生理不順

生理不順

生理不順には生理不順が起きる原因があります。

  • はてなブックマークに追加
  • 生理不順が起きるときには色々な原因があります、薬で抑えたりしないで原因を改善していくようにしてください

 

この原因から改善しないと薬など抑えると原因は進行していきます。

 

薬は一時抑えをしているくらいなので直しているわけではありません。

頭痛薬と同じです。頭痛薬も直しているわけではなく、抑えているだけですから、頭痛を起こす方は半数の方が脳梗塞や脳出血になっているというテレビを見ました。

生理不順も同じことが言えます。

薬で抑えたり、ホルモンバランスを整えるという薬も同じなので、直している訳ではなく、抑えているだけで、またはホルモンを供給しているだけで変わっていません。

何かの症状が起きるときには原因があります。

原因を変えていくことをしないと原因はどんどん進行していきます。

原因はいつまでも、そのままではありません。

体が老化するように、原因も進行していきます。

進行していくものは子宮の状態、卵巣の状態、ホルモン系です。

病気といっているわけではありませんが、弱くなっていくということです。

病気になる時も、すぐになるものではなく数年から十数年かけながら悪くなっていきます。

数か月や数年でなる病気はありません。

以前から時々、色々な痛みやコリを起こしながら、最終的に関係する内臓が病気になります。

痛みやコリ、何かの不調状態は、病気と関係がありますが、今は病気ではありません。

進行途中です。

進行しながら時々、症状を起こしています。

ゆくゆくは何も起こしていない時に、もう、病気になりつつあります。

病気になる前には、色々な痛みやコリを起こしていません。

生理不順は痛みやコリはありませんから、生理が遅れたり早くなったり、生理にならなかったりしていると思います。

これは体調でも起こります。

骨盤の歪みからも生理不順は起こります。

眠りが浅くても生理不順になります。夢ばかり見る眠りしかできなければ生理不順になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市の徳力整体院