小顔矯正

小顔矯正で顔を小さくして小顔になる為には、何をしますか。
変顔なんかして顔を動かしたりしても顔が小さくなるかもわかりません。
顔に何かを巻いて圧迫しても顔が小さくなることがあるかも分かりません。

小顔矯正とは

小顔矯正とは

口の中に何かを入れて口を動かしたりすることでも顔が小さくなることもあります。
顔を無理やり押さえつけて小顔矯正をしても顔が小さくなることがあるかも分かりません。
自分でも顔をマッサージしたりして顔が小さくなることがあるかも分かりません。

しかし小顔矯正というのは単純にそれだけではありません。
多くの方が小顔矯正をする時に失敗しているのが単純に顔だけを小さくすればいいというわけで治療していることです。
小顔矯正をして顔を小さくするためには何をしたら顔が小さくなるのかどういう風にしたら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけません。

顔を小さくするとは

何も考えずに顔を小さくすることはできませんし何も考えていない方ほど顔を無理やり押さえつけたり頭を押さえつけたりして小顔矯正をしている場合がありますからそういうものではありません。

小顔矯正をする時には、痛くもないポキポキもしない小顔矯正をしています。
小顔矯正の方を院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞いていますが多くの方が同じ答えを返してきますので同じ答えというのは体調はいいですとか調子は悪くありませんと簡単に答えていますが、 痛みやコリがないからと言って

体調が良いとは限らないということです。

多くの方が勘違いしていますが痛みやこりがないからといって体調が良いとは限りませんし生理痛は生理不順があるだけでも体調の悪さを表している場合がありますし便秘で便通が悪くなっているときも体調の悪さで便が出ないということもあります。

疲れやストレスがたまる

色々な症状が起きる時には体調と体質が関係していますので生理痛や生理不順が起きやすい体質または便秘が起こりやすい体質というのがありますから返しつの弱さ悪さがある方が体調を落としていると余計に便秘がひどくなったり生理痛がひどくなったり生理不順がひどくなります。

小顔矯正をしていく時には顔だけではなく体の状態も検査しなければいけませんので体の状態が悪い方や調子を落としている方や体調を落としている方ほど維持することができませんし持続力なんかはあるわけはありません。
体調が悪い肩ほど顔のむくみや脂肪が多くなっています。

体調が悪いから浮腫み、脂肪が多くなる

調子を落としている方ほど顔のむくみや顔の脂肪が多くなっています。

体調を落としていると顔の変形が起きたりすることもあります。
体調というのは意味不明な言葉でもありますので痛みやこりがないからといって体調が良いとは限りませんのでどれほど疲れやストレスが溜まっているのかで体調の段階が決まっていきます。

体調というのも段階がありますので軽いものから中程度のものから重症程度のものからひどすぎるものからもっと酷いものから色々な状態がありますが最近は僕の方が体調を落としている場合がありますので後半の程度のものが多く見受けられますが感じていない方が多くいます。

当院では検査することをしていますので検査をしてみると単純に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったりすると体調が悪いということが伺えます。

歪みやズレ

そして背骨がズレが大きくあったり椎間板ヘルニアで起きていたりすると体調の悪さになっています。

体調の悪さというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどを加えられることや睡眠負債状態でどんどん多くなっていき生み出されていくものが体に蓄積していきます。
体に蓄積していくものというのは疲れやストレスが一番のダメージにつながっていきます。

しかも

疲れやストレスが溜まっていない方は一人もいません。

生活している限り運動している限り仕事をしている限り多く生み出されていくのが疲れやすトレスです。

疲れやストレスというのは一番厄介なものなんですが簡単に減ることもなくマッサージをしても減ることはありませんし疲れやストレスというのは溜まるところがあるから、たまっていくわけですけどたまるのは弱い部分に溜まっていきます。

疲れやストレスというのは弱い部分に溜まるという風に説明しましたが弱い部分が筋肉であれば筋肉にもたまりますが、 例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg 出て来るそうですから体重の半分以上どころか6割から7割が水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水が出てきます。

水をに疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので、あと残った部分に疲れやストレスがたまるところがあるわけです。

疲れやストレスの蓄積

あと残ったところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にもたまりながら筋肉よりも最大に多く溜まっていくのが内臓なんです。

しかし多くの方が内蔵と言ってしまうと病気というの関係付けてしまいますが病気と言っているわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まっていくということですから病気と言ってるわけではありませんので勘違いしないでください。
疲れやストレスが多くとまって行くと顔が大きく肥大していきます。
疲れやストレスが多くなっていくと脂肪やむくみが多くなります。

弱い部分にたまる疲れやストレス

疲れやストレスが多くを体に溜まっていくと顔全体が大きくなります。
小顔矯正をして行く時には大脳の問題もかなり深く関係しますので頭蓋骨矯正というわけではありませんが小顔矯正というのは頭蓋骨の一部を小さくしていくことなんです。

たまる疲れやストレス

頭蓋骨というのは総商ですから頭にあるもの全てが頭蓋骨になりますので顔の部分も頭蓋骨の一部ですから化学コツや上顎骨や頬骨や前頭骨というのは頭蓋骨の一部になります。
頭蓋骨の前面の部分つまり前側の顔の部分を小さくしていくのが小顔矯正ですから顔だけ小さくしてしまうと頭でっかちになり頭が大きく張った状態で宇宙人みたいになってしまいます。

小顔矯正をしていく時には顔だけ小さくすることではなく頭全体を小さくしなければ顔が小さくなることはありませんので当院では顔だけ小さくすることをもしていますが大脳も元気にしていくためには頭を小さくするということをしなければいけませんが頭にも疲れやストレスが多く溜まっているということですから頭というのは大脳なんです。

体にたまる疲れやストレス

大脳に多くの疲れやストレスが溜まっていくと顔の部分にむくみが脂肪が多くなっていき顔の変形が起きたり目の下のクマができたり顔色が悪くなったり肌のツヤがなくなったりするのは当然です。
体調が悪くなったり体に疲れやストレスが多くとまっているとお化粧のノリが悪くなったり肌がパサパサになっていきます。

小顔矯正をして行く時には顔だけ小さくすればいいというわけではなく総合的な体の体調や調子の悪さを解消していかなければ維持することができませんし持続力はありません。
当院では小顔矯正をする前に自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の大きさや幅などを覚えてもらうことをしていますが単純に手を当てただけでは顔の大きさを把握することはできませんので感じようとしなければ小さくなっても小さくなったということがわからないという方がいます。

体も整える事もしないと

小顔矯正をして行く時には顔が小さくなったのか分からなければ意味ありませんので鏡で見て顔の左右を比べてもらいます。
顔というのは左右が同じではありませんので必ず顔の左右の違いが出ています。
例えばですけど右側が全体的に大きいとか左側はホホ骨の部分だけが出っ張っているとかいう感じがあると思います。
鏡に自分の顔を映して顔の左右を比べてみてください。
比べたのがわかったら今度は目を閉じて手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってみてください。

単純に触っただけではわかりませんので左右を比べてみてください。
左右を比べたときに鏡で見たと同じように感じるかどうかということです。

顔の左右差

顔を触って大きさを覚える

人の手というのは、まやかしと同じような状態で謝ってしまうことがありますので左右が違うように感じてしまいます。
鏡で見た顔の左右差と手で触った左右さが違うという風に感じてしまうことがあるということなんです。
それほど手の感覚神経だけで触るということは難しいですから簡単に触ってしまったかたほど顔が小さくなったらも、わからないという方がいます。

顔が小さくなったにも関わらず分からないという方は手の感覚神経と大脳を働かせることができていませんので大脳の感覚神経をめいっぱい働かせて感じようとしてみてください。
睡眠負債状態が大きくあると感じようとする力が減退してしまいますので感じることができないでただ手を当てているだけになってしまっています。

顔の左右差

顔が小さくなったにも関わらず分からないという方は重要な問題を潜んでいますので体を治していくことを考えた方がいいと思いますが小顔矯正どころではない可能性もあります。

当院では必ず全員に対して顔を触って覚えてもらうことをして小さくなったのがしっかりわかるようにしていますが手で触って顔の小ささがわかれば笑顔が違います。

スタッフがメジャーや計測する機械で測ったりすることはありませんので自分で感じ取ることを重要視しています。
重要視できるのは顔が小さくなるからです。
顔が小さくならなければスタッフがメジャーで計測する機械で測っています。
ごまかすことができないのが自分で触った手の感覚です。

そのためしっかりと触ることをしてください。

いい加減に触ったかたほど小さくなったとかわかりません。

小顔矯正をして行く時には頭蓋骨を小さくしていくわけですから簡単な方法ではないので美容的な小顔矯正では意味がありません。

触り方
2018年12月07日