肩こり

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉の凝りばかりほぐしていないで原因を見つけ出すことを考えていきませんか。
肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから肩こりの原因を見つけ出さずに対症療法ばかりしていると原因もいつのまにかそのままではいられませんので進行している場合が多くあります。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりを楽にするためには二つの 治療法があります。

対症療法という治療法と根本療法という治療法のた通りに分かれています。
腰痛の治療法の対象療法という方法は湿布を貼ったりすることも対症療法ですから湿布を貼って楽になる程度であれば楽になっていきます。

対症療法の中にはドラッグストアで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも肩こりを楽にすることができますので対症療法の一つですけど栄養を服用することで解消できるものであれば解消できる可能性もあります。

家族の方や専門家の先生にマッサージをしてもらったり揉んでもらったりすることでも肩こりを楽にすることはできますので筋肉がほぐれて肩こりを楽になると思いますが対症療法の一つになります。

対症療法と根本療法

低周波治療器や電気などをかけても対症療法の一つですから低周波なんかは特にプラス端子からマイナス端子に定電流の電気を流すことで筋肉を刺激して運動させることでほぐれることもありますから対症療法の一つになります。

しかし低周波治療器を利用している治療院なんかは低周波治療器の意味も分かっていないでただかけている場合がありますので単純に誰でもできるものですから低周波治療器の機械を持っていれば誰でもかけられるものです。

何もわからない素人な方も低周波治療器の機会さえあればかけることができますからタイマーセットして強さをセットするだけですから誰でもできるものが低周波治療器ですから筋肉がほぐれるというよりも筋肉を運動させるという感じでほぐすことをしているのが低周波治療器です。

対症療法というのは中間に存在しているのが整体院やカイロプラクティック院で行う背骨の矯正や骨盤の矯正のレベルです。
単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正すればいいというわけではないしどうしている紙は何が起きたのかということを見つけ出すことはしていないから対症療法の分野というよりも中間レベルだと考えた方がいいと思います。

ボキボキする矯正

ボキボキする矯正も

つまり中間レベルというのは対症療法でもないし根本療法でもないという方法です。
というのも整体やカイロプラクティック院でも低周波治療器や電気などをよく使うことがあるからです。
筋肉をほぐしたりしてボキボキしたり調整したりすることをして後は低周波治療器や電気などをかけて終わりという感じなんです。

対症療法と根本療法という違いは検査することができるのかということなんですが対症療法というのは検査することもなく原因を見つけ出すこともなく治療を進めています。
一番簡単な方法が低周波治療器や電気などをかけたりすることです。

対症療法というやり方を繰り返ししていると原因も進行する場合があります。

整体院やカイロプラクティック院で行っている骨の矯正というのも原因なんかを見つけ出すこともなく表面上の症状を緩和していることが中間レベルだということです。

整体やカイロプラクティックでも

整体院やカイロプラクティック院の先生はそういう風には思っていないでしょうが単純に背骨の矯正や骨盤の矯正をすればいいというわけではなくどうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりするのか背骨がずれたりするのかという原因がありますので原因を見つけ出すことをしなければ表面上の調整をしても指をボキボキしたりすることと同じレベルですから。

普通一般的に行っている骨盤の矯正や骨盤の開きや背骨のズレというのは指の関節をポキポキするのと音を鳴らすのと同じことをしていますのでしばらくはなりませんがまたもうしばらくするとポキポキ音がするような状況になっていますので改善していないということなんですが一時的には改善することもあります。

筋肉のこり 

治療法という状態のレベルになっています。

整体院やカイロプラクティック院で行っている矯正というので ボキボキと音がするのは疲れやストレスが体に溜まっていくと椎間板の中にも溜まっていきますので椎間板の中に溜まっていく疲れやストレスが気泡を多くしてしまいます。

空気の泡が多くなった状態で弾けた音がボキボキッと矯正音のようなものとして聞こえますが現実には基本を弾けさせている音ですけど貴方が多く溜まれば溜まるほど椎間板が三角形に歪んでしまいますので歪みが起きると傾きが増長させてしまいますが単純にズレを矯正しているわけではなく歪みを矯正しているわけではないし骨の矯正をしているわけではないので気泡を弾けさせているだけの音です。

ボキボキ音は矯正ではない

背骨をボキボキしたりする音というのは指の関節の音を鳴らす行為と同じことですから 指の関節を鳴らして矯正していると思う方はいません。
肩こりを改善してきて今まで30年経ちましたが筋肉だけで起きている肩こりという方は一人もいませんでしたので筋肉をほぐしたらその先にある背骨のズレが全て筋肉を引っ張ったり筋肉のバランスを狂わしたり筋肉を緩んだり状態になっている場合で肩こりになっています。

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれて動くことで筋肉は引っ張られたり緩んだりしますので引っ張られたり緩んだりした時にリンパの流れが悪くなって老廃物が多くてあまり循環が悪くなります。
何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありませんし老廃物が溜まるということは考えられませんので単純に体を動かしたりすることでも腕や肩を動かしたりすることや歩いたりすることでもリンパの働きは、よくなっていきますがどれぐらい良い状態が続くのかというのは疲れやストレスの蓄積に関係があります。

単純にリンパ療法という方法やリンパマッサージというのがありますが軽いマッサージという感じでありリンパだけを対象にしたものではありませんのでリンパを本当の意味で流すためには検査をすることをして検査した状態を改善していかなければ単純な軽いマッサージにしかなっていません。

リンパの流れと老廃物

逆に何も原因がなくてリンパの働きを悪くなっていたら大変なことが起きている可能性がありますので何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありません。
肩こりというのは筋肉が凝りや緊張や筋肉疲労を起こしてこりになっていくわけですけど背骨がズレて緊張したり緩んだりすることで肩こりになっていきますが背骨がずれたりするのも姿勢が悪かったりするとズレるということもないしねこれでも背骨がズレたりすることはありません。
姿勢でズレたりしたら中枢神経系を背骨を守っていますので守ることができなくなってしまいます。

背骨がズレたりするのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張を加えられることで疲れやストレスが生み出されていきますので生み出された疲れやストレスが体の弱い部分に溜まっていきます。

弱い部分に疲れやストレスがたまる

人の体には弱い部分とそうでもない部分というのが存在していますので、そうでもない部分は何も症状につながることもなく先将来につながることはありませんが弱い部分というのはそういうわけにはいかないんです。
弱い部分に疲れやストレスがたまる 体は歪みやズレを起こしていきます。

疲れやストレスがたまるところというのは弱い部分にたまると説明しましたが体には何があるのかということを消去法で考えると体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなるそうです。

つまり体重の半分以上6割から7割が水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液であったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水だったりというのが6割から7割あるということですけど水に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので、あと残った中間を取って35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあります。

筋肉のコリと問題

体には何がある?

35 km の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中で疲れやストレスを一番食べやすい所というのは筋肉にも貯まりますが筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが弱い内臓なんです。
誰でも年齢層の内臓もあれば弱い内臓もありますので弱い内臓が色々な症状を起こしていきます。
胃の痛みが起こりやすい可愛いが弱いわけです。
生理痛や生理不順が起きやすい方や便秘が起きやすい方は該当する内臓が弱いから起こりやすい理由です。

弱い部分には多くの作りやストレスですが溜まっていきますので疲れやストレスを置くためこんな弱い部分というのは細胞を変化させながら時々痛みやコリになっていきますので痛みやコリになった部分というのは内臓が起こしています。

背骨のズレと肩こり

特に背骨のズレというのは内臓に直結していますので肩の部分では心臓の部分が弱った時には肩の部分が背骨のズレを起こし肩こりになる場合もありますし腰痛であれば弱い腎臓に疲れやすですが溜まった時に腰痛を起こしていきます。

しかし内臓と言っても病気というわけではありませんので何でもかんでも直結に内臓の病気と疑うことなく内臓に疲れやストレスがたまるということで色々な症状が起こります。
最近の肩こりの方は筋肉だけを揉んだり背骨を矯正すればいいというものでもなく内臓の働きを改善すればいいというわけではないぐらいこじらせている方が多くいます。

内臓が弱れば全て背骨のズレとして起きています。
肩こりになってしまうと 内臓が全て関係しています。

2018年12月07日