょかいたら顔が小さくなることで評判が良い小顔矯正をしていますが顔だけしても持続性はありませんので数回受けてもらうことを希望しています。
体がガタガタ状態になっているのに顔だけ小さくしても意味はないような感じがしますが表面的なものだけを装っても効果は半減しますし持続性は落ちていきます。

小顔矯正をして顔が小さくなったらこの顔の小ささを維持することができますかと聞かれますが体の状態のことを確認したり検査をしたりしなければいけませんので一概に応えることができません。
しかし多くの方は体調が悪いと先ほど説明したように疲れやすですが多く溜まっていますので疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていく傾向がありますから弱い部分にたまれば溜まるほど骨盤の歪みや背骨のズレが大きくを着ていきますからそれらを整えていかなければいけませんので溜まる部分と骨盤矯正や背骨矯正が必要になります。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

2018年11月27日