頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛には頭痛の原因があります。北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市の徳力整体院
頭痛

頭痛を解消

頭痛薬ばかり飲んでいないで、そろそろ頭痛の原因を見つけてきませんか。

頭痛薬で頭の痛みを抑えることができても、頭痛薬は一時的に楽にしているだけです。

そのうちに進行して頭痛薬が効かなくなっていくこともあります。

頭痛には頭痛の起きる原因があります。薬で抑えることはかまいませんが、それだけでは原因は改善もしませんし原因を減らすことはできません。

頭痛が、どうして起きるのか、その理由がありますから、理由を見つけるようにしないと大変なことになります。

病院では頭痛の原因はわかりませんから、いくら病院で検査してMRIなどをとっても見つかるものは病気になったものだけです。

病院ではわかるものは、病気まで進行した物だけです。何も原因がなくて頭痛になることはありません。

何かの原因があるから頭痛を繰り返したりしています。だから頭痛薬を常用したりしています。

しかし、脳は何かの異常が起きつつあるから頭痛として時々、信号を送っています。この信号を無視して頭痛薬ばかり飲んでいると頭痛を起こしていると、本当の原因が頭痛が起きていない時でも進行していきます。

頭痛の方は

頭痛を繰り返し起こしている方、時々、頭痛になる方は、確率ですが脳こうそくの可能性が高い方です。

脳こうそくも1日や半年や1年でなるものではなく、なっていく過程があります。

脳こうそくになっていつている過程で進行途中で頭痛を時々、起こして知れせてくれています。

しかし、人は頭痛薬で一時的に抑えられるから、それでいいと思っています。

自分の先将来のことも考えもせずに!!

脳こうそくになってしまってからでは遅すぎます。なる前になろうとしている所を変える必要があります。当院ではそういう治療をしています。

その為にも、まずは体から整えていくことしていきます。

頭痛を楽にしていくことと頭痛を直していくことは違います。

頭痛が現在、起きている方も来院していますが、多くの場合、その場で痛みが楽になります。

これが楽にしていくことですが、数回は体を整えていくことからしていかないと先の治療ができません。

特に眠りが浅い方は、期間をあけると、整えた体が、また、崩れています。

最大のものは体よりも眠りです。ただ寝ていることではなく脳から寝ているのかと言うことが寝ていることになります。

当院では正確に眠りの判定ができます。嘘偽りがなく正確にできますから、寝ている自分でもわからないことがわかります。

寝ているのに目が覚めななければ寝ていると言います。これが勘違いなんです。

夜中に何回か目を覚まさないと眠れていると思っています。

最近の不眠症は夜中に目を覚ますよりも、眠りが浅いことが不眠症状態です。

この睡眠のことを睡眠負債といいます。

睡眠負債とは毎日とは言いませんが、多くの睡眠の不足です。

寝ているけど眠りが足りていない時が睡眠負債です。負債の多くなればなるほど返せませんし、人は寝だめができません。ですから、もう長時間寝ても意味はありません。取り返しがつかないのが睡眠負債です。

ですから負債を抱えたままです。

どうして睡眠負債の説明をするかと言うと睡眠負債の方が頭痛になりやすいからです。

睡眠負債が多いと脳疲労が起きています。脳疲労が起きると脳は元気ではなく興奮状態になります。

興奮状態になれば、寝ていないのに動けますし、活発にできます。

ですから元気と思うし健康と勘違いします。体がどんなに歪みが起きていても平気だし、背骨のズレがあっても感じません。

本人は感じていませんから「元気だと思って、体調は良いと思っていました」と言いますが、これだけ歪みやズレがあるのに~????と言いたくなるくらいの方もいます。

歪みやズレがあると言う事は体調が良い訳ありませんし、体調が良いのに頭痛が起きていれば大変なことです。

体調が悪いから頭痛になりますから。

体と言うのは体調が悪くても色々起こしません。最悪の所だけ起こしますから、最悪の部分が頭痛になります。

最悪の悪い部分が頭痛になっているだけです。他にも色々な悪い部分はありますが、色々は感じません。

頭痛の起きやすい方が温泉やサウナに入るようなことはしない方が良いと思います。お風呂も短くしないと自宅で倒れてしまいます。

流れを良くすれば良いと言う訳ではありません。流れを良くしても良くなった分だけ内臓に負担ができます。

流れが良くなった分だけ弱って働きが悪くなっている内臓には仕事がこなせないと負担になります。

ですから、ただ、流れを良くすれば良いと言う事を言う方は体のことをわかっていません。

寝ている時に

夢を見ていても寝りと言うのは、起きた時に夢を見ていたりと言うことをおぼえていますが、

痛み止めで頭痛を改善したと思わないで原因から減らしていくことを考えましょう。

痛み止めばかりしていると原因は進行していきます。場合によっては頭痛は脳梗塞や脳出血につながることがあるものです。

テレビでも頭痛の半数の方が脳梗塞になっているといっていました。半数という数字は高い数字です。

内臓路と断言できるものではありませんが、頭痛が治まってきたら、余計に注意信号です。

最近、起きないなと思ったら、要注意ということです。

悪さが完成したら頭痛は起きないことが多くありますから。

頭痛が起きているときも心配ですが、頭痛持ちの方が、最近、頭痛が起きていないなと思ったら、、もう頭痛になる信号が起きないくらい悪くなったということも考えられます。

いちど、頭痛持ちになったら、原因から直さない限りは、治っていません。

当院では、頭痛を

頭痛を改善するために体調から上げて体を整えていくことからしていきます。

体調から上げていかないと原因は判断できません。

体調から上げていかないと原因は見つかりません。

必ず、原因はあります。

その原因を見つけていくことをしています。

原因を見つけていくためには、体調が悪くなっていると、原因が見つけりにくくなります。

そのために、体調から上げて体を整えていくことが必要になります。

当院に初めて来院した方は全員、体調が悪く調子を落とした方ばかりでした。

当院の院長は人の体調を検査して測ることができます。

しっかりとした検査がありますから、自分で体調がわからなくても検査することしています。

頭痛には

 

 

 

 

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市