肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりになっている筋肉から柔らかくすることをして肩こりの原因を見つけていく解消法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
肩こりを改善

肩こり

肩こりと言うと筋肉のコリなので、どうして筋肉のコリが起きたのか?と言う理由があります。この理由があるから肩こりになっていますから、なんの理由で肩こりになっているのか、と言うことを見つけていく必要があります。

肩こりには肩こりになる原因があるから肩こりになっていると言う事です。

この肩こりになっている原因や理由は専門家の先生も説明できなし知れない方が多く知らなければ解消もできません。

知れない方が姿勢が悪いとか、猫背で肩こりになっているとか、ストレートネックで肩こりになっているとか説明していますが、本当にそうでしょうか??

では、どうして猫背になるのか??という事もあります。猫背になるのも理由があるから猫背になります。

姿勢が悪いのも、姿勢が悪くなる理由があるから姿勢が悪くなっています。

色々な症状には、すべて理由があります。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージが強いので、その筋肉は僧帽筋という筋肉です。この僧帽筋が何かの原因でコリを起こしたり、緊張したり固くなることが原因で肩こりになります。

筋肉がトラブルと

リンパの流れも悪くなって老廃物が多くたまっていきます。

血流も停滞気味になります。

神経の流れも悪くなります。

手の指まで栄養が行きません。

肩こりと言っても色々なことが起こります。

体調の低下

多くの肩こりの方は体調が落ちて起きていることが多いようです。体調と言うのは測る検査機械はありませんから、自分で判断するしかありません。

その自分で判断することができる感覚神経のマヒが多くなっています。

感覚神経のマヒは睡眠負債から起きています。

睡眠負債と言うのは寝ているつもりでも眠りが浅い方に多く起きる現象です。

睡眠負債が多いと脳疲労が強く起こります。

脳疲労が強く起きてしまうとエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンというホルモンが脳の中に充満して体調がわからなくなります。

このエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンは脳内麻薬ですから、痛みやこりに鈍感になることがわかっています。

エンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンはモルヒネに似たホルモンなので痛みやこりがわからなくなります。

痛みやこりがわからなくなると体調が落ちていても分かりませんし限界を超えたものしか感じません。

つまり体調が悪くて肩こりだけが限界を超えていると言う事です。

眠りが浅いのに体調が良い訳はありません。

体調が悪いとストレスも多くたまって肩こりになります。

体調が悪いと歪みやズレが大きく肩こりになります。

調子が落ちていると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあり肩こりになります。

調子が悪いと内臓の働き低下して肩こりになります。

調子が悪いとリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまり肩こりになります。

体調が悪いと筋肉に栄養を運ぶ循環ができなくなり肩こりになります。

体調が悪いと筋肉のリンパの流れが停滞して肩こりになります。

基本は体調なんですが体調は自力で上げるしか上がりませんが、一度、睡眠負債で脳の力が落ちてしまうと自力で上がることができません。

体調が上がるのは脳の力であり内臓の力で体調を上げることができます。

体調の低下

当院では体調の検査ができますから、体調が良いのか、悪いのか、と言うことを判断できます。

初めての方は体調が良い訳ありませんから、体調が悪くてもどのくらい体調が悪いのか、と言う事になります。

体調も段階があります。

体調は落とせば限界なく落とすことができるからです。

体調が落ちすぎている方が多くなっていても、悪い方ほど、それを感じなくなっているからです。

体調が悪い方ほど、来院した時に「体調が良いと思っていました」と言います。これだけひどく背骨の歪みやズレがあるのに体調が良い訳ありません、と思うことも多くあります。

体調が落ちていると首の部分や肩の背骨で歪みやズレがあります。

この背骨や首の骨の歪みやズレが肩こりになっていっています。

肩こりを楽にする

肩こりを楽にすることと肩こりを直すことは意味が全然違います。

肩こりを楽にする方法は、マッサージしたり、注射を打っても、薬でも肩こりが楽になるかも知れません。

また、湿布を貼っても、低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になったように感じますが、本当に肩こりがよくなったかというと違います。

肩こりを楽にすることは楽にすること、肩こりを直す為には、肩こりの原因から追及して見つけていくことが必要です。

しかし肩こりには最終的な理由があります。

それは先将来の病気との関係です。

病気なると言っている訳ではありませんが、進行の速さが関係していきますが、肩こりの方は多くは心臓や、肺、胃、肝臓の病気になっています。

本当は、これが肩こりの原因です。

なる内臓は弱い内臓ですから、弱い所に長年かけながらストレスがたまっていくと老化が促進されますから、促進されると病気に近づきます。

完成したら病院で検査すると陽性反応がでて病名が付きます。

しかし、なっている途中では検査しても分かりません。

異常なし、つまり健康です。

時々にしろ、息が吸いにくい、一瞬の動悸、不整脈、手首の痛み、トイレが近いなどは心臓の問題を示しています。

病気なる前に、病気ならないように当院では、考えています。

肩こりには肩こりの原因が

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを原因から解消することをしています。

当院の肩こり解消法は北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、若松区 肩こり、下関市 肩こり、行橋市 肩こりなどのキーワードで検査すると上位に表示されています。

2017年08月05日