ブログ一覧

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを解消するならコリを楽にしたら肩こりがどうして起きたのか見つけ出すことも大切です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こりとは

肩こりとは

肩こりが起きている方の検査をしていますが肩こりを強く感じている時には、いつも同じように肩こりを感じているのかと言うとそうでもなく、時間により肩こりを感じない時もあれば、何かに集中している時には肩こりを感じなかったりしています。

肩こりになっている方も24時間、肩こりを感じる方はいません。つまり変化があると言う事です。何が変化しているのか、と言うと体調です。体調と言うのは常に変化しています。良くなったり悪くなったり変化しています。

特に体調の変化が良い時から落ちていく時に肩こりを強く感じています。逆に体調が悪い時から、さらに落ちていく時もあります。体調の落ち方には限界はありません。ここまでしか落ちないと言う事はありません。

限界なく落とすことができるのが体調です。

体調が落ちる

では体調が落ちると言う事はどんなことで落ちていくのか。体調が落ちる時には毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが生まれていきます。

疲れやストレスが多くなるのは、掃除する事でも多くなるし、洗濯ものを干す時でも多くなるし、買い物をする時でも多くなるし、運動する時でも多くなるし、ストレッチすることでも多くなるし、旅行にいく事でも多くなるし、温泉に入ることでも多くなるし、テレビを見ているだけでも多くなるし、映画を見ている時でも多くなる疲れやストレスです。

またおいしい焼肉を食べる事でも、アルコールを飲むことでも、ある部分が働いてくれているから分解や消化をすることをしてくれます。

体を動かすことでも疲れやストレスが多くなります。食べることでも疲れやストレスが多くなります。

この2つの疲れやストレスがある部分に多くたまっていきます。

疲れやストレスがたまる部分

疲れやストレスがたまる部分と言うのは例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体重の半分以上が水分です。水分に疲れやストレスがたまることはないと思うので、あと残った35キロの中に原因があります。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経の大脳、脳幹、脊髄も内臓の一部ですから、内臓と筋肉に多くの疲れやストレスがたまります。

しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

筋肉よりも体の奥にあるのが内臓です。

筋肉は体の表面層に多くありますから肋骨の内側にあるのは横隔膜と大腰筋、腸骨筋と言う筋肉です。

特に筋肉にも疲れやストレスがたまりますが、内臓が毎日、毎日、働いてくれていますから、内臓が働くことで生きていますから、寝てる間も夕食で食べたものを消化したりしています。

人は食べたことで終わりますが、内臓はそれからが仕事です。所化したり分解したりします。それがどれだけ負担になっているかもわからずに。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。

例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。疲れが溜まったら焼肉を食べたりウナギを食べたりケーキを食べたり脂分やアルコールを飲んだりすることでも疲れやストレスが多くなります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、運動、筋トレ、ジョキング、旅行、買い物で多くなるもの疲れやストレスです。

肩こりとは

肩こりが起きる時には筋肉のコリとして起きていますからコリと言うのは筋肉の緊張のことや筋肉疲労がコリになります。コリが起きるとリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。

何も原因がなくてリンパの働きが悪くなることはありません。

何かが起きているからリンパの流れが阻害されて老廃物が多くたまっていきます。

疲れやストレスは体のあらゆる部分にたまっていきます。実は筋肉と内臓だけではありません。予想もしない部分にたまると言う事も分かっています。

筋肉疲労から肩こり

確かに筋肉にも多くの疲れやストレスがたまっていきます。毎日の生活や掃除や洗濯、車の運転、仕事をする、重いものを持つ、スマホを扱う事、手枕で寝ていること などで多くの疲れやストレスが筋肉にもたまります。

筋肉に疲れやストレスがたまると筋肉は次第に疲れやストレスをためやすくなり筋肉疲労を起こしていきます。

この筋肉疲労が肩こりになりますが、筋肉疲労が長くあると筋肉も同じままでは居られません。

つまり筋肉も老化していきます。つまり固くなると言う事が起きていきます。筋肉が固くなると言う事は老化したものがありますから揉んでも湿布を貼ったりしても低周波治療器や電器をしても柔らかくなることはありません。

筋肉が老化すると言う事は細胞の変化が起こりますから、みずみずしい細胞から干からびた細胞になることです。

肩こりになる筋肉は僧帽筋と言う筋肉が主ですから、僧帽筋も硬くなっていきます。

筋肉が硬くなったものは揉んでも柔らかくなることはありません。唯一、柔らかくすることができるのは体質改善の施術でのみです。

筋肉は骨に引っ付いている

筋肉は骨から骨へ引っ付いています。筋肉が緊張したりする時には骨がズレて動いた時が多くあります。骨が何かの原因でズレを起こしていくと筋肉は引っ張られたり緊張したりしてコリを起こしていきます。

しかし骨がズレているのが検査する事ができない専門家の先生が正確な検査もしていないこともあります。

検査は一つずつですが筋肉のコリがあるのか、検査する事をしています。最近はコリと言うよりもコリを超えて筋肉が炎症やハレを起こしている方もいます。

コリよりも程度がヒドイのが炎症です。炎症よりもヒドイがハレです。さらにヒドイのがタダレです。タダレが起きていると筋肉がブヨブヨしている方もいます。

ヒドイ筋肉ほど回復させるのに回数がかかります。

背骨のズレから肩こり

しかし背骨のズレがどうして起きるのか、原因があるから起きている訳です。何も原因がなくて背骨のズレが起きることはありません。

背骨のズレが起きる原因が内臓の疲労と関係があります。

肩の部分になる背骨のズレがあると筋肉は引っ張られたりしています。

背骨のズレが起きるのは内臓の疲れやストレスが原因ですから筋肉のコリを解消して背骨のズレを整えて内臓の疲労を見つけ出す事をしないと肩こりは良くなりません。

体質改善と肩こり

しかし内臓には弱い内臓とそうでもない内臓hがあります。弱い内臓ほど疲れやストレスをためやすくなります。疲れやストレスをためてしまうと背骨のズレになります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にするなら原因から解消すること。

2018年07月19日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉でカイロプラクティックならその痛みやコリが楽になることもあります。痛みやコリは歪みやズレから起きています。小倉南区と小倉北区からも30年になるカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

小倉でカイロプラクティックなら

カイロプラクティックと言うのはアメリカの発祥の骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する施術です。カイロプラクティックと言うのは手の技術、つまり手技と言う意味があります。

手の技で体を矯正する事をして歪みやズレを解消していくのがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックと言うのは腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、首の痛み、首のこり、膝の痛み、頭痛、頭の痛み、偏頭痛、膝の痛み、股関節の痛み、更年期障害、自律神経失調症、猫背矯正、姿勢矯正、小顔矯正、骨盤矯正などをしていくのがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックで対象になるのは色々ありますが、多くの症状の改善と解消ができます。

何かの痛みやコリに関わらずあらゆる症状は歪みやズレから起きています。しかも単純に歪みやズレだけではありません。

多くのカイロプラクティック院では単純な歪みやズレだけを矯正する事をしています。他のカイロプラクティック院で多少の違いはありますが、電気をかけてボキボキして違う電気をかけると言う感じだと思います。

酸素カプセルも一時、流行しましたが、どうして酸素なのかと言うことがわかっていません。確かに芸能人が走った時に酸素を吸っていることがテレビで見ますが、一時的なことをしているだけです。酸素カプセルから出たら、ドンドン落ちていきます。基本は体です。

何をしても体が基本で考えて下さい。

当院では検査する事をしています。病院のように病気の検査ではありません。病院で行う検査は病気の検査です。血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などは病気として完成したものか、完成まじかのものが数値などで異常を示すことで出ます。

カイロプラクティックで扱うものは病気ではありません。

また痛みには、確かに病気の時も痛みがあります。その場合は病院で検査してみることも必要です。

検査しても数値の異常があまりなく治療の必要がない時や原因が不明な時にカイロプラクティックの施術をしてみると楽になることもあります。

体を楽にすることと、直すことは違います。

楽にすることは楽にする事であり対症療法と言います。対症療法は原因なんか関係ありません。痛みやコリには原因がありますが、原因を見つけることは簡単ではありませんから楽にすることをして直したと言っています。

痛みやコリの原因を見つけることなく楽にしてばかりいると原因もいつまでも同じままではありません。つまり進行していきます。進行した物は病気として起きることもあります。

人の体は弱い部分とそうでもない部分があります。そうでもない部分は痛みやコリにはなりにくく関係がありませんが、弱い部分は疲れやストレスをためやすく、疲れやストレスを多くためていくと細胞の変化が進行していきます。細胞の変化したものが病気です。つまり弱い部分は関節であろうと内臓であろうと老化していきます。老化した関節が症状を起せば膝の痛みになります。老化した内臓が症状を起せば病気になります。

しかし今すぐではありません。今は未病です。病気にあらずです。病気ではありませんから何かの不調を感じて検査しても異常が見つかりません。

健康な細胞から病気の細胞に変化する為には1年や2年ではなく10年くらいかかって変化していきます。

今もスタートを切っているから痛みやコリなどの症状になっています。

スタートを切る前でしたら何も症状は起こりません。と言うか体全体がスタートを切っています。つまり色々な部分が進行途中と言う事です。

弱い部分は進行が早くなります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体をギュウーと絞れば体重の半分異常が水分です。水分には疲れやストレスがたまるという事はありません。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で自分の体の弱い部分に疲れやストレスがたまりやすくなります。

弱い部分が関節であれば関節が痛くなります。この場合は関節と言うよりも筋肉、じん帯ですね。

痛みやコリになるのは

痛みやコリになるのは自分の体の弱い部分に疲れやストレスがたまることが原因で歪みやズレになります。骨盤の歪み、骨盤のズレは腎臓に関係して起きています。つまり腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスをためてしまうと筋肉に関係する大腰筋、腸骨筋の筋肉のバランスが悪くなって骨盤が歪みや開きが起こります。

歪みや開きが起きれば骨盤は不安定になりますから、不安定な時に重いものを持ったりすると体を支えることができません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるから体を保持することができない姿勢をすると痛くなります。これが腰痛、腰の痛みです。

肩こりでも筋肉の使い過ぎで筋肉疲労が起きていきます。筋肉疲労が起きると筋肉は緊張したり固く(一時的に)なります。

筋肉が固くなるとリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまっていき循環が悪くなります。これが肩こりなんですが。

さらに悪化させると筋肉だけではすまなくなって背骨のズレから起きる肩こりになります。筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから骨がズレて動くことで筋肉は引っ張られていきます。

骨がズレて筋肉が引っ張られることで起きる肩こりが起こります。

ということは肩こりと言っても2つの肩こりがあると言う事ですね。

2つの肩こり

①筋肉疲労から起きる肩こり

②背骨のズレから起きる肩こり

 

①の肩こりは湿布を貼ったりしても楽になる肩こりです。ドルックストアで売っている肩こりを解消すると言うサプリメント、医薬部外品でも楽になる肩こりですね。普通は筋肉の疲労から起きる肩こりも体が正常であれば筋肉のコリを解消するホルモンがでて解消しているハズなんですが。何かの問題が起きていて解消できないのかも知れません。多くの場合は体調の低下で正常に働くことができない場合が多くあります。

体調の低下が起きると体は悲鳴を上げているような感じになりますから大変な状況が起きていることもあります。それを単純な肩こりとして処理して良いのかと言う事もあります。

肩こりが起きる時には肩の部分だけが悪い訳ではありません。

体全体が落ちています。

 

②の肩こりは背骨のズレから起きている肩こりですから、筋肉をほぐすだけでは楽になりません。背骨のズレから起きる肩こりは背骨の中には中枢神経がありますから猫背や姿勢で歪んだりすることはありません。

猫背や姿勢で歪みやズレを起こしたりすると脊髄を守ることができません。

先ほども説明したように内臓に疲れやストレスがたまって蓄積された内臓疲労が歪みやズレの原因ですから内臓の疲労から減らすことしないと内臓も正常に働きません。

毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレスを減らすことは簡単なようで簡単ではありません。

疲れやストレスはマッサージしても気持ちよさはありますが、それでは減りません。

低周波治療器や電器をしても気持ち良さはありますが、それでは減りません。

サプリメント、医薬部外品を飲んでも疲れやストレスを減らすことができるのはないと思います。

一番、難しいのが疲れやストレスを減らす事であり、内臓疲労を減らす事です。

疲れやストレスを減らす事ができるのは、たった一つです。疲れやストレスを自力で減らす事ができるのは寝ている時だけです。

睡眠障害とカイロプラクティック

最近は多くの方が睡眠負債になっています。自分でも気が付いていないことが多くあるのが睡眠障害です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠です。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。

脳が寝ていることを寝ていると言います。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしているか寝ているからわからないと思います。

睡眠障害と言うのは取り返しができません。

睡眠障害が進行してしまうと脳細胞が急激な減少をしていきます。

脳細胞の減少は止まりません。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

睡眠負債は目が覚めません。

寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠です。

 

小倉南区と小倉北区でカイロプラクティックで歪みやズレを矯正すると痛みやコリが楽になります。小倉で30年のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年07月06日

整体

  • はてなブックマークに追加
  • 整体とは読んで字のことく体を整えていくことが整体です、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、などは歪みから起きています。北九州市小倉南区と小倉北区で人気があるカイロプラクティック徳力整体院
整体

整体とは

整体とは歪みやズレから起きる腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、頭痛、頭の痛み、偏頭痛、背中の痛み、背中のハリ、背中が重いなどを解消するのが整体です。多くの症状、体調の悪さなどは体の歪みやズレから起きています。

逆にあらゆる症状は骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。骨盤の歪み・背骨のズレがなくて痛みやコリ、体の不調を起こすことはありません。

風邪を引いても背骨がズレて行きます。風邪を引いた時には背骨の7番目か3番目がズレています。風邪から回復していくと背骨のズレは減少していきます。

インフルエンザになっても背骨の7番目と3番目の背骨のズレが起きています。

7番目の背骨は免疫に関係する部分です。つまり免疫力低下の時には必ず7番目の背骨のズレは起こります。

背骨の3番目は肺に関係する部分ですから肺まで風邪やインフルエンザの症状が達すると背骨のズレが起こります。

食中毒でも背骨の5番目がズレを起こすます。

一過性の症状でも背骨のズレになります。

腰痛、腰の痛みでも必ず骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。

歪みやズレは

歪みやズレが起きるから体調の悪さと何かの症状を感じることができます。もし体調の悪さが感じなければ病気になっても感じません。

痛みやコリとは体が体の状態を教えてくれる唯一の方法です。危ないことを知らせてくれるのが痛みやコリとして感じさせてくれます。

体には何かの不調、痛みやコリが起きた時には2通りのものがあります。

一つは病気です。

病気かなと思ったら病院で検査する事をしないといけません。病院の検査は血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などです。これらが陽性反応をしめして数値が異常になると、もう病気になっていますから病名がついて投薬か手術と言う感じか入院となります。

当院では病気を治療していませんから病気であれば病院でという事になります。

もう一つは病気ではない状態で起きる痛みやコリです。当院では病気ではない体を施術することができます。病院にいって検査したけど異常がなかったと言う方も多く来院していますので当院、独自の検査をして見つけることをしています。

体に起きるあらゆる症状は歪みやズレから起きています。唯一、歪みやズレがないのは虫歯、外傷、傷だけです。

歪みやズレが起きるのは体にたまっていく有るものが原因です。特別なモノではなく日常であるものです。

歪みやズレを起こするのは疲れやストレスです。

疲れやストレスから歪みやズレに

この疲れやストレスがどこに溜まるのか、と言うことが問題なんです。誰でも疲れやストレスはたまると言うことは知っていますが、どこにたまるのか、と言うことがわかっていません。

疲れやストレスはたまる所があるからたまっています。

疲れやストレスが多くたまる所は例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。つまり体重の半分以上は、水分になります。水が疲れやストレスをためるかと言うとないと思います。あとは35キロのうち骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ、あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら多くは内臓に蓄積していきますが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。

例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

これらも内臓の働きですから内臓が働くと疲れやストレスも多くなります。

しかも生活したり仕事をしたり運動をしたりジョキングをしたりすることでも多くなります。

この両方から疲れやストレスが多く内臓にたまっていきます。

これが歪みやズレになる腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、になります。

睡眠負債と整体

痛みやコリを楽にしていく為には睡眠負債も大事な要素になります。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

多くの方が目が覚めないから寝ていると思っています。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。脳が休養を取って寝ていることが眠りです。脳が休養を持っていない限りは眠れていません。

夢を見る事よりも、さらに浅い睡眠があります。その睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

この睡眠は多くなると脳が弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリを感じなくなります。感じないから体調は良いと思うかも知れません。

脳が弱ると脳内麻薬が分泌されていきます。脳内麻薬はモルヒネにみたホルモンですから痛みやコリを感じません。限界まで悪くしてもモルヒネが聞いていますからあまり全部の悪さを感じとることができません。

そうするとハイテンションになります。

ハイテンションになると眠れていないのに朝からすぐに動けます。疲れ知らずで動けるし運動できます。どれだけ負担になっているかもわからずに。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。睡眠負債は違います。

一番、怖いのが睡眠負債です。

睡眠負債になると大脳が弱る所ではなく脳細胞の急激な減少になります。

始めは物忘れから始まり、うっかりが多くなります。イライラしやすくなるのも特徴です。

整体とは

整体とは普通は他の整体院では骨盤の歪み・背骨のズレの矯正だけです。裏側にあるものは関係ありません。しかし歪みやズレの原因は内臓疲労です。内臓が疲労しているから歪みやズレになっています。

整体では骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言う訳ではありません。

体、全体的なものが深く関係しています。

歪みやズレを整体で

 

 

 

小倉南区と小倉北区で整体ならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年07月02日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正で人気がある30年の経験がある専門の先生が骨盤矯正をしている北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤矯正をする時には、どうすれば骨盤が小さくなるのか、と言う事と、小さくなっても維持すること、持続力があるのか、と言うことが気になりますよね。

維持することや持続させることは骨盤矯正を受ける方に左右されます。骨盤矯正をして小さくなった骨盤を維持することができるのかは、体を検査すればわかりますが、多くの方は小さくなった骨盤を維持する力はありません。

骨盤矯正をして骨盤を小さくしても維持することは簡単ではありませんが骨盤を小さくしても維持できないのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債に原因があるからです。

当院では初回から骨盤を小さくしていくことができますが、1回目は骨盤を小さくすることに専念していきます。そのため骨盤矯正に訪れているわけですから他は一応、あとで整えて行くようにしています。

骨盤矯正をしていく時に一番、骨盤矯正にとって邪魔なものは疲れやストレスと睡眠負債なんです。

この2つが多くあると骨盤矯正をしても戻りが大きくあります。

疲れやストレス、睡眠負債が多くなると骨盤矯正をしたあとダルクなります。これは揉み返しではありませんが体力の低下で骨盤が変わる方に体力を取られるためです。そのためダルクなります。

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積した所から疲れやストレスを減らすことが優先になります。疲れやストレスはどこと構わずに蓄積しています。

疲れやストレスが体にたまると言う事がわかっている方はいますが、それがどこにたまるのか、と言うことがわかっていません。骨盤矯正をする時に疲れやストレスが多くある方と少ない方では大きな差があります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ、あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。中枢神経も内臓の一つです。

つまり疲れやストレスは内臓と筋肉に多くたまっています。疲れやストレスが多く蓄積してもたまっていることに気が付いていない方がいます。

疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪み、骨盤の開きが大きくなります。骨盤矯正をしていく時には基本は骨盤の歪みや開きを整えることが基本ですが、それだけではダメです。

多くの骨盤矯正をしている治療院が骨盤だけをして効果がなかったと言う感じになっています。確かに骨盤の歪みや開きを整える事でも骨盤は小さくなることもあります。

しかし骨盤が小さくなっても、その中にある内臓はどうなるのでしょう。

骨盤矯正をして骨盤が小さくなったら骨盤が内臓を圧迫してしまいます。骨盤が内臓を押すことになります。

今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

骨盤の歪みが大きくある方、骨盤の開きが大きくある方、背骨がズレてガタガタの方などは体調が落ちています。

検査してみるとわかりますが疲れやストレスの蓄積が大きくて体調が悪いのに感じていない方が増えています。これは睡眠負債が原因です。

体調が落ちているから骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

体調が落ちているから浮腫みが多くなります。

調子が悪いから脂肪が多くなり太ります。

体調が悪いから顔も大きくなります。

睡眠負債と骨盤矯正

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りというのは大脳が寝ていることを言います。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし夢は短時間で見ています。夢は数秒だったり、数分です。長く夢を見ていたと思っても数秒です。

夜に寝たらすぐに眠れて寝ながら考え事をしている睡眠を長くして目が覚める瞬間に夢を見ます。目が覚める前に夢を見ることをしている為、夢しか記憶に残りません。

睡眠負債は大脳を弱らせていきます。大脳が弱ると脳内ホルモンの麻薬物質が多く分泌されます。麻薬物質はモルヒネに似た痛み止めですから体調の悪さも感じません。

自分がどんな状態になっているかもわからなくなります。

そうすると眠りが浅いのにハイテンションになります。ハイテンション状態はイライラしたり頭がボーとするなどの症状を起こしたり、記憶の問題を起こすこともあります。

うっかりが多くなったり、物忘れが増えていきます。会話ができなくなります。

睡眠負債が多くなると脳細胞の数が急激な減少を招いていきます。

車の運転でもブレーキとアクセルを間違えやすくなります。

睡眠負債は多くの方にあります。

睡眠負債があると大変なことになります。内臓の負担が大きくあるのに感じなければ何もわかりません。

最悪は寝ながら考え事をしている睡眠です。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行くときにはマッサージをするような感じで骨盤矯正をしていきます。しかしマッサージではありません。マッサージをして揉んでいるだけで骨盤が小さくなることはないと思います。

しかし当院では、そういう骨盤矯正をしています。

誰が見てもマッサージをしているようにしか見えませんがマッサージではありません。

30年以上の経験があるからできる特殊な骨盤矯正をしています。

もちろん低周波治療器や電器を使うことはしていません。

手の技術力のみで骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正をする時には骨盤の幅を比べることができるようにしています。

他人がメジャーで測るとキツク測ったり、ゆるく測ったり位置が違ったと言う感じになりますから。

自分の手で幅を触ってもらう事をしていますが簡単なようで簡単ではありません。

簡単だと思って触った方ほど小さくなっても分からないと言う事になります。

骨盤矯正と言っても10センチも20センチも変わりません。

骨盤矯正で変わるのは計測していないからわかりませんが、手で触ってわかる程度です。

例えば1センチ変わっても分かるようにして下さい。

骨盤矯正の触り方は骨盤のヨコに手を当てる事だけなんですが、ただ手を当てただけでは変化はわかりません。

感じようとして下さい。感じようとする時に左右差を感じようとすると手だけではなく大脳の感覚神経が働きます。

これが感じようとすることです。

ですから、何も考えることなく手を当てても分かりません。

骨盤の横に手を当てたら感じようとして触って下さい。

骨盤矯正で小さくなる

 

体質改善で骨盤矯正

当院では骨盤矯正をするときに体質改善という方法があります。体質改善は初回からできることはありません。体質改善は持続性が向上します。体質改善は別名アンチエイジング、若返りの方法ですが1回で終わることはありません。

体の中から直していく方法です。

当院の骨盤矯正は骨盤だけではなくスタイル全般に変化を与えることができます。

体が引き締まる骨盤矯正です。

ウエストが細く引き締まる骨盤矯正です。

それだけではありません。

 

 

 

 

小倉骨盤矯正ならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年06月27日

ダイエット

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉でダイエットするなら体から整えることで細くなる引き締まる体重計よりも見た目から変える事をしている北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
ダイエット

ダイエットするなら

ダイエットするなら体から整えていくことをしませんか。多くのダイエット方がありますが基本的なことをしていません。何よりも体を細くすることをしていくのがダイエットですから体重計のメモリばかり気にしていないで家族や友人から見て「最近、細くなってきたね」と言われることをしています。

ダイエットする時にはどうしても体重計ばかり気にして500グラム減ったとか、1キロ減ったとか言いますけど基本的なことはおざなりです。

体重計ばかり気にしているとストレスになります。ダイエットする時にはストレスが一番の浮腫みを多くしてしまいます。

ダイエットする時には体に蓄積したものを減らす事から始めないと効果は出ません。

ダイエットをするなら色々ないいと言う方法がありますが。多くのダイエット法は基本的なことを考えていません。

当院のダイエットは基本的なことから解消して体を整えることで体重よりも見た目を大切にしていきます。

何よりも人から見て細く見えるようにしていきます。

その為には体から整えていく事をしないと効果は出ません。

運動、筋トレ、ジョキングなどは

運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチでも痩せることはありますが、かなりしないと効果は出ません。2~3か月してやっと痩せてくる感じですね。痩せることは簡単ではありません。太るのは簡単ですが。

運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチしても痩せると言うよりも脂肪が燃焼すると言う感じですね。脂肪が燃焼して減る代わりに多くなるものがあります。

ダイエットする時に一番、邪魔なものです。

運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチすればするほど浮腫みが多くなるからです。それは原因があります。運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチをすると、どうしても疲れやストレスがたまっていきます。疲れやストレスがたまるとリンパの流れが悪くなります。そして老廃物が多く蓄積していきます。これが浮腫みになります。

毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスがたまります。それ以上に、運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチをすると疲れやストレスが多くなるばかりです。

運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチして痩せたとしても骨ばって痩せても意味ありませんしキレイに見えません。

運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチをして筋肉質になることもありますから筋肉質になっていくと、どうかと思います。

痩せることと運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチすることは逆のような感じがします。確かに運動すると脂肪は燃焼しやすくなります。脂肪は燃焼しても続けないと効果が落ちるばかりではなく体の疲労をためてしまいます。

運動したり筋トレしたりジョキングしたりストレッチすることでも疲れやストレスは多くなります。

日常の生活でも疲れやストレスは多くなっています。

両方から積み重なっていく疲れやストレスが太りと体を悪くしてしまいます。

疲れやストレスが体にたまると、浮腫みと脂肪が多くなります。

これは誰でも起こります。

またあるものがたまると浮腫み、太りやすくなります。

睡眠負債とダイエット

ダイエットする時には眠れていることが基本でもあります。眠りと言っても、ただ寝ているだけではダメです。

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。

多くの方が眠りを勘違いしています。

眠りとは目が覚めなければ寝ているとは言えません。

眠りとは大脳が休養を取って脳自体が眠りにつくことです。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

睡眠負債が多くあると寝ているようで眠れていませんから脳が弱っていきます。大脳が弱ると脳に疲れやストレスがたまっていきます。脳に疲れやストレスがたまるとハイテンションになります。

ハイテンションになると痛みやコリも感じなくなります。どんなに歪みやズレが起きていても痛みやコリを感じません。ハイテンションになると元気だと勘違いしています。

ハイテンションになると眠れていないのに朝から元気です。疲れ知らずで動けます。疲れを感じても回復が早いと思います。

しかし色々な部分に負担が起きています。

一番の負担は心臓で起こりますが、時々、胸苦しいとか息苦しいとか、心臓のあたりで一瞬、チクッと痛むことがあるとか症状を感じていなければいけないものがハイテンションで感じなくなっています。

だから元気だと思っています。

その割には生理痛、便秘、目の下のクマで目に見えて出ています。こんな状態では痩せることはありません。

ダイエットと内臓

ダイエットするなら便秘の解消も大切ですが便秘だけではありません。ダイエットするなら疲れやストレスのたまった部分を減らす事をしないといけませんが疲れやストレスのたまる所は例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

疲れやストレスは内臓にたまっていきますが、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

体の基本は内臓です。内臓が元気に働いてくれるから生きています。内臓に疲れやストレスがたまると代謝も悪くなります。

代謝が悪くなると浮腫みやすくなります。

ダイエットとは

ダイエットをする時には疲れやストレスの蓄積が内臓にたまっていることが原因で浮腫み、脂肪が多くなります。

ダイエットをする時には睡眠負債が多くなると脳疲労が起きて痛みやコリも感じなくなりますから体調が悪くなっても感じません。例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしている

睡眠負債とダイエット

 

 

 

小倉ダイエットするなら体から整えていく事ができるダイエットをしています。

2018年06月21日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で小顔矯正をするならボキボキしない痛くないで初回から顔が小さくなる矯正で人気がある30年の経験から北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正

小顔矯正とは

当院では特徴がある小顔矯正をしています。小顔矯正をする時には、当然、ボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしています。本当に小顔矯正をする時にはボキボキもしない顔を無理やり押さえつけたりすることもなく顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は院長の手の技術のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしてます。院長の手の技術力のみで顔を小さくしていく事をしています。手の技術力ですから低周波治療器や電器などは一切、使いません。

当院の小顔矯正は、小顔矯正に入る前に顔を自分で触って大きさや幅をおぼえてもらうようにして小顔矯正に入ります。

しかしスタッフがメジャーで測ることは簡単にできますが、他人が測ると小顔矯正をする前は、きつく測って、小顔矯正をした後は緩くはかることもできます。あとは測る位置がちがったりと言う事もあります。

しかし自分の手で触っておくと、違いが分かりやすく嘘がありません。しかし手で触ると言うことは簡単なようで大変、難しくわかりにくいようです。

小顔矯正といっても10センチも20センチも小さくなることはありません。小顔矯正で変わるのは1センチだったり、2センチだったり、3センチだったりと言う感じです。

ですから1センチ、顔が小さくなっても分かるように触っておぼえておいて欲しいんです。

小顔矯正の触り方は院長から説明しますから、その通りに触るだけです。

小顔矯正の触り方は

小顔矯正の顔の触り方は、

①両方の手を手首の所で合わせます。

②手首を合わせたらアゴの部分に当てます。

③アゴの部分に当てたら手のヒラと指を顔に密着させます。浮いた部分はわかりませんので、できるだけ浮かさないようにして下さい。

④顔に手のヒラと指を密着させたら、次は左右差を感じます。

これだけです。

4番目の左右差を感じようとしないと小さくなっても分かりません。1センチ小さくなっても分かるようにして下さい。そのため、目を閉じて左右差を感じようとして集中すると脳が働きだしますから、脳の感覚神経が働くとしっかりとわかりやすくなります。

この触り方を2度、練習します。

1度目は小顔矯正に入る前にデスク越しに、もう一度は小顔矯正に入る直前にベットに上向きに寝てもらって院長と一緒に触ります。触る時に左右差を感じようとしないとわかりません。しかしあることが起きていると脳の感覚神経がうまく働きません。あることと言うのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をして行くときに一番、小顔矯正の障害になるものがあります。一つは疲れやストレスの蓄積です。毎日、毎日の生活、仕事、先進的な緊張、プレッシャー、抑圧などで疲れやストレスがたまります。この疲れやストレスが、どこにたまるのか、ということが小顔矯正に関係しています。

疲れた~とかストレスがたまった、と簡単に言いますが、この疲れやストレスはたまる所があるからたまる訳です。それがどこにたまるのか、と言う事です。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓です。

つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきますが、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

疲れやストレス

疲れやストレスが内臓にたまっていくと、骨盤の歪み・背骨のズレに必ずなります。

疲れやストレスがない方はいません、疲れやストレスがわかっていない方は多くいます。

疲れやストレスは簡単なことでたまっていきます。運動することでも疲れやストレスが多くなります。

疲れやストレスが内臓に多く蓄積していくと背骨のズレが起こります。例えばアルコールを飲みすぎて肝臓に疲れやストレスがたまると背骨の8番目はズレを起こします。回復すると背骨のズレはなくなります。しかし回復できないと背骨のズレが徐々に大きくなっていきます。悪化したものが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは特別なモノではありません。誰でも起きる事です。

アルコールを飲みすぎないでも肝臓に毎日の生活、仕事、精神的なプレッシャーで疲れやストレスがたまります。特に弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまりますから、たまると背骨の8番目の背骨のズレになります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。そう内臓の仕事なんですが、内臓も働いてくれていますから内臓が働くことで疲れやストレスが生まれてしまいます。

運動しても疲れやストレスが多くなりますから、脂肪は数か月で減りだすかも知れませんが、浮腫みは多くなります。この浮腫みは疲れやストレスがたまるからです。

人の体は何をしても疲れやストレスが多くなります。

小顔矯正と睡眠負債

小顔矯正をする時には、もう一つ問題があります。最近、多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債と言うのは脳から寝ていないことです。

眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。脳が休養を取って寝ている事を言います。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

 

小顔矯正とは

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正をするならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年06月11日

整体

  • はてなブックマークに追加
  • 整体と言うのは痛みやコリの原因になる歪みやズレを痛くない整体で体を整えていくことで痛みやコリを楽にする方法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
整体

整体とは

整体とは読んで字のことく体を整えていく事です。痛みやコリが起きる時には必ず歪みやズレが起きています。歪みやズレがないのに腰痛、腰の痛み、肩こりなどは起こりません。

体に起きる色々な不調は歪みやズレから起きていますが、どうして歪みやズレが起きるのか、理由があります。何も原因がないのに歪みやズレは起こりません。しかも姿勢が悪くても歪みやズレは起こりません。猫背でも歪みやズレは起こりません。姿勢悪くても猫背も原因があるから起きています。ですから姿勢や猫背で歪みやズレが起きることはありません。

急に重たいものを持っても歪みやズレは起こりません。

横すわりをしても歪みやズレは起こりません。

車の運転を長くしても歪みやズレは起こりません。

合わない靴や新品の靴を履いて歩いても歪みやズレは起こりません。

畑仕事で座ってしている時に立とうとして歪みやズレが起きることはありません。

歪みやズレが起きるのは原因があります。

クシャミをして歪みやズレが起きたり骨が外れることもありません。

運動して骨が歪みやズレを起こすことはありません。

そんなに簡単に歪みやズレが起きたら中枢神経を守れません。背骨の中には脊髄が入って背骨が守っています。骨が歪みやズレを起こすことで少なからず脊髄も影響を受けます。

脊髄は大脳につながるものですから簡単に背骨が歪みやズレを起こしていたら大変です。姿勢や猫背や運動で歪みやズレが起きていたら生きていけません。

歪みやズレと整体

歪みやズレが起きる原因は日常であるものが原因ですから特別なモノではありません。日々の生活で、仕事で多くなっていくものが原因です。

毎日の生活で多くなるものとは疲れやストレスです。疲れやストレスがたまっていない方はいません。疲れやストレスをわかっていない方はいます。

疲れやストレスが多くたまると体は補正の為に歪みやズレになります。

人は生活したり仕事をしたり運動や筋トレや食事することも疲れやストレスを増やしています。

食事でも増えると言うと例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。食事も噛むことも疲れやストレスが多くなります。アゴが疲れると言う事です。

食べたものを飲み込むときもノドを通る時も仕事です。胃で消化することも胃の仕事です。

仕事をする時には疲れやストレスがどこでも多くなります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり疲れやストレスは内臓にたまりますが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

背骨と痛みやコリ

毎日の生活する事でも、仕事する事でも疲れやストレスは多くなるばかりです。しかも疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。

内臓も食事で働くことで疲れやストレスが多くなります。

生活して体を動かすことことでも疲れやストレスは多くなります。

この両方からの疲れやストレスが多くなります。それが内臓にたまります。たまると歪みになります。

胃が疲れると背骨の胸椎5番目が歪みを起こします。

肝臓が疲れると背骨の胸椎8番目のズレになります。

心臓が疲れると背骨の胸椎の1番目と2番目がズレます。

背骨のズレと内臓には関係があります。

整体とは
内臓に疲れが起きると痛みやコリに

内臓に疲れやストレスがたまって多くなると歪みやズレになります。もちろん筋肉にも疲れやストレスはたまりますが。この歪みやズレを矯正して整えていくのが整体です。

整体と言うのは普通はボキボキしたりする矯正をしますが、当院ではボキボキすることはしていません。低周波治療器や電器も使う事はしていません。多くの整体院では低周波治療器や電器をしていますが、当院でも昔は低周波治療器や電器をつかっていました。

しかし今では低周波治療器や電器は使うことなく手の技術力で体を整ていきます。

特に低周波治療器は低電流の電気で筋肉を刺激して散らしているだけです。痛みやコリを散らしているだけですから直している訳ではありません。

整体とは体を直すこと

整体というのはマッサージでもありません。検査することをして骨盤の歪み・背骨のズレを見つけていきます。

検査できない整体院もあります。

ボキボキしている整体院もあります

ボキボキしても

整体と言うのは

ボキボキしているのは気泡を弾けさせているだけです。手の指をボキボキすることと同じです。手の指をボキボキして矯正したと思う方はいません。

ボキボキしない整体で歪みやズレが起きた部分を矯正して整えていきませんか。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから整体で体の歪みを整えていく事をしています。

2018年06月05日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で腰痛をらくにしたら腰痛、腰の痛みの原因から変えていきます。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛を楽にする

腰痛腰の痛みを楽にしていくなら腰痛には原因がありますから、一時押えも大切ですが、腰の痛みを楽にすることも優先ですが、楽になったら先の治療があります。先の治療をする前に、まずは腰の痛みを楽にすること。何よりも痛みがあるままでは先に進めることができませんから、どうして腰が痛いのか、どこから腰痛が起きているのか、などを見つけることをしています。

何も検査もしないで腰痛を楽にする方法もあります。その方法のことを対症療法と言います。対症療法と言う治療法は原因なんかは関係なくすることができる方法です。その方法とはドラックストアで売っているもので昔からあります。

それは●湿布を貼ったりする方法です。腰痛、腰の痛みが起きた時に湿布を貼ったりしても楽になることはあります。インドメタシンと言うスースーする薬剤などや何かのエキスが入っていることもありますから湿布を貼ったりして良くなる程度でしたら収まっていきますが、収まるのは原因ではなく痛みだけです。

急性状態の腰痛、腰の痛みは痛みが軽い場合は楽になることもあります。しかし湿布を貼ったりしても変わらない場合もあります。それは炎症やハレが強すぎるか他の原因があるからです。湿布を貼ったりして収まるのは炎症、ハレの程度が軽いものです。痛みが強くても炎症やハレの程度が軽い場合です。

湿布を貼ると言うことは炎症やハレを解消することが目的です。それ以上ものに対しては効果はありません。しかも腰痛と言うと原因があると説明しましたから、原因は湿布を貼ったりしても変わりません。強い腰の痛みが収まっても、起こした原因はあります。

ただ痛みを押さえれば良いと言う一番の方法です。

腰痛、腰の痛みを楽にするなら

また●ドラックストアで売っている腰痛、腰の痛みに効果があると言うサプリメント、医薬部外品でも腰痛、腰の痛みに効果があります。効果があるから売っている訳ですから。

確かにサプリメント、医薬部外品でも服用することで痛みが楽になります。サプリメント、医薬部外品の中には痛みに効果がある薬剤が入っているからです。しかしなんでもかんでもサプリメント、医薬部外品を飲んで効果があると言う訳ではなく栄養やミネラル、何かのエキスなどの効果と痛み止めだと思います。サプリメント、医薬部外品を飲んでも腰痛、腰の痛みの原因は相変わらずあります。

しかしサプリメント、医薬部外品を飲むことでも腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。しかしいつまでも腰痛、腰の痛みの原因をそのまま置いておくと進行もします。こじらせて出てくるか、形を違えて出てきます。

腰痛、腰の痛みには原因があります。

●マッサージでも腰痛、腰の痛みは楽になります。マッサージは筋肉に対して揉み解していく方法ですから筋肉から起きている腰痛、腰の痛みは楽になります。筋肉から起きている腰痛は筋肉が炎症やハレを起こしている時には有効な方法です。しかし腰痛、腰の痛みは筋肉から起きていることもありますが、今まで30年間、腰痛、腰の痛みの治療をしてきて筋肉だけでおきている腰痛を知りません。確かに筋肉を揉んだりほぐすことでも腰痛、腰の痛みは楽になります。

しかし腰痛、腰の痛みの原因は残ったままになっています。原因を残していても痛みにはなりません。しかし慢性化した状態になったり、長く腰の痛みを感じるようになったり、腰が痛くない時でも水面下で原因は進行していきます。

●低周波治療器や電器でも腰痛、腰の痛みが楽になります。整骨院や整体院、カイロプラクティック院でも低周波治療器や電器を使っていますが腰痛、腰の痛みがある部分に15分くらい電気をかけます。特に低周波治療器は多くの治療院で使っていますからプラス端子からマイナス端子へ低電流の電気を流して筋肉を刺激します。筋肉を刺激するとリンパの流れが良くなって老廃物が流れて循環が良くなります。

しかし低周波治療器をすると余計に筋肉疲労が多くなります。当院でも昔は低周波治療器や電器を使っていました。ある時に低周波治療器や電器を研究する事をしてみると低周波治療器や電器の意味が良くわかりました。

低周波治療器や電器をすればするほど筋肉は硬くなっていきます。筋肉に対して刺激することを多くしていると筋肉は老化して固くなっていきます。低周波治療器や電器は痛みやコリを散らしているだけです。腰痛、腰の痛みの原因なんか関係なく検査する事もなく、ただ低周波治療器や電器をあてるだけです。

多く当てれば当てるほど筋肉は徐々に固くなっていきます。筋肉が硬くなったものは揉んでも一時的にしか柔らかくなりません。老化した筋肉ですから、なにをしても変える事ができません。腰痛、腰の痛みには原因がありますから原因から見つけて解消しないと原因もいつまでも同じままではありません。

保険が効く所と効かない所

腰痛、腰の痛みの治療には保険が効く治療院と効かない所があります。保険が効く所は、病院、マッサージ、鍼灸、指圧、整骨院です。保険が効いて安いですね。保険が効くと言うことは他の方が支払っているから割安になります。あとで保険を請求していますから。人が支払っているから安い金額で利用できます。

保険が効かないのは整体、カイロプラクティックは保険が効きません。国が医療として認めないと保険は日本中、どこに行っても保険は効きません。それは骨盤の歪み・背骨のズレでは保険請求ができないからです。

しかし保険が効く医療があるのに、どうして保険が効かない所があるのか、と言うことを考えて下さいそれなりの効果があるからあるわけだと思います。

保険がきく治療院は保険が効くから安くて済みますが、当院のような保険が効かない所は保険が効く所と違って結構、勉強している先生が多くいます。勉強してない方はしていませんが。

いつもセミナーに行くと常連の先生ばかりの顔を見ることができます。一概には言えませんが個人の意見としてカイロプラクティックをしている先生は真面目な方は一生懸命、勉強を怠りません。

検査する技術と治療する技術を当院でも磨いて保険が効く治療院との差を上げるようにしています。その為には検査ができないと治療しても何となく良くなっても、と言う事もあります。

正確にどこから痛みやコリが起きているのか、痛みやコリを感じている所が原因なのか、と言う事も必要です。それを考えずに施術しているのが保険の効く治療院です。

痛みやコリには必ず原因があります。低周波治療器や電器などで痛みやコリを散らすことは簡単ですが。低周波治療器や電器は直している訳ではありません。検査する事もなく、ただマッサージしたり、揉んだりすることや低周波治療器や電器を当てるばかりです。

原因何かは検査する事もできません、病院の検査の血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。病気になったらわかります。病気ではない痛みやコリが多くあります。それは病院ではわかりません。

痛みやコリは骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。痛みやコリがある時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

腰痛、腰の痛みは

腰痛、腰の痛みの原因は骨盤の歪み・背骨のズレなんですが、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、さらに原因があります。

腰痛、腰の痛みの原因は毎日にの生活、仕事、睡眠負債などで疲れやストレスがたまります。疲れやストレスは同じ言葉ですから疲れが蓄積したらストレスといいますから、ストレスで説明していきます。

何をしてもストレスが多くなります。運動しても筋トレしても仕事をしても寝不足でもストレスが多くなります。これが体にたまっていきます。

しかも体のどこにたまるのか、です。ストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまりストレスは内臓に蓄積していき体の内部から崩れて来て骨盤の歪み・背骨のズレになります。

姿勢で骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。猫背でも骨盤の歪み・背骨のズレにはなりません。

背骨は中枢神経を守っているものですから、簡単に歪んだりズレたりすることはありません。しかし内部から崩れてくると持ちません。

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛、腰の痛みになる骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因はある内臓にたまったストレスが原因です。ある内臓とは腎臓です。人の内臓には弱い内臓とそうでもない内臓があります。

弱い内臓ほどストレスがたまりやすくなります。

腎臓にストレスがたまると腎臓に関係する大腰筋、腸骨筋に影響がでて骨盤のバランスが崩れていきます。つまり骨盤が不安定になりますから不安定状態の時に重いものを持ったり中腰、同じ姿勢、前かがみ、クシャミでも腰痛、腰の痛みになります。

これが腰痛の起きるメカニズムです。

しかし最近はさらに睡眠負債が重なって起きています。睡眠負債は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。睡眠とは目が覚めないから寝ていることではありません。脳から寝ると言う事です。脳が休養を取って寝ることをしないと寝ているとは言えません。

脳から寝ていないと脳が弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリも限界まで感じません。インフルエンザになっている方も隠れインフルエンザで感じません。

脳が元気だからインフルエンザウィルスが増力して高熱を上げてくれます。

脳が元気だから限界になる前に腰痛、腰の痛みを起こしてくれます。

誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

最悪な睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

腰痛、腰の痛みとは

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は腰痛腰の痛みを楽にしています。

2018年05月31日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを楽にするなら筋肉のコリから解消したら、そこで終わりではなく、そこから原因を見つけ出すことhが重要です、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりとは

肩こりとは、どうして肩こりになるのか、と言うことを知らないで、ただ肩こりだけを楽にしようとしても肩こり解消をしようとしても、その時には楽になるかも知れませんが、肩こりを感じなくなっても原因は残ったままになっています。

肩こりと言うのは筋肉で起きていますが、毎日、毎日の生活、仕事で多く腕や肩や指を使っています。この使うことが原因で筋肉は疲れをためていきます。

肩こりのコリとは筋肉が疲労したことを言いますから筋肉が疲労すると筋肉が緊張を起したりすることでリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまっていきます。これが循環が悪くなることになります。何も原因がなくてリンパの流れが悪くなることはありません。何かが起きているからリンパの流れに影響を出しています。

ですからリンパの流れを解消することは軽いマッサージと同じです。あることから改善していかないと意味ありません。

肩こりが起きている方、肩こりになりやすい方、肩こりを繰り返す方などは原因があります。

毎日、毎日、腕や肩を気が付いていないこともありますが多く使っています。と言うか使わないでは何もできません。

足よりも多く使う事があるのが腕や肩です。

バックを下げることも肩を意識して上げておかないと持つことができません。重さに関わらず肩には負担になります。

スマホの動作も肩や腕には負担です。筋肉疲労が起きやすくなります。

キーボードを打つことも肩こりになります。

車の運転でハンドルを維持することも力が入っていますので肩こりになります。

鉛筆やボールペンでものを書く時も腕や肩に力が入りますから肩こりになります。

買い物をして指や手で持つことも肩こりになります。

洋裁、和裁などの細かいもの意をする時も肩こりになります。

料理を作る時も腕や肩に力が入りますから肩こりになります。

野菜を切る時も筋肉を使いますから肩こりになります。

掃除をする時も筋肉を動かしますから肩こりになります。

日常的に肩こりになることが多くあります。

肩こりとは

肩こりとは筋肉のコリが原因ですが筋肉のコリとは筋肉疲労ですから特別なことをしなくても筋トレをしなくても運動をしなくてもたまります。

運動しても筋トレしても筋肉は鍛えられますが疲労が多くなります。

肩こりには一時的にコリを起こすものと、永久的に変わることがないコリがあります。

筋肉疲労が積み重なっていくと筋肉も徐々にですが固くなります。この固くなるということは一時的な硬さではなく永久的な硬さです。永久的に固くなった筋肉は柔らかくなることはありません。いくらマッサージしたりストレッチしたりしても一時的にほぐれるだけです。また10分、20分くらいで元に戻ります。

筋肉の永久的な硬さと言うのは老化です。筋肉が老化したものが揉めば柔らかくなるかと言うとなりません。マッサージしても筋肉の老化は柔らかくなりません。

しかし筋肉が硬くなりすぎると神経がマヒして肩こりを感じなくなりますコリを感じる神経も筋肉の周辺にありますから筋肉だけで固くなると言う事はありません。筋肉が固くなる時には神経と血管、リンパ管が固くなります。

神経や血管が固くなると血行不良、握力低下、手のコワバリ、指のコワバリなどとして起こります。

血流も悪くなるし神経も流れが悪くなりますから、当然として起こる結果です。

肩こりと言うのは楽にする事ばかりしていると行く行くは血行不良、神経の問題になる可能性があると言う事です。

肩こりも筋肉だけを言えば、ここまで多く関係しています。

対症療法ばかりしていると

肩こりを良くするためには対症療法という施術があります。対症療法は楽にする方法です。肩こりを楽にする方法が一般的に用いられている肩こり解消法です。

しかし肩こりを楽にすることと、肩こりを直していく事は違います。

対症療法とは普通、一般的に多く使われているのは湿布を貼ったりすることです。

●湿布を貼ったりして薬剤の鎮痛効果で楽になる肩こりでしたら楽になると思いますが、肩こりを直している訳ではありません。肩こりを直す為には検査して原因を見つけることから始めないと肩こりは良くなりません。

●サプリメントを飲んでもドラックストアで売っていますから飲んでみると肩こりが楽になることもあるかも知れません。栄養やミネラル、何かのエキスなどが入っていることで肩こりが緩和させるかもしれません。しかしサプリメントで肩こりが緩和されるものでしたら肩こりは良くなります。

●鍼灸さんでも針やお灸で肩こりを楽にすることはできるかも知れません。

●指圧でも肩こりは楽にすることはできます。

●低周波治療器や電器でも肩こりは楽にすることはできます。

しかし

肩こりを楽にする対症療法と肩こりの原因を見つけ出していくこととは違いが大きくあります。

当院ではマッサージとかではありませんので、そのときだけの肩こりをよくすれば良いと言う訳ではありません。

当院では体を直していく治療院です。

肩こりを直していく

肩こりを直していくことは1回では無理です。1回で肩こりは楽にすることはできるかも知れません。しかし何度も言いますが肩こりを楽にすることばかりしていると肩こりになっている原因もいつまでも同じままではありません。

原因は肩こりを感じていない時も進行途中だからです。

年齢が増しているのに原因が変わらないと言う事はありません。

肩こりになるには肩こりの原因があります。

それを見つけていく為には検査して見つけていきますが、当院の検査は病院で行う検査とは違います。病院の検査は

血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などですが、これは病気の検査です。病気になればわかる検査ですが、健康な細胞から一気に病気の細胞になることはありません。

検査してわかるのは1つずつです。1つが解消されると次の2番目がわかります。病院のけんさのようにすべてが一度でわかることはありません。

総合的には体調の状態も判断していきます。体調が良いのか、悪いのか、です。

肩こりがある時には当然、体調は落ちています。肩こりが軽い時は少しだけ体調が良い時です。

しかし最近は多くの方が体調が悪く、奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

初回から院長が体調が良いと思う方がいますが、あることが起きていると、そう思うようになります。

睡眠負債

睡眠負債と言うのがあります。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。この方は自分でも気が付かないで脳が弱っていますから痛みやコリ、体調を感じなくなります。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしているのか。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

眠りとは脳から寝ている事を言います。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。

 

 

肩こりとは

小倉近郊の北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にする為に。

2018年05月29日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティックは痛みやコリの原因は歪みやズレにあることに注目して矯正したり整えたりすることで痛みやコリを楽にしていく方法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力
ボキボキしない

カイロプラクティックと言うのは

カイロプラクティックと言うのは手の技で体を整える事をしていくのがカイロプラクティックです。つまり手の技術力で痛みやコリの原因になる歪みやズレを整えることができる唯一の方法です。しかし骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言う訳ではありません。どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのか、と言うことを考えないと骨盤の歪み・背骨のズレだけを矯正しても効果が落ちていきます。骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因があります。

普通のカイロプラクティック院では骨盤の歪み・背骨のズレの矯正だけをしたり、低周波治療器や電器、マッサージをしたりしています。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのか、ということまで考えて矯正していません。何事も起きている原因があります。この原因から改善することをしています。それが当院のカイロプラクティックの施術になります。

カイロプラクティックの施術院に行かれると多少、違いがありますがボキボキする前にマッサージをしたり、体を揉んだりしています。ボキボキした後に低周波治療器や電器をします。

当院でも昔は低周波治療器や電器を使っていました。でも今は低周波治療器や電器を当てる意味を研究してからは低周波治療器や電器は身体によくないと言うことがわかりましたから低周波治療器や電器は使っていません。

そのため低周波治療器や電器で誤魔化すことなく痛みやコリを散らすことなく手の技術力を向上させる努力をしてきました。

今でも向上させている途中ですが、体を直すことは簡単ではありません。病院では注射を打ったり、薬を服用させたり、手術したりしていますが、注射を打ったりすることなく、薬を服用させることもなく手術したりすることもなく改善を目指しています。

痛みやコリなどの症状には原因があります。

この原因を直すことは湿布を貼ったりしてもできません。薬を飲んでも原因を直すことはできません。注射を打っても原因を直すことはしていません。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとはボキボキしたりして骨盤の歪み・背骨のズレの矯正をすることをしています。では、どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのか、骨盤の歪み・背骨のズレがあるから痛みやコリになります。

痛みやコリの原因になる骨盤の歪み・背骨のズレがどこから起きているのか、と言う事ですが、専門家の先生も姿勢が悪いとか、猫背があるとかしか言いません。急に重たいものを持ったから、だとか。

では、どうして猫背になって姿勢が悪くなっているのか、これが猫背が普通なのか??

人は毎日の生活、仕事で疲れやストレスが蓄積していきます。疲れやストレスがない生活はありません。誰でも多くの疲れやストレスに見舞われています。

しかし疲れやストレスを減らすことができるのは唯一、寝ている時だけです。寝ているとは脳から寝ていないと寝ていません。脳が休養を取って寝ていることが眠りです。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。脳がねることが眠りです。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

脳から寝ることができない睡眠があります。この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。寝ながら考え事をしている睡眠は体調が奈落の底のような体調、ドン底のような体調になります。というのは寝ながら考え事をしている睡眠は脳を弱らせていきます。脳が弱ってくると脳は寝ているようで眠れなくなります。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

しかし最近の不眠症は寝ながら考え事をしている睡眠になって目が覚めないから寝ていると思っています。単純に見た目で見て目が覚めていないからスースー寝息を立てているから。いびきをかいているから、と見た目で見て寝ていると思うでしょうが、違います。

脳から寝ていないと脳が弱っていき、疲れやストレスを減らす事ができないで、さらに疲れやストレスが積み重なっていきます。眠りが浅くて脳が弱ると脳細胞の急激な減少を招いていきます。

脳が弱ると痛みやコリがマヒする方もいます。つまり骨盤の歪み・背骨のズレがあって痛みやコリになっていても感じません。感じない方は限界まで悪くして目いっぱい悪くなって、やっと痛みやコリになります。そのときには、痛みやコリの原因は進んでいます。

痛みやコリの原因は

痛みやコリの原因は例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、それだけではなく内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓にたまる疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。内臓にたまる疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレになり痛みやコリになります。

これを放置しておくと、さらに細胞の変化が起こりますから細胞の変化が病気として進行することも多くあります。痛みやコリと病気は無関係ではありません。しかし例えば健康な細胞から1年、2年くらいで病気の細胞になることはありません。

病気になっていくためには10年以上かかります。内臓によっては20年かかります。もう進行途中だから痛みやコリになります。スタートを切っているから痛みやコリになります。しかし今は、まだ病気ではありません。未病です。いまだ病気にあらずです。

痛みやコリと病気の関係

低周波治療器や電器ばかりして楽にしていると病気の進行が速くなります。低周波治療器や電器は体を疲れさせるので進行が速くなります。

睡眠負債、寝不足をすると、その時はいいかも知れませんが、あとから返済を迫られるものは大変、大きなものになります。内臓の病気としてや精神的な病気として返済を迫られることもあります。つまりなる可能性が高くなると言う事です。

頑張ったものは後から返すことを迫られます。

下のイラストは背骨と内臓の関係です。例えば今、病気の方は内臓に関係する部分がズレています。

肝臓病でしたら胸椎の8番目、透析中でしたら胸椎の11番目、12番目です。

カイロプラクティックは骨盤の歪み・背骨のズレ
カイロプラクティックとは

自分の生まれつき弱い内臓があります。これは家系的に弱い内臓ですから親の遺伝子が関係しています。だから生まれつき弱く弱いまま生まれてきます。

弱いまま生まれて1日目から老化が始まります。赤ちゃんのころから老化が急速に起こります。

生まれつき弱いのは内臓が主です。

●親・総父母が糖尿を持っていれば、子供はアレルギー、アトピーになる可能性が高くなります。つまり膵臓が生まれつき弱くて背骨の6番目がズレていますが、この段階では痛みやコリもありません。体質的な背骨のズレは痛みやコリを持ちません。

●親、祖父母などが肝臓の病気をもっていれば子供は肝臓が弱く生まれています。これが原因で花粉症、アレルギー、膝の痛み、外反母趾になりやすくなります。

●親、祖父母が腰痛になっていれば先将来は腎臓の病気の可能性がありますから、子供も腰痛、腰の痛みになりやすくなります。あとは何時なるのかどれくらい老化するのか、だけです。

 

体質的な背骨のズレがある部分は体を疲れさせると余計に背骨のズレが大きくなって痛みやコリになります。体質的な背骨のズレがある部分は疲れやストレスをためると骨盤の歪み・背骨のズレになりやすくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレになると痛みやコリになります。

これがカイロプラクティックをしている先生、専門家の研究者も知らない現実です。

痛みやコリが起きる原因は体質にあります。体質と言うのは老化です。内臓の病気になっていなくても歳以上に、進行したものが痛みやコリの原因になりますが、病気ではありません。

体質的な弱さの内臓が進行したのが病気です。

最近は年齢が若い方ほど、内臓を触れる部分を触ると固くなっています。つまり内臓年齢が高くなっています。20代の方が70代の内臓の硬さをしていることも多くなっています。固さだけで言えばですけど。固いからと言って内臓の病気の数値が高くなるとは限りません。

 

 

内臓と痛みやコリ

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティックで歪みを矯正して整えていく事で痛みやコリを楽にしていく方法です。

2018年05月24日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で骨盤矯正をするなら初回から骨盤が小さくなると人気がある小尻矯正をしている30年になるカイロプラクティック徳力整体院。
骨盤矯正

評判の良い骨盤矯正

当院の骨盤矯正は他とは違います。痛いこともなく骨盤を小さくしていく事ができます。もちろん低周波治療器や電器を使うことなく骨盤矯正をしています。骨盤矯正をする時には手の技術だけで骨盤を小さくすることができます。

今までも多くの方が骨盤矯正を希望してきていますが、骨盤矯正の意味を知らない方が多くいます。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくする事なんですが骨盤と言うのが何なのかわかっていません。骨盤矯正をしていく時に骨盤周辺にある脂肪を減らす事をしていくと骨盤が少し小さくなります。

骨盤矯正をしていく時に骨盤周辺にある浮腫みを減らしていくだけでも小さくなるかも知れません。骨盤矯正をして行くときには骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正して整えると骨盤が小さくなるかも知れません。

しかし、それだけではダメなんです。他の骨盤矯正をしている所では、ここまでかも知れません。

骨盤矯正ベルトで締め付けても、あまり効果はありません。運動しても効果は上がりません。筋トレしても骨盤は小さくなりません。

運動したり筋トレしたりすると脂肪は2、3か月かかって減るかも知れません。しかし浮腫みは増えてきます。運動したら筋トレしたりして骨盤が小さくなれても固くなります。しなやかさが無くなっていきます。

 

どうすれば骨盤を小さくすることができるのか。

何をすれば骨盤が小さくなるのか。

本当に骨盤が小さくなるのか。

小さくなっても維持することができるのか。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行くときには小さくするものは骨盤です。つまり骨です。骨を小さくするのが骨盤矯正なんですが危険なこともなく安全で骨盤矯正ができます。

当院では検査する事ができますから検査してみると骨盤矯正を希望して訪れた方、全員が骨盤に炎症やハレがあります。骨盤、つまり骨に炎症やハレが起きています。普通では起こらないものなんですが、骨盤の骨に炎症やハレがあると骨が肥大して大きくなって変形を起こしていきます。

肥大したり変形を起こしている骨を小さくする技術があれば骨盤が小さくなります。つまり小尻になることができます。

何度も言いますが普通は骨の炎症やハレなんか起こりません。しかし最近は変な症状が多くなっています。当院では検査する事ができますので院長から「体調はどうですか」とか「調子はいいですか」と聞かれると多くの方は「体調は良いです」とか「体調は悪くありません」と言う答えが返ってきます。

体調を検査する事が出来なければ、わからないでしょうが。

検査してみると体調が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。つまり体調の悪さを感じていないと言う事です。そして検査だけではなく実際に骨盤の歪み・背骨のズレを確認してみるとガタガタです。骨盤も大きく歪みがありますし背骨はズレて椎間板ヘルニアまである方がいます。

骨盤の歪み・背骨のズレだけでも痛みやコリが起きていたり、体調が悪かったりしている訳ですけどあることが起きていると痛みやコリ、体調が感じなくなります。

あることと言うのは睡眠負債です。

睡眠負債と骨盤矯正

睡眠負債の多い方は自分でも気が付いていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし脳から寝ていないと体調は奈落の底のような体調、ドン底のような体調になります。

睡眠負債はハイテンションになります。疲れているのにハイテンションになると疲れ知らずになります。だから元気だと勘違います。

その方が骨の炎症やハレになっています。そして体調が悪くなっている方ほど維持することはできません。

骨盤矯正をしていく時には

体調からも上げたりすることをしたり、体を整えたりすることも必要になります。

骨盤矯正をしていく時には骨盤を小さくすれば良いと追う訳ではありません。

当院では骨盤矯正をしていく時にはボキボキしたりすることもなく骨盤矯正をしています。骨盤矯正をする時には、一番、近いイメージではマッサージするような感じで骨盤矯正をしていきます。

しかしマッサージではありません。マッサージしても骨盤が小さくなることはありません。

マッサージ感覚で骨盤矯正をして骨盤を小さくする技術があります。

マッサージ感覚で骨盤矯正をしていくと骨の炎症やハレも解消していきます。

マッサージ感覚で骨盤矯正をしていくと骨盤周辺の浮腫みも減ります。

マッサージ感覚で骨盤矯正をしていくと脂肪も減っていきます。

マッサージ感覚で骨盤矯正をしていくと骨盤の歪み・骨盤の開きも整っていきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行くときには始める前に自分の両手で骨盤の幅をおぼえてもらいます。骨盤矯正をして小さくなったのがわかるようにしてます。

骨盤矯正をする前と、骨盤矯正をしたあとを比べることができます。本当に小さくなったのか、自分で感じることができます。

骨盤矯正を希望させる方、全員に対して自分の骨盤を触っておぼえてもらいます。

しかし、この触り方は簡単なようで簡単ではありません。

骨盤矯正をするときには

 

骨盤矯正をする時には骨盤の触る位置は股関節の上くらいです。ここで骨盤の幅をおぼえますが、ただ触ってもダメです。幅を感じようとして触らないと感覚神経は働きません。

手で触ると言うよりも頭で感じます。幅を脳で感じることをした方が、小さくなったのがしっかりとわかります。

そのため、もし小さくなったのがわからなければ大変なことが起きています。

本当は骨盤矯正どころではありません。

骨盤矯正をしていく時にはウエストも細くなって引き締まっていきます。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院はボキボキしない痛くない骨盤矯正をしています。

2018年05月18日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 北九州市小倉で小顔矯正なら初回から顔が小さくなることで口コミで人気が高い矯正をしている北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
人気がある小顔矯正

人気がある小顔矯正

ボキボキもしないし、痛くもない小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなっていくので人気がある小顔矯正をしています。しかも当院では低周波治療器や電器を使ったり顔を無理やり押さえつけたりすることもないのに顔が小さくなる小顔矯正で評判です。

小顔矯正をする時には手の技術力のみで顔を小さくしていく事をしています。今まで多くの方が訪れて顔を小さくする小顔矯正をしていますが、100パーセントの方、つまり全員が顔が小さくなっています。小顔矯正は当院の院長が自信を持って矯正していますから痛くもなくボキボキもしないので安心です。

当院の小顔矯正はできるだけご自分でわかるようにしています。その為、してもらう事があります。してもらうこととは自分の顔を触ることです。自分の顔を触っただけではなく顔の大きさ、形、幅をおぼえる事です。

この触ると言うことが大変、難しいので簡単には触らないで下さい。と言うのも顔を小さくしてもわからない方ほど簡単に触る傾向があります。しっかりと教えているのですが、それにも関わらず、面倒くさいのかしっかりと触ってくれません。その為、10人の小顔矯正を希望させる方ができて小顔矯正を受けて顔が小さくなっても2人くらいの方は顔が小さくなったのがわからないと言う方がいるのは事実です。

鏡で見るよりも自分の手でわかると言う事の方が大事なんですが他人がメジャーで測ることよりも自分の手で小さくなったのがわかることの方が顔が小さくなっても笑顔が違います。

他人が、メジャーで計測しても2センチも顔が小さくなりましたよと言われても自分でわからなければ意味ありません。小顔矯正といっても10センチも20センチも小さくなりません。

小顔矯正で変わるのは人によって違いますが1センチだったり、2センチくらいだと思います。実際には測っていないのでわかりません。ご本人しか顔が小さくなったのは、わかりませんから。

小顔矯正をしていく時に

小顔矯正をしていく時に、小顔矯正をする前に院長に希望を伝える時に顔を触ってもらいます。院長とデスク越しに触り方を練習します。小顔矯正をして顔が小さくなったのがわかるように練習します。

その触り方は、アゴの部分に手首を引っ付けて触ります。そして手のヒラと指で顔を覆うように触ります。手のヒラや指が浮いたりすることなくして下さい。顔に手のヒラと指を密着させます。

手のヒラ・指が浮いていると浮いたところはわかりませんから。

手のヒラと指を密着させたら顔の左右差を感じます。この時に目を閉じて集中して下さい。そうすると左右の違いが分かります。例えば左の顔は全体が大きいけど、右の顔はほほ骨だけ出っ張っているとか。

一番、重要なのは目を閉じて感じようとすることです。

目を閉じて感じようとすると手だけではなく脳が働きだします。脳の感覚神経を働かせて感じようとすると一番、わかるからです。

これができないと変化しても分かりにくくなります。手で触っていますが脳で感じようとすることが変化が良くわかります。

下の写真は顔の触り方です。特にアゴのラインを触っておぼえることが大切です。あとはほほ骨です。

小顔矯正とは

小顔矯正をする

小顔矯正をする時にはマッサージをするような感じで顔を小さくできる特殊な小顔矯正をしています。当院と同じようなことをしている施術院はありません。同じようにしても顔は変化しません。以前、専門家の先生がきて当院の小顔矯正をみてビックリしていました。

マッサージをするように顔を揉んでいくと顔が徐々に変化して小さくなっていきます。しかし何度も言いますがマッサージではありません。

当院では、本当に顔をマッサージするような感じで顔を揉んでいくと顔が小さくなる小顔矯正をしています。顔を無理やり押さえつけたりすることもしていません。そのため痛くありません。

マッサージするようにして顔を小さくしていく事ができますが、院長が特別な技術があるからできる技ですから他の方はマネできないと思います。

院長が所属している協会でもできる方はいません。院長が所属している協会は東京にありますが、協会員でも院長しかできない小顔矯正の技術です。

物量(電気・機械)に頼ることなく小顔矯正を手の技術力だけで小さくしています。

小顔矯正と言っても

小顔矯正をする時に天敵になるものがあります。小顔矯正をする時に一番、邪魔なものです。小顔矯正をする時に一番の問題は体調と眠りにあります。

体調と言うのは初診では良い方は一人もいませんが、どれくらい落ちているのか、悪くなっているのか、と言うことが問題になります。

小顔矯正を希望して来た方に「体調はどうですか」と聞くと「全員が体調は良いです」と言います。当院では検査する事ができますから検査してみると体調が無茶苦茶悪くなっているにも関わらず「体調は良いです」と言います。

体調が落ちているとは、疲れやストレスの蓄積が大きい時です。疲れやストレスが多くあると歪みやズレが起きています。

歪みやズレも程度があります。歪みやズレが軽い方もいれば、ひどい方もいます。これも疲れやストレスの蓄積度合いで違います。

疲れやストレスが多くなると痛みやコリがなくても脂肪が多くなります。

疲れやストレスが多くなると痛みやコリがなくても浮腫みが多くなります。

疲れやストレスが多くなると痛みやコリがなくても便秘がひどくなります。

疲れやストレスが多くなると痛みやコリがなくても生理痛がひどく感じます。

疲れやストレスが多くなると痛みやコリがなくても生理不順になります。

疲れやストレスが多くなると痛みやコリがなくても頭痛、頭の痛みになります。

疲れやストレスが多くなると痛みやコリがなくてもイライラしやすくなります。

小顔矯正とは

小顔矯正といっても顔だけではなく体も深く関係しています。体が歪んでいると戻りがあります。どれくらい歪んでいるかで違います。

体の歪みは疲れやストレスの蓄積です。

そしてそれ以上に問題があります。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が増えています。普通でしたら良い睡眠です。見た目で見てもスースー寝息を立てて寝ている睡眠です。

しかし夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

でも寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲労になります。脳疲労になると脳はさらに弱っていきます。

そうすると脂肪が多くなります。浮腫みも多くなります。

脳の弱りから痛みやコリを感じなくなります。ひどい歪みが起きていても感じません。

だから元気だと思っています。

体調が良いと思っています。

脳が弱るとハイテンションになります。ハイテンションになれば疲れ知らずで動けます。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は痛くない小顔矯正で人気があります。

2018年05月14日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを解消するなら筋肉のコリから解消して原因を見つけることからしているカイロプラクティック徳力整体院は小倉南区と小倉北区から来院しています。
肩こり

肩こりを解消

肩こりを解消するなら筋肉のコリから解消して原因を見つけることも必要です。肩こりを長期化させたり慢性化すると、いつまでも筋肉も同じままではありません。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージですがコリとはどんなことでしょう。

肩こりのコリとは、筋肉がどうなっているのか。

肩こりのコリとは筋肉が緊張したりしていることだと思います。

それでは、どうして筋肉が緊張したりすることが起きるのか。筋肉が緊張するとリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

では、どうして筋肉のコリが起きるのか、筋肉のコリが起きる原因は何なのか、そこを探っていかないと原因は見つかりません。

肩こりには肩こりを起こす原因があります。

肩こりになる理由があるから肩こりになります。

単純に肩こりと言うと湿布を貼っても楽になることもあるでしょうが、それだけでは原因は見つけ出すことはできません。肩こりに原因があるとしたら原因も、いつまでも同じままではありません。つまり原因も進行すると言う事です。

肩こりと言うと色々な治療があると思います。

サプリメント、医薬部外品、湿布を貼っても、マッサージしても、針をしても、お灸をしても、ツボを押しても、運動しても、筋トレしても、ストレッチしても、低周波治療器や電器をしても対症療法にしかなりません。

対症療法と言うのは原因は関係なく楽にすることをしています。

楽になれば良いと言う治療法が対症療法です。

多くの治療法が原因なんか関係なく、原因を見つけることなく楽にしています。しかし原因もいつまでも同じままではありません。

サプリメント、医薬部外品、湿布を貼っても、マッサージしても、針をしても、お灸をしても、ツボを押しても、運動しても、筋トレしても、ストレッチしても、低周波治療器や電器をしても原因は変わることなく、原因も進行していきます。

肩こりを感じていない時でも原因は進行していきます。

一時しのぎばかりしていると肩こりの原因は進行して、肩こりとしてだけではなく形を変えて出てきます。

肩こりのメカニズム

肩こりが起きる時には、毎日の生活、仕事、寝不足などで疲れやストレスが蓄積している時に起こります。この疲れやストレスがどこにたまるのか、と言うことまで考えている方はいません。

疲れた~、ということを言ったり、ストレスがたまったと言いますが、この疲れやストレスがどこにたまるのか、もちろん体にたまっていくわけですが。

体のどこなのかげ一番の問題です。

肩こりを強く感じている時には、体は疲れをためています。

肩こりを強く感じている時には、体はストレスをためています。

全身に疲れやストレスをためながら、肩こりになる部分にさらに多くの疲れやストレスをためています。

肩こりの部分だけに疲れやストレスがたまることはありません。

全身に疲れやストレスが蓄積して、特に肩こりに関係する部分に疲れやストレスをためることから肩こりとして感じます。

肩こりと言うと筋肉のコリが優先ですから筋肉のコリとは筋肉疲労の事です。

筋肉が疲労しているとリンパの流れがわるくなって老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

筋肉疲労が慢性化して長期になると筋肉も老化して固くなっていきます。筋肉が老化したら元には戻りません。老化した筋肉をマッサージしても低周波治療器や電器をしても一時的にしてるときだけ楽に感じますが、又、すぐに戻ります。

あまりに筋肉が硬くなりすぎると神経がマヒして肩こりを感じなくなります。しかし、それだけでは済みません。筋肉の周辺には神経と血管がありますから、筋肉が固くなった所は神経も血管も固くなります。

神経や血管が固くなると手や指の感覚が失われていきます。

手や指の感覚が落ちていくと握力の低下が起きていき、手のコワバリとして感じることもあります。

単純に肩こりとしてだけではなく、大変なことが起きていきます。

筋肉を老化させる方法は、日常生活でも進みますが、マッサージ、低周波治療器、電器などをしていると進行を早めてしまいます。

マッサージ、低周波治療器や電器は刺激しているだけですから、揉めば揉むほど筋肉は硬くなっていきます。

低周波治療器や電器はプラス端子からマイナス端子へ電気を流して刺激して散らしているだけです。

電気で散らしていると筋肉は疲労を強くしていきます。これが筋肉の老化を促進させていきます。

背骨のズレから肩こり

筋肉だけではなく背骨のズレから起きる肩こりもあります。当院では多くの方がこれに該当しています。

肩こりは背骨のズレから起こっています。しかし背骨のズレも何も原因がないのに背骨のズレが起きることはありません。

背骨は中枢神経を守っています。

背骨のズレが起きると中枢神経に影響がでます。

簡単に姿勢などや、猫背で背骨のズレが起きたら大変です。

ですから肩こりは姿勢が原因ではありません。

姿勢も、どうして姿勢が悪いのか、原因があるからです。

肩こりと言うと疲れやストレスの蓄積で起きていますが、この疲れやストレスがどこにたまるのか、と言う事ですが疲れやストレスは筋肉にもたまりながら、何十倍も多くの疲れやストレスがある部分にたまります。

このある部分とは例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓、中枢神経です。

内臓と中枢神経に多くの疲れやストレスが蓄積していきます。

肩こりになる時には心臓や肺、横隔膜、胃、肝臓の問題がある時に背骨のズレが起こります。

心臓や肺、横隔膜、胃、肝臓に疲れやストレスが蓄積した方が肩こりになります。

心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓の背骨に関係する部分は首の下から胸椎の1番、2番、3番が関係して起きていきます。

頸椎の5番、6番、7番と胸椎の1番、2番、3番は心臓と肺と横隔膜に関係する部分です。

心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓に疲れが溜まると、頸椎の5番、6番、7番と胸椎の1番、2番、3番にズレが生じます。

これが背骨のズレとして筋肉を引っ張ってしまって肩こりになります。

内臓疲労から肩こりに
睡眠負債から肩こりに

睡眠負債から肩こりになる方もいます。

最近の方は寝ているようで寝ていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

単純に目が覚めないから寝ていると思っていませんか??

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。脳から寝ていないと寝ていません。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

寝ている本人は寝ているからわからないでしょうが、脳が寝ていないと寝ていません、夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

夢を見る事よりも、さらに浅い睡眠があります。その睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠ですが目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

記憶に残る方もいますが、多くは目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をしている睡眠をしていたことを忘れます。

そのため寝ていると思っています。目が覚めないからと。

寝ながら考え事をしている睡眠のことを睡眠負債と言います。

睡眠負債になると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲弊、さらに脳が弱ると脳衰弱になります。

脳が弱ると、ただ単に弱っただけでは済みません。

脳細胞の急激な減少になって減っていきます。

脳が弱ると心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓も弱っていきます。弱ると背骨のズレが起こります。これが肩こりになります。

 

 

 

小倉肩こりを解消するなら原因から改善することをしているカイロプラクティック徳力整体院は小倉南区小倉北区から多くの方が来院しています。

2018年05月07日

ダイエット、痩せる為には

  • はてなブックマークに追加
  • ダイエットして痩せる為には運動や筋トレ、ストレッチ、サプリメント、ダイエット食品よりも基本的なことから小倉南区と小倉北区でカイロプラクティック徳力整体院
ダイエット、痩せる為には

ダイエット、痩せる為には

イエットして痩せたいと思う方が多くいます。

ダイエットして痩せる為には何をしていますか??

当院ではダイエットと言うよりも痩せる為には体から整えていくようにして細くして引き締めていきます。

ダイエットと言うと痩せることと言う事ですが、細くなる為には食べないと細くなり体重が落ちていきます。しかし体を壊したり骨ばって細くなっていきます。決してキレイに細くなることはありません。骨ばかり浮き出て痩せても意味ありません。

痩せるなら健康的に痩せることをしないと骨、骨で痩せても健康的な美しさとは言えません。

誰でも食べなければ痩せます。しかし骨ばって痩せても意味ありませんし、キレイに見えることはありません。

女性の柔らかさを失って、どうしますか。

運動しても筋トレしても、痩せるかも知れませんが、脂肪は燃焼するでしょうが、浮腫みは増えていきます。脂肪と浮腫みは違います。筋トレや運動などで減るのは脂肪だけです。脂肪も簡単には減りません。短期間で脂肪を減らすことはマジックでもない限り無理です。しかも普段から体が疲れる事ばかりしているのに、それ以上に疲れることをしていかないと脂肪は燃焼していきません。脂肪が減っても浮腫みは増えていきます。

浮腫みが増えるとブヨブヨしていきます。多分、逆に体重は増えていきます。疲れをためると浮腫みは増えていきます。体を引き締めると言うことは簡単ではありません。

サプリメント、ダイエット食品でも、いくら効果があるサプリメントでもダイエット食品でも体から整えて行かないと効果は上がりにくくあります。

ダイエットする、痩せるのは

ダイエットと言うよりも体を引き締まることはできます。あとは体重よりも先に見た目を細くしていく事をしています。

何よりも見た目が細くなれば、人から見ても細くなった痩せたねと言われると思います。

体重は変わらなくても、見た目が引き締まっていけば誰でも痩せたねと言いますし、思います。

体重計のメモリばかり気にしているとキレイに痩せません。

減った、増えたの問題です。

減った時も、かなり減らないと痩せたと言われません。個人差がありますが3キロ以上から5キロくらいは減らさないと人は痩せたねと言いませんし、思いません。

3キロから5キロ減らす事は大変なことです。

そのため特殊な方法で、まずは見た目から痩せませんか。

見た目が優先して細くなっていきます。

見た目で細く引き締まってくるので、まずはウエストから細くなっていきます。

そして顔と骨盤が小さくなります。

しかし1回では無理ですから期間を開けないで来ると連続して体を整えたり直したりしていく事ができます。

体を整える治療の事を体調と言います。体調を上げるとか。

誰でも毎日の生活で仕事で疲れやストレスが多くなります。何も症状がないから体調が良いとは限りません。

ダイエットを希望してきた方の検査をすると、体調が異常と思えるほど落ちている方がいます。

検査して体調が落ちていると言われて、自分で、そうは思わない方は、眠りが浅い方です。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。脳が弱ると脳が疲弊していき、さらに弱ると脳衰弱の方もいます。

脳が弱るとホルモンバランスが悪くなります。太るホルモンが多く分泌されます。

脳が弱っているのに、痩せることはありません。

脂肪が多く作られていきます。

浮腫みが多くなります。

眠りが深くできないと、奈落の底のような体調、ドン底のような体調になります。こうなれば太ります。

痩せる為には

痩せる為には体調を上げて体を整えていくことが優先です。体調が落ちている時には骨盤の歪み・背骨のズレが大きくあります。しかし骨盤の歪み・背骨のズレがあっても脳が弱ると感じません。

体調の悪さも感じないし、痛みやコリも感じにくくなります。風邪も引けません。インフルエンザも体内に入っていても発症しないで隠れインフルエンザになります。

痛みやコリも隠れて感じないだけで体はボロボロかも知れません。

しかし痛みやコリ、体調の状態は脳が元気だから感じます。

脳の元気がなくなるとハイテンションになります。つまり興奮状態です。だから朝からすぐに動けます。疲れることをしても疲れ知らずです。これを元気だと思っています。

ハイテンションは元気ではありません。

しかし限界まで蓄積させてしまうと発症してきて、治らなくなります。回復力もありません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りとは脳が寝ることを言います。

脳から寝ていない人は眠れていません。

眠れていない方はダイエットしても痩セにくく痩せません。

ダイエットしようとする方は

体を整えて体調を上げていくと体が引き締まっていきます。

まずはウエストから細くしていく事をしています。

まずは皮下脂肪から減らしていく事ができます。

1回目からウエストは細くなります。

3回目で骨盤は初回から小さくなっていっていますが、さらに小さくなっています。

2回目で顔も脂肪が取れて浮腫みも減少して顔が小さくなります。

 

 

小倉南区と小倉北区でダイエット痩せる為には何をすれば良いのか、

2018年05月01日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で腰痛、腰の痛みを楽にするなら骨盤の歪み・背骨のズレから整えていく、骨盤の歪み・背骨のズレの原因を見つけることを小倉南区と小倉北区でカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みを楽にする

腰痛腰の痛みが起きたら何をしますか、どこに行きますか??

まずは湿布を貼ってみる事です。腰痛、腰の痛みは炎症をともないますので炎症を減らす事からしていきましょう。

痛みが起きる時には炎症を起こしているから痛みがあります。その炎症から減らすことをしていくことが基本です。

湿布を貼って体を休めることをお勧めしています。

お風呂に入ることもやめて下さい。お風呂は良い時もあれば悪くなることもあります。入浴している時よりも入浴したあとで、しばらくして疼いたりすることもありますし、慢性化しやすくなります。

痛みがある時には、体は疲弊しています。疲弊する時に仕事をしたりすると、慢性化したり、起きているのは腰痛、腰の痛みだけではないかもしれません。

体が疲弊しているから腰痛、腰の痛みになっています。

今、休めておかないと大変なことになる方も出ています。

痛みやコリがある時には、何よりも体を休めて下さい。

痛みやコリの信号は体が脳へ送る警報です。警報と言うよりも危険信号です。体の状態が良くない時に痛みやコリになります。

腰痛、腰の痛みの原因は骨盤の歪み・背骨のズレですが、骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは警報なんです。

この警報を簡単に考えていると心不全の可能性や脳梗塞の可能性もあります。

寝違え、ギックリ腰、眼底出血、足が攣る、などは警報です。

体を休める時も、できるだけ寝るようにします。寝るようにしても回復しない方もいますが、できるだけ休養を取ると言うことは睡眠です。

しかし、最近は自分でも気が付いていない状態で睡眠負債になっているから腰痛が起きています。もし寝ていたら腰痛、腰の痛みにはなりません。

本当の意味で寝ていたら腰痛、腰の痛みは起こりません。毎日の休養もできて睡眠ができていると疲れやストレスも減ります。しかし最近は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が増えています。

単純に目が覚めないから寝ている。

目が覚めないから眠れている。と思う方が多くいます。

寝つきが悪い、眠りが浅い、夢ばかり見る、夜に目を覚ます、寝た感じがしないなどの不眠症の方もいますが、最近の不眠症の方は睡眠負債状態であり、睡眠障害であり、寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

腰痛、腰の痛みの方は

腰痛、腰の痛みの方も多くは寝ながら考え事をしている睡眠をして体調を落としています。寝ながら考え事をしている睡眠は時間をとっても、もう意味はありません。つまり寝ながら考え事をしている睡眠しかできないからです。

睡眠障害になっていますよと言うと、じゃ寝れば良いですか、と聞かれますが、できないから睡眠障害になっています。

もう睡眠ができないからです。

寝る事が出来ないからです。

眠ることができないからです。

何も考えていない睡眠ですが寝ると言うことはどんなことでしょう。

ただ横になってスースー寝息を立てていれば寝ているかと言うとそうではありません。

寝ると言うことは、脳が寝る事です。

寝ている本人は別として眠るということは脳が寝ることです。脳が眠ることこそ、寝ると言う事です。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。あとの、残りの時間は寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠が3時間も、5時間もある方が増えています。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳細胞の急激な減少が起こります。限りある脳細胞ですから減ると大変なことになります。

減りすぎると大変なことになります。認知症、痴ほうなども起こります。精神的に悪くなる方もいます。

説明しても、考えもせず聞いている方が増えています。

すべて頭を通り過ぎています。右の耳から入って左の耳から出ると言う感じですね。頭に留まらない。一番は、記憶の問題が低下していきます。

うっかりが多くなったり、物忘れが多くなります。

始めはうっかりで済んでいますが。

腰痛、腰の痛みは

腰痛腰の痛みは骨盤の歪み・背骨のズレから体を支えることができないと起こります。しかも体を支えることができない姿勢をした時に起こります。

この代表が重いものを持つことです。骨盤の歪み・背骨のズレがある時に体を支えることができない姿勢をすると腰痛、腰の痛みになります。

クシャミをしただけで腹圧の上昇から骨盤の歪み・背骨のズレがあると、体を支えることができないと腰痛、腰の痛みになります。

疲れやストレスの蓄積が骨盤の歪み・背骨のズレになります。毎日の生活で、仕事で、睡眠障害で疲れやストレスが身体にたまります。

疲れやストレスは体のどこにたまるのか。

それは内臓にたまります。

腰痛、腰の痛みに関係しやすい内臓な腎臓です、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓です。大脳も内臓です。

つまり筋肉にも疲れやストレスはたまりながら内臓に多くの疲れやストレスはたまります。

弱い内臓に疲れやストレスはたまりやすくなります。

弱い内臓に疲れやストレスがたまって多くなると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

さらに寝不足で脳疲労が起こります。脳疲労が起きると限界まで悪くならないと感じません。

痛みやコリも限界まで感じないし、風邪も引きません。インフルエンザになっていても隠れインフルエンザになり発症しません。

腰痛、腰の痛みが起きるときには体が疲労している時です。

脳から眠れていますか??

脳から寝ていないと骨盤の歪み・背骨のズレは起こります。

脳から寝ていないと、体調は奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

 

腰痛、腰の痛みとは

 

 

 

 

小倉腰痛腰の痛みを楽にしていくなら骨盤の歪み・背骨のズレから解消しないと、骨盤の歪み・背骨のズレが起きた原因も、いつまでも同じままではありません。

2018年04月25日

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは今から100年以上前にアメリカで発展してきた背骨と骨盤を矯正する治療法です。

痛みやコリ、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、などが起きる時には歪みやズレが起きています。しかし歪みやズレを矯正しなくても楽になることができる為に惑わしていることになっています。

歪みやズレを矯正しなくても楽にする方法は、サプリメントを飲んだり、薬を飲んだり、湿布を貼ったり、注射を打ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたりなどの治療法です。

この治療法のことを対症療法と言います。

対症療法と言うのは原因何かは関係なく楽にする事さえできれば良いと言う治療法です。

しかし対症療法ばかりして一時的に楽にする事ばかりしていると大変なことが進行していきます。

例ですがマッサージばかりしている方が最近、来ましたが、マッサージばかりしていると筋肉は次第に固くなります。皮膚も固くなり筋肉も硬くなっていきます。この硬さは永久的に硬さが取れない固さです。

低周波治療器や電器でも同じことが起こります。低周波治療器や電器と言うのは研究して見たことがありますが、低周波治療器はプラスからマイナスへ低電流の電気を流して筋肉を刺激しているだけです。筋肉を刺激することでリンパの流れが良くなり老廃物は流れます。循環が良くなりますが、持ちません。原因を見つけて解消していないからです。

一番、簡単な治療法が低周波治療器や電器です。もっていればできるし、かかることができます。低周波治療器を用いている治療院も多くありますから、電気をしてもらえます。しかし痛みやコリの原因を調べることもなく検査する事もなく低周波治療器をしているだけです。

痛みやコリには原因が

痛みやコリには原因がありますから原因を見つけることをしないと体を治すと言うことはできません。対症療法ばかりしていると体の悪さも進みます。

痛みやコリには原因があります。普通は歪みやズレの原因は歪みやズレだと整体院やカイロプラクティック院の先生が言いますが、本当は、どうして歪みやズレが起きるとか。という裏の原因があります。

何も原因がなくて歪みやズレが起きることはありません。

何かの原因があるから歪みやズレを起こしています。

多くの治療院は、そこまで検査できませんから治療もできません。

歪みやズレが起きる原因は

歪みやズレが起きる原因は、体に蓄積するあるものが原因です。これは生きている限りあるものです。日常生活で多くなるものです。特別なモノではありません。

歪みやズレが起きる原因は疲れやストレスの蓄積です。疲れやストレスの蓄積が多い方ほど歪みやズレになります。疲れやストレスの蓄積度合いで歪みやズレの大きさが違います。

疲れやストレスが多くなると、歪みやズレも大きくなります。

疲れやストレスが減ると、歪みやズレも小さくなります。

疲れやストレスは毎日、違います。良い時もあれば、悪い時もあります。

しかし多く疲れやストレスが蓄積した時には、痛みやコリが強くなり回復しない事もあります。

しかも疲れやストレスはたまる所があります。

疲れやストレスがたまる所は

疲れやストレスがたまる所は筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管、皮膚、髪しかありません。

あとは内臓です。大脳も内臓ですが内臓に蓄積する疲れやストレスを調べることができません。

内臓疲労を検査することはありません。

内臓疲労は誰でも検査する事をしていません。

本当は内臓疲労が多くのことを起こしていくのに。

病院の検査は尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。病気になれば検査することでわかりますが。内臓疲労はわかりません。

しかし内臓の病気になる前に内臓疲労が起きています。

内臓疲労は誰でもあります。

内臓疲労の蓄積もありますが最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債から睡眠障害になっている方は寝不足状態も気が付いていない方もいます。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

単純に目が覚めないからと寝ているとは言えません。

誰が見てもスースー寝息を立てていても脳から寝ていないと寝ていません。

眠りとは脳が寝る事です。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

目が覚める前の夢はおぼえていますが、夢を見る前の時間が、寝ていますか???

目が覚める前の寝ながら考え事をしている睡眠をおぼえている方は少ないようです。

一番、最悪なのが寝ながら考え事をしている睡眠です。

カイロプラクティックと言うのは

カイロプラクティックと言うのは、ただ骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言う訳ではありません。

どうして歪みやズレが起きたのか、と言うことまで検査することができないと、体を本当の意味で直すことはできません。

背骨をボキボキでも、骨盤をボキボキしても、その程度しか治りません。

カイロプラクティックと言うのは、体を治していく方法です。

歪みやズレを矯正する事だけではありません。

カイロプラクティックと言うのは

 

 

 

小倉カイロプラクティックなら小倉南区と小倉北区でボキボキしないカイロプラクティックをしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月18日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で骨盤矯正で小尻になるなら当院が一番です。骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することでも骨盤が小さくなり脂肪や浮腫みを減らす事でも小尻になることが小倉南区と小倉北区で人気があるカイロプラクティック徳力整体院
骨盤矯正とは

人気がある骨盤矯正

当院では多くの方が骨盤矯正を希望されてきてますが、骨盤矯正がどんなものなのか知らない方が多くいます。骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていくのが骨盤矯正です。

骨盤と言うのは骨で形成されています。

真ん中の仙骨(尾てい骨)と言う骨と両横の寛骨と言う骨の3つで骨盤と言います。

下の写真が骨盤ですが、背骨の下が仙骨で両横の骨が寛骨と言います。寛骨がさらに3つに分別すると腸骨、恥骨、坐骨と言う名称になります。

この骨盤を小さくしていくのが骨盤矯正です。これを小さくしないと骨盤が小さくなりません。

 

どうやって骨盤の骨を小さくすることができるのか?????

骨が小さくなるのか、と言う疑問があります。

実際には骨が小さくなることはありません。骨が小さくできたら大変な事になります。

しかし最近は多くの方があることが原因で骨が大きくなっています。骨が大きくなって肥大しています。これは当院では検査することができますから、検査してみて確認できたことです。

少し前までは、当院の院長も、どうして骨盤矯正していると、骨盤が小さくなるのか、わかりませんでした。

ある時に検査してみると、骨盤の歪み・背骨のズレはもちろんですが、骨盤に普通では起こらないことが起きているのがわかりました。

骨盤の炎症やハレ

普通では起きないものと言うのは、骨や炎症やハレです。また、それ以上のことが起きていました。

骨が炎症やハレを起こすると骨自体が大きくなります。骨自体が大きくなれば骨が肥大して変形を起こします。

正常な形から大きくなれば変形です。つまり形が違うようになります。

特にウエストに近い部分は変形しやすい部分です。

ウエストに近い骨は腸骨と言う骨ですが、腸骨が大きく変形していると腰の両横が張って大きくなります。

あとは変形しやすい骨は仙骨です。真ん中の骨が変形を起こしていくと骨盤自体が横に広がります。

骨盤が横に広がると骨盤が大きくなります。

これを正常に戻していくと骨盤が小さくなります。

当院の骨盤矯正は正常に戻していく骨盤矯正ですから、危険なこともありません。

骨盤矯正をして行くときには

骨盤矯正をして骨盤を正常に戻していく為には骨盤の歪み・背骨のズレから矯正していきます。

骨盤の歪み・背骨のズレと同時に骨の炎症やハレを整えて行きます。

もちろん骨盤周辺の脂肪や浮腫みも減らしていくことをしていきます。

骨盤矯正で骨盤を小さくしていく為には、どうやって骨盤を小さくしていくのか。

骨盤矯正で骨盤を小さくしていく為には、骨盤の歪み・背骨のズレをどうやって整えて行くのか。

骨盤矯正で骨盤を小さくしていく為には、骨の炎症やハレをどう言う方法で解消できるのか。

骨盤矯正をして行くときには

骨盤矯正をして行くときには、骨盤矯正に入る前に自分の両手で骨盤の幅を触っておぼえてもらいます。

骨盤矯正に入る前の骨盤の大きさをおぼえてもらいます。

どれくらい変わるのか、と言うことを自分で確認することができます。

これが当院の特徴です。

その為には骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の幅を触って記憶してもらう事をしています。

骨盤矯正に入る前の骨盤の幅をおぼえることをしていないと、小さくなっても分かりません。

骨盤矯正に入る前に骨盤の幅をおぼえて、骨盤矯正をしたあとに、もう一度、骨盤を触ると小さくなっているのがわかります。

その為には骨盤矯正をする前に骨盤の幅を触っておぼえておかないとわかりません。

骨盤矯正の触り方

骨盤矯正をする時の骨盤の触り方は、骨盤の右側には右手を当てて、左側には左手を当てて、骨盤を触ります。その時に左右差を感じるようにして触ります。

骨盤矯正と言っても10センチも20センチも変わることはありません。

骨盤矯正で変わるセンチは1センチの方もいれば、2センチの方もいますし、3センチの方もいますが、骨盤矯正をしてみないと、どれくらい変わるのか、わかりません。

ですから1センチの方もいますから、1センチ変わったのがわかるようにして下さい。

骨盤矯正をする時にウエストの幅が細くなることもあります。

骨盤矯正を受ける方は、ウエストも触っておくようにして下さい。

骨盤矯正をする時にはボキボキすることもなく痛くもない骨盤矯正をしています。

低周波治療器や電器を使う事もなく手のみで骨盤矯正をして骨盤を小さくすることができます。

骨盤矯正で小さくなるのは

 

 

 

小倉で初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしているから人気がある小倉南区と小倉北区からもカイロプラクティック徳力整体院はボキボキしない痛くない骨盤矯正をしています。

2018年04月13日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 当院の小顔矯正は危険でもない初回から効果もあってボキボキもしない痛くない安心安全な小顔矯正を小倉地区の小倉南区と小倉北区でカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正とは

効果がある小顔矯正

当院の小顔矯正のお約束

①初めから顔が小さくなります。

②ボキボキもしない痛くもない小顔矯正です。

③顔を無理やり押さえつけたりすることなく矯正をします。

④電気や機械は使いません。

⑤手のみで顔をマッサージするようにして顔を小さくできます。

 

よく小顔矯正を希望させる方が疑問に思うのは、

1、本当に顔が小さくなるのか。

2、維持することができるのか

3、痛くないのか。

・・・ですね。

1、疑問の説明:

当院では今まで30年間、小顔矯正をしてきて顔が小さくならなかったと言う方はいません。顔が小さくならなかったと言う事はありませんが、顔が小さくなったのがわからなかったと言う方はいます。できるだけ、小さくなったのがわからないと言う事がないようにしていますが、触り方と感じ方が悪かった関係でわからない方がいます。当院では小顔矯正に入る前に顔の触り方を指導しています。この時に、顔の大きさを感じようとして触らないとわかりません。どうしても始めて小顔矯正を受けに来る方は、院長が言っていることを一生懸命、聞いて触ってくれる方と、そうではない方がいます。一生懸命、触ってくれる方は顔が小さくなったのがわかります。しかしそうではない方は顔が小さくなっても、少し前に触った顔の大きさをおぼえていなかったり、手の感覚神経の問題からわからない方がいます。

わからない事がないように、出ないように2度も触り方を説明しています。触り方は、簡単な方法ではありません。

小顔矯正をする時には顔を触って大きさや形をおぼえてもらいます。

10センチも20センチも顔が変わることはありません。

小顔矯正と言っても顔が変わるのは1センチ、2センチ、大きく変わっても3センチくらいです。測ったことはありませんが。

当院ではメジャーなどで測るよりも、実際に小顔矯正を受けている方の手の感覚神経を大切にしています。

目で見るよりも手のヒラと指で顔の大きさを測るようにして触ります。

顔の触り方

小顔矯正を受けるときの顔の触り方は、

①両方の手のヒラを合わせます。合掌みたいに手と手を合わせて下さい。手のヒラと手のヒラを合わせます。

②手首だけ合わせたままで、手のヒラは開いて手のヒラで顔を触ります。

③手のヒラと指を顔に当てて大きさを測るように触ります。

下の写真のように顔を触ります。

小顔矯正のさわり方

④顔を触ることができたら左右差を感じようとします。これが一番大切なことになります。左右差を感じようとすると脳が働いて感覚神経がアップします。

ただ手を当てても分かりません。感じようとすることができないと顔を小さくしてもわからない方がいるのは、この関係です。

感じるようにできない方がいます。目で見て判断はできても、目をつぶって物の形を確認すると言うことは簡単ではありません。

この触り方を2度、勉強してもらいます。1度目は初めに院長から説明している時に向かい合って覚えてもらいます。

もう一度は、小顔矯正をするベットに寝てもらって、院長がフォローしながら触ります。1回目でわからなかったと言う方が2回目でわかったと言う方もいます。

2回目の時にはご自分の両方の手のヒラの上から院長が手を置いて、「こう触ります」と言います。これは全員にしていますが。これでもわからない方はいます。

小顔矯正をした顔を維持する

小顔矯正をしたあとの顔の大きさを維持することは、ご自分の体に関係があります。持続する力、維持することは、すべて体調に関係しています。

ご自分の体調が良ければ維持することはできます。持続することはできますが、小顔矯正をしたあとの顔の大きさは一番、その時点で最高の状態ですから、最高状態を維持できる方はいません。

ですから、誰でも小顔矯正をしたあとの顔の大きさを維持することはできなくて、すこし戻りがあります。

この少しが少しで済むのか、済まないのかが体調に関係しています。

いくら顔を小さくすることができても体がボロボロでは維持することができないのは当然です。

顔に多くの浮腫みがある方も維持することはできないと思います。浮腫みと言うのは体調で起きているからです。

小顔矯正をしたあとの最高の小ささを維持することは誰でもできません。

特に体調が落ちている方は、落ち幅が大きいと維持することはできません。

体調が落ちるとは疲れやストレスの蓄積が大きい方です。

疲れやストレスの蓄積が大きい方ほど小顔矯正をしたあと、体力がない方ほどダルクなります。

小顔矯正でもダルクなる

小顔矯正をしても体を整える事をしても体調や体力がない方ほど、ダルクなります。これは小顔矯正をして変化する方に体力を取られるので、体力がなくなってしまいダルクなります。

当院では落ちた体力を回復させることもしています。

最近は多くの方が異常と思えるほど体力が落ちています。

しかも夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているとおもっています。眠れていない方ほど体力が落ちていますから、小顔矯正をすると変化についていけないでダルクなります。

 

 

 

小倉で小顔矯正をするならボキボキしない痛くない危険な小顔矯正でもないので人気がある小倉南区と小倉北区からも多くの方が訪れる小顔矯正をしています。

2018年04月06日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを楽にして楽になったら肩こりの原因を見つけて解消することをしているマッサージではなくストレッチでもなくツボでもなく薬でもなくサプリメントでもなく病院でもなく原因から解消
肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていく為には肩こりの原因を見つけることが大切です。ですから肩こりのコリを解消して楽にしたら、治ったと思わないで下さい。

肩こりを楽にすることと、肩こりを根本から直すことは違います。

肩こりの治療と言うと色々ありますが、多くは楽にすることばかりして肩こりを治したと思わせていますが、肩こりというと筋肉のこりをほぐせば良いと言う訳ではありません。

しかし原因を見つけなくても肩こりを楽にする事ができます。しかし肩こりの原因は残ったままです。

肩こりを楽にする治療法

●湿布を貼ったりしても鎮痛効果がある薬剤でコリを押さえることができます。暖かい湿布を貼ったり、冷たい湿布を貼ったりなどがあります。

●マッサージをしたりすることでも肩こりは楽になります。

●針灸をしても肩こりは楽になります。

●指圧をしても肩こりは楽になります。

●低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になります。

●整体でボキボキしても肩こりは楽になります。

●カイロプラクティック院でボキボキしてもドロップ治療をしても肩こりは楽になります。

しかし、これらは対症療法です。

対症療法というのは原因を見つけることなく肩こりを楽にする方法です、整体院やカイロプラクティック院でする治療も当院から見れば対症療法です。

歪みやズレをボキボキして矯正していますが、どうして背骨がズレを起こすのかを考えていません。

確かに肩こりを起こしている原因は筋肉疲労なんですが、筋肉が原因ではありません。

どうして筋肉疲労が起きるのか、原因があります。

何も原因がなくて筋肉疲労が起きることはありません。

どうして筋肉疲労が起きるのか????

毎日、毎日、肩や腕や指は良く使います。

しかし筋肉が疲れをためると筋肉疲労を解消するホルモンが分泌されてコリを解消するはずなんです。正常であればですが。

何かの原因があって、筋肉疲労が解消できないのか。

又は筋肉疲労を解消できないほど体調を落としているのか、です。

筋肉疲労が多くなると昼間でも筋肉のコリは減らすことができますが、圧倒的にコリを減らすことができるのは夜に寝ている時です。

夜に肩こりを解消する

肩こりが起きると寝ている時に正常に働くと筋肉のコリを減らして楽にすることを体はしていきます。

しかし、これは正常に働いている時です。

体のホルモン系の働きが落ちた時や脳の回復させる力が落ちた時には働きが正常にできません。

なんでもかんせも勝手に働いてくれている体は、最大に働きが落ちるのが睡眠負債の時です。

最近はスースー寝息を立てている方も目が覚めない方も眠りが浅くなっています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。目が覚めないから寝ていると思っています。

ただ目が覚めないからです。と言う理由だけです。

目が覚めないから寝ていると言う事はありません。

目が覚めなくても、夢をるのは数時間夢を見る方はいません。長く夢を見ている状態でも1分だったりです。

あとの数時間はどうでしょう。

あとの数時間が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。しかし寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠から肩こりに

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると脳が弱っていきます。脳が弱ると疲れやストレスを減らすことができません。ですから疲れやストレスの蓄積し放題になります。

毎日の生活や仕事や精神的な抑圧などで疲れやストレスがたまりますが、これを減らすことができのは眠りです。つまり脳から寝ていないと減らすことができません。

脳から眠るということができないと疲れやストレスを減らすことはできません。

脳から眠ることができないと自力では回復できません。

肩こりというと身体に蓄積する疲れやストレスが原因で歪みが起こりますが、この疲れやストレスはどこにたまるのか。

疲れやストレスの蓄積する場所は筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。水に疲れやストレスがたまるかというたまりません。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓です。

つまり内臓に蓄積することで内部から体は崩れていきます。

疲れやストレスは全体の内臓に溜まりながら、弱い内臓に多くたまります。

肩こりに関係しやすい内臓に疲れやストレスがたまることで歪みになり肩こりになります。

肩こりに関係しやすい内臓と言うのは、心臓、肺、胃、肝臓です。

時々、胸苦しいとか、息が吸いにくいとか、胸のあたりでチクッとする痛みが一瞬あるとか、無いですか??

これが内臓に蓄積している疲れやストレスで起きる症状なんですが病気ではありません。

ですから、病院でいくら検査しても分かりません。もし異常が見つかれば、もう病気になっています。

血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしても異常が出ないのは、今はまだ、病気ではないからです。

血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。

病気として完成したら検査することで判明します。

完成する前はいくら検査しても分かりません。

健康な細胞から1年や3年で病気になることはありません。

病気になるためには5年以上、10年くらいかけないと細胞の変化は完成しません。

その時に検査すると病気としてわかります。

肩こりとは

 

 

 

小倉肩こりを楽にするなら楽になったら治ったではなく、そこから肩こりの原因をみつけることをしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月02日

膝の痛み

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で膝の痛みには曲げると痛い歩くと痛い薬や運動したりストレッチをしたりサポーターを巻いたり病院でヒアルロン酸を注射したりすることがありますが、原因を見つけ出すことが大事です。30年になる徳力整体院。
膝の痛み

膝の痛みを楽に

膝の痛みがある方は原因を見つけることなく対症療法ばかりしていることが多く見受けられます。対症療法と言うのは膝の痛みがどこから起きるのか、本当に年齢のものなのか、と言う事を見つけることなく膝の痛みを楽にしていく方法です。

体には年齢だけではなく痛みやコリの原因があります。この原因を見つけることは簡単ではありませんから、病院でも注射で水を抜いたりしてヒアルロン酸を注射しているのが現実です。

確かにヒアルロン酸は大切なことです。ヒアルロン酸を打つと楽になります。

しかしヒアルロン酸を打つばかりで良いのかな、と考えないと膝の痛みの原因があれば原因はヒアルロン酸をうったりしていると原因いつまでも同じままではありません。

本当に加齢から起きる膝の痛みであるのか、どうかは病院ではわかりません。

炎症やハレがあれば湿布を貼ったり抗生物質で押さえたり、ヒアルロン酸を注射したりすることを病院ではしていると思います。

しかし病院にいっていると言う方が来院すると膝には炎症やハレがあります。

何回くらい病院に行ってたのか、聞いてみると1年、行っていると言う事でした。

病院では

膝を見てみたり、触るとブヨブヨしていることがわかるんですが、1年、病院にいっているのに炎症やハレが取れていません。

当院でも1回で取ることはできませんが、1回目でかなり炎症やハレを取ることができました。

それから膝の全体ではなく、痛みが起きている場所を絞りながら改善していくようにしています。

その為にも、まずは全体の炎症やハレから手で解消していく事をしていきます。

膝全体の炎症やハレが解消できたら、次の段階として一部分の炎症やハレを見つけて範囲と深さと確認しながら膝の痛みを治療していきます。

当院の院長である私は、目で見た状態ではわからないものを見つけ出すことができます。

炎症やハレがある状態では軟骨も損傷を起こしやすく回復ができません。

そして膝の骨自体が炎症やハレを起こしていることもあります。

膝のじん帯や筋肉、関節を検査する事をしています。

対症療法をしても

膝の痛みがある方は膝を曲げると痛いとか、歩くと痛いとか、階段を上ると膝の痛みがあるとか、膝の痛みがあるからストレッチをしたり運動をしたり、サポーターを巻いたり、病院で水を抜いたり、病院でヒアルロン酸を注射したり膝の内側が痛いとか、膝の外側が痛いとか、言いますが、原因があります。

原因を見つけることなく楽にする治療のことを対症療法といいます。

対症療法ばかりして原因を見つけることなく安心していると進行があることもあります。

膝の痛みには楽にすることと、直すことの両方の治療があります。

膝の痛みには膝の痛みが起きた原因が必ずあります。

膝の痛みがない時でも、一度、起きた膝の痛みの原因は残ったままです。

膝の痛みがどうして起きるのか、何か原因があるのか、考えるようにして下さい。

加齢ばかりが原因ではありません。

レントゲンを撮っても異常がないのはレントゲンは骨折やヒビがないと言う事です。

膝の痛みがある方は徐々に膝が変形していく事もあります。

対症療法ばかりしていると変形性膝関節症になったり進行していきます。

膝の痛みには原因が

膝の痛みには原因が必ずあります。

例えば骨盤の歪みなども膝に負担をかけてしまいます。

膝から延びる色々な筋肉のバランスが悪くなることもあります。

しかし、それだけではありません。

膝の痛みと言うと強く内臓が関係しています。

その内臓は肝臓です。

肝臓の内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

ですから病院で検査しても見つかりません。

体に多くの疲れやストレスがたまると言うことは内臓にも疲れやストレスはたまります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓しかありません。

つまり内臓に多くの疲れやストレスがたまり体の中から崩されていきます。

体全体に疲れやストレスがたまりながら、筋肉にもたまりながら、内臓に疲れやストレスは多く蓄積していきます。

内臓に蓄積する疲れやストレスが多くなればなるほど体は歪みを起こしていきます。この時に骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

この骨盤の歪み・背骨のズレが肝臓に蓄積して背骨の8番目のズレをおこしていきます。

これが、おおもとで膝の痛みに進行していきます。

ですから膝の炎症やハレが解消できたら骨盤の歪みと背骨のズレを整えて肝臓に蓄積した疲れやストレスを減らすことをしてきます。

肝臓に問題が起きると花粉症、アレルギー性鼻炎、膝の痛み、外反母趾を起こします。

 

 

 

小倉膝の痛みを楽にするなら原因を見つけることからしているカイロプラクティック徳力整体院。膝の痛みがある方は膝を曲げると痛いとか、歩くと痛いとか、階段を上ると膝の痛みがあるとか、膝の痛みがあるからストレッチをしたり運動をしたり、サポーターを巻いたり、病院で水を抜いたり、病院でヒアルロン酸を注射したり膝の内側が痛いとか、膝の外側が痛いとかの症状があります。

2018年03月26日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で腰痛を楽にするなら腰痛を起こしている原因から解消することをしている30年になるカイロプラクティック徳力整体院
腰痛

腰痛を楽にする

腰痛というと強い痛みがありますので、真っすぐ立つこともできない腰痛があります。腰痛を起した方にしかわからない痛みが腰にあります。

腰痛は急に来ることもあれば、徐々に腰が痛くなることもあります。

しかも腰痛と言うのは、いつ起きるのかわからないことが多くありますから、今までどうもなかったのに急激に腰の痛みになります。

例えるならクシャミしただけで腰が痛くなったと言う方もいます。

寝て朝、起きたら腰が痛くて動くこともできなかった、と言う方もいます。

腰痛と言うと思いものを持とうとして持ち上げたら腰が痛くなった。

車の運転をしていると徐々に腰が痛くなる。

畑仕事で座って仕事をしていたら腰が痛くなる。

中腰をして体を伸ばそうとしたら腰が痛くなった。

靴下を履こうとして前かがみになったら腰が痛くなる。

始めて履いた靴で歩いていたら腰が痛くなった。

山歩きをしていたら振動で腰が痛い。

野球をしていたら腰が痛くなった。

サッカーをしていたら腰が痛くなった。

ストレッチしていたら腰が痛くなった。

・・・などなど色々な腰痛があります。

これらはすべて切っ掛けです。多くの方は、何かをしたから腰が痛くなった、重たいものを持ち上げたら腰が痛くなったと言いますが、これは切っ掛けです。

切っ掛けは切っ掛けであって原因ではありません。

腰痛は切っ掛けと原因が両方揃っている時に腰が痛くなります。片側が欠けても腰痛になることはありません。

タイミングがぴったり重なった時に腰が痛くなり腰痛になります。

腰痛の原因

腰痛を起こす原因は体調にあります。体調が落ちた時には骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。体調が落ちるということは疲れやストレスの蓄積なんですが、疲れやストレスと言うのはたまる所はあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓です。大脳も内臓です。

しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

なんでもかんでも病気と結びつけることなく考えて下さい。

疲れやストレスは内臓に多く蓄積していきます。もちろん筋肉にもたまりますが、その何十倍の疲れやストレスが内臓に蓄積していきます。

内臓に蓄積する疲れやストレスが多くなると内臓は炎症やハレを起こしたりしていきます。

この状態が長期化すると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるからといって、程度が軽いと腰の痛みは起こりません。

疲れやストレスの蓄積で、程度が軽いものから悪化していきますから、悪化したら骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時に、体を支えることができない姿勢をすると腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると、重いものを持つことでも負担が大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると、前かがみの姿勢で腰への負担が最大になります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると、同じ姿勢が負担になります。徐々に骨盤が歪んでいき大きくなります。

疲れやストレスは限界なく体に蓄積していきます。

際限なく疲れやストレスはたまりながら、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなっていきます。

疲れやストレスの蓄積するのは

疲れやストレスの蓄積するのは内臓の中でも腎臓が主です。腎臓に疲れやストレスがたまることで筋肉バランスが崩れていきます。この時に影響を出す筋肉は大腰筋、腸骨筋です。

正常な大腰筋、腸骨筋

 

上のイラストは正常な大腰筋、腸骨筋です。この大腰筋、腸骨筋は骨盤を固定することをしています。しかしこの大腰筋、腸骨筋は腎臓に関係する筋肉ですから、腎臓疲労から筋肉バランスが崩れていきます。

大腰筋、腸骨筋から腰痛に

 

左のイラストは正常ですが、右のイラストは大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れている状態です。右のイラストでは背骨しか傾いていませんが骨盤の歪み・骨盤の開きを起こしていきます。

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると、そしてひどくなっていくと上肢を支えることができなくなります。

この時に前かがみしただけで体を支えることができないと腰が痛くなって腰痛になります。

これが一気に来たものがギックリ腰です。ギックリ腰は急性状態で起きるので痛みが強く感じますがネンザです。

腰の関節は大きいですから、痛みが強くなります。

しかしギックリ腰を痛みだけ楽にしようとすると死亡することもあります。それはギックリ腰と言うのは体調の悪さから起きている警報だからです。

体調が良くないから起きるギックリ腰ですから、休養を取ることをお勧めしています。患者さんのことを思えば仕事を休めないまでも無理に休養を取らないと心不全が起きることもあります。

体が何かしらの痛みを起す時には、疲れやストレスが内臓に溜まりすぎている時です。

これを簡単に考えて良いものか、と言う事があります。

寝違えも同じです。寝違えもネンザです。

寝違えもギックリ腰も簡単に思うことなく、たまにはゆっくり休みましょう。

腰痛を楽にする為には腎臓に蓄積した疲れやストレスを減らすことをしています。その為にも骨盤の歪み・骨盤の開きを整えていく必要があります。

まずは骨盤の歪み・骨盤の開きから治療に入ります。

そして次には、

背骨の検査をして歪みがないか、確認していきます。場合によっては椎間板ヘルニアになっている方もいます。

骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレが改善できたら筋肉バランスを解消していきます。

そして腎臓疲労を改善していく方法をしています。

しかし、それだけではなく、腎臓が弱いから疲れやストレスがたまりやすくなっています。

腎臓の弱さを放置しておくと進行していきます。しかも腰に痛みがない時でも水面下で進行して悪くなっていきます。

これが進行した物が腎臓の病気です。

今は検査しても大丈夫でも1年くらいで病気になることはありません。細胞の変化は時間がかかってなっていきます。

病院ではなってしまって完成しないとわかりません。

進行途中では病院の検査はわかりません。

なると断言できるものはありません。

あくまでも確率です。

 

 

 

小倉腰痛を楽にしていくなら楽にしたら、そこで終わりではなく、そこから原因を見つけ出して解消することをしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年03月22日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で小顔矯正をするなら初回から顔が小さくなると人気があり危険な小顔矯正でもない自分で顔が小さくなっていくのがわかるようにしているカイロプラクティック徳力整体院。
小顔矯正が人気

小顔矯正が人気

当院の小顔矯正は初めから顔が小さくなっていくことで人気があります。しかも自分で顔が小さくなっていくのが、わかるようにしているのが特徴です。

小顔矯正をして行くときには他人がメジャーなどで測ったりすることをしても適当にと言うか、誤魔化すこともあります。測る前にゆるく測って、小顔矯正をしたあとはキツク測ることもあります。

他の方が測るよりも自分で顔が小さくなったのが、わかる方が笑顔が違います。

その為に、当院では小顔矯正を希望されて訪れた方のカルテで説明する時も、顔の触り方を指導していますが、この触り方は簡単ではありません。簡単に触つてしまうと顔を小さくしても分からない方もいます。

小顔矯正に入る前に2度、触り方を言います。一度目は、ご自分で顔を触ってもらう方法で、2回目は小顔矯正に入る直前に顔を触ってもらって、その手の上から院長が手を重ねます。この時に触り方が初めてわかったと言う方もいます。

しかし1回目も、2回目も顔を触ってもらっても、小顔矯正した後に、わからない方がいます。この方は触っているだけの場合が多く感じようとしていない方です。

顔の大きさは全員が違います。

顔が大きい方、顔が他の方と比べて小さく方、顔が浮腫んでいる方、顔の脂肪が多い方、顔が変形している方などが対象で小顔矯正をしています。

顔は小さいだけではなく骨ばっていても良く見えません。

骨ばって小顔にしてしまうとダメです。

筋肉質的に顔をしても意味ありません。

顔の筋肉も鍛えることができますが、良く顔を動かしている方もいますが、動かすと言うことを続けていくと顔の筋肉が硬くなります。3か月くらいで固くなることはありませんが。

どの筋肉も使うことで固くなっていきます。動かすことで脂肪は減るでしょうが、ムクミは多くなります。

脂肪と浮腫みは違います。脂肪は脂肪が中にあることを言います。

浮腫みは体調の悪さから起きています。運動したり鍛えたりすることで浮腫みは多くなります。

運動したり、筋肉を鍛えたりすると筋肉は簡単には鍛えられませんが、鍛えたり運動すると疲れが多くなります。この疲れが体調を落として働きの低下から浮腫みが多くなります。

筋肉を動かすと言うことは疲れを多くしていきますから浮腫みやすくなります。

顔をベルトや顔を締め付ける方法で小顔矯正をしても、無理な小顔矯正になっています。サポーターで締め付けるような感じですから、無理に締め付けても締まるものではありません。いくら締め付けて血流を止めても皮膚が固くなります。筋肉も硬くなります。血流を阻害して締め付けていると顔が固くなります。

当院の小顔矯正は

当院の小顔矯正は痛くない怖くないボキボキしない小顔矯正をしています。小顔矯正をする時には、低周波治療器や電器を使うことなく手のみで顔を小さくしていく事ができます。

当院の小顔矯正は手のみで顔をマッサージするみたいにしているだけで顔が小さくなる小顔矯正ですが、マッサージをしている訳ではありません。

マッサージをして顔は小さくなることはありません。

しかし院長である私が手でマッサージする見たいにして顔を揉んでいると小さくなります、特にアゴのラインはスッキリして細くなっていくのが当院の特徴です。

小顔矯正をする時には検査する事をしています。検査してみると色々なことがわかってきます。普通は顔の検査なんかしませんでしたが、たまたま検査してみるとわかることがありました。

顔に炎症やハレがあるということがです。

普通では考えられないことですが体の歪みやズレの検査を普段からしていますから、院長である私が小顔矯正をすると、どうして顔が小さくなるのか、意味が分かりませんでしたが、それでも顔を小さくすることができていました。ある時、どうして顔を小さくする小顔矯正ができるのか、顔の検査をしてみると顔に炎症やハレがあるということがわかりました。

この顔の炎症やハレがどこにあるのか、深さは、範囲はと言う感じで研究を進めていくと、色々なことがわかってきました。

顔には表面の皮膚、皮下脂肪、筋肉、じん帯、骨があります。

特に骨が炎症やハレを起こしている方が多くいます。骨が炎症やハレを起こすと骨が変形を起こして大きくなります。

骨も生きているからある事です。骨が生きているから変形を起こします。

骨が変形を起こすと大きくなります。骨が炎症やハレを起すと浮腫みになります。

骨が炎症やハレを起こしていくと脂肪が多くなります。

正常に戻すと顔が小さくなる

顔の炎症やハレを正常に戻すと顔が小さくなります。ですから無理な小顔矯正ではありません。しかもマッサージ感覚で矯正を行いますから。

特にアゴのラインは多くの方が骨の炎症やハレを起しています。

だからアゴの骨の炎症やハレを改善できるだけだけの治療ができれば顔が小さくなります。

しかし簡単なことではありません。

1回で終わることはありません。それは顔まで炎症やハレを起こすほどの体調の悪さにあるからです。

今まで100人の方が小顔矯正をうけたとして100人かた、全員が顔に炎症やハレがありました。ただ程度が違います。

全員にある顔の炎症やハレは1回ですべて減らすことはできません、実際に他の整体院でもカイロプラクティック院でも、エステでも、病院でもわかりませんし、わかっても治療しようがないものです。

しかし実際に顔の炎症やハレがあります。

炎症やハレが顔から無くなると顔が小さくなります。

この小顔矯正は最新の小顔矯正ですから、誰でもどこでもできる小顔矯正ではありません。

ハイレベルの小顔矯正ができるのは、当院だけです。

 

※変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

小顔矯正とは

 

 

 

 

小倉で初めから顔が小さくなる小顔矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年03月19日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で骨盤矯正で骨盤を小さく小尻にすることで人気がある評判の良い矯正をしている小倉南区と小倉北区から徳力整体院
骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

当院では多くの方が骨盤矯正を予約されてきていますが、多くの方が骨盤矯正をおぼろげにしかわかっていません。骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていく事なんですが、骨盤のどこを小さくしていくのか、と言うことが理解していませんん。

骨盤矯正というのは、後ろから見た骨盤を小さくしていく事であり、前から見たら骨盤が小さくなるのと、足が長く見える効果があります。本当に足が長くなることはありません。

骨盤が大きいと足が短く見えるのがあります。

しかし足が長くなることはありませんが骨盤が小さくなると足が長くなったような感じになります。

骨盤矯正をして行くときには、骨盤のどこを小さくしていくのか、ですが、骨盤の横幅を小さくしていく事をしています。

骨盤を小さくしていく事で臀部の盛り上がりも変わる方もいます。臀部が盛り上がることこそ、タレ尻にから脱却できます。つまりヒップアップにもつながりますがコルセットやガードルで上げても上がることはありますが、上げているだけです。

いくら下着やストッキングで上げても、脱げばもとに、戻ります。

臀部の盛り上がりと言うのは体力のバロメーターでもあります。体力がない方ほど男性も女性も臀部のハリがありません。

臀部のハリを筋肉をきたえる事でも上がりますが、筋肉が張ってきただけで体力が上がった訳ではありません。

どれくらいのお尻のハリをしているかで違いますが。

お尻のハリは大切です。

お尻のハリを作るのは、簡単ではありませんが、徐々に臀部が張ってきてお尻が二つになります。

かまぼこ型のお尻は良くありません。

右のお尻のハリと左のお尻のハリがあって良い状態になります。

年齢を重ねるとお尻にハリがなくなるのは、加齢による体力の低下です。

お尻がタレルのは、年齢、加齢、重力だけではありません。

当院の骨盤矯正は、お尻がタレルのを上げることもできる治療ですが、1回でできることはありません。

骨盤矯正も2段階あります。一つは初めからできる体調を上げる骨盤矯正と体質改善による骨盤矯正です。

体調を上げる骨盤矯正でも臀部が盛り上がる方もいますが、維持する力がありません。

体質改善の治療で体を中から変えていく事で維持する力が大きくなります。

骨盤矯正と言うのは

骨盤矯正と言うのは骨盤周辺の脂肪や浮腫みを解消しても骨盤が小さくなっていきますが、それだけでは骨盤矯正とは言えません。

骨盤矯正をする時には、骨盤の歪み・骨盤の開きも矯正する必要があります。

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤周辺に脂肪や浮腫みが多くなります。

骨盤矯正に入る前には、自分で確認できるようにして骨盤矯正をして、どれくらい骨盤が小さくなったのか、できるだけわかるようにしています。

その為には、簡単なことではありませんが骨盤の横に手を当てて幅をおぼえてもらいます。

骨盤矯正をする時の触る位置は下の写真を参考にして下さい。

しかし、ただ触っても分かりません。位置をしっかり触ったら左右差を感じるようにします。

骨盤矯正の触る位置

左右差を感じることをすると脳が働いてくれます。脳が働くことで感覚神経が働きます。これができないと、いくら骨盤を小さくしても分かりません。

スカートやGパンが小さく緩くなっても、できたら手でわかるようにして下さい。

1度で変わるには限界があります、小さくなっても、持続する時間がありません

維持することができません、と言うのは他にも骨盤矯正をする必要があるからです。

骨盤矯正と言うのは

骨盤矯正をする時には痛くない方法で骨盤矯正をしていきます。

当院ほど骨盤矯正で骨盤が変わる所はないと思いますが、簡単にしているように見えますが、できるから簡単にしているだけです。

簡単な骨盤矯正をして骨盤が変わることはありません。

骨盤が簡単なことをして小尻になることはありません。

骨盤矯正といっても骨盤だけ矯正すれば良いと言うものではありません。

骨盤矯正をする時に持続性はと聞かれますが、それはご自分の体調に関係があります。

体調と言うのは自分で感じる物ですが、あることが起きていると体調がわからなくなる方がいます。

最近は寝ているようで眠れていません。

眠れていないと脳が弱ります。脳が弱ると脳疲労になります。

脳が弱ると維持する力もありません。

脳が弱れば弱るほど、骨盤矯正を終わって立った瞬間から崩れていく方もいました。

自己判断しないで検査することをしていますので、当院の検査の方が自分で思うよりも正確です。

 

 

小倉骨盤矯正をするなら初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院。当院では小倉南区小倉北区からも多くの方が骨盤矯正に来ています。

2018年03月15日

浮腫み

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で浮腫みを解消して減らすことをしてをしています。浮腫みには原因があります。小倉北区と小倉南区で浮腫みを減らすならカイロプラクティック徳力整体院
浮腫み

浮腫みを解消

浮腫みを減らすことをしています。しかし浮腫みには浮腫みができる原因と多くなる原因があります。

浮腫みというのは脂肪と違います。浮腫みは浮腫みであり、脂肪は脂肪です。皮膚をつまんでみるとわかります。

脂肪でしたら指と指でつまむようにすると中には脂肪があります。

指でつまむときには大きくつまみます。

そうすると中には脂肪化浮腫みがあります。

つまむとつまんだ部分に脂肪があると脂肪を感じることがあり、幅があります。

焼肉のホルモンを想像してもらえばわかりやすくなりますが、ホルモンの周辺についている白いのが脂肪です。お肉コーナーで無料でもらえるのが牛脂ですけど、これも脂肪です。この脂肪は固くなっていますが。

これに対して浮腫みと言うのは、フシュです。

フシュと言うのは体調の低下で多くなります。

例えば朝から顔がパンパンでハレていると言う方は、寝ている間に多くなってしまったものですが、寝ている間に動かなかったからではなく、体調の悪さにあります。

寝ている間に回復ができていいれば回復していますから、朝が一番、顔が引き締まっていなければいけません。

しかし朝から眠りが浅かったり体調の回復ができないと、朝から浮腫みます。

浮腫みとフシュは同じことです。顔であろうと体であろうと、足であろうとフシュは良くありません。

浮腫みは

浮腫みというのは中にあるものはリンパ液です。リンパ液が滞留してしまっていることが原因でおこります。

例えば夜に浮腫みが起きるのは、体調が落ちて足のリンパの流れが停滞していることが原因ですが、同じように動いても起きる方と起きない方がいます。靴の違いもありますが。

足を締め付けるような靴、靴下、ストッキングなどが多くあり循環が悪くなりますが、締め付ければ締め付けるほど流れは悪くなります。

理想的に締め付けるストッキングなどもありますが、締め付けるよりも履かなくて良い方が良いと思います。

履くということは原因があります。

この原因から変えていく事をしないと、いつまでも変わりません。

どうして浮腫み、フシュが起きるのか、と言う事を考えて下さい。どこかに原因があります。

原因を見つける為にも基本的なことから始めると言いと思います。

基本的なこととは、体調です。

最近は体調が悪くなっている方が多くいます。体調の悪さを感じていない方も増えています。

浮腫みは

浮腫みと言うのは浮腫みやすい体質がある方が起きています。

浮腫み体質の方が体調が落ちた時に浮腫みが多くなります。

浮腫みやすい体質と言うのは、変えない限りは一生変わりません。

何をしても浮腫み体質は変わりません。

サプリメントを飲んでも効果が上がりにくくなります。これは浮腫みが起きている原因を無視して栄養やミネラル、何かのエキスで浮腫みを解消して減らそうとしているからです。

運動しても脂肪は燃焼するかも知れませんが、浮腫みは増えていきます。運動したり走ったり、ストレッチしても汗をかきます。汗をかくと脂肪は燃焼しやすくなりますが、その代わりに疲れが多くなります。この疲れが浮腫みになります。

何かをしたら、代わりになるものが増えていきます。

この増えたものが浮腫みになります。

浮腫みが増える時には

最近は多くの方が体調が悪いと説明しましたが、多くの方の体調の悪さが眠りにあります。

寝ているようで寝てないことが原因です。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

眠りと言うのは脳が休養を取って寝ていることです。

体は休んでいても脳が眠れていないと睡眠とは言えません。

グーグー寝ていても誰が見ても寝ていても、脳から寝ていないと眠れていません。

本人は寝ていますから、わからないでしょうが。

多くの方が目が覚めないから寝ていると思っています。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める瞬間に見ているから記憶に残ります。しかし夢を見る前には脳が寝ていれば眠れていますが。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。ベットに入って寝ようとする時間、つまり眠りにつく時間と夢の時間です。

つあmり5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっている方もいます。

寝ながら考え事をしている睡眠

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。寝ながら考え事をしている睡眠は妄想に近い睡眠です。脳から眠ることができていません。

この方は大脳に疲れをためていきます。疲れをためていくと、さらに大脳が弱っていきます。

大脳が弱ると、さらに寝ながら考え事をしている睡眠が深くなります。

そうするとさらに生命機能の中枢の脳幹が弱ります。

大脳に回復する力がありますから、回復することができなくなります。

この時には体調が悪く、ドン底のような体調をしていても感じません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても痛みやコリを感じません。

風邪の細菌が体内に入っていくと脳が元気だから風邪を引きます。

インフルエンザウィルスが体内に入ると脳が元気な人が熱を上げることができます。

脳が弱っていくと内臓も機能低下して弱っていきます。

この時にはリンパの流れも悪くなります。

この状態でフシュの方が増えています。

 

 

 

 

小倉浮腫みを減らすことをしています。

2018年03月13日

生理痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で生理痛を改善しようと思うなら生理痛の原因からかえていくことを考えて下さい。生理の解消なら体調と体質から変えるカイロプラクティック徳力整体院
生理痛

生理痛を解消

毎月の生理が来る前には、落ち込むことや悩みが増えてしまう方もいます。毎月の生理のつらさを改善できるとしたら、どうでしょう。

じつは生理痛になるのは、原因がありますが、病院に言って検査してもホルモンのバランスが悪いとか言われるのが、セキの山です。

生理痛が起きるのは、原因があります、この原因を見つけ出すことができれば生理痛は無くなるか、軽くなります。

生理の時に関係する内臓と言うのは卵巣と子宮、ホルモンです。この内臓が直接的な原因です。

しかし、それだけでしょうか???????

当院では検査する事ができますから、検査してみると色々なことがわかってきます。

生理痛が起きる原因

生理痛が起きる原因は

① 体調

② 体質にあります。

生理痛になるのは、体調と体質が深く関係しています。

体調と言うのは自分で感じるものですが、あることが起きていると感じなくなります。

体調とは、「体調が落ちる」とか「調子が悪い」とか一般的に言うものです。

体調が悪いとは風邪を引いて寝込んでいる時だけではありません。

体調が落ちるとは疲れやストレスの蓄積が多くなったことです。

疲れやストレスと言うのは体にたまって多くなるものですが、これがどこにたまるのか、と言うことで生理痛になります。

体に多くの疲れやストレスがたまってくると、体はどうなるのでしょう!!!

疲れやストレスの蓄積から歪みやズレを起こしていきます。まずは骨盤や背骨が歪みやズレを起こしていきます。

人として生きている限り疲れやストレスはあります。

疲れやストレスがあるからと言っても脳がマヒしていると感じません。

脳がマヒするとどんなに歪みやズレが起きていても感じません。

ひどい痛みが起きている状態でも痛みは感じません。

ですから自分では体調は良いと思っている方も実際には多くなっています。

これは年齢に関係なく起きています。脳が元気だから痛みやコリが限界まで悪くならなくても痛みやコリを感じます。

しかし脳がマヒしていると、最大限、限界を超えた状態で痛みやコリになります。

痛みやコリを回復させることができるのは、脳にあります。

脳が元気だから回復させる力があります。

落ちすぎている体調

最近は新患の方で体調が良いと言う方はいません。自分では体調が良いと言う方はいましたが、検査すると大変だと心配するくらい落ちています。

つまり感じていない、と言う事です。

感じていない方が生理になると生理痛がひどくなります。寝込むこともあるくらいになります。腹部がうずいたりすることもあります。下腹部が重苦しい感じになります。

お腹の部分を検査するとブヨブヨしていると思ったら脂肪でもなくムクミ、つまり浮腫だったと言う方までいます。浮腫みと言うのは体調の悪さを表します。

脂肪と浮腫みは違います。

脂肪は中に脂肪がありますが、浮腫みはリンパ液があります。

下腹部に浮腫がある方が下腹部痛になります。ズキっとする痛みになったり、重苦しい感じになったり、生理痛になります。

もちろん、この時には骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

体調が悪くなると骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。そして背骨の5番目、3番目はズレています。この時に生理になると生理痛が起こります。

体調が落ちると自分の内臓の弱い部分の骨がズレを起こします。生理痛が起きやすい方は腰椎の3番目、5番目です。

3番目は卵巣に関係した骨です。5番目は子宮に関係した骨です。

つまり体調だけではなく体質的にも生まれつきにも3番目と5番目がズレています。この方が成長していくと生理の内臓が老化して生理になります。これが体質です。

疲れやストレスの蓄積

自分の体には弱い内臓と、そうでもない内臓があります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。。

弱い内臓に多くの疲れやストレスは溜まりやすく、たまると骨のズレを、さらに起こしていきます。

生理痛とは

 

体質と言うのは遺伝です。つまり家系的な弱さです。親が生理痛がひどかったとか何かの病気があったとかです。

根底にあるには体質です。精子と卵子のDNAです。親からもらう遺伝子の情報には生理痛にあると断言できるものが含まれて生まれてきます。あとは生理痛になるのが、いつなのかです。

この悪い遺伝子がないと生理痛にはなりません。

ホルモンのバランスもあまり関係しません。

体調が悪い時にはホルモンのバランスが崩れています。

体調が悪い時には、子宮、卵巣の働きが落ちています。

体調が悪い時には骨盤が開いて骨盤の中の内臓に影響があります。

体調が落ちている時には骨盤は開いて骨盤の中の内臓に影響があります。

体質的に弱い部分が悪くなります。悪くなると生理の時に症状が起こります。

生理痛というのは

 

 

 

小倉生理痛を改善するなら原因から変えていく事をするカイロプラクティック徳力整体院

2018年03月09日

更年期障害

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で更年期障害を楽にするなら原因から改善することをしているカイロプラクティック徳力整体院は痛くない怖くない解消小倉南区と小倉北区で
更年期障害

更年期障害を解消

更年期障害と言うのは50歳前後の方がなる病気です。50歳くらいになると生理が終わることから起きるホルモンバランスが深く関係して起きています。

しかし自律神経失調症と更年期障害は年齢しか分けることができません。50歳前後であれば更年期障害と言われて、それ以外では自律神経失調症と言われることもあります。

更年期障害は主には卵巣ホルモンのバランスが崩れる時に起きると言われています。

50歳前後になると生理が終わる期間の為、ホルモンバランスが悪くなると考えられています。

その時に色々な症状をあると病院で検査しても以上がない時に更年期障害と言われます。

病院の検査でわかる時には、もう病気になっている場合だけです。尿検査も血液検査もレントゲンンもエコー検査もMRI検査も病気の検査です。この検査に異常があれば、何かの病気になっています。

しかし更年期障害は病名ですが病気ではありません。ですから薬の処方でホルモン系の薬、安定剤などになると思います。

何かわからないのに、薬を出しています、それは、訴える症状に対して出される薬です。

眠れないと言えば、安定剤、導眠剤、睡眠薬になると思います。

イライラすると言えば、安定剤です。

胃のむかつきがあると言われれば胃薬です。

頭痛があると言えば頭痛薬です。

肩こりがあると言えば湿布を貼ったりすることです。

これらのことを対症療法と言います。

対症療法

対症療法と言うのは原因なんか、関係ありません。

原因を見つけることは簡単ではありありませんから。

対症療法をして間に合わせているという事もあります。

更年期障害になるのは原因が別にあります。

更年期障害になるのは原因がありますから、原因をみつけていく事をしていくと変わっていきます。

更年期障害の色々な症状を楽にしていく為にも体調から上げて整えていく事です。

何よりも体調は基本的なことなんですが、体調を上げる治療と言うのは簡単ではありません。

 

体調を上げていくことはサプリメントを飲んでも栄養やミネラルですから、体調を上げることができません。

美味しい焼肉を食べても体調は上がりません。

運動をしても体調は上がりません。

マッサージをしても体調は上がりません。

低周波治療器や電器をしても同じです。

体調とは

体調とは内臓の力の事です。いくら運動で筋肉は鍛えることができても基本的な内臓は鍛えることはできません。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

体にも多くの疲れやストレスはたまります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパなどです。あとは内臓しかありません。

つまり内臓に多くの疲れやストレスはたまります。

内臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら、内臓に多くはたまっていきます。

内臓に蓄積すると内臓の働きが悪くなります。内臓の中にはホルモン系の内臓もあります。

体調が落ちていくと脳にも疲れやストレスはたまります。

脳に疲れやストレスがたまると眠りが出来なくなります。

内臓の力がないからダルクなります。

内臓の力が落ちているから疲れやすくなります。

内臓のパワーダウンが更年期障害を起しています。

内臓から元気になること

内臓から元気になることをしないと内臓は疲れやストレスをためたままです。

色々な症状は内臓疲労から起きています。

内臓疲労が強い方ほど、更年期障害になります。

同じ更年期でも、閉経でも何も症状が起きない人もいます。

何も症状が起こらない人は???

更年期障害が起きるのは、どうして起きるのか、理由があります。

体調から上げていく

当院ではあらゆる症状を検査することで判断していきます。

検査することは簡単なことではありませんが、30年も検査していると簡単に見えるように検査する事ができますが簡単ではありません。

まずは基本的なことからしていかないと変わりません。

その為には体を整えていく事です。

更年期障害を楽にする体調から上げていき、体調がある程度上がってきたら、原因が検査することで確認ができます。

つまり2段階の治療があると言う事です。

多くの更年期障害の場合、体調を良くすると気分も変わります。そして楽になります。しかし1回目と2回目はダルクなったりすることもあります。

これは体調が落ちすぎているせいです。

体調が落ちすぎていると回復する力の方に使われますから、今ある体調のパワーが無くなるからです。

そのあとは回復する力も向上していきます。

そのため、1回目は軽く施術しています。

これでも体調が落ちている方は、ダルクなります。

それほど体調が落ちているからです。

 

小倉で更年期障害を改善するなら徳力整体院の更年期障害解消法をしています。

小倉南区小倉北区からも多くの方が更年期障害の解消に訪れています。

2018年03月06日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉地区で肩こりを楽にするなら原因も見つけ出すことから肩を楽にしていく治療をしています。小倉南区と小倉北区でカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にすること

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージが強いので筋肉の緊張を解消する事でも肩こりは楽になります。しかし、それだけで良いでしょうか。

 

どうして筋肉のコリが起きるのか、という事まで考えないと。

それは、いつもいつも使うことが多く、重い荷物を持ったり、動かすことが多くある肩の筋肉ですから、コリも起きるでしょうが。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うか緊張を解消してしまうと楽になり、しばらくは良い感じがしますが。本当の所はどうでしょう。

肩こりには肩こりを起こす原因が存在しています。肩こりを起こす時には、肩こり体質が原因で肩こりになります。

肩こりを起こしているには根底にある体質が深く関係しています。

しかし体質を変えなくても肩こりを楽にすることはできます。

サプリメントでも低周波治療器や電器でも

例えば、

●サプリメントを飲んでも最近はサプリメントでも肩こりや腰痛に効果があると言うサプリメントがドラックストアで売られていますし、通販などで購入することもできます。サプリメントで何かのエキスが入っているとか、ビタミンやミネラルが多く入っていると言っています。またあるサプリメントを飲むと朝から元気で動けるとか言いますが、本当に効果があるものなら、どうしてサプリメントなのか、それこそ効果があるのでしたら入院している方が飲めるようにした方が健康保険の料金が減ります。サプリメントよりも薬の方が高額でしょうから。

 

●湿布を貼ったりしても肩こりが楽になることもあります。湿布を貼ったりして筋肉のコリをほぐしていくことができるからです。湿布の冷やすことや温めることでもコリが解消することもあります。

湿布の鎮痛効果があることでも肩こりは楽になるでしょう。

しかし肩こりには原因があると説明しました。そして楽にすることと、肩こりを直していく事とは違いがあります。

肩こりを楽にしても原因は湿布を貼っても変わりません。

 

●肩こりと言うとマッサージですが、マッサージも筋肉に対してコリを解消する事をしています。筋肉をもんだりほぐしたりすることで肩こりを楽にしています。確かにマッサージをすると筋肉のコリがほぐれて解消したような気になりますが、どうして筋肉のコリが起きているのか、と言う事まで考えていません。ただマッサージをすれば良いと言う訳ではありません。

 

●低周波治療器や電器を当てることも多くありますがタイマーセットと強さと当てる部分を指定してもらえば、誰でもできる事です、別に専門知識はいりません。プラスからマイナスへ低電流の電気を流しています。電気を流すことでリンパの流れがよくなって老廃物は流れていきます。循環が良くなります。しかし電気で筋肉を動かして筋肉疲労が多くなります。筋肉が緊張したり疲れているのに、さらに上乗せで筋肉の疲労を多くします。これが低周波治療器や電器です。

検査する

当院では検査することをしていますから、筋肉のコリが起きているのか、確認する事ができます。もちろん筋肉のコリがある方は筋肉のコリを揉むことで解消していきます。普通はそれだけですが、筋肉のコリがほぐれたら、どうして筋肉のコリが起きたのか、見つけていきます。

まずは、目の前にある筋肉のコリから解消することをしていかないといけません。しかし、それだけではなく、単純な筋肉疲労から起きている肩こりなのか、と言う理由を見つける必要があります。

当院で検査してみると筋肉のコリだけで起きている方は30年、肩こりを治療してきていません。つまり筋肉だけの肩こりはないと言った方が良いと思います。

いつもいつも使う筋肉ですが、筋肉に疲れがたまるとホルモンが正常にしていきます。しかし何かの原因で、このホルモンが正常に働かないと言うことが起こります。

このホルモンが正常に働かない原因は体調です。

体調と言うのは自分で感じることができればわかりますが、あることが起きているとわからなくなります。

このあることと言うのは寝不足です。寝不足すると脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲労になり脳が痛みやコリを感じることができなくなります。

痛みやコリは脳で感じています。

脳が弱ると体調の悪さも痛みやコリの感じません。

脳が弱る原因は寝ながら考え事をしている睡眠をしている方です。寝ながら考え事をしている睡眠も2通りに別れます。寝ながら考え事をしている睡眠をしているとわかる方と寝ながら考え事をしている睡眠がわからない方と。

寝ながら考え事をしている睡眠の方は異常に体調が悪く、悪すぎるとこちらに影響があるので、断ることもあります。

それほど周りに影響を出すくらい体調が悪い方がいます。

体調が悪い方で自分ではわからない方は体調が良いと思っています。

体調が良ければ肩こりにはなりません。

体調が悪いから肩こりになります。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時には体調は落ちています。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、内臓にたまっていきます。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

 

 

 

 

小倉肩こりを楽にするなら原因から解消するカイロプラクティック徳力整体院は小倉南区小倉北区から訪れています。

2018年03月02日

自律神経失調症

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で自律神経失調症を改善して楽にすることで人気がある自律神経失調症には原因があります、小倉北区と小倉南区で薬を使わず原因から解消することをしています。
自律神経失調症とは

自律神経失調症とは

自律神経失調症と更年期障害は決まった分別法がありません。年齢を見て判断していることが多く見受けられます。50代前後であれば更年期障害と言い、それ以外は自律神経失調症と言う診断が下ります。

あとはホルモンが深く関係した時に更年期障害といいます。しかし一般的な検査はホルモンの検査までしないことも多くあります。

 

自律神経失調症が起きる時にはあることが深く関係して起きています。このあることとは誰でも簡単に考えているものです。

多くの方が簡単に考えているものです。

このあるものとは疲れやストレスです。

疲れやストレスが多くたまっている方ほど自律神経失調症になりやすくなります。

自律神経失調症と言うのは疲れやストレスの蓄積で起きていますが、疲れやストレスを検査する道具もありません。病院では病気の検査はできますが疲れやストレスの検査はできませんし、健康の検査もできません。

病院では病気の専門家です。いつも病気の検査ばかりしていますから数値に異常がないと健康と言います。

数値に異常が出ないで何かの症状を感じることも多くあります。

何かの体調の悪さを感じても病院で検査しても異常なし???  何か変だと思いませんか??

これは今は病気ではないけどと言う意味です。

しかし健康から1半年や1年で病気になるのか、と言う事があります。

病気になる為には細胞の変化が起きていきます。細胞が変化して1年、2年、3年以上たつと徐々に変化が急速になっていきます。5年過ぎたことから病気で検査して見ると数値が高いですが様子を見ましょうと言われます。

さらに8年くらいたつと病名がついていきます。

これは簡単に説明する為に、大まかなことを書いています。年数は大まかです。

そんな感じだと思って下さい。

自律神経失調症になる時は

自律神経失調症になる数年前から体の異常が起きています。自律神経失調症になる過程がありますから何かの不調状態が起きているはずです。

何かの症状とともに、眠りが浅くなっているはずです。自分で気が付く、気が付かないと言うこともありますが。

徐々に、また、日増しに悪化していき良い時もあれば悪い時もあると言うことで最終的に自律神経失調症になります。

自律神経失調症になるとホルモンの働きも低下していきます。

自律神経失調症になると内臓の働きも低下していきます。

自律神経失調症になると さらに眠りが出来なくなります。

もし眠れていれば自律神経失調症はなりません。

自律神経失調症になる方は、まずは体に多くの疲れやストレスがたまりながら起きていきます。体に疲れやストレスがたまる時には筋肉にもたまりながら内臓に疲れやストレスがたまっていきます。

内臓というのは心臓、肝臓、肺、胃、大腸、腎臓、膀胱、子宮、そしてホルモン系の卵巣、副腎、膵臓、甲状腺などにたまります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

疲れやストレスの蓄積ですから病気ではありません。いくら検査しても分かりません。

自律神経失調症になる時には、実際にある神経が自律神経です。自律神経の中にバランスをコントロールする交感神経、副交感神経があります。この交感神経、副交感神経は車で言うとブレーキとアクセルと同じような感じです。

働かせる神経と抑える神経です。

これが乱れた時が自律神経失調症になります。

自律神経失調症とは

自律神経失調症とはコントロールができない状態になっている時につく名前です。

なんのコントロールなのかと言うと内臓だったり内臓の中のホルモン系だったり呼吸中枢だったり、体温調節だったり、不定愁訴な痛みやコリだったり、眠りだったりです。

腰痛、肩こり、頭痛、便秘、胃の持たれ、なども内臓からおきています。

内臓に疲れやストレスがたまることが原因でおきています。

内臓も病気ではありませんから病院の検査では異常が見つかりません。

体にも疲れやストレスと言いますから内臓にも疲れやストレスがたまっても不思議ではありません。

疲れやストレスの蓄積は毎日の生活で多くたまり、仕事でも疲れやストレスはたまり、精神的な緊張やプレッシャーでも疲れやストレスはたまり、寝不足やうまく眠れないでも疲れやストレスはたまります。

疲れやストレスがないと言う方はいません。

あまりに体調を落として脳疲労が起きて脳マヒになった方は、痛みやコリも体調の悪さを感じません。

感じるとしたら「なんか悪い」とか、「なんかわからないけど調子が良くない」とかです。痛みやコリは感じることができない方がいます。

感じないだけで、起きています。

実際に起きているけど、感じていません。

当院では自律神経失調症を改善していく為には体調から上げて体を整えて行きます。

内臓に蓄積した疲れやストレスを軽くして減らしていくことからしています。

 

 

 

小倉自律神経失調症なら原因を見つけることから矯正する徳力整体院は30年になります。小倉北区小倉南区から多くの方に人気があります。

2018年02月27日

ダイエット痩せる

  • はてなブックマークに追加
  • ダイエット、痩せる為には、サプリメントでも食事制限でも運動しても効果が上がらないのは原因があります。小倉と小倉北区と小倉南区からも多くの方がカイロプラクティック徳力整体院
ダイエット 痩せる

ダイエットして痩せる為には

ダイエットをして痩せようと思うなら基本的なことからする必要があります。痩せる努力をすることも大切ですが。

例えばダイエットをしようと思うなら体調から整えて行く必要があります。

体調と言うのは説明しても体調は良いです、と言う方もいますが、体調とは意味不明な言葉です。自分で体調が良いと思えば、体調は良い訳です。

よっぽど寝込んでいないと体調は良いと思っている方が多くいます。

風邪を引いていると体調は落ちています。

インフルエンザにかかっていると体調は良い訳ありませんけど。

腰痛がある時には体調が落ちています。

肩こりがある時には調子が落ちています。

花粉症がひどい方は体調が落ちています。

生理痛がひどい方は、調子が悪くなっています。

 

生理不順のある方は、生理不順がひどいと調子が悪くなっているからです。

体調とは

体調が悪いとダイエットをしても痩せにくいです。

体調が悪いと戻りやすくなります。

体調が悪いとリバウンドがあります。

体調が悪い時に痩せようとしても骨ばって痩せてくるのでキレイに痩せることはありません。

体調と調子が悪い時には、疲れやストレスの蓄積が多くあります。疲れやストレスは肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。

内臓に疲れやストレスがたまると代謝も低下していきますから、浮腫みやすくなります。

すべては内臓の調子が悪いとダイエットをしても痩せにくく、痩せても健康的に痩せることはありません。

内臓も内臓の病気と言っている訳ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積が大きければ大きいほど、リバウンドが大きくなります。

疲れやストレスの蓄積が大きければ大きいほど、骨盤の歪みや背骨のズレになっています。

疲れやストレスの蓄積が大きければ大きいほど、内臓に蓄積して循環が悪くなります。

疲れやストレスの蓄積が大きければ大きいほど、内臓は弱っていきます。

内臓が弱ると働きが悪くなり痩せません。

もし痩せても、骨ばって痩せていきます。運動してもストレッチをしても、ヨガをしても基本的なことができていないと効果が上がりません。

基本的なことは

体調です

内臓に疲れやストレスがたまることが原因で色々な調子が悪くなります。この悪くなる物の一つにホルモン系があります。ホルモン系がの働きが落ちているとダイエットをしても痩せません。

ホルモンは内臓です。

つまり内臓の働き次第だと言う事ですが病気ではありませんから、注意して下さい。

全ては内臓に起因しますが眠りが浅い方は脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなりますから脳下垂体ホルモンはすべてのホルモンの中枢です。

眠りが浅い方は、最近増えています。

寝ているようで眠れていません。

夜に寝ようとして、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。最近は寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が多くいます。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると睡眠負債になり睡眠障害になります。

眠り浅く寝ながら考え事をしている睡眠をしているとダイエットして痩せようとしても効果がないようです。

以前の不眠症の方は寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠れない方、夜に寝ようとすると寝つきが悪いけど眠れる方で夜に目が覚めてしまう方などが不眠症でした。

しかし最近は夜に寝ようとして、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ている方が睡眠負債になって睡眠障害になります。

眠りが浅い方はダイエットをしてもやせにくくなります。

 

 

 

小倉ダイエットをして痩せる為には小倉北区小倉南区から多くの方が来院するカイロプラクティック徳力整体院。

2018年02月22日

浮腫み

浮腫み
  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で浮腫みを改善するなら浮腫みの原因から解消していることで人気がある徳力整体院は30年。

浮腫みを減らす

浮腫みと脂肪には違いがあります。脂肪は脂肪です。浮腫みは浮腫みなので、多くの方が勘違いしています。

ほとんどの方が浮腫みと脂肪が混同して考えていますが、脂肪と言うのは中に脂肪があることを言いますが浮腫みと言うのは中には脂肪があることはありません。

脂肪は変化がありませんが、浮腫みは時間でも変化します。

朝から顔が浮腫んでいることや、足の浮腫みなどが代表例です。

時間などで変化するものが浮腫みです。

脂肪は変化しません。

 

浮腫みと言うと押してみるとわかりやすくなります。浮腫みを手で押すと凹みがもとに戻るのに時間がかかります。

浮腫みというのは特に体にも起こりますが、手や足の浮腫み、また顔の浮腫みということが多くあります。

浮腫みが起きる時にはあるものが関係して起きています。このあるものとは日常的にいつもあるものです。

浮腫みを減らしたいと考えてサプリメントを試す方も多くいますが、浮腫みは太って見られるだけではなく浮腫みを繰り返していると目の下のクマなども起きたり、シワの原因になることもあります。

浮腫みを改善するなら体の内側のケアも大切です。

全身の血流やリンパの流れなども原因があることが多く見受けられます。

浮腫みを解消するならサプリメントが有効だと言う方もいます。

朝起きたら顔がパンパンになっている。

夕方になると足が浮腫んでいるなどが起きている方が浮腫みです。

浮腫みと言うのは

浮腫みと言うのは血流が悪く、塩分の取りすぎでも浮腫みやすくなります。皮膚の下にある体液量のバランスが崩れて細胞組織間の液が増加した状態で起きています。

特に手や腹部に多くなることもあります。

浮腫みやすい体質というのがあります。

スナックやお菓子、ファーストフードを良く食べる方。

お酒を飲むことが多くある方。

ラーメンなどのスープを全部飲む方。

デスクワークで座ってばかりで動かない方。

冷え性の方。

便秘の方。

水分をとる割にはトイレにいく回数が少ない方。

甘いものを食べる方。

夕飯が遅くなる方。

運動をしない方。

などと言いますが、これは体質ではありません。

浮腫み体質と言うのは、意味が違います。

確かに浮腫みには浮腫み体質が深く関係しています。

しかし浮腫み体質と言うのは、遺伝が関係していることを言います。

遺伝子が関係した物であり家系的なものが遺伝子であるので親から受け継いだものが体質です。

浮腫み体質

浮腫み体質の方が体調を落としていくと余計に浮腫みやすくなります。

浮腫み体質は生まれつきある体質の事ですから、赤ちゃんの時からある体質の方のことを言います。

ここで太りと違いますから脂肪とも違うのが浮腫みです。

浮腫みの遺伝子がある方が、体調を落としていくと浮腫みやすくなります。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積や寝不足です。

最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

毎日、毎日の生活や仕事でも疲れやストレスは多くなります。

それ以上に眠りが浅いことが原因で身体に多くの疲れやストレスがたまっていきます。

そうすると細胞の間や空間にもリンパの流れが悪くなって老廃物が多くなります。

これが皮下脂肪、筋肉間に多くなることが浮腫みです。

浮腫みが多い時には体に疲れやストレスが多く蓄積している時です。しかも疲れやストレスは筋肉にもたまりますがある部分に多くたまります。

例えば体重が100キロの方がいるとしたら60キロから70キロが水分です。

後の残りは水分を無くした骨と筋肉とじん帯、と神経と血管とリンパ管と脂肪と皮膚とあとは内臓です。

疲れやストレスがたまるのは内臓です。内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。

疲れやストレスがたまる時には内臓にたまっていきます。

内臓疲労が多くなると浮腫みやすくなります。

そして

肝臓から浮腫みが

肝臓の働きが弱ってくるとリンパの流れが停滞して老廃物が多くなります。

病気ではなく肝臓の弱りから起きる問題が浮腫みを起していきます。

肝臓だけではなく他の内臓にも疲れやストレスはたまります。

そして最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。

昔でしたら寝ようとすると寝つきが悪く中々眠れないとか、夜中に目が覚めて1時間も2時間も眠れないと言う感じでしたが。

今は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

この眠りの方が本当に寝ていれば問題はありません。しかし寝ている本人の事なんか、誰でもわかりません。

最近は睡眠負債と言う言葉があります。

身体は寝ているけど脳が寝ていない睡眠のことです。時間ではありません。短い時間でも寝ていれば睡眠です。

一番、最悪な睡眠が、この寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は身体を弱らせていきます。

目の下のクマは代表例です。

寝ながら考え事をしている睡眠の方の体調は異常なほど落ちています。

司令塔である脳や脳幹が弱っているのに、内臓が正しく働くことはありません。

特に肝機能が落ちた状態になるとリンパの流れに命令が出せなくなります。これが浮腫みとして滞留します。

つまり体調の基本的なことができていないと浮腫みは多くなるばかりです。

しかしサプリメントを飲んでも体調は上がりません。

病院で点滴をしてもブドウ糖ですから体調とは違います。

栄養ドリンクを飲んでも、もりもり元気になることはあありません。

ウナギや焼肉を食べても食が進んだと言うだけで体調が良くなることはありません。

体調を良くする為には基本的なことができていないと上がりません。

体調を良くする為にはそれぞれの内臓にたまった疲れやストレスを軽くしていく事をしないと上がる事はありません。

体調が悪くなると骨盤の歪み・背骨のズレがあります。この骨盤の歪み・背骨のズレは内臓疲労から起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるとリンパの流れが悪くなります。そして浮腫みになります。

 

浮腫みとは

 

 

小倉浮腫みを減らすなら原因から解消することをしているカイロプラクティック徳力整体院。当院では小倉北区小倉南区で初めから浮腫みを減らすことが出できるので人気があります。

 

2018年02月19日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で小顔矯正をお探しなら人気がある小顔矯正をしていて評判の良い痛くない矯正で小倉南区と小倉北区からも多くの方が訪れています徳力整体院。
小顔矯正

小顔矯正をしています。

当院では小倉で初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は30年になる経験と実績で初回から顔を小さくしていくことができる小顔矯正をしています。

 

当院の小顔矯正はボキボキもしないし、痛くないと評判の良い小顔矯正です。

顔を無理やり押さえつけたりすることもしていませんから、一番、安全で安心な小顔矯正です。

しかも小顔矯正をして行くときには自分で比べることができます。

つまり小顔矯正をする前の顔の大きさや幅を触っておぼえておくと、小顔矯正をしたあとの顔の変化が自分でわかるようにしています。

しかし鏡でみてわかるよりも、自分の手で触っておぼえてもらうようにしていますから、これは簡単なことではありません。

しかし自分の手で顔が小さくなったのが、わかれば小顔矯正後の顔が違います。

小顔矯正とは

当院の小顔矯正は、ボキボキもしないし痛くない小顔矯正をしていますから、その点は安心して下さい。

力を抜いて横になっているだけで20分くらいの間に顔を小さくすることをしていきます。

初回から顔が小さくなる小顔矯正ですから、小顔矯正を始める前に顔を両方の手で触ってもらいます。

ただ、触るだけではなく大きさを感じるように触ります。

顔の触り方は

アゴの部分に両方の手を合わせて触ります。

アゴの部分に手首を合わせて引っ付けます。

そして手のヒラで顔を覆うように触ります。この時に手のヒラが浮かないように注意して下さい。

そして指も顔に密着させます。

最後に左右差を感じるように触ります。

これだけ、何ですが簡単ではありません。

小顔矯正の触り方

当院の小顔矯正を受ける前の触り方です。

一番、大事なのは手のヒラを密着させていることと、左右差を感じるようにすることです。

手のヒラが浮いた所がないか確認して鏡で見ても良いですが、この時も感じようことが大切になります。

感じようとすると脳の感覚神経が働きだします。

手だけで触ることよりも脳が動員されることが大切なんです。

どうしても人は手だけで触っていますから頭まで働かせることをしていません。

そのため、顔が小さくなったのが、わからない方もいます。

結構、顔を小さくしても顔が小さくなったのがわからないと大変なことです。

ですから、そんなことがないように触っておぼえて下さい。

しかし小顔矯正も1回で終わる小顔矯正はありません。

と言うのは理由があります。

それは体に歪みやズレがある状態では戻りが大きく効果がなかったりします。

自分の体の状態が小顔矯正をしていくうえでも、大変、重要なことになります。

体と顔と言うのは関係があります。

小顔矯正とは

小顔矯正をして行くときには、何をしたら顔が小さくなるのか???

どうしたら顔を小さくすることができるのか???

と言う事まで考えてくる方はいません。

普通は、ただ顔を小さくしたい。

小顔になりたいと言う事ばかりですが。

小顔矯正と言うのは、顔を小さくしていく事です。

顔を小さくすると言うことは何をしたら顔が小さくなりますか????????

顔を小さくするのが小顔矯正です。

顔の周辺の脂肪を減らすことでも顔が小さくなるかもしれません。

顔の浮腫みを減らすことでも顔が小さくなるかも知れません。

しかし、それだけでは小顔矯正とは言えません。

脂肪や浮腫みでは小顔矯正と言うよりも顔周辺矯正になります。

小顔矯正と言う事ですから顔を小さくすると言う事ですから、顔の骨を小さくしていくことが小顔矯正です。

顔の骨が小さくなるのか、と言うことや顔を小さくして影響が有るのではないのか、と言う事に疑問がでてきます。

当院の小顔矯正はしっかりと検査する事をしています。

検査して異常がある部分を見つけて解消することで骨が正常に戻っていきます。

今まで訪れた小顔矯正の方も多くは顔の骨に炎症やハレがありました。

顔に痛みやコリなどの症状が起きることはありませんが、炎症やハレがあると脂肪になりやすく浮腫みやすく骨まで大きくなります。

これを正常に戻していくと顔が小さくなります。

これは簡単な方法ではありませんが、炎症やハレを改善することができる院長がするから変わります。できるから簡単にしているように見えますが簡単な技術ではありません。

誰でもできる小顔矯正ではありません。

検査することも大変、難しいからです。

当院の院長は30年の経験から特殊な小顔矯正をしています。

 

 

当院では小倉北区からと小倉南区で顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院では「小倉北区 小顔矯正」と「小倉南区 小顔矯正」や「小顔矯正 小倉南区」と「小顔矯正 小倉北区」でも検索で人気あるキーワードです。

 

2018年02月06日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で肩こりを楽にしていくなら原因を見つけて改善していく事から小倉北区と小倉南区で徳力整体院はコリを解消して30年。
肩こり

肩こりを改善していくには

肩こりを楽にしたいなら原因から見つけていくことをお勧めしています。

 

肩こりの治療というと対症療法が多く見受けられます。対症療法でも効果があるかも知れません。しかし対症療法ばかりしていると肩こりには原因がありますから原因も、いつまでも同じままではありません。

原因が進行してしまうと、肩こりも起こしながら形が違った状態で表面上に出てきます。

肩こりと言うと筋肉をほぐせば楽になることが多くあるために、筋肉ばかり対症療法の治療をしています。

しかも原因を見つけることが簡単ではない為にです。

肩こりを起こしている原因を見つけることは熟練が必要です。

経験を積んで技術を磨いていかないと、本当の肩こりの原因に行き当たることはありません。

専門家でもない方が肩こりの筋肉をもんで楽になることもありますが、楽にすることと肩こりを治していくと言うことは違います。

肩こりを楽にする方法は

肩こりを楽にしていく方法は、一番、簡単で誰でもできるのがドラックストアで売っている湿布を貼ったりすることです。

肩こりを感じている場所に湿布を貼ることで楽になる肩こりもあります。

湿布には鎮痛効果がありますから鎮痛剤で改善できる肩こりであれば楽になりますが、原因は関係ありません。原因を見つけることなく薬剤で改善している肩こりですから炎症が起きていたり、使い過ぎから起きる肩こりには冷やすことが有効かも知れません。最近は温湿布と言うのもありますから温めて循環をよくする、リンパの流れを良くすることで肩こりが楽になることもあります。確かに温めていくと循環やリンパの流れが良くなりますが、良くなった分だけ負担になる部分もできてきます。

ですから温めれば良いと言う訳ではありません。お風呂も同じことが言えます。お風呂で温めて循環を良くしてもリンパの流れを良くしても負担になる所は多くあります。

ですから循環を良くすれば良いという訳でもありません。

肩こりが起きる時には、必ず体に疲れやストレスがたまっています。この疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、多くは内臓にたまっています。

疲れやストレスの蓄積

この内臓に蓄積する疲れやストレスが歪みの原因になっています。

歪みが起きれば筋肉は引っ張られたり緩んだりして筋肉が緊張することで肩こりになります。

ですから、本当は肩こりと言うのは内臓の病気ではなく内臓疲労が原因で起きています。

しかし病気ではない為に、筋肉が原因だと勘違いしている方が多くいます。筋肉さえほぐしてしまえば肩こりも一時的に楽になるからですが。

人の体は100キロの体重の方がいたら70キロが水分です。筋肉の中にある水分、骨の中にある水分、内臓の細胞の中にある水分など体液が水分です。水分が何か起こすとは考えられません。

あとの残りは、骨、筋肉、じん帯、神経、リンパ、血管、膜、内臓(中枢神経系)しかありません。

筋肉にも疲れやストレスはたまりますから、あとの残りは内臓です。

毎日、毎日、エネルギーを作るのは内臓です。エネルギーがあるから動けるし働けます。内臓が働いているから生活できます。

内臓が元気だから生きています。

毎日、毎日、働いてくれている内臓に疲れやストレスがたまらない訳ありません。食事を消化したり、分解したり、便を作ったり、アルコールを分解したり、脂分を分解したりすることを内臓がしてくれています。

内臓も勝手に働いている訳ではありません。

脳からの指令があるから働きます。

食事をするとノドを食べたものが通る時にもノドの筋肉が働いてくれるから誤飲が起きないし胃へ食べたものを送ります。

食べたものが空洞を落ちている訳ではありません。

いつもいつも自律神経で働いてくれている内臓が元気だから体は歪みが少なくなり筋肉のコリも起きません。

内臓が元気な状態を保つ為には脳が元気じゃないと保てません。

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。

眠れる方は一概には言えませんが、「アクビ」が出ます。寝ようとするとアクビがでて朝からアクビが出るのが普通です。

時間だから寝ると言う事では脳は寝る準備ができていません。

体は疲れていても、脳が興奮状態と言うよりも弱り過ぎていると寝ようとすると眠れますが浅い睡眠しかできません。

 

 

眠り 寝る 睡眠

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

夜に寝る時間になったら、すぐに眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思う方が多くいます。この方の体調を検査する事ができますから検査してみると、体調がすごく悪く、痛みやコリにはマヒしている場合が多くいます。

その証拠に骨盤の歪みや開きが大きく背骨のズレも大きくあります。普通は歪みやズレがあると痛みやコリを感じなければなりませんが、感じていない方が多くいます。

痛みやコリが起きる時には容器からあふれる状態になって、初めて気が付くと言う方もいます。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れます。夢ほど記憶に残りません。

夢も目が覚める前に見る夢だけ、目が覚めたら夢を見ていたと言う記憶が残ります。

逆に何の夢を見ていたと言う記憶がある方が眠りが浅い睡眠です。

眠りと言うのは脳から寝ていないと寝ていません。目が覚める覚めないは、あまり関係がありません。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると内臓疲労が進んでいきます。

この進んだものが肩こりになる場合も多くあります。

肩こりになる方は、一例で言うと、息苦しさが時々あったり、胸の部分で一瞬、チクッとするか動悸がある方がいますが病院で検査しても異常なしと言うこともあります。

今はないけど、一時期、セキがでて困っていたと言う事もあります。

また顔色が悪かったり、胃の問題も肩こりにつながります。

 

 

 

当院では小倉肩こりを楽にしていく時に原因をみつけて改善していきます。評判が良いから小倉北区小倉南区から多くの方が来院しています。

2018年02月02日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で腰痛を楽にするならボキボキしない痛くない改善で楽になるカイロプラクティック徳力整体院
腰痛

腰痛を楽にしていく為には

腰痛を楽にしていくなら腰痛の原因を見つけることが大切です。

 

しかし腰痛の原因になっているものを改善しなくても痛み止めの方法は色々あります。

痛み止めの方法は一時的な方法です。

一時的な痛み止めの方法は色々ありますが、一番は湿布を貼ったりすることです。

湿布を貼ったりしておさまる痛みであれば治まっていきます。湿布を貼ったりと言うのは大変、多くの治療院が使っていますが冷やしたりする湿布もあれば、温めたりする湿布もあります。

多くの腰痛は急性状態では冷やした方が一番です。

慢性化した腰痛は温めてもいいし、冷やしも良い状態です。

湿布を貼ったりすると冷やされたりして痛みを緩和することができます。鎮痛効果のある薬剤で炎症を抑えることができます。

ただし湿布は悪すぎるものに対しては効果がありません。表面上の炎症を改善するだけですから。

湿布を貼ったりすると初めはヒンヤリしますが、あとは薬剤の鎮痛効果です。インドメタシンなどの効果で鎮痛させることができるものであればおさまります。→ しかし腰痛には原因があります。痛みは改善できるかも知れませんが。腰痛を起した原因は、どうするの??という事です。

普通、一般的に使うことが多い湿布を貼ると言う事ですが、軽いものに対して効果があります。特に捻挫とかが有効です。

つまり急性状態の時に効果を表します。

一番、簡単な治療法の一つが湿布を貼ると言う事です。

しかし湿布を貼ったりして急激な痛みは改善できても慢性化しやすくなることもあります。

低周波治療器を腰痛に

腰痛を起している方も多くの方が受けている治療の一つに低周波治療器や電器があります。

低周波治療器は多くの治療院でしています。

病院でも整骨院でも整体やカイロプラクティック院でも低周波治療器をしています。

低周波治療器は低周波の電気を体に流しています。

プラス端子からマイナス端子へ電気を流します。

痛みがある部分に電気をあてて刺激をして痛みやコリの緩和をしています。

低周波の電流を流して筋肉を刺激して痛みやコリの緩和をしています。

プラスからマイナスへ電流を流すことで刺激して筋肉を運動させています。

筋肉を運動させると筋肉疲労が起きて痛みやコリがなくなります。

筋肉を電気で刺激すると痛みやコリがちってしまってわからなくなります。

これを低周波治療器では楽にすると言っています。

痛みやコリを散らしているだけです。

腰痛を起した原因は関係ありません。

だいたい時間にして15分くらいが基本です。あとは電流の強さです。痛くない程度でしています。

しかし当院では低周波治療器や電器をしてません。

それには理由があります。

低周波治療器や電器をしても痛みやコリを散らしているだけですから、患者さん為にはなりません。

痛みやコリをちらす低周波治療器は一番、簡単で良いですが、意味も分からずに使っています。

実は当院でも昔は使っていました。技術力がない時に、良く低周波治療器をしていました。しかしこの時には意味も分からずに使っていました。

矯正した後に、残った痛みやコリを良くする為にと言う事でしたが、ある時に低周波治療器を研究してみる機会がありました。

そうすると大変なことがわかりました。

低周波治療器は痛みやコリを散らしているだけと言うことが。

それ以来、一切の低周波治療器や電器を使わなくなりました。

病院で注射を打つ

※病院で注射を打っても痛み止めです。

腰痛を起こしている原因なんかは関係ありません。

腰痛をおこしている骨盤の歪み・背骨のズレは関係なく痛み止めをしています、それも骨盤の歪み・背骨のズレを残したままです。

※マッサージでも筋肉に対して揉んだりすることをしています。筋肉から起きている腰痛であればいいですが、院長は筋肉から起きている腰痛を今まで1度も見た事はありません。

30年間、腰痛を治療してきて1度もありません。

しかしマッサージをしても腰痛は楽になることもあります。

腰痛の痛みがある時には圧力が上がっていますから圧力が上がると痛みになります。

圧力が落ちた時には痛みになることはありません。マッサージをしていくと高かった圧力が下がります。このため腰痛が楽になりますが、腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレは変化ありません。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても普通は程度が軽いと痛みやコリはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレも普段から ない方はいないくらいです。

骨盤の歪み・背骨のズレも程度・段階があって大きくなると腰痛を起こすことになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても歪みなどが小さいと何も起こりません。

腰痛の原因

腰痛を起す時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

この骨盤の歪み・背骨のズレも どうして起きるのか、原因があるから骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛の原因になる骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因は身体にたまったあるものが原因です。

このあるものとは疲れやストレスです。

体に疲れやストレスが蓄積していくと必ず骨盤の歪み・背骨のズレになります。

あとは疲れやストレスの多さで違いがあります。

疲れやストレスが多くなれば、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

体に蓄積していく疲れやストレスは限界なく蓄積していきます。

疲れやストレスの蓄積は、ここまでしかたまらないと言う事はありません。

限界なく疲れやストレスはたまっていきます。

あとは骨盤の歪み・背骨のズレが最大になるのを待っているだけです。

疲れやストレスは

疲れやストレスは身体にたまりますが、筋肉にも疲れやストレスはたまりながらある部分に多くたまっていきます。

このある部分と言うのが内臓です。

内臓に蓄積していく疲れやストレスが多くなると腰痛に進展していきます。

内臓といっても病気ではありません。

ですから検査してみても陽性は出ませんが、もし陽性反応が出たら、もう病気になっています。

いつも検査している方も今まで異常がなくて1年後には異常になるということはありませんから。

いままでは健康で一気に数値が高くなることはありません。

病気になる時も過程があります。

ゼロから100はありません。

検査しても水面下で進行しているため、わからなかっただけです。

しかし当院で説明している腰痛の原因は腎臓疲労です。

腎臓に疲れやストレスがたまることで腰痛は起こります。

腎臓ひ労が腰痛になる

 

 

 

小倉腰痛を改善するならカイロプラクティック徳力整体院。

当院では検索で「小倉 腰痛」と「腰痛 小倉」の検索でも人気があります。

2018年01月30日

生理痛

生理痛を楽にしていく為には

生理痛

生理痛を楽にしたいなら生理痛の原因を見つけ出すことです。生理痛が起きる時には原因があります。生理だから生理痛になると思っていませんか。

生理痛になる時には痛み止めの薬を使うことが多くありますが、痛み止めの薬は一時的な痛み止めにしかなっていません。

一時的な痛み止めを使うと楽になるかも知れませんが、原因は進行していきます。生理痛を起こしている原因も、いつまでも同じままではありません。

年齢が進むように生理痛を起こしている原因も進行していくのは当然、起きていきます。

どんな症状も原因があるから体に異常が起きて色々な痛みやコリになっています。

生理痛も生理だからと言っていられません。

生理だし、昔から生理痛があるから。

女性特有の生理ですが、同じ女性でも生理でも生理痛がない方もいます。

 

全員が生理痛があれば生理痛は当然になりますが、生理の時でも生理痛にならない方もいますし、生理痛がヒドイ方もいれば軽い方もいます。

生理痛がない方もいます。

何かの異常があって生理の時に生理痛を起こしています。

その何かを見つけて改善することができれば生理痛を変えられるかも知れません。

その為には、体調から上げて体を整えて体質レベルのものを見つけていきます。

体調は生理痛に関係します

生理の時に体調が悪いと生理痛がひどくなります。

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。骨盤の中にあるのが子宮、卵巣などですから影響があります。

骨盤の歪み・背骨のズレは、特に骨盤にあるのが内臓ですが、背骨も腰椎3番目は卵巣に関係がありますし、腰椎5番目は子宮に関係がありますから、これで腰痛、生理の時に腰痛が起きることがあります。

また、体調が悪いとホルモンのバランスが良い訳ありません。

体調が悪いと色々な内臓の調子が落ちています。

体調が落ちているとホルモンのバランスは悪くなっています。

眠りが浅い方や眠る時間が少ない方は体調が落ちています。

体調と言うのは、よくわからないものです。

しかし体調が悪いと色々な部分の働きが落ちています。

もちろん卵巣や子宮、ホルモンの働きも落ちています。

体調とは

体調と言うのは体に蓄積したものが原因です。その蓄積しているものとは疲れやストレスです。

毎日の生活で疲れやストレスが多くなります。

仕事をしても疲れやストレスは多くなります。

眠りが浅くても疲れやストレスが多くなります。

精神的なモノでも体に疲れやストレスがたまります。

 

生きている限り疲れやストレスと離れることはできません。

疲れやストレスはおいしい食事を作る時も多くなっていきます。包丁で野菜を切ることでも力が入りますし鍋を持つことでも疲れていきます。疲れやストレスは1回でたまるものではありません。積み重ねが疲れやストレスを多くしてしまいます。

 

掃除機をかける事でも前かがみでしなければいけませんし、窓ふきも力が入りますから、力を入れたり体を支えることでも疲れやストレスは自然とたまっていきます。

 

車の運転でも疲れやストレスが多くなります、どんなに運転が好きでも疲れやストレスは知らない間に多くたまって積み重なっていきます。

 

携帯を扱ったり操作する事でも疲れやストレスが多くなります。

 

最近は多くの方が不眠症になっています。眠れない不眠症ではなく寝ている不眠症です。昔でしたら寝つきが悪かったり、夜中に何回も目が覚めたり夢ばかり見たりしている方が不眠症でした。

しかし最近の不眠症は睡眠負債です。

寝ているようで寝ていないからです。

眠りが浅いと脳下垂体ホルモンのバランスが狂いだします。

一度、狂いだしたホルモンはもとに戻ることはありません。それほど眠りから起きるホルモンバランスは影響が大きくあります。

脳下垂体ホルモンは体の全てのホルモンに命令を出すホルモンです。この命令を出すホルモンが異常になると卵巣ホルモンも正常ではありません。このことから生理痛が起きやすくなります。

体調を落ちていくと疲れやストレスが多くなります。しかし疲れやストレスが減ることができる時間は寝ている時です。

眠りが浅いと回復することができません。

しかも徐々に脳が弱って脳疲労になって色々な痛みやコリを感じなくなります。

色々な痛みやコリが起きていても良い状態の歪みやズレがあっても脳が感じることができないと体調は良いと思っています。

体調が良い方が生理痛が起きることがあれば、よっぽどのことがあります。

あとは生理痛に関係するものは体質です。

生理痛が起きやすい体質と言うのがあります。

この生理痛が起きやすい体質がなければ生理痛は起こりません。

ですから体質改善という施術があります。

生理痛とは

 

 

 

 

小倉で30年の経験がある徳力整体院は生理痛を原因から改善することをしています。

当院では検索で「小倉 生理痛」や「生理痛 小倉」と「小倉北区 生理痛」と「小倉南区 生理痛」と「生理痛 小倉北区」や「生理痛 小倉南区」などでも人気があります。

 

2018年01月25日

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは「カイロ」と「プラクティック」との造成語です。

 

カイロとはギリシャ語で手と言う意味があり、プラクティックはプラクティコスと言う英語で技と言う意味があります。

つまり手の技と言う意味があるのがカイロプラクティックです。

痛みやコリの原因になる歪みを整えていくことが目的で矯正することをしています。

痛みやコリの原因は歪みですが、歪みがあるからと言って痛みやコリになるとは限りません。

歪みも程度があります。軽い歪みであれば何か調子が悪い程度で済むからです。

歪みが大きくなればなるほど痛みやコリになりやすくなります。

この歪みは、どうして起きるのか、理由があります。

歪みが起きる原因は、疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスも多くなればなるほど歪みが大きくなります。

疲れやストレスも毎日、変化しています。

疲れやストレスも毎日の生活や仕事で蓄積していきます。

ですから生きている限り疲れやストレスがない生活はありません。何をしても疲れやストレスが多いことばかりです。

カイロプラクティックと言うのは背骨を矯正することで痛みやコリを楽にしていく方法です。

体に多くの疲れやストレスがたまると歪みになりますから、自然と誰でも歪みは起きています。

これがひどくないうちに改善していくと予防にもなります。

日常的に疲れやストレスが多くなることがあります。

それは、車の運転でも疲れやストレスは多くなります。

テレビを見る事でも疲れやストレスは積み重なります。

掃除しても疲れやストレスは多くなります。

お風呂に入ることでも水圧でつぶされるので疲れやストレスは多くなります。暖かいのとさっぱり感から騙されますが、お風呂は疲れやストレスが多くなります。

デスクワークをしても疲れやストレスは多くなるから痛みやコリになりやすくなります。

スポーツをしても疲れやストレスが多くなります。

疲れやストレスの蓄積

何をしても疲れやストレスがないことはありません。

疲れやストレスの蓄積が歪みを起こしていきます。

歪みが大きくならなければ痛みやコリもありませんし、どうもありません。

限界を超えたものだけ痛みやコリになります。

歪みが起きていても軽いと痛みやコリにはなりません。

しかし、最近は体調が悪い方が増えています。最近の方の体調の悪さの原因は眠りにあります。寝ているようで寝ていないことが多くなっています。

昔でしたら夜に寝ようとすると眠れなかったり、寝つきが悪く1時間も2時間も目がさえた状態だったり、夢ばかり見たりすることで寝た気がしないとかでした。

最近の方の睡眠負債状態は寝ているけど、寝てないと言う状態です。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れます、しかし寝てら夢を見ると言うよりも寝ながら考え事をしている睡眠をしています。しかし一番、まずいことに寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた時には忘れていることが多くあります。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳疲労になっていきます。脳疲労になると最悪な場合、どんなに体調が悪くても体調の悪さも感じません。

つまり脳マヒが起きていき痛みやコリも感じません。

限界まで疲れやストレスをためてしまうことをしないと限界いっぱいまでためないと風邪も発症しません。

脳が元気だからインフルエンザの感染が起きたら発症して高熱になります。高熱でインフルエンザのウィルスを減らすことをしています。

それも脳が元気だからできることです。

脳が元気じゃないと熱も上がりませんから体内に多くの細菌やウィルスが入っても、人は何も起こしません。

脳が原因だから体に疲れやストレスがたまると歪みになります。

脳が元気だから痛みやコリになります。

脳が元気だから眠りが出来ます。

脳が元気だから自律神経も正常に働いてくれます。

眠れていないことに自分で気が付いていない方が多くいます。

眠れていないと朝からすぐに動けます。ハイテンションになっているからですが、寝る時間になっても「アクビ」があまり出ません。

アクビがバロメーターになります。

アクビができるか出ないかで大きな違いがあります。

カイロプラクティックでは疲れやストレスの蓄積から起きた歪みが対象ですが、多くの症状は歪みから起きています。

歪みがない症状は歯の痛みの虫歯くらいです。

虫歯も体調が悪いと痛みは強くなります。体調が悪いと歯茎も炎症を起こしたりハレタリします。

体調が悪いと歯がしっかりしなくなります。かみ合わせに出る方もいます。

カイロプラクティックというのは

カイロプラクティックというのは例えば体重が100キロの方がいるとします。体重が100キロあっても70キロは水分です。水分以外は骨、神経、血管、リンパ管、筋肉、じん帯、内臓(脳や脳幹脊髄)しかありません。

そのどこに疲れやストレスがたまるとか??????

水に疲れやストレスがたまるということはないと思います。

あとは疲れやストレスが溜まりやすいとことというのは内臓です。もちろん筋肉にもたまりますが。

つまり内臓に蓄積した疲れやストレスが歪みの原因です。疲れやストレスの蓄積ですから病気ではありません。

毎日の生活や仕事で疲れやストレスは多くなります。

さらに眠りでも疲れやストレスは多くなります。

そのほとんどが内臓にたまっていきます。

内臓にたまっていくものが多くなると内臓疲労になります。

内臓疲労が多くなると歪みになります。

これが痛みやコリの原因ですが、多くのカイロプラクティックの先生は、そこまで知りませんし、改善ができません。

カイロプラクティックの専門の先生も骨が中心にしか矯正しません。

しかしおおもとは骨の歪みではなく内臓が中心です。

内臓が人の体を維持してくれています。

食べる事でも内臓が働いてくれてエネルギーを作ってくれています。内臓が働いてくれる時には内臓が元気だと良いですが、内臓にも多くの疲れやストレスはたまります。

これが体の歪みになります。

これを整えて行くのがカイロプラクティックです。

 

歪みからカイロプラクティック

小倉カイロプラクティックならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年01月22日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にしていくなら小倉南区と小倉北区からも多くの方が来る30年になるいカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にしていく為には

肩こりを楽にしていくには、いくつも方法がありますが、どれをしたら肩こりが楽になるのか、肩こりが解消するのか、肩こりが改善するのか、と言うことおw考えることがありますが、どれをではなく、自分の肩こりがどうなっているのかです。

肩こりが、どうして起きているのか、なぜ起きているのか、何が原因で起きているのか。と言う事です。

肩こりを楽にしたいと思う方は多くいますが、原因を見つける方法は自分ではわかりません。

肩こりは病気ではありませんから、病院でも見てくれません。

 

もし、病院に行くと注射を打ったりすることの痛み止めと言う感じはできると思います。あとは湿布を貼ったりすることです。肩こりを感じなくさせることをしているのが注射を打つと言う事になります。

湿布を貼ってもシップというのは炎症を抑える為に使いますから、コリにはどれほどの効果があるのか、と言う事になります。湿布でスーとする効果のある成分が入っています。

貼ったすぐはヒンヤリしていますが、しばらくすると感じなくなります。あとは薬剤の効果です。

薬剤で肩こりを楽にすることができるのが湿布を貼ると言う事です。

マッサージをしても筋肉をもんで良くなるレベルの肩こりでしたら楽になりますが、そんなことをしていたらマッサージレベルでは効かなくなります。

一時しのぎばかりしていると、肩こりを起こしている筋肉も進行していきます。

肩こりを改善しようと思うなら筋肉のコリがどうして起きているのか、と言う原因をみつけることです、何も考えないで注射を打ってもサプリメントを飲んでもマッサージしても楽になることはあります。

肩こりと言うと筋肉のコリですが、筋肉のコリとは、どう言うものでしょう???????????

意味不明なものがコリと言う言葉です。

日本語で近い言葉が緊張です。筋肉の緊張がコリと言う事になると思います。

では、筋肉の緊張と言うのは、どうして起きるのか。

肩こりと言うと

肩こりを起こしている肩と言うのは、いつも使う事が多くありますから、自然と何をしても肩や腕を使ったり指を使う事も肩を使っています。

何気なく肩を使いますから意識していないで肩の筋肉を使いすぎていることがあります。

意識すると本当に多くの物事に肩を使っています。

肩を使うと筋肉は疲れをためていきます。

肩の筋肉に疲れがたまると筋肉疲労になります。この筋肉疲労が肩の筋肉を緊張させて肩こりになりリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまり循環が悪くなります、

運動する事でも肩や腕を動かすと肩の筋肉を使いますから筋肉疲労は起こります。肩や腕を動かすと循環は良くなります。筋肉も鍛えられます。動かすことでリンパの流れも解消します。一時的にですが。しかし筋肉疲労は解消できていません。多くの方が放置状態です。動かすことで筋肉に疲れがたまることは、ほとんどの方が考えません。

体を動かすと疲れやストレスもたまります。部分的に見れば筋肉にも疲れやストレスがたまります。

体に疲れがたまる、ストレスがたまると言いますが部位別に見てみると肩にも多くの疲れやストレスはたまります。

筋肉疲労が多くなると乳酸も多くなります。

肩こりとは

肩を使う事

肩を使う事はゲームをしても肩に力が入っています。

家事をすることでも肩に力が入っています。

掃除をする時も肩に力が入ります。

携帯を操作する時も肩に力が入ります。

仕事でも肩を良く使います。

寝ている時も手枕でも肩に力が入ります。

ソファーで寝ている時も変な位置に首や肩が来ている時もあります。

買い物をしたものを持つ姿勢でも肩を使っています。

色々な肩を使う事をしないと生活できません。

運動してもストレッチしても肩を使いますがケアをしていません。

一番、多く使っているのにため込むばかりで減らすことをしていません。

野球選手のピッチャーでもなければ酷使と言うのはないと思っています。

筋肉疲労を解消する

筋肉に蓄積した疲労は多くなる前に減らすことしないと多くなるばかりです。

生活でも多くなるし仕事でも多くなるばかりです。

筋肉も疲れやストレスを蓄積していきます。

そして最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

眠りが浅いと体は筋肉の疲労を解消することができません。

眠りと言うのは体を弱らせることにもなりますから回復する力がありません。

回復する力ががないと筋肉の疲れやストレスを解消できません。

夜に寝てら朝まで目が覚めないから寝ていると考えていませんか?????

眠りとは脳から寝る事です。

脳から寝ていないと眠りとは言えません。

 

 

当院では「小倉 肩こり」、「肩こり 小倉」、「小倉南区 肩こり」、「小倉北区 肩こり」などの検索でも人気があります。

 

2018年01月06日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で小顔矯正をお考えなら1回目から顔が小さくなる矯正をしている30年になる徳力整体院。
小顔矯正をしています

小顔矯正をしています

当院の小顔矯正はボキボキもしない痛くもない小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は初めから顔が小さくなることで人気がある評判の良い小顔矯正です。

 

当院の小顔矯正は無理やり抑えつけたりすることもしていません。

小顔矯正をする時にはマッサージするようにと行った方が良いと思うくらいの感じで小顔矯正をしていきます。

しかしマッサージではありません。

マッサージしても顔が小さくなる、小さくできることはないと思っています。

小顔矯正をしていく時には、顔のどこを小さくしたいのか、お聞きしています。希望で変える事ができますから。

全体を変えることを希望する方もいれば、部分的に気になる所を変える方がいます。

多くの方が小顔矯正に訪れていますが、小顔矯正ということを良くしてっていません。

ただ、、小顔矯正と言うと顔を小さくすること、顔が小さくなれば良いと思っている方が多くいます。

つまり顔が小さくしたい、と思うだけで、小顔矯正というものを知らない方が多くいます。

顔を小さくすると言う事とは???

顔が小さなると言うこととは??

どうして顔に浮腫みがでるのか??????

どうして顔が変形して歪みを起こすのか????

小顔矯正をする為には

小顔矯正をする時には顔と言うよりも顔は顔面骨ですから頭がい骨の一部になります。

つまり顔を小さくしていくと言う事は頭がい骨を小さく動かすと言う事になります。

簡単に書いていますが、頭蓋骨を小さくすることが小顔矯正です。

顔だけ小さくしても頭が大きいままだとバランスが悪くなります。

顔の骨に影響があることは脳にも影響を出すこともあります。

 

小顔矯正をする時には、顔の浮腫みを解消しても顔が小さくなります。

小顔矯正をする時に、顔の脂肪を減らしていくと顔が小さくなります。

小顔矯正をする時に、骨盤の歪みを改善しても顔が小さくなります。

小顔矯正をする時には、背骨のズレを改善しても小さくなります。

小顔矯正をしていく時に、体調を上げても小さくなります。

小顔矯正をするときには、体にたまった疲れを改善しても顔が小さくなります。

小顔矯正をする時には、体にたまったストレスを減らしていく事でも顔は小さくなります。

小顔矯正をしていくときには、内臓の働きを上げても顔が小さくなります。

小顔矯正といっても顔だけではありません。

小顔矯正をする時には、色々な部分から改善していく事も必要です。

色々な部分の総合的なものが顔に影響しているからです。

しかし

初回は顔だけ

初回は顔だけ触って小さくしていくことをしていき、他は、後回しにして小顔矯正をしていきます。

できるだけ1回目から顔が小さくなることをわかってもらうようにしていますが、顔だけ触って小さくする方法では維持する力がありません。

と言うもの、体調が悪かったり、疲れやストレスが多く蓄積しているのに、維持する力があるとは思えません。

体調が悪いことが顔の輪郭の歪みを起こしています。

体調の悪さが顔の浮腫みを起こしています。

などが多いと小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持することができることはありません。

しかし1回目は顔が小さくなることが、本当だと言うことをわかってもらうために顔だけ触って小顔矯正をしています。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持することができないのは、疲れの蓄積が多い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのはストレスの蓄積が大きい方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、骨盤の歪みが大きくある方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、背骨のズレが大きくある方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、内臓の働きが低下している方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、眠りが浅い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、睡眠負債が多い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、寝つきが悪い方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、夢ばかり見て寝ている方です。

小顔矯正をしたあとの顔の小ささを維持できないのは、寝ながら考え事をしている睡眠をしているかたです。

体調の悪さ

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが、ほとんどの方の体調がすこぶる悪くなっていますが、悪さを感じていない方、悪さをわかっていない方が増えています。

自分でも気が付いていないで体調が落ちている方は、眠りが浅い方です、寝ている間に、眠りが浅くなっていると睡眠負債になって脳疲労が多くなっていっています。

脳疲労は脳を弱らせていますから色々な痛みやコリを感じなくなったりします。

感じることができないから、『体調が良いと思っていました」と言われます。

当院では検査する事をしています。

検査してみると体調の状態が分かります。

そして歪みやズレの検査もできます。

小顔矯正をする時には検査することも重要な意味があります。

体調が悪い方ほど小顔矯正をしても戻りやすく、小顔矯正をしたあと『ダルク』なる確率が高くあります。

小顔矯正をして顔が小さくなる為には変化が起こりますから変化に体力がないと、さらに体調が落ちるからです。

体力がある方、体調がそこまで悪くない方は「ダルク」なりません。

そして小顔矯正の顔の効果が出やすくなります。

 

 

 

 

 

 

小倉で初めから顔が小さくなる小顔矯正をしています。

2017年12月28日

肩こり

肩こりとは

肩こり

肩こりというと、いつも使う肩の筋肉が疲労して肩こりが起きることがあります。

肩と言うのは、使いすぎていること多く、又、気が使いていないことが多く酷使しています。

何をしても使っているのが腕や肩です。

文字を書いたりするときも肩は使います。

スマホを打つときも肩を使います。

キーボードを打つときも腕や肩を使います。

肩を揉むときも腕や肩を使います。

本を読むときも肩を使います。

車で運転する時も肩を使います。

買い物をする時も買ったものを持つのも、肩です。

食事を作る時も肩や腕を使います。

掃除する時も肩や腕を使います。

横になる時も腕枕で頭を支えるので腕や肩を使います。

ゲームをしても、予想以上に肩や腕に力が入っています。

生活でも仕事でも肩や腕を使うことが多くあります。

運動しても肩や腕を使います。

酷使とはいかないまでも、いつも肩や腕は多く使っています。

肩を使う事が肩こりに

いつも、いつも使う肩ですから、そんなに使ってしまえば筋肉の疲労から肩こりは起きて当然です。

筋肉が疲れをためてしまえばリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまります。

何も原因がなくてリンパの流れが悪くなることはありません。リンパの流れは悪くなる時には関係しているものがあります。

リンパの流れを改善するリンパ療法はマッサージの一種です。

軽いマッサージがリンパ療法です。

必ずリンパの流れが滞るときには原因があります。何も原因がないのにリンパの流れが悪くなっていたら大変です。

しかし、いつも使っている肩の筋肉や腕の筋肉は使いすぎていくと正常に体内のホルモンが分泌されていればコリを解消できるようになっています。

正常に働きことが条件ですが、ホルモンが正常に働くとですが。

何かの問題が起きていると正常に働くことができません。

その何かとは?????

多くの場合、何かとは、普通に感じているものです。

誰でも、一度に限らず、言ったことがあるものです。

それは体にたまります。

たまればたまるほど多くなります。

限界なく蓄積していきます。

これが疲れやストレスです。

疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積が肩の筋肉を緊張させたり硬縮させたりしていきます。

疲れやストレスがたまることで筋肉疲労が起こります。

疲れやストレスの蓄積がリンパの流れを停滞させていきます。

疲れやストレスの蓄積が循環が悪くなります。

疲れやストレスが筋肉の疲労を持続させてしまいます。

しかし疲れやストレスは実態がありません。

自分で感じるしかありません。

疲れやストレスがたまるから肩こりになります。

疲れやストレスがたまるから腰痛になります。

疲れやストレスと言うのは常に隣合う存在です。

疲れやストレスなしで生活はできません。

疲れやストレスを感じないことはいけません。

疲れやストレスが生活と感じない生活はわかっていないだけです。

いつも、いつも何かをしたら疲れやストレスは生まれます。

疲れやストレスがない生活はできないからです。

おいしいものを食べても内臓が消化してくれるからエネルギーに変換されて生きています。

内臓が働くことをしないと消化ができません。

内臓が働いてくれているから生きていることができます。

内臓が働くことでも大量の体力を使います。

いつもいつも3度以上の食べることで食事、間食、おやつ、ケーキ、おかしなどで食道や胃は働きます。

働く内臓にも疲れやストレスはたまります。

肩こりと言うのは筋肉だけでおきている肩こりもありますが、その上に歪みが重なります。

多くの方の肩こりをみてみると筋肉のコリと背骨のズレ、首の骨のズレが重複して起きています。

このズレが何もなくて起きることはありません。

背骨のズレが起きるのは、いつも働いてくれている内臓にたまった疲れやストレスが原因です。

筋肉にも疲れやストレスはたまりますが、内臓にたまる疲れやストレスの方が圧倒的に多くなります。

背骨に問題がある時には、内臓疲労が主な原因です。

背骨のズレがあると筋肉は骨から骨へ引っ付いているのでズレが起きればズレが起きた分だけ骨が動きますから、動いた分だけ筋肉は緩んでしまったり、緊張が固くなります。

これが肩こりになります。

 

 

 

 

小倉北区と小倉南区で肩こりなら30年の徳力整体院。

2017年12月25日

骨盤矯正

骨盤矯正は

骨盤矯正をしています

当院では人気がある骨盤矯正をしています。当院の骨盤矯正はボキボキしていませんし痛くもない骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は骨盤周辺の脂肪や浮腫みもとれていく骨盤矯正をしています。

骨盤周辺の脂肪や浮腫みが取れるだけではなく骨盤自体が小さくなる骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正というのは、どう言うものなのか。

骨盤矯正自体をわかっていない方が多くいます。

当院では骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の横を触ってもらいますが上手く骨盤の横を触ることができない方がいます。

当院の骨盤矯正は骨盤矯正を始める前に、必ず骨盤の横を触っておぼえてもらっています。おぼえることは単純です。

今の骨盤の幅をおぼえるだけなんですが、これが簡単なことではありません。

と言うのも、ただ、骨盤の横に手を当てれば良いと言う訳ではないからです。

骨盤の横に手を当てて骨盤の幅を感じようとしないと骨盤の幅はわかりません。ですから、ただ、手を当てれば良いと言う事ではありません。

幅を感じようとすることが大切です。それができると本当に小さくなったのが、しっかりとわかります。

骨盤矯正とは

骨盤矯正と言うのは現実にどう言う者なのか。

骨盤矯正とは骨盤の骨を矯正していく事ですから、骨盤の骨を矯正する事とは。

今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが、検査する事ができますから検査してみると骨盤矯正希望の方、全員が骨盤に歪みや骨盤の開きがありました。

それだけでも骨盤が大きくなりますが、最近は、それ以上のことが起きています。

それ以上のこととは、骨盤の骨自体が炎症を起こしている方が多くいます。

骨盤の骨が炎症がなくて異常がない方は、今までいませんでした。

多くの方が自分でも気が付いていないで骨盤に炎症が起きています。

骨が炎症を起こしていれば骨も肥大して大きくなります。

骨が炎症を起こしていれば骨盤周辺の脂肪が多くなります。

骨が炎症を起こせば浮腫みやすくなります。

骨の炎症もどこがどんなふうに炎症を起こしているのか、検査ができないと骨が改善できません。

骨の状態を詳しく確認していくことが必要です。

検査すること

当院では検査する事ができますから他とは違った骨盤矯正ができます。

しかも自分の両手で骨盤が小さくなったのがわかるようにしています。

その他には触り方をおぼえるようにすると小さくなったのがわかります。

骨盤矯正をしていく時には、痛くない怖くない無理に押さえつけたりしない骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をしていく時にはマッサージをするようにして骨盤矯正をしていきます。

しかしマッサージをするようにといいましたが、マッサージではありません。

一番、近い言葉がマッサージをするようにというのが近い言葉ですがマッサージをするようにして骨盤を整えて行ける骨盤矯正です。

本当にマッサージをするようにして骨盤を小さくしていく事ができますがマッサージではありません。

マッサージ見たいにして揉むようにしていくと骨盤の炎症やハレが解消して、骨盤の歪みや骨盤の開きが改善していきます。

そして骨盤矯正をしていくとウエストが細くなっていきます。

ウエストが細くクビレができる矯正

同時にできるのがウエストが細くクビレができる矯正です。

当院の骨盤矯正は痛くもない初回から変わる骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正はボキボキもしないし、痛くもない骨盤の歪み・背骨のズレをしているので人気がありますが、自分で小さくなったのが感じないと、本当に変わったのがわからないと思いますから、骨盤矯正を始める前に記憶しておいてください。

記憶しておくことは自分の骨盤の幅です。

この触り方は、簡単ではありません。何度も言いますが、簡単に触ると小さくなったのがわからない方もいます。

骨盤矯正をしていくときに30センチも50センチも変わることはありません。

ズボンやスラックス、パンツが緩くなったと言う事もありますが、基本的には自分の手で触って小さくなったのがわかることだと思います。

洋服でわかるよりも手でわかるほど変えていきますが、触る時に脳を働かせて触らないとわかりません。

そのため、左右差を感じるように触ると、わかる方もいます。

当院の院長は変化したのが触れば、すぐにわかります。

いつも訓練しているので、触り方と感覚神経の働かせ方ができます。

左右差を感じようとすると脳の感覚神経が働きます。

脳で幅を感じると言う事です。

 

骨盤矯正のさわり方

 

 

当院では30年の臨床と経験で骨盤矯正をしています。

2017年12月19日

頭痛

頭痛を改善する

頭痛を楽にしていくには

頭痛が起きやすい方、頭痛になりやすい方、頭痛を繰り返しやすい方、いつも頭痛薬を服用している方の頭痛を改善することができます。

頭痛になるのは、原因がありますから原因をみつけていく治療をするようにしないと、頭痛の方の半数は脳梗塞になる確率が高くなります。

これは当院が言っている訳ではなくテレビの特集で言っていたことです。

頭痛と言うのは頭で起きています。

しかも脳で起きていますから脳の問題と言う事になります。

●普通は肩こりがあるから頭痛になると言う事で頭痛がある方は、肩こりと同時に起きていることが多いようですから肩こりを解消して頭痛を良くしようとすることがあります。

つまりは肩こりからくる頭痛と言う事ですが、本当にそうでしょうか??

院長は肩と首の部分には関係がありますが、まったくと言う事はありませんが別物だと思います。

頭痛も肩こりを良くすれば一時的に頭痛を感じなくなります。

これが肩こりから起きる頭痛と言う構図になっていますが、院長は別物と思っています。

頭痛は頭痛、肩こりは肩こりだと、言う事だと思いますが、肩こりを良くしても圧力が下がるので頭痛が改善することがあります。一時的ですが。

●首の痛み、首のコリから起きる頭痛と言うことも良く言われますが、これも首の痛み、首のコリは首の痛み、首のコリ、頭痛は頭痛だと思いますから別物があると言う事です。

しかし首の痛み、首のコリをほぐしていくと頭痛が良くなることもある為に、首の痛み、首のコリから起きている頭痛と言うことを言われます。

しかし頭痛は頭痛です。首の痛み、首のコリは首の痛み、首のコリです。たまたま同時に感じているからです。

これらが起きることを体調が悪いと言います。

何かの痛みやコリなどの症状を感じることを体調が悪いとか、調子が悪い、と言います。

 

寝込んでいなければ体調が良いか、と言うとそうではありません。

風邪を引いていないと、体調が良いのか、と言う事があります。

体調とは

体調の悪さを説明するのは、簡単なことではありません。

体調が悪くなる、体調が落ちるということは疲れやストレスの蓄積で落ちていきます。

疲れやストレスがない生活はありません。

人は刺激を受けて生きています。

刺激を受けると疲れやストレスが生まれます。

仕事をすると疲れやストレスが多くなります。

飲食をしても疲れやストレスは多くなります。食べることで内臓が働きますから内臓が仕事をしています。内臓が動いてくれるから生きていることができます。

アルコールを飲んでも疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。アルコールを分解するのにどれだけの内臓が働くのか!!!!

タバコを吸うと肺が働きます。働くことで疲れやストレスが肺にたまります。

脂分が多い食事をすると脂分の分解にどれだけ内臓のエネルギーが使われるか!!使うと疲れやストレスが多くなります。

息を吸うことでも肺が働きます。そこで生じる疲れやストレスがあります。

内臓も働くと疲れやストレスをためていきます。

それ以上に仕事や生活、運動で筋肉だけではなく内臓に疲れやストレスがたまっていきます。

この疲れやストレスがたまると体調が落ちていきます。

そして脳にも疲れやストレスはたまります。

脳に疲れやストレスがたまります。これは特別なことではありません。

脳に疲れやストレスがたまると脳は緊張が強くなります。

この緊張が頭痛、片頭痛になります。

一度、頭痛になった方、頭痛持ちだった方が頭痛が起きなくなったかたも要注意が必要です。

と言うのは最近は頭痛が起きなくても頭痛の原因はあるからです。

以前に頭痛が起きていた方は、原因から改善していないと形が変わっておきます。

その進行途中では頭痛が一時的に長い間でもないことがあります。

頭痛には頭痛を起こしている原因が脳にあります。

脳の原因を見つけ出すことも薬を飲むように簡単に、見つけることができる訳ではありません。

初回では体調の悪さや色々なものが邪魔をして見えなくしています。

体調の悪さがある場合は、疲れやストレスの蓄積から減らしていく必要があります。

その疲れやストレスは脳にもたまりますが、他の内臓にもたまります。

眠りから頭痛に

最近は眠りが浅い方が増えています。

眠りが浅いと寝ているつもりになっています。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思っている方が多くいます。

眠りと言うのは脳が休養をとることで脳が寝る事です。

体は寝ていても脳が寝ていないと寝ていません。

人が見てもスースー寝息を立てていても寝ているとは言えません。

脳の中が問題なんです。

脳の中から緊張や炎症やハレ、硬縮などを改善しないと頭痛が改善しない方もいます。

寝ている時に夢を見ることは目が覚める瞬間に見ていますが、たった数秒や数分です。同じ夢を見ているか、違う夢を見ています。

夢を見る睡眠も浅い睡眠ですが、もっと浅い睡眠があります。

この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠といいます。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

夢はおぼえていますが、寝ながら考え事をしている睡眠は記憶に残ることは少ないようです。

寝ながら考え事をしている睡眠が多くなると睡眠負債になります。

睡眠負債と言うのは取り返しが付かないと言われています。

睡眠負債は心筋梗塞や脳梗塞、認知両貝、痴ほうになりやすいことはわかっています。

 

脳疲労から頭痛になる

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は頭痛を楽にしています。

2017年12月13日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にしていく為には骨盤の歪みや骨盤の開きから改善しないと小倉北区と小倉南区で腰痛を楽にしていますカイロプラクティック徳力整体院。
腰痛とは

腰痛を楽にする

腰痛を楽にするなら腰の痛みが楽になったら原因を見つけ出すことをしないと繰り返しやすく、戻りやすく、効果がなかったりします。

腰痛を起こす時も原因がなくて腰が痛くなることはありません。

腰痛になる時は、姿勢でもなく重いものを持ったからではありません。

これらは切っ掛けです。

例えば腰痛は、

骨盤の歪み、骨盤の開きがある時に体を支えることができないと腰が痛くなったり腰痛になります。

骨盤の歪みや、骨盤の開きがないと、腰痛は何をしても起こりません。

同じことをしても痛みが起きるときもあれば、起きないこともありますから、そこの骨盤の状態が深く関係しています。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、重い荷物を持って腰が痛くなります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、中腰の姿勢をしていると、腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、同じ姿勢をしていると、腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、足を組んで座ってると、腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、横すわりをしていると、腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、長時間の車の運転で、腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、前かがみの姿勢をしていると、腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定があると、クシャミをしただけで、腰が痛くなって腰痛になります。

これらが切っ掛けです。

中腰や重いものを持つなどが切っ掛けです。

腰痛を起す原因は骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定にあります。

しかし何も原因がなくて骨盤の歪みや、骨盤の開きが起きることはありません。

骨盤や背骨は中枢神経を守ることをしています。

その背骨や骨盤が簡単に歪みを起こしていたら守るものも守れなくなります。

姿勢などで歪みやズレを起こしていたら大変です。

猫背の方は生きていく事さえできなくなります。

どうして骨盤の歪みが起きるのか????????

どうしてと?、疑問ができます。

その疑問を解消する為に、当院では30年間、研究してきました。

骨盤の歪み・背骨のズレを起こしているのは黒幕の腎臓です。

内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。

腎臓疲労が原因で骨盤の問題を起こしています。

疲れやストレスと言うのは弱い内臓にたまっていきますから腎臓が弱い方が骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

腎臓が弱いと腎臓に関係する筋肉に影響して筋肉バランスを崩していきます。

この筋肉バランスの崩れが骨盤を狂わしてしまって腰痛につながる骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

腎臓に関係する筋肉は大腰筋、腸骨筋と言う筋肉です。

この大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなって崩れると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

大腰筋、腸骨筋は股関節に付着している筋肉です。

大腰筋、腸骨筋のバランスの崩れが、骨盤の崩れを起こしていきます。

この時に切っ掛けをすると腰が痛くなります。

腰痛を楽にする為には

腰痛を楽にしていく為には表面上の筋肉やじん帯の炎症やハレを改善していきます。

そして骨盤の歪みや骨盤の開きを解消して整えて行きます。

次に、腎臓の炎症やハレを押さえていきます。

これで腰痛が楽になっていきますが、これでも腰痛が楽になることがない場合は、腎臓の働きの低下で起きている腰痛ではありません。

この場合は体質改善と言う治療で腎臓を細胞レベルから変えていく事をしないと、もう腰痛が楽になりません。

しかし最近は眠りが浅い方が増えています。

眠りが浅いと脳疲労が起きています。

脳の力が回復する源ですから脳疲労が起きていると回復する力がありません。

最近は、多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

この睡眠が最悪な睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠をしている方は目が覚めないから寝ていると思っています。

寝ながら考え事をしている睡眠は睡眠負債になります。

睡眠負債は取り返しがつきません。

睡眠負債は大変なことを起こしていくからです。

睡眠負債が多くなればなるほど脳こうそくや心筋梗塞になりやすくなります。

睡眠負債は大変、多くの方に起きています。睡眠負債は急激な脳細胞の減少を起こしています。

脳細部の減りが速いと認知症やウツ、パニックなどになりやすくなります。

また初期では記憶の問題が起こります。

記憶の問題は、うっかりや物忘れです。

腰痛が起きる原因

 

 

 

小倉北区と小倉南区で腰痛を楽にするならカイロプラクティック徳力整体院。

2017年11月14日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 始めから顔が小さくなる小顔矯正が人気で痛くないから評判の良いボキボキしない顔が小さくなるアゴのラインがスッキリして小倉南区と小倉北区から徳力整体院
小顔矯正

小顔矯正

北九州市小倉で顔を小さくする小顔矯正をしたいなら30年の経験があるボキボキしない痛くない怖くない小顔矯正をしている徳力整体院へ。

当院の小顔矯正は院長が手のみで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

当院の手だけで行う小顔矯正は、ほんとうに痛くもなく顔を小さくしていきます。

当院の院長の手が普通の手なんですが特殊なんです。

特殊な力があると言うか。

特殊な手の力と言うのは変な意味ではなく宗教的な意味でもなく、だましでもなく、正当な整体とカイロプラクティックの技術を使いながら技術力の差と手の力で変える事ができます。

手の力と言うのは気の力なんですが、『気を入れました』と言う気功の治療ではありません。

気を入れることができても、車にガソリンを入れる事みたいな感じですからガソリンを使えば体は何も変わっていませんから。

また、

焼肉を食べてもおいしかった、焼肉を食べたと言うだけで、モリモリ元気になったと言うことはありません。お肉を食べることで食欲が増進すると言う事です。ニンニクを食べても食欲が増しやすいと言うことであって、元気になることはありません。

おいしいケーキを食べても元気になることはありません。食欲が多くなって内臓でエネルギーを作られますから内臓が基本的なものですが。

全ての中心が内臓です。

内臓は中心でですから、内臓の働きがかなりの問題になります。内臓で栄養を作ります。

内臓疲労があると体を動かすエネルギーと栄養は作られにくくなります。

肺に疲れやストレスがたまると、酸素も肺が弱ると血中酸素は減りますから疲れやすくなります。

 

仕事で疲れやストレスが多くなります。

運動で疲れやストレスがたまります。

生活することで疲れやストレスが多くなります。

夫婦生活で疲れやストレスが生まれます。

精神的なプレッシャーで疲れやストレスができます。

音で疲れやストレスがたまります。

車を運転することで疲れやストレスはできます。

おいしい焼肉を食べる事でも内臓が働いたり、口で噛むことで疲れやストレスが生まれます。

ケーキを食べることで甘いものを食べると膵臓に負担が起こり疲れやストレスがたまります。

ご飯を食べる事でも内臓が働いてくれるから消化がしますが、内臓が働くことで疲れやストレスは内臓にたまります。

アルコールを飲むと肝臓はアルコールを分解しますから肝臓が働いて肝臓に疲れやストレスはたまります。

タバコを吸うと肺に微粒子がたまりますから、肺に疲れやストレスがたまります。

日常的に疲れやストレスは多くあります。疲れやストレスがない方はいません。

しかし多くの方が疲れやストレスの実態をわかっていません。

体に疲れやストレスがたまるように、内臓にも日々働いてくれている所ですから内臓にも疲れやストレスがたまります。

疲れやストレス

疲れやストレスがたまったと言いますが、その疲れやストレスはどこにたまるのか?????????

疲れた~~~~!!!!!

ストレスがたまった、と言います、けど・・・・・

筋肉にもたまりますが、多くは内臓にたまっていきます。

内臓と言うのは、肝臓や胃、肺、心臓などや脳や脳幹、脊髄も入ります。

内臓の疲労を改善してくれるのは、脳から贈られる神経エネルギーだけです。そしてあとは副腎から出るホルモンです。

しかし筋肉は副腎から出るホルモンで解消できますが。

内臓に疲れやストレスがたまって弱った内臓を元気にしていくのは脳です。脳から送られてくる神経エネルギーが内臓を元気にしていきますが、最近は多くの方が脳が弱っています。

脳が弱ると眠りが浅くなります。

眠りが浅くなると脳疲労は急速に多くなります。

脳疲労が多くなると内臓を回復させることができません。

脳が弱ると内臓が弱る、内臓が弱ると酸素や栄養の生産ができにくくなるので脳へ来ないから、余計に脳は弱ります。

このt連鎖的に広がる無限連鎖が生まれます。

そうすると脳細胞の減りが起きて認知症になります。急速に!!!!!!!!

 

小顔矯正をする時に

小顔矯正をする時に、この疲れやストレスがたまっている所が重要になります。

普通は疲れやストレスは内臓にたまっていきます。内臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

内臓に疲れやストレスがたまると循環が悪くなってリンパの流れも悪くなって老廃物がたまります。

内臓が弱ることが原因で色々な状態が起きていきます。

内臓に疲れやストレスがたまることが起きるということは脳にもたまります。

脳にたまると顔にもたまります。

顔に多くの疲れやストレスがたまると炎症やハレが生まれます。

この炎症やハレを見つけて改善することをしています。

最近は多くの方が寝不足です、寝不足は取り返しがつきません。

この取り返しがつかない寝不足のことを睡眠負債と言います。

睡眠負債は大変な事になります。

最近は多くの方が寝ているつもりの睡眠をしています。

朝まで目が覚めないから寝ている!!!!

夜に目が覚めないから寝ている!!!

寝るということと眠ると言う事は違います。

誰が見ても見た目で寝ていれば寝ていますが脳はどうでしょう?????????

脳が寝ることが眠ると言う事です。

最近は多くの方が『寝ながら考え事をしている睡眠』をしています。

この睡眠は一番ダメな睡眠ですが、寝ながら考え事をしている睡眠は目がさめた瞬間に忘れてしまいます。

夢ほど記憶に残りません。ここが厄介なんです。

自分でも眠れていないことが、わからなくなっていきますから。

今まで全員と言って良いほど当院に小顔矯正を希望されてきた方は体調を検査してみると体調が悪い方ばかりでした。

最近は体調が悪いことさえわかないくらい脳疲労が進んだ若い方が多くなっています。

 

 

 

小倉南区と小倉北区で小顔矯正なら徳力整体院へ

2017年11月10日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 評判の良い骨盤矯正をしています、ボキボキしない痛くない初回から骨盤が小さくなる矯正です、小倉南区と小倉北区から多くの方が来院する徳力整体院
骨盤矯正が人気です

骨盤矯正

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなっていくことで人気があって評判の良い骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をしていく治療は2通りの骨盤矯正があります。

①体調を上げて整えていく骨盤矯正

②体質改善による骨盤矯正、です。

初回からできる骨盤矯正の治療は①の体調を上げて体を整えていくことで骨盤を小さくしていく骨盤矯正をしていきます。

30年間、骨盤矯正をしてきて初回から体調が良いと思う方はいませんでした。

自分で体調が良いとおもってきましたと言う方はいましたが、検査してみると体調が無茶苦茶、悪く、悪さを感じないほどひどい方はいましたが。

当院では検査する事ができます。

検査は、体調の検査、筋肉のコリ検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査、眠りの検査、脳疲労の検査などです。

検査も初めから色々な検査はできませんから体調の検査、骨盤の検査だけをしていきます。

検査してみるとトップで反応する内臓が一つだけ反応します。一番、弱っている内臓です。

風邪を引いている方は3番目か、7番目の反応があります。3番目は肺、7番目は脾臓ですから免疫に関係しています。つまり風邪を引いていると言う事になります。あとは体調がどの段階なのかです。

骨盤矯正と検査

骨盤矯正をしていくときに、どうして検査が必要なのか??????

それは最近は多くの方が体調が悪く、最高に骨盤矯正で骨盤を変えても「持続する力」、『維持する力』がないからです。

骨盤矯正をしても自分の体調に関係しています。

最近は体調が悪い方が多くいますから、体調が悪すぎると疲れやストレスが多くたまっていたり、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあります。

そして体調が悪いとリンパの流れも悪く老廃物がたまっています。

循環も悪くなっています。

内臓の働きが低下して内臓疲労になっています。

体調が悪いから浮腫みやすくなります。

体調が悪いから脂肪になりやすくなります。

体調が悪いと顔色が悪くなります。

調子が悪いと肌のツヤが無くなります。

調子が悪いと生理痛が起きやすい方強い生理痛が起こります。

調子が悪いと便秘症の方がひどい便秘になります。

膀胱炎も起きやすくなります。

体調と言うのは基本的な事ですが、体調を上げることは大変、難しく誰でもできていません。

点滴をしても体調は上がりません。

サプリメントを飲んでも体調は上がりません。

マッサージをしても低周波治療器や電器をしてもボキボキしても体調は上がりません。

楽にすることと体調を上げると言うことは違います。

検査してみると

検査してみると体調が悪い方が多くいます、この環境の変化や温度差で何もしなくても疲れてしまいます。

自律神経が勝手に働いてエネルギーを使って調節しています。

体温の調節、リンパの流れの調節、内臓の調節、色々な調節を自律神経は勝手にしてくれています。

その上に生活したり、仕事をしたり、運動をしたりして、さらに体力を使っています。

それほど体調が落ちていくと骨盤矯正の時に検査してみると骨盤に普通では起きないことが起きています。

普通では起きないこととは、骨盤の炎症やハレです。

骨盤には歪みや骨盤の開きも起こりますが、骨盤の骨に炎症やハレがある方がいます。

検査してみるとわかりますが、骨だけではなく筋肉やじん帯、神経、リンパ管にも炎症やハレがある方がいます。

それを見つけて改善していくと骨盤が徐々に小さくなっていきます。

ですから骨盤矯正といっても美容的なものではなく治療になります。

骨盤には痛みやコリを感じなくても異常が起きています。

100人の方が骨盤矯正に訪れて100人、全員が骨盤に異常があります。

これは検査してみないとわかりませんが、今まで30年間、骨盤矯正をしてきて100パーセントの方が骨盤に異常がありました。

それを治療することで骨盤が小さくなって小尻になっています。

履いてきたスカートやズボンが緩くなった方もいます。

異常のある部位を見つけるのは

異常のある骨盤の部位を見つけることは簡単なことではありません。

当院の院長は30年の経験で簡単そうにしていますが、誰でも見つけることができるものではありません。

検査する事でも精度と熟練が必要です。

院長はいつも研究して難しい症状も改善できるように努力しています。

骨盤矯正をしていく時に検査する事ができないと効果がない場合もあります。

骨自体の炎症やハレがあると内臓も正常ではありません。

病院でも検査して異常を見つけていきます。尿検査や血液検査、レントゲン検査ですが病気として完成するか、完成まじかであれば陽性反応が出ています。

しかし病院は病気の専門家です。病気になったら検査すると陽性反応で病気がわかりますが、急になることはありません。

数年から数十年かかって進行していきます。

ですから当院では病気の検査をしている訳ではありません。

骨盤矯正をしていく時に骨盤の異常がある方は骨盤の異常から整えていく骨盤矯正をしないと小尻になることができません。

当院では痛くない怖くない骨盤矯正をしています。

最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

眠りが浅いと骨盤矯正をしても効果が持続しません。

眠りが浅いと脳疲労になります。脳が弱れば体調の維持ができません。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思うのは違います。

夜に寝たら寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

これが一番ダメな睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れています。

まだ、夢を見る睡眠の方が寝ているしおぼえていますが。

寝ながら考え事をしている睡眠の方は浮腫みやすくなります。

寝ながら考え事をしている睡眠の方は脂肪になりやすくなります。

寝ながら考え事をしている睡眠の方は体調が奈落の底です。

 

小倉北区と小倉南区から多くの方が訪れている骨盤矯正は評判の良い人気がある骨盤矯正の専門家の先生が矯正しています。

2017年11月07日

カイロプラクティック

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉でカイロプラクティックならボキボキしない痛くない矯正をしている徳力整体院へ評判の良い骨盤の歪み・背骨のズレを改善することをしています小倉北区と小倉南区でカイロなら徳力整体院
ボキボキしないカイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのはボキボキしたりする矯正が多くありますが、当院ではボキボキすることなく骨盤の歪み・背骨のズレを改善することをしています。

カイロプラクティックと言うと手の技と言う意味がありますから手の技で体を整えていくので低周波治療器や電器などは使いません。

カイロプラクティックと言うのは「手の技」と言う意味があって手技とか訳されます。

カイロプラクティックと言うのは手の技で体を整えていくことをして楽にしていくことです。

痛みやこりなどの症状は歪みやズレから起きています。しかし、歪みやズレがあっても低周波治療器や電器をすると楽になるため低周波治療器や電器が一番、簡単に使用されています。

骨盤の歪み・背骨のズレは

しかし、骨盤の歪み・背骨のズレがなくなった訳ではありません。

低周波治療器や電器をすると痛みやこりがわからなくなるだけです。

痛みやこりを起こしているのは骨盤の歪み・背骨のズレなのに、それを改善しないで痛みやこりをわからなくなることができるのが低周波治療器や電器です。

検査も必要なく誰でもタイマーやあてる部分を間違えなければできます。

低周波治療器や電器をする時にプラス端子とマイナス端子を対象部位に当てて低電流を流しているだけです。

しかし、わからなくなることを痛みやこりが直ったと思わせる行為こそ骨盤の歪み・背骨のズレの治療を遅らせています。

骨盤の歪み・背骨のズレの原因

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは姿勢でもなく重いものを持つなどではありません。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは、原因があるから骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは疲れやストレスです。

疲れやストレスが体に多くたまればたまるほど骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

この大きくなったものが痛みやこりになります。

低周波治療器や電器で楽にできても、骨盤の歪み・背骨のズレは残っています。

しかも骨盤の歪み・背骨のズレの原因はある部分に蓄積した疲れやストレスです。

このある部分にたまる疲れやストレスが一番の問題です。

疲れやストレスには蓄積しやすい部分があります。この蓄積しやすい部分が問題になります。

蓄積しやすい部分が問題になれなければ低周波治療器や電器でもかまいません。しかし、低周波治療器や電器をすればするほど筋肉は固くなっていきます。

一時的に固くなるのではなく永久的に固くなります。

一時的に固くなる筋肉はもめば柔らかくなります。

しかし、永久的に固くなる物は揉んでいるだけ楽になったような感じがしますが、終われば同じです。

低周波治療器や電器をすればするほど筋肉疲労が起きていきます。

筋肉疲労が起きると老化が促進していきますから、もういくらしても揉んでもマッサージをしても柔らかくなることはありません。

話を戻します。

疲れやストレスと言うのは蓄積していくところがあります。

筋肉にも疲れやストレスはたまりますが、多くは内臓にたまります。

内臓にたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると痛みやこりになります。

当院のカイロプラクティックというのは背骨や骨盤を矯正するだけではありません。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのかまで見つけて改善することをしないと効果もなくなってしまいます。

しかも最近の症状の方は、単純な疲れやストレスだけでは済まない方が多くなっています。

この症状の方をこじらせた症状と言っています。

当院のカイロプラクティックの治療は

①体調の治療:疲れやストレスを内臓から減らしていく治療。

②こじらせた症状の改善

③体質改善の治療。

があります。

 

 

カイロプラクティックは骨盤の歪み・背骨のズレ

小倉でカイロプラクティックなら小倉北区と小倉南区で評判の良いカイロプラクティック徳力整体院へ。

当院では検査で「小倉 カイロプラクティック」、『小倉北区 カイロプラクティック』、「小倉南区 カイロプラクティック」などの検索キーワードでも人気があります。

 

2017年10月18日

頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉で頭痛を繰り返す方は原因がありますから薬で抑える事も構いませんが一時的な痛み止めですから、原因があるので原因から改善しています。小倉北区と小倉南区から徳力整体院
頭痛

頭痛

頭痛が繰り返し起きやすい方、頭痛が今現在ある方、いつも頭痛薬を持ち歩いている方、薬を使って一時的な痛み止めをするのは構いませんが一時的に抑えるだけでなので一時しのぎを作っているだけです。

頭痛には頭痛の原因がありますから、原因もいつまでも同じままではありません、

頭痛の原因はいつも進行しています。

頭痛がない時でも、起きていない時でも進行は止まっていません。

頭痛の原因は徐々に進行していっています。

この進行した物が、最悪の状態になってしまう前に原因を改善していかないと先将来の問題を手繰り寄せることになります。

20代や30代の頭痛の方が増えていますが、この頭痛が先将来の問題につながりやすくなります。

昔、頭痛が起きていた方も同じ原因で起きていますから、この昔、起きていた頭痛が治っている訳ではありません。

一度、起きた頭痛が、薬を飲むことや数回のマッサージや整体院やカイロプラクティック院の治療で治ることはありません。

潜在的に原因が潜んでいるのに。

頭痛には頭痛の原因があります。

この原因とは先将来、いつかはわかりませんが、脳こうそくの可能性です。

脳こうそくになると言う訳ではなく可能性が高くなることです。

脳こうそくになるのもゼロから100になることはありません。

病院に行ってもある程度の悪さがないと起こりません。

例えば進行途中のものが80から90を超えると病院で検査するとわかります。

その前では異常なしです。

完成しないと病院の検査では引っ掛かりません。

病院で検査しても、進行途中のものは陽性反応が出ません。

しかし、

陽性反応が出る状態では手遅れです。

もう病気になっていますから。

病気になる前では病気ではありません。

誰でも老化は進行しています。この進行したものが病気です。

しかし、完成しないと検査しても分かりません。

当院の治療は

当院の頭痛の治療は検査することで判断ししていますが、病院のような病気の検査ではありません。

体調の検査や脳の状態の検査です。

例えば

脳疲労の状態

脳の血流の問題

脳の脳せき髄液の量

脳の酸素量

眠りの状態から起きる脳の問題

などなどです。

これらを監査することで頭痛になっている原因を見つけていきます。

多くの方の場合、体調も悪く、眠りもできていません。眠りと言うのはただ、寝ているかた寝ていると思わないで脳がどれくらい寝ているかです。

脳が寝ていないと寝ていません。誰が見てもスースー寝息を立てていても眠りが浅い方が増えています。

多くの頭痛の方は

眠りが浅くなっています

眠りが浅いと脳疲労が起こります。

脳疲労が起きると内臓も休むことができません。

脳疲労がある方が異常に多くなっています。

 

 

 

頭痛の原因

 

小倉北区 頭痛小倉南区 頭痛などの検索でも人気があって評判の良い頭痛の改善をしています。

2017年09月28日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 当院では人気がある小顔矯正をしています。小顔矯正をする時にはボキボキしない顔を押さえつけたりしない矯正をしています小倉北区と小倉南区で徳力整体院は評判の良い矯正で顔を小さくしています。
人気があって評判の良い小顔矯正

小顔矯正

当院の小顔矯正はボキボキしない痛くない小顔矯正で顔を無理やり押さえつけたりしない小顔矯正をしています。

①顔だけ小顔矯正をすると戻りやすくなります。

②トータル的に小顔矯正をしていくと戻りが少なく、さらに小顔になることができます。

③体質改善の治療で小顔矯正をしていくと、体全体が引きしまって細くなるし、顔も小さくなりやすく、小顔矯正で小顔、骨盤矯正で小尻、ウエストが細くクビレができるができます。

この体質改善の治療で小顔矯正をする時には、体の中から直していく方法なので色々な変化があります。

当院の一番、上位の治療になるのが体質改善の治療です。

ただ、小顔矯正をしても顔が小さくなりにくいなどの場合もあります。

数回以上はかかりますが、当院では体質改善の小顔矯正をお勧めしています。

 

20代の女性の方

小顔矯正と骨盤矯正を希望されて来院しました。

今、8回目ですが、顔ももちろんですが、骨盤も前より、ずっと小尻になってきているし、ウエストまで細くなって浮腫みやタルミも減って引き締まっています。体も調子が良くなって今までとは、ずいぶん違います。

などと評判の良い小顔矯正です。

顔を小さくして行く為に

顔を小さくする小顔矯正をしていくときには、マッサージするようにして顔を小さくしていくことができます。

これができるのは当院の院長だけです。

マッサージと言っても、マッサージ感覚でと言う方が正しいと思います。

マッサージしても顔が小さくなることはありませんから。

しかし院長が顔を揉むようにしていくと顔が小さくなるので不思議がらてれいます。

院長には特徴があって、秘密の技術を使って小顔矯正をしていきます。

秘密の技術があるから顔をマッサージするようにしているだけで顔が小さくなる小顔矯正ができます。

 

院長が小顔矯正をする時には

院長が小顔矯正をする時には、誰でもある顔の異常を見つけていくことをしています。

顔の異常と聞くとわからないと思いますが、多くの方に顔の異常があります。

顔に痛みやこりがなくても異常があります。この異常を検査することで確認して治療すれば顔が小さくなります。

しかしこの顔の異常を見つけるのは、大変、難しく誰でもできる物ではありません。

特に異常を見つけても、それをどうすれば改善できるのかと言う事があります。

顔の異常とは

顔の異常とは顔の炎症やハレです。これを改善していくと顔が小さくなります。

当院の院長は特殊な検査ができますから顔の異常を見つけていくことができます。

今まで30年間、小顔矯正をしてきましたが、異常がない方はいませんでした。

異常がある部分を解消していくことができるので初回から顔が小さくなります。

特にアゴのラインが炎症やハレていることが多くあります。

ですからアゴのラインはスッキリして細くなります。

あとは変わりやすい部分はほほ骨の出っ張りです。

 

 

 

小倉南区と小倉北区で人気がある小顔矯正。

 

小倉北区と小倉南区で小顔矯正をするなら徳力整体院。

2017年09月13日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりは筋肉が硬くなって起きる物ですが、筋肉もどうしてかたくなっているのか原因があります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院

肩こり

肩こりというと筋肉のコリと言う事で肩こりが起きています。肩こりを感じるときには筋肉のコリが起きていますから、筋肉のこりをほぐして柔らなくすることをしています。

筋肉と言うと僧帽筋という名前の筋肉ですが、この僧帽筋の筋肉がコリを起こすことが肩こりです。

しかし、コリと言うのは、どう言う現象なのか、わかりますか。

コリ、コリと言いますが、肩こりのコリとは??????

それを説明できる専門家の先生も少ないようです。

ただ、筋肉が緊張しているとか、固くなっているとか???

では、どうして筋肉のこりが起きるのか???

肩の使い過ぎ??

いつも同じ肩ばかり重いものを持つから???

パソコンを使い過ぎ??

スマホを使い過ぎ??

仕事で肩を良く使うから??

などなど色々な肩こりの原因があります。

その肩こりの筋肉のコリを説明できる方はいませんから適当に言う場合が多くあります。

肩こりと言うのは実は重大な意味があるから体が起こすボディランゲージです。

意味もなく筋肉のコリを起こすことはなく、意味があるから自分に体のことを知らせる為に送る警報です。

この警報の肩こりも単純な肩こりもあります。

もちろん肩の筋肉を使いすぎて起きる一時的な肩こりです。

この肩こりの場合、湿布を貼ったりするとか、肩や腕を動かすことや休ませることでも肩こりは楽になります。

この場合、一番の有効な手段は湿布を貼ることです。野球選手のピッチャーが肩をアイシングしていますから、一時的に冷やしてみるとかすると筋肉の緩和ができることもあります。

しかし、いつもすることではありません。

ピッチャーは酷使している訳ですから。

普通は、ここまで酷使することはありません。

では、運動選手みたいに使う事はないのに、どうして肩こりが起きるのか??

普段の生活で使う事しかしていないのに、どうして肩こりが起きるのか??

肩こりが起きているときには当然リンパの流れも悪くなっています。

しかし、リンパの流れが悪くなって肩こりというよりも、筋肉がコリを起こしているからリンパの流れが悪くなって老廃物がたまったと言う事が先です。

リンパの流れが悪くなったら老廃物が多くたまって、と言う事はありません。リンパ療法をしている方は言うかも知れませんが。リンパ療法もあまり押すことはしないマッサージですから。

リンパ療法と言っていますが、実態はマッサージです。ぐいぐい押すマッサージではないと言うことです。

さするようにしたり、表面上のマッサージをしてリンパを流すと言っています。

しかし、どうしてリンパの流れが停滞しているのか、と言う理由があります。

何も原因がなくて、リンパの流れが停滞することはありません。

リンパの流れと血液の流れは違いますが、ある原因からリンパの流れ、血液の流れは停滞してしまいます。

これは体にたまった疲れやストレスです。

リンパの流れも最終的には鎖骨部分の静脈に流れていきます。ですから最終的には血液と同じです。リンパの流れから流れ込んだゴミは最終的には腎臓で処理されます。

循環も良くしてもすべて内臓を通過していきます。内臓を通過しない循環はありません。

循環を良くすればするほど内臓に負担が起こります。

内臓の負担は内臓が元気であれば大したことはありませんが、内臓疲労が起きていると内臓負担は多くなものになります。

内臓負担が大きければ大きいほど内臓疲労は進行して行きます。

しかも日々の生活で疲れやストレスは内臓にたまっていっています。

この両方の内臓にたまる疲労から内臓は弱っていきます。

ある内臓が弱った時に肩こりになっていきます。

ある内臓というのは心臓、肺、肝臓、胃などです。

始めは肺や、心臓、肝臓、胃の弱いで済まされますが、疲れやストレスの蓄積が多くなると、ある現象が進行していきます。

ある現象とは老化です。

老化の進んだものが病気です。

しかし、完成してしまわないと病院で検査しても分かりません。

いくら症状を訴えても病気なっていなければ異常なしか原因不明です。

何かの症状を訴える場合、異常なしではなくわからないとは言いません。

例えばですが、内臓の老化が80パーセントを超えると病院で検査すると数値が異常になって病名が付きます。

病名がつくということは、もう病気です。

しかし、ゼロから100に一気になることはありません。

病院では数値ばかり気にしていますが、実物を触るとどうでしょうか??

例えば、当院では患者さんの背中を良く触ります。

例えば糖尿の方でしたら背中の左側が固くなって張っています。

肝臓の老化が進んだ方も肝臓病ではありませんが、肝臓のある右側が固く張って高くなっています。

数値に出るないは別として内臓自体を見ていると異常状態を起こしています。

これを確認して肩こりを治療していくが当院の肩こり解消法です。

いつまでも一時抑えばかりしていると原因は進行していきます。

一時押えと言うのは低周波治療器や電器、マッサージばかりしていると原因は進行して100人の肩こりの肩が、その中の20にんか 20人か30人くらいが心臓病や肺の病気、肝臓の病気、胃の病気になっています。

後の方はなりかけです。

これが肩こりの原因です。

だから肩こりといっても筋肉のコリと思わないで、本当の原因を見つけることが大切です。

当院では体質改善という治療もあります。

体質改善の治療は若返りの治療です。

病気になる前に内臓を若返りさせることができる唯一の方法です。しかし1回や3回や5回でできる物ではありません。

そんなマジック的な治療はしていませんしできません。だましではなく治療ですから。

体がそんなに簡単に若返ったら1回につき1000万や1億円もかかってもできません。

映画と同じ聖杯と同じことですから。

そんなだましはしていません

体を直すことは簡単ではありませんから!!!!

 

 

 

肩こりを原因から楽にして直す為には

北九州市で小倉南区、小倉北、行橋などからカイロプラクティック徳力整体院は肩こりを原因から解消していくことをしています。

当院は「小倉 肩こり」、「小倉南 肩こり」、「小倉北 肩こり」、「小倉南区 肩こり」、「小倉北区 肩こり」などの検索キーワードで人気があります。

2017年09月13日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にするなら筋肉からほぐしてその先にあるものも改善していくことが肩こりの治療になります。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市、福岡市、博多、福津市、宗像市、笹栗、久山、新宮町、福岡市東区 福岡
肩こりには肩こりになる原因があります。

肩こり

肩こりを解消するためには肩こりの原因になっているものから改善することをしています。

肩こりを感じるときには、日々、肩こりの強さが違うと思います。

今日は肩こりがひどいとか、今日は肩こりが軽いとか、変化があります。

この差は、体調に関係しています。

体調が良い時には、肩こりは軽く感じます。

体調が落ちると、肩こりはひどくなります。

例えば、今日は眠れなかったから、肩こりが強くなります。眠りが浅いと体調は落ちていきます。

眠れていないのに体調は良いことはありません。最近は体調が自分でわからない方もいます。

 

初回で「体調が良いと思ってきました」と言う方もいます。当院では検査することができます。病院でも体調はわかりませんし、検査する機械もありません。病院で検査して判別できるのは病気だけです。病院では病気の検査をする専門家です。

しかし体調と言うのは見た目見てよさそうな外見であれば体調は良いと思います。本人も感じていなければ体調は良いと言います。

しかし当院では、これを調べることができます。

体調を検査するということは大変、難しく簡単ではありませんが、できるようになると簡単にできます。

しかし、ここまでできるようになるまで修業が必要です。修行には毎日の練習と実践が必要です。

正確に体調の検査ができるまで早い方で3年以上かかります。

人それぞれで違う体調ですから正確になるまで数年はかかると言うことです。

しかし、検査でできるようになっても治療は、ただ、揉めば良いと言う訳にはいきません。

検査することができると色々、わかってくるからです。

肩こりも

肩こりの検査することができるようになると色々わかってきます。ほんとうに肩こりは筋肉から起きているのか???

色々な検査ができると肩こりがどこから起きているのか、ということがわかってきます。

目で見てわからないものが判断できるようになります。

検査の方法の詳しい説明は専門のページに任せます。

今は肩こりの説明なので肩こりの説明をしていきます。

肩こりを起こす筋肉は僧帽筋という筋肉です。

この筋肉は頭の部分から肩から背中まである大きさ筋肉です。

この僧帽筋がほんとうに肩こりのコリを起こしているかと言う事です。

多くの場合、肩こりは僧帽筋のコリではなく背骨の歪みから筋肉がコリを起こしています。

でも、僧帽筋を低周波治療器や電器などや、マッサージすることでも楽になることができます。

この理由は、肩コリを感じる部分は圧力が上がっているからです。

血流が悪くなってリンパの流れも停滞してしまうと圧力が上がります。

圧力が上がると神経も過敏になります。これが肩こりとして感じます。

肩こりを感じるとき

肩こりを感じるときには筋肉の部分に圧力が上がりすぎて停滞を起こして起きています。

肩こりは停滞、うっ滞を起こして肩こりになっています。

ですから筋肉に対して治療と言うよりも低周波治療器や電器などでプラスからマイナスへ電気を流して余計に筋肉疲労をさせると筋肉疲労が多くなって肩こりがしばらく感じなくなります。

これは低周波治療器や電器をしている専門家の先生も知りません。

当院の院長が20年かけて研究したものですから。当院の院長も昔はわからずに他の治療院がしていることをしてみましたから、低周波治療器や電器を使っていました。

しかし、低周波治療器や電器の意味を知ったからは、あまり使わなくなりました。

色々な電気治療器はすべて体に対して刺激をしているだけです。刺激すればするほど気持ちよさはあるかも知れません。

本当に刺激すると気持ちよさを感じますが、電気治療器は刺激をしているだけです。

いつまでも刺激ばかりしていると原因はどんどん進行していきます。この原因は検査することで判別しますが、そこまで行きつくまで大変な苦労があるため、多くの方が検査をすることができません。

検査で判断するもの

検査では筋肉のこりがあるのか??

それ以外のものが肩こりに関係していないか??

体調は良いのか??

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレはあるのか???

リンパの流れは??

血流は??

疲れやストレスは??

内臓の状態は??

などなどを検査していきます。

 

検査したら治療に入ります。検査で分かったことが良くなるようにしていきます。

当院には体質改善とういう治療があります。この体質改善の治療はアンチエイジング、若返りの治療です。

肩こりになっている部分は弱い部分です。弱い部分を強く変えていく治療が体質改善 アンチエイジング 若返りの施術という治療になります。

もしかしたら僧帽筋の筋肉が老化して固くなっているかも知れません。筋肉が固くなるのは老化です。その老化を改善するのが体質改善です。また、筋肉に限らず内臓の老化も肩こりに関係しています。

肩こりを解消するためには

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市、福岡市、博多、福津市、宗像市、笹栗、久山、新宮町、福岡市東区 福岡市西区、南区、飯塚市、直方市、田川市、みやこ町などから多くの方が来院しています。

当院は肩こりを改善することをしています。

当院では、北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、行橋市 肩こり、門司区 肩こり、下関市 肩こり、福岡市 肩こり、博多 肩こり、粕屋郡 肩こりなどのキーワードで人気があります。

2017年09月01日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。当院の骨盤矯正はボキボキしない電気を使うことなく骨盤を小さくしていきます、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
骨盤矯正

骨盤矯正

当院では初めから骨盤が小さくなることで人気がある評判の良い骨盤矯正をしています。

初めから骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが、当院の骨盤矯正は1回で終わる骨盤矯正ではありません。

と言うのも骨盤矯正をするときに体調の状態や骨盤の歪み・背骨のズレも深く骨盤矯正に関係しているからです。

骨盤矯正をするときに、骨盤の歪み・開きを検査していくことをしています。

多くの方に骨盤の歪みや開きがあるからです。

骨盤の歪みや開きがあっても何も症状はありません。

骨盤が歪みや開きを起こしていると生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎などは当然、起こりやすくなります。

また、骨盤が歪みや開きがあると腰痛も起こりやすくなるし、股関節の痛みや股関節の音なども起こります。

骨盤矯正をしていくうえで、小尻になることだけではなく、骨盤の中にある内臓に影響をしています。

場合によってはトイレが近いと言う事もあります。

骨盤が歪みや開きが起きていると、背骨も不安定になりますから、背骨が不安定になると肩こり、頭痛ということも起きてしまいます。

骨盤矯正といっても

骨盤だけすれば良いと言う訳ではありません。

骨盤矯正一つで体に影響していきます。

当院では骨盤矯正をしていく時に、検査することをしています。

骨盤の歪みや開きがあるのか??という検査です。

多くの方に、この検査をしてみると歪みや開きがあります。今まで歪みや開きがない方はいませんでした。

人によっては骨盤自体がハレていたり炎症して大きく変形を起こしている方も多くいます。

生きているから骨も炎症を起こしたり、ハレていたりすることが起きてしまいます。

当院では検査してみて骨自体の炎症やハレがあれば改善することができます。

骨の炎症やハレは自分でも触ってみるとわかる場合があります。

自分でわかる検査は

自分でわかる検査のやり方は

上向きで寝て下さい その時に骨盤の上を触ると両方の形を同じ位置を触ると大きさが違えば骨が変形しています。

多くの場合、自分の骨盤の右側が大きく変形しています。

この骨の変形は体調の悪さ、調子の低下、内臓の働きに関係して起きています。

しかし、脳が弱ると痛みやこりが起きている状態なっていても感じません。

痛みやこりがあるのに感じないと言う事が起こります。

痛みやこりがあるのに、それを感じていないと言うことが脳疲労から起こります。

骨盤矯正に始めて訪れる方は体調が悪い方が多くなっています。

中には「体調が良いと思ってきました」とまで言われて検査してみると骨盤は歪みや開きが大きく背骨もガタガタになっているのに、それの悪さを感じないと言うことです。

骨盤は歪みや開きが大きく背骨もガタガタになっている方が体調が良い訳ありません。

体調が悪いから骨盤は歪みや開きが大きく背骨もガタガタになっています。

院長が検査すると

院長が検査することで体調の段階、落ち方、落ち幅などがわかります。

もちろん骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレなども判断していきます。

リンパの流れも体調が悪ければ老廃物も多くたまっています。

体調が悪いから、疲れやストレスが溜まっているから、骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしていきます。

骨盤矯正は体調を上げたり正常にしていくことで骨盤が小さくなっていきます。

体にたまった疲れやストレスをへらすことでも骨盤が小さくなっていきます。

内臓に蓄積した疲れやストレスを減らすことでも骨盤が小さくなっていきます。

 

 

 

 

 

小尻になる骨盤矯正

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正をしています。

2017年08月30日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を改善するなら腰痛を楽にして楽になったら腰痛の原因から変えていくことをしています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
腰痛

腰痛

腰痛を改善するなら体調と体質から変えていくことが重要です。

体調が悪いと腰痛が起きやすくなります。

体質が関係すると腰痛になりやすくなります。

この体調と体質が両方揃うと腰痛になりやすくなります。

腰が痛い時には、体調が落ちています。

腰痛が起きるときには体調を崩しています。

調子が落ちている時にしか腰痛は起こりません。

調子が良い時に腰痛、腰の痛みがあれば病気になっている可能性が大きくあります。

体調が悪い時には

体調が悪い時には、体に多くの疲れやストレスがたまっている時です。

疲れやストレスも際限なく限界なくたまっていきます。

最近、多くの方がすごく体調を落としています。

当院の院長は体調を検査することができます。

今まで当院に来院した方は体調が良い方はいません。

体調が悪いと内臓の働きも低下しています。

体調が悪いと骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きています。

しかし、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレだけでは腰痛はおこりません。

腰痛が起きるときには切っ掛けが必要です。

切っ掛けとは

切っ掛けとは

重いものを持ったりして腰が痛くなって腰痛。

庭仕事で中腰をしていたら腰が痛くなって腰痛。

スポーツをしていて腰が痛くなった。

車の運転が長いので腰が痛くなった。

足を組んで座っていたら腰が痛くなって腰痛と言われた。

などなど色々な腰痛があります。

これらが切っ掛けです。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあっても痛みはありません、ですから普段の生活で骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きています。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きているときに、切っ掛けが重なると腰痛になります。

 

体質改善で解消

当院では体質改善の治療で腰痛の原因を強くしていく方法があります。

体質改善と言う治療はアンチエイジングであり若返りの治療です。

体の中から変える治療で腰痛の原因をおおもとから変える治療になります。

腰痛を起こしている原因は腎臓です。

つまり腎臓が弱いから腎臓に疲れやストレスがたまりやすく、たまると腰痛になります。

根底になるのは腎臓の弱さです。

その弱い腎臓を強くしていくことをしないと先将来の問題になります。

先将来の問題と言うのは腎臓の病気の可能性が高くなります。

なると言っている訳ではありませんが、可能性があるから腰痛がおきている訳ですから。

可能性が高くなる前に減らすことをしていきます。

しかし、体質改善の治療は初回からはできません。

 

腰痛が起きるのは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛を改善する。

当院では北九州 腰痛、北九州市 腰痛、小倉南区 腰痛、小倉北区 腰痛などの検索キーワードでも上位にあります。

2017年08月24日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりになっている筋肉から柔らかくすることをして肩こりの原因を見つけていく解消法です。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
肩こりを改善

肩こり

肩こりと言うと筋肉のコリなので、どうして筋肉のコリが起きたのか?と言う理由があります。この理由があるから肩こりになっていますから、なんの理由で肩こりになっているのか、と言うことを見つけていく必要があります。

肩こりには肩こりになる原因があるから肩こりになっていると言う事です。

この肩こりになっている原因や理由は専門家の先生も説明できなし知れない方が多く知らなければ解消もできません。

知れない方が姿勢が悪いとか、猫背で肩こりになっているとか、ストレートネックで肩こりになっているとか説明していますが、本当にそうでしょうか??

では、どうして猫背になるのか??という事もあります。猫背になるのも理由があるから猫背になります。

姿勢が悪いのも、姿勢が悪くなる理由があるから姿勢が悪くなっています。

色々な症状には、すべて理由があります。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージが強いので、その筋肉は僧帽筋という筋肉です。この僧帽筋が何かの原因でコリを起こしたり、緊張したり固くなることが原因で肩こりになります。

筋肉がトラブルと

リンパの流れも悪くなって老廃物が多くたまっていきます。

血流も停滞気味になります。

神経の流れも悪くなります。

手の指まで栄養が行きません。

肩こりと言っても色々なことが起こります。

体調の低下

多くの肩こりの方は体調が落ちて起きていることが多いようです。体調と言うのは測る検査機械はありませんから、自分で判断するしかありません。

その自分で判断することができる感覚神経のマヒが多くなっています。

感覚神経のマヒは睡眠負債から起きています。

睡眠負債と言うのは寝ているつもりでも眠りが浅い方に多く起きる現象です。

睡眠負債が多いと脳疲労が強く起こります。

脳疲労が強く起きてしまうとエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンというホルモンが脳の中に充満して体調がわからなくなります。

このエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンは脳内麻薬ですから、痛みやこりに鈍感になることがわかっています。

エンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンはモルヒネに似たホルモンなので痛みやこりがわからなくなります。

痛みやこりがわからなくなると体調が落ちていても分かりませんし限界を超えたものしか感じません。

つまり体調が悪くて肩こりだけが限界を超えていると言う事です。

眠りが浅いのに体調が良い訳はありません。

体調が悪いとストレスも多くたまって肩こりになります。

体調が悪いと歪みやズレが大きく肩こりになります。

調子が落ちていると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあり肩こりになります。

調子が悪いと内臓の働き低下して肩こりになります。

調子が悪いとリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまり肩こりになります。

体調が悪いと筋肉に栄養を運ぶ循環ができなくなり肩こりになります。

体調が悪いと筋肉のリンパの流れが停滞して肩こりになります。

基本は体調なんですが体調は自力で上げるしか上がりませんが、一度、睡眠負債で脳の力が落ちてしまうと自力で上がることができません。

体調が上がるのは脳の力であり内臓の力で体調を上げることができます。

体調の低下

当院では体調の検査ができますから、体調が良いのか、悪いのか、と言うことを判断できます。

初めての方は体調が良い訳ありませんから、体調が悪くてもどのくらい体調が悪いのか、と言う事になります。

体調も段階があります。

体調は落とせば限界なく落とすことができるからです。

体調が落ちすぎている方が多くなっていても、悪い方ほど、それを感じなくなっているからです。

体調が悪い方ほど、来院した時に「体調が良いと思っていました」と言います。これだけひどく背骨の歪みやズレがあるのに体調が良い訳ありません、と思うことも多くあります。

体調が落ちていると首の部分や肩の背骨で歪みやズレがあります。

この背骨や首の骨の歪みやズレが肩こりになっていっています。

肩こりを楽にする

肩こりを楽にすることと肩こりを直すことは意味が全然違います。

肩こりを楽にする方法は、マッサージしたり、注射を打っても、薬でも肩こりが楽になるかも知れません。

また、湿布を貼っても、低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になったように感じますが、本当に肩こりがよくなったかというと違います。

肩こりを楽にすることは楽にすること、肩こりを直す為には、肩こりの原因から追及して見つけていくことが必要です。

しかし肩こりには最終的な理由があります。

それは先将来の病気との関係です。

病気なると言っている訳ではありませんが、進行の速さが関係していきますが、肩こりの方は多くは心臓や、肺、胃、肝臓の病気になっています。

本当は、これが肩こりの原因です。

なる内臓は弱い内臓ですから、弱い所に長年かけながらストレスがたまっていくと老化が促進されますから、促進されると病気に近づきます。

完成したら病院で検査すると陽性反応がでて病名が付きます。

しかし、なっている途中では検査しても分かりません。

異常なし、つまり健康です。

時々にしろ、息が吸いにくい、一瞬の動悸、不整脈、手首の痛み、トイレが近いなどは心臓の問題を示しています。

病気なる前に、病気ならないように当院では、考えています。

肩こりには肩こりの原因が

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを原因から解消することをしています。

当院の肩こり解消法は北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、若松区 肩こり、下関市 肩こり、行橋市 肩こりなどのキーワードで検査すると上位に表示されています。

2017年08月05日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 顔を小さくする小顔矯正で小顔になってみませんか、当院の小顔矯正は痛くない怖くない安全な小顔矯正をしています、北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
小顔矯正

小顔矯正

当院では治療項目の中でも人気がある顔が小さくすることができる小顔矯正をしています。

当院には多くの方が小顔矯正を希望されてきていますが初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正をする時には、小顔矯正を始める前に必ず顔を触っておぼえてもらうようにしています。

自分の手で顔を触って大きさや輪郭、アゴのラインをおぼえてもらってから小顔矯正をしていきます。

小顔矯正も1回で終わることはありません。

と言うのは小顔矯正も体調の低下なども関係しているからです。

体調の低下があると骨盤の歪み・背骨のズレがあるからです。体の歪みやズレがあると戻りやすいからです。

どんなに良い小顔矯正をしても、体の状態が良くないと戻ります。

 

小顔矯正をする時は

痛くもなく怖くもない小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は顔を無理に押さえつけたりすることなく顔が小さくなることで人気が高い小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は無理に顔を押さえつけたりする小顔矯正ではありません。

自然で綺麗に顔が小さくなる小顔矯正をしています。もちろん安心で安全なことはもちろんです。

小顔矯正をする時には、必ず顔を触っておぼえてもらうようにして小顔矯正をしていきます。

これは変化がわかるようにしているからです。

顔が小さくなっても自分でわからなければ意味がありません。

鏡で見ても構いませんが、当院では手の感覚を大切にしていますから、手で顔を触っておぼえて下さい。

小顔矯正の初回は

小顔矯正の初めから顔が小さくなりますが、あまりに初めから顔を小さくすると「ダルク」なります。

顔の小ささに体力や体調がついていかないと「ダルさ」が起こります。

ですから抑え気味にしたい所ですが。

ダルクなっても良いと言う方も多くいますが、実際にダルクなると、あまり評判が良くありません。

小顔矯正をする前に顔の大きさや輪郭をおぼえてもらいます。

おぼえたら

施術台に寝てもらって小顔矯正に入ります。

寝てもらっても、もう一度、確認のために顔をさわってもらいます。この時、院長が手を添えながら触ることをします。

そうすると、さらにわかりやすくなるからです。

そして小顔矯正に入ります。

小顔矯正はマッサージするみたいに顔を揉んでいくようにして小顔矯正をしていきます。

しかしマッサージではありません。

マッサージをして顔が小さくなるかと言うと、なりませんから。

 

 

 

人気がある小顔矯正をしています

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから顔を小さくする為に多くの方が、小顔矯正に来院しています。

 

2017年08月04日

頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛を楽にして行くためには痛み止めよりも原因から改善していくことをお勧めします。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
頭痛

頭痛

頭痛が起きるのは原因がありますけど、頭痛薬や痛み止めと言うのは一時的に抑えているだけですから、頭痛には頭痛になる原因があります。

この原因から変えていくことをしないと原因もいつまでも、そのままではありません。

当院でも頭痛を一時的に楽にすることはその場でできますが、楽にすることと直すと言う事は違います。

直すことは直すことで、楽にする治療は楽にする治療です。

頭痛を直す為には、まずは頭痛が起きていれば頭痛を楽にすることをしていきます。

頭痛が起きやすい方の頭を触ると、固く張っていたり、炎症が起きていた李、ハレていることもあります。

炎症やハレていても病気でなければ病院でもわかりません。

病院は病気の専門家です。

病気になっていなければ治療のしようもないし病名も付きません。

病名が付かないと薬も出せません。

つまり病気ではないから頭痛薬になります。

頭痛薬は、ただの痛み止めです。一過性の痛み止めになります。

病院では何も原因が見つからない時に痛み止めをもらえますが、これで安心することなく考えるようにしてください。

なにも原因が無くて頭痛がおきることはありません。

頭痛の原因

なにも原因がなくて頭痛が起きることはありませんから、頭痛の原因になっているものを見つけて減らす必要があります。

原因をみつけていくためにも、まずは脳にたまった老廃物から流す必要があります。

脳に多くの老廃物(ゴミ)がたまっている状態では、血流も滞ります。

血流が停滞すると余計に老廃物が多く蓄積して脳への血流の問題になります。

脳波酸素と栄養を多く必要としています。

特に酸素は大量に必要ですからそれが血液を通してきていないと、それだけでも脳疲労が起きます。

脳疲労は、文字通り脳が弱っていきます。

脳が弱ると頭痛、眠りの問題になります。

特に眠りの問題がある方が多くなっていますから睡眠負債がふえています。

睡眠負債がふえると脳疲労は解消しにくくなります。

脳疲労や脳に蓄積した老廃物を減らすだけでも数回はかかります。

脳が元気なったら

脳が元気になったら体質改善と言う治療で悪い部分を直していきます。治す部分は脳細胞、脳血管です。又は髄膜と言う事もあります。

脳が弱っている方、脳疲労がある方は、心臓も弱っています。

時々、息苦しくなったり、動悸、不整脈、ため息と言う方もいます。

 

楽になったら脳を元気にしていくことをしないと、その先の治療に進めません。

その先の治療というのは体質改善の治療です。

 

 

 

頭痛が起きる原因

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから頭痛を改善するなら徳力整体院

2017年07月31日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にするなら筋肉からほぐして歪みも解消して北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを改善する。

肩こり

肩こりには肩こりになる原因がありますから、この原因から改善することをしていきます。

肩こりを感じる時には、僧帽筋と言う筋肉のこりを感じています。

僧帽筋のコリが肩こりになる

 

肩こりを起こしているのは主には僧帽筋と言う筋肉のコリですから、上のイラストが僧帽筋ですから、僧帽筋も首から肩から背中まである大きな筋肉です。

この筋肉は首まであるので首のコリも同時に起きやすい原因になります。

この僧帽筋が硬くなったり、緊張したりすることがコリですが、コリが起きるとリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまっています。

そうすると循環が悪くなったり血流も悪くなったりしていきます。

そうすると余計に筋肉がこりを起こしていきます。

この悪循環が肩こりになる場合もあります。

肩こりと言うと筋肉のこり

肩こりというと筋肉のコリのことと思う方が多くいますが、どうして筋肉のコリが起きるのか、という事があります。

必ず肩こりが起きるのは理由がありますから、その理由を見つけるように、また、探す必要があります。

一時的に抑えることは、いくらでも方法はありますが、原因から直すことは大変、難しく誰でもできる治療ではありません。

肩こりを一時的に抑えることは、湿布を貼ったり、肩をもんでもらったり、低周波治療器や電器をしたり、サプリメントでも、できる場合がありますが、全部、肩こりを直している訳ではなく、一時的に肩こりをわからなくする治療です。

肩こりのほんとうの原因があるのに病院で注射を打ったりすることやサプリメントなどを飲むこと、マッサージをすること、低周波治療器や電器などをすることは原因に関係なくしています。

肩こりを起こしている原因があるのに、原因をみつけることは大変難しい為、低周波治療器や電器などをしています。

低周波治療器や電器をすると肩こりは楽に感じることもありますから、誤魔化されやすい所です。

しかし、

原因がありますから原因からみつけることをして原因を改善して行かないと原因も、いつまでもそのままではありません。

つまり進行していくと言う事です。

この進行していくものは肩こりを起こさないでも進行していく所が怖い所です。

肩こりには

肩こりには肩こりになる原因がありますから、当院では原因から見つけていきます。

その為にも筋肉からほぐしていきますが、これで肩こりが良くなったと思わないで下さい。

これは肩こりが楽になっただけです。

肩こりを楽にすることと良くする事とは違います。

楽にして原因をみつけていきます。

その為の肩こりの治療をしていきます。

肩こりの原因をみつけていくためには、まずは筋肉がほぐれていることが前提になりますから。

筋肉がほぐれてきたら、次に歪みの検査をして歪みを見つけていきます。

椎間板ヘルニア

多くの方の肩こりには歪みがありますし、骨と骨の間にある椎間板が椎間板ヘルニアになっている方もいます。

当院では椎間板ヘルニアの検査もしていますので、見つけることもできますが椎間板ヘルニアがあると説明すると驚く方もいます。

椎間板ヘルニアと言うのは特別なモノではなく誰でも起きる物です。

ただ、それの検査ができるかできないかの違いですし、椎間板ヘルニアも程度があります。

大きい椎間板ヘルニアの場合の方もいれば、軽く椎間板ヘルニアの方もいます。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを改善するために。

2017年07月26日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にしていくには腰痛が楽になったら腰痛をおこした原因を直すこと北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
腰痛を楽にしていくために

腰痛

腰痛を楽にしていくためには腰痛の原因になっているものから見つけていくことをしないと繰り返しやすく、腰痛が癖になります。

腰痛を起こすときには、体調も落ちている時です。と言うと体調は悪くないと言う方もいますが、そんなことはありません。

必ず自分でわかっていると言う事は別として体調が落ちている時に腰痛はおきています。

体調が良い時には腰痛は起こりません。

最近は睡眠負債という言葉に代表させるように寝不足の方が増えています。寝不足と言うよりも毎日の睡眠がしっかりと取れていないことが睡眠負債です。

1日や2日の睡眠のことではなく毎日、毎日の睡眠の時間と睡眠の質のことです。

睡眠負債が多いと脳疲労が起こりますから、脳疲労が起きて多くなれば体調がわからなくなります。

かなり歪みやズレが起きていても、ひどい状態でも痛みやこりを感じなくなることもありますから。

腰痛が起きているときには体調が落ちている時です。

腰の痛み、腰痛

体調が落ちていると骨盤の歪み・背骨のズレがおきています。この骨盤の歪み・背骨のズレがある時に重いものを持ったら負担が大きく支えることができませんから、この時に腰痛がおこります。

重いものを持つなどは切っ掛けと言います。

この切っ掛けは色々あります。

その一つが重いものを持つと言う事になります。

他には中腰や同じ姿勢と色々な切っ掛けがあります。

中にはくしゃみをしただけで腰痛の方もいます。

腰痛が起きる前には

上のイラストのように骨盤の歪み・背骨のズレがあります。これはどうして起きるのか原因がありますから、その原因は疲れやストレスの蓄積です。

体に多くの疲れやストレスがたまると体は自然と歪みを起こしていきます。

この歪みが、どこでどれくらい起きるのかと言うことが症状を起こす部分です。

腰痛を悪化させたものが椎間板ヘルニアですし坐骨神経痛になります。

椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も特別なモノではありません。

体調が悪ければだれでも起きるものですし長く腰痛が治らない方もいます。

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛を楽にする事をしています。

2017年07月25日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小顔矯正をするなら小顔矯正が得意な30年の経験を持つ北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が来院する徳力整体院。
小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をするなら初回から顔が小さくなることで人気が高い小顔矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院。

当院の小顔矯正は2通りの小顔矯正があります。

一つの小顔矯正は体調を上げることで顔が小さくなる小顔矯正です。

もう一つは体質改善で小顔矯正する方法です。

初回と数回は体調を上げていく小顔矯正からしていきます。

誰でも気が付かない状態で疲れやストレスがたまってしまっています。

まずは体調を上げて疲れやストレスの蓄積を減らしていくことからしていく必要があります。

特に、小顔矯正を希望させる方に言えることですが、体調が良いと思っていると言うことで来院する方がいます。

体調と言うのも色々な段階がありますが、軽いのからひどいのから色々な体調があります。

しかし、ひどい方に限って体調の落ち方がひどく、ひどく落ちていても感じてないことも多くあります。

当院では体調が悪いと言うことは検査して判断していますが、患者さんの体を検査してみても骨盤の歪みやズレが大きかったり、背骨のズレがあったり、椎間板ヘルニアがあるかたもいます。

椎間板ヘルニアがあると痛みが起きている状態ですが痛みを感じていない方もいます。

体調から上げていくと戻りが少なくなります。

しかし、いくら体調を上げても限界もあります。

そこで体質改善という小顔矯正をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正が人気の30周年の徳力整体院。

2017年07月10日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 人気がある骨盤矯正で小尻になるなら北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで有名な徳力整体院へ。

骨盤矯正

骨盤矯正で小尻になるなら北九州市でも一番の骨盤矯正をしています。

 

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正をしています。

2017年07月07日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をお考えなら初回から顔が小さくなる小顔矯正をしている当院へ。

当院の小顔矯正は無理なく綺麗に細くなる小顔矯正です。

小顔矯正をするときに無理に顔を押さえつけたりすることなく顔をマッサージするようにして顔を小さくして言う小顔矯正をしています。

当院で行う小顔矯正は、

小顔矯正をする前に必ず自分の手で顔を触って大きさを覚えてもらいます。小顔矯正をする前とした後の変化がわかるようにしています。

必ず小顔矯正をするときには顔の大きさを触って覚えておいでなさい。小顔矯正は一回で終わることなく数回は受けるようにして下さい。

一回の小顔矯正では、持続時間もないし戻りがあります。

どうして持続時間や戻りがあるのかというと、それは体調が関係しているからです。

体調というのは

体調というのは最近多くの方が体調がすごく悪く歪みが大きくなっている方が多いからです。普通は歪みが起きていると痛みやコリになっていきますが痛みを感じない場合もあります。

痛みやコリがないからと言って歪みがないとは限りません。

普通は歪みがあると痛みやコリになってきますが、歪みがあっても痛みやコリがあるとは限りません。

小顔矯正で来院すると

小顔矯正で来院する方の初めは、体調の検査からしていきます。体調の検査というのは体調がいいか悪いかということになります。多くの小顔矯正を希望される方は、自分でもわかってきないことが多くありますが体調は良くありません。

体調が良くないどころか体調がすごく悪い方も多くいます。

今までたくさんの小顔矯正を希望される方をいてきましたが、全員と言っていいほど体調が悪くなっています。

体調が悪いと疲れやストレスが多くたまっていますので調子を落としていて歪みも起きています。調子が悪くなっていると循環が悪くなったり代謝が悪くなったりリンパな働きも悪くなって老廃物が多くたまっています。

体調の悪さから顔のむくみなども起こりやすく顔のゆがみも起こります。

体調というのは色々なものに影響を出しています。

すべてのものは体調が関係していますので体調から整えていくことをしないと持続時間が少なくなったり戻りが大きくなるのは体調が悪く疲れやストレスの多くたまっている方です。

ご本人でも気がつかないほど多くたまっている方ほど戻りが大きくまた効果が出にくく蓄積6する時間が少なくなります。

初回は

初めて小顔矯正が受ける時は、顔が小さくなるということを体験してもらうことを優先しますので体調というよりも体調を上げるということよりもできるだけ顔を小さくしていきます。

初回からカイロプラクティックを小さくなるようにアピールしているわけですから、そして希望も顔が小さくなることですからできるだけ初回から顔を小さくしていきます。

しかし顔だけ小さくするようにしても先ほども書いたように踊りがあります

小顔矯正には2通り

①体調から上げて小顔矯正をしていきます

②体質を変えることで小顔矯正をしていきます。

当院の小顔矯正には、この二通りの小顔矯正があります。

体調をまず挙げていくことから始める小顔矯正をしていますが、体質改善の治療で体質から変えていくことをすると一番持続時間が長く効果も大きく体も全体的に変わっていきます。

体質改善の詳しい話しは

 

 

 

 

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市 徳力整体院

2017年06月21日

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックなら歪みを矯正することで体の不調状態を改善できる唯一の方法です。

電機や機械では背骨の矯正はできません。

マッサージでも背骨の歪みを矯正することはできません。

サプリメントでは、栄養ですから、歪みには効きません。

歪みはカイロプラクティックの施術でしか治せません。

しかし、歪みが起きるのは、根本的にはある部分に疲れやストレスがたまることが原因で起きています。

このある部分とは

それは、内臓です。

内臓に疲れやストレスがたまることで人の体は正常に保つことができないで歪みを起こしていきます。

これは、特殊なものではなく普通に起こる現象です。

誰でも年齢に関係なく起きるのが歪みです。ですから生まれたすぐの赤ちゃんもあります。

というのは出産で出てきていないだけで、人の体としてお腹の中でいるからです。

人として形作られたら、歪みは起きています。

猫も、犬も、馬も、動物はすべて、背骨をもって生まれています。

背骨があるものはすべて歪みが起こります。

この歪みは

歪みはすべて内臓疲労から起きています。

内臓疲労ですから病気ではありません。

内臓に疲れやストレスがたまることを内臓疲労と言います。

内臓は体の中にありますから体の中から崩れていきます。

内部破壊と言ってもいいくらいの状態を起こしていくのが内臓です。

 

すべての原因は

原因は最終的に内臓に疲れやストレスがたまることで歪みが起こります。

この歪みが痛みやコリになります。

ですからボキボキしても、内臓を元気にしていく技術を持っていないと内臓から疲れやストレスを減らすことはできません。

内臓を元気にすることが背骨の歪みを整えることになります。

しかも、、ボキボキ音は気泡の弾ける音です。

下のイラストにあるように説明しています。

気泡の蓄積でカイロプラクティック

 

 

人の体は生まれつき歪みがあります。この歪みは遺伝であり、家系です。

家系的な弱さにあるところに、生まれつき歪みができています。

しかし、この歪みは痛みやコリはありません。

もとからある歪みには痛みやコリは例外を除いて起こりません。

例外とは遺伝的、家系的な弱さが強い場合です。

この場合、子供の時から体が弱く、もう病気を持っています。

若いのに、内臓が元気なはずなのに、病気になる方は、ここでもう違いがあります。

若い時には生まれつきの歪みはまだ、小さく年齢を重ねると、徐々に歪みを起こしていきます。

この徐々に起こる歪みが、先将来の病気になります。

病気になる内臓は、元から弱いから疲れやストレスをためやすく、たまると痛みやコリになります。

 

体調による痛みやコリを改善するか、体質改善でもとからある弱さを変えることをするか、違いがあります。

先将来の病気を待っているだけではなく、ならないようにしていくのが、当院の体質改善というカイロプラクティックの施術です。

 

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などからカイロプラクティックならカイロプラクティック徳力整体院。

2017年03月09日

小顔矯正

小顔矯正

当院の小顔矯正は即効性があります。

顔を小さくすることをしても、顔だけでは小さくならない方もいます。

小顔矯正と言っても顔を押さえつける事もしていません。

ですから怖いこともありませんし、痛くもありません。

特徴は初回から小顔になる事ですが、小顔矯正も1回で終わることはありません。

小顔矯正をしていく為には、数回は受けるようにしてください。


 

顔が小さくなるためには

顔が小さくなる小顔矯正をしていますが、小顔矯正には2通りの小顔矯正があります。

一つの小顔矯正は、体調を上げる小顔矯正、

もう一つは体質改善による小顔矯正です。


 

 

2017年03月01日