腰痛になるのは

腰痛を楽にしていこうと思うなら湿布を貼ったりしてもマッサージをしても低周波治療器などをかけても楽になることはありますが、そんなことばかりしていると原因も残ったままになっていますので原因がいつまでも同じままではいられません。

疲れやストレスと腰痛

体に何かの異常が起きる時には原因が常に存在していますので原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みだけを楽にすることの治療が多くありますので湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などをかけたりすることや病院に行って注射などを打ったりすることは対症療法の一つですから原因を改善しているわけではありません。

腰痛になる時は、どうして起きる?

腰痛は腰の痛みが起きる時にはどうして起きるのかと言うと重たい物を持ったりすることや体をひねったりすることや運動でも起きてしまいますし何かを取ろうとして手を伸ばした瞬間に腰を痛めてしまったり前かがみになることで腰が痛くなったり車の運転をしていると腰が痛くなったりと色々なことで起きてしまいますので中にはくしゃみをしただけで 腰痛になってしまう方もいるくらいです。

布団やベッドなどに寝ることでも柔らかすぎたりすると腰が痛くなるということがよく聞くと思いますので低反発を買ったり高反発を買ったりという色々な工夫が必要だと思います。
腰痛が起きてしまう時には必ず原因があると説明したように原因とは多くの場合骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある時に腰が痛くなる場合が多くありますので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるときに重たい物を持ったりすると体を支えることができなくなりますしバランスが悪くなりますので腰を痛めてしまう原因になってしまいます。

骨盤に問題がある時に痛くなる

腰痛は腰の痛みと言うと骨盤のトラブルがあるときに重たい物を持ったり前屈みをしたり同じ姿勢をしたりすることで痛みになってしまうことが多いようです。

もし同じような事をしても痛くない時もあるのは骨盤のトラブルが少ない時です。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのもいつも変化していますので大きく変化してしまうこともあれば歪みやズレが少し良くなる方向に行くこともあります。

しかしある限界を超えてしまうとも取りにくくなってしまい長期間悪くなるのが腰痛です。

腰痛と内臓

慢性化するのは

長期間悪い方ほど椎間板ヘルニアに進行したり坐骨神経痛に進歩したりということが起きてしまいますので足のしびれや足の痛みを伴っていることがあります。

腰痛が進行してしまったものが椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアというのは骨と骨の間にある軟骨が飛び出てきたり膨らんだりすることが椎間板ヘルニアということなんですが椎間板ヘルニアと言うと手術しなければ治らないということをよく聞きますが、そんなことはありません。
腰痛は腰の痛みを改善していくためには一番関係しているものはストレスの蓄積です。

ストレスの蓄積

ストレスというのは疲れが多くなったものが体に溜まり疲労に変化していき疲労が蓄積した状態をストレスと言いますので蓄積疲労のことをストレスと言います。
普通一般的には体に溜まってしまったストレスのことを言う場合がありますので体に溜まったストレスが多くなると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで起きてしまいます。
骨盤の問題が起きた時に集合しよう下に同じ姿勢をしたり重たい物を持ったりすることでバランスが悪くなり体を支えることができないと腰が痛くなります。

ストレスがたまると痛みになる

ストレスというのは蓄積した疲れが大きくなったものが疲労になり疲労からストレスになったものです。
ストレスというのは体の弱い部分にたまる傾向がありますので腰の部分が弱い方が腰痛になってしまいます。
腰が弱くない方はどんなにストレスをためても腰痛になることはありません。

腰痛になる時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていることなんですがどうして歪みやひらきや擦れが起きるのかという原因がありますので原因も改善していかなければいけませんがストレスというのは弱い部分にたまる傾向があると説明したように弱い部分の部分というのはどこなのかということなんです。
弱い部分というのは腰の部分であれば関節もあれば背骨も骨盤もありますし皮膚も筋肉も人体もありますからどこなのかということです。

どこにたまるストレス

例えば体というのは100 kg の方が入るとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65 kg になりますので半分以上は水分で構成されているということなんですが水分にストレスがたまるということはないと思いますので後残った35 km の中にストレスがたまるところが存在しています。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。

この中でストレスをためやすい所というのは筋肉と内臓ということになりますが内臓と聞くと多くの方が病気というのを連想してしまいますが病気と言ってるわけではなく内臓にもストレスがたまるということがあるんです。
内臓にストレスが溜まると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきますが特に便秘の方が下痢を起こしやすい方や生理痛や生理不順起こしやすい方又は膀胱炎を繰り返し安い方などは骨盤の中に入っている内臓にストレスが溜まったことが原因で起きていますので女性の多くは便秘の方が多くいますので骨盤の問題が必ずあると思います。

歪みやズレと疲れやストレス
2019年01月15日