小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしている当院ではボキボキもしないし痛くもないし怖くもない小顔矯正をしていますから評判がいいことで人気があります。

小顔矯正をしていくときには必ず小顔矯正を希望されて訪れた方に変化をわかってもらうようにしていますので、ご自分でも顔が小さくなったのがわかるということで人気があります。

小顔矯正

小顔矯正とは

しかし自分で顔の変化が分かるということは顔を触ってみないとわかることがありませんので顔を触ってみると小顔矯正をした後と小顔矯正をする前を比べることができるんです。

しかし鏡で見て目で見て変化を見るよりも両方の手のひらで顔を触ってもらうことをしていますが手のひらで顔を触るということは簡単ではありませんので簡単に触ってしまったり顔に手を当てただけの方や感じようとしない方は小さくなってもわからないということがあります。
小顔矯正と言っても10 CM 20 CM を30 CM も顔が小さくなることはありませんので小顔矯正をするときには1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきますので例え一cm 変わってもわかるように触っておいて欲しいんです。

もちろん小顔矯正をしていくときには脂肪やむくみなども減らすこともしていますが単純に脂肪やむくみだけを減らすことをして小顔矯正というわけではありません。

顔を小さくする為には

小顔矯正をしていくときには顔を小さくしていくわけですから表面上にある顔のむくみが脂肪を減らしても表面の部分が減っただけで小顔矯正というレベルではありません。
矯正をしていく時にはボキボキもしないし無理矢理、顔を押さえつけたりすることもない小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていく時には顔の触り方に特徴がありますが一番わかりやすい触り方を説明するようにしていますので全員の方に同じ説明をするようにしています。

矯正に入る前に説明をして触り方を言いますから同じようにして触ってください。
まずは鏡で見て顔の左右を比べてみてください。
鏡で顔の左右を比べる時には歯をというのは左右が同じではありませんので左右に違いがあります。
例えばですけど顔の右側が全体的に大きい感じがしたり、左側の頬骨の部分だけが出っ張っているという感じで目で見てください。

顔の左右差

顔の左右差

人においては左右が逆転している場合がありますので人それぞれで見た目が違います。
自分の顔を鏡で見て顔の左右がわかったら今度は目を閉じて顔を触ってみてください。
小顔矯正をしている時の触り方というのは両方の手首を合わせるようにして触って顎の部分に当てます。

そして次に手のひらと指を浮かさないようにして顔に密着させます。
できるだけ顔から 手のひらや指を浮かさないようにして触ることが一番肝心なことですが顔に密着させるようにして手のひらと指を触ったら今度は顔の左右を感じ取るようにしてください。
先ほど鏡で見たように感じるかどうかを確認してください。

人においては左右が逆転してしまっているような感じで感じ取ることもあります。
それほど自分の顔を触るということも難しいんです。
難しいために簡単に手を置いただけの方はわかりませんので手の集中力と頭の感覚神経を動員して左右を感じようとしてください。

顔の触り方

顔の触り方

単純に顔に手を置いただけではわかりませんので簡単に考えて触らないでほしいところですけど。
小顔矯正をしていくときに顔が小さくなったらなったで維持することができるのか持続力はあるのかと聞かれますが多くの方はないと答えています。
持続力や維持する力ということはご自分の体に関係がありますので小顔矯正をする技術の力ではありません。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと多くの方が同じ答えを返してきます。
同じ答えというのは調子は悪くありませんとか体調はいいですと簡単に答えてしまっていますが検査をすると逆の事が分かります。

検査をして客のことがわかるということは体調が悪くて骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がズレすぎて片方状態になっているからです。
骨盤の歪みがあるということでは体調の悪さを示しています。
背骨がズレがあるということは 調子の悪さを示しています。
調子が悪かったり体調が悪いからといって何かを感じているかと言うとそうではありませんので痛みやこりになっていないだけということがあります。

体調と小顔矯正

体調の悪さというのは疲れやストレスが多く溜まっているとわいなんですが疲れやすいですがたまっているからといってなにかの症状を感じているのかと言うとそうではないということなんですが生理痛は生理不順や便秘なども体調の悪さから起きている場合もあります。

また最近は多くの方が睡眠負債状態を抱えていますが睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますから勘違いされてる方が多くいます。

不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてトイレに行くことがあったりすることが不眠症ですから睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありませんが眠りが浅い睡眠をしている状態なんです。

睡眠負債というのは目が覚めないのが特徴なんですが目が覚めないぶんだけ眠りが浅いことが挙げられますが寝ている本人はわかりません。
というのは目が覚める瞬間に夢を見ているからです。

睡眠負債と小顔矯正

寝ていることは目が覚めなければ寝ているというわけではありませんので目を閉じてスースー寝息を立てていれば寝ているかと言うとそうではありませんので寝入っているというだけであって熟睡を取っているわけではありません。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていられますが寝ながら考え事を知る睡眠というのが睡眠負債の特徴なんですが一番、浅い睡眠の一つです。
夢よりも夢を見ている時よりも浅い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠になります。

例えば6時間睡眠時間のある方でしたら眠る時間に5分目が覚める時間にご飯夢を見ている時間が5本あったとします。
あと残りの5時間45分の時間が寝ながら考え事をしている時間になってしまっています。
一番最悪なのは寝ながら考え事をしてる時間が目が覚める瞬間にまで及んでしまっているのに 目が覚める瞬間に夢を見ている時間になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠負債

目が覚める瞬間に夢を見ているため夢の方が眠りが深いですからねながら考え事をしてる時間は頭に残ることがなく記憶にも残る事もなく夢だけが記憶に残ってしまっています。
眠りが一番浅い睡眠が寝ながら考え事をしている時間が長くあればあるほど大脳は急激に弱っていき体も体調がどんどん落ちていきますので寝ながら考え事をしている睡眠負債というのはかなり重大な問題になりますが痛みはくりおどん館にしてしまいました状態に陥ってしまいますので風邪を引くような生活をしていても風邪を引き込むこともありませんしインフルエンザウイルスを引き込んでいるような状態でも発症することもなく熱を上げる元気もなく大脳が弱ってしまっています。

体調が悪い方ほど元気だと考えています。
体調が悪い方ほど元気だと思いあちらこちらで人に移してしまっています。
最近風邪をひかないし元気になったという感じだと思っていますが体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く痛みはコリも感じないぐらいになっているということもあります。

体調がいいんであれば骨盤の歪みや骨盤の開きはありません。

体調が良ければ背骨がずれてガタガタ状態になっていることもなくズレが大きくなって椎間板ヘルニアが起きてしまっているということもありません。

小顔矯正をする時には単純に顔を小さくすればいいというわけではなく体に溜まってしまった疲れやストレスと睡眠負債が深く関係します。

睡眠負債と小顔矯正
2018年12月04日