肩こりを楽にしたり、解消したりするには

肩こりを楽にしたり、解消したりするには

肩こりを楽にするなら北九州市小倉南区で筋肉のコリから解消していきますが、肩こりは筋肉のコリだけでは起きていません。

肩こりを解消するためには

北九州市小倉南区で肩こりを楽にするために筋肉のコリから解消していきますが、筋肉だけが肩こりの原因ではありません。
肩こりが起きる時には、普段の生活や日常で多くの疲れが生み出されてしまいます。

 

 

 

疲れの蓄積が筋肉のコリを解消できない原因になります。

 

筋肉のコリとは緊張とか、筋肉疲労とか、筋肉が固くなる現象のことを言いますが、これらが起きるのは疲れの蓄積が原因で起きています。
疲れと言うのは何かをして『疲れた~』と感じても、時間の経過とともに感じなくなります、これが疲れが無くなったように思えることなんですが、実は無くなる事はなく感じなくなるだけなんです。

 

当院でも疲れを研究して研究して数年、かけてやっとわかったことなんですが、と言うのも疲れを研究するなんて一番、難しいことです。検査する機械もなければ道具もありません。
そのため、本人の実感が一番なんですが、疲れは自分で感じるもので、他人が判断することはできません。

 

しかし、ありとあらゆることに深く関係するのが疲れは限界まで多くなることができ、『ここまでしか、疲れはたまらない』ということはありません。
疲れがたまっているのが、現実に体を検査してみると、わかるくらい現れています。
疲れが多くなっていくとストレスに変換されていきます。ストレスの変換から、体は回復するチカラを無くし、崩れを起こしていきます。

 

この時に肩こりを感じています。

 

何をしても、何もしなくても多くなるばかりの疲れが解消できないうちに、また、次の疲れの蓄積が起こります。
疲れが減らないうちに、また、次の疲れが蓄積していくことが繰り返されていくと、肩こりがひどくなっていきます。

 

だから、

 

肩こりと言っても筋肉を揉めば良い訳ではありません。
肩こりになったり、気分が悪くなるほどの肩こりだったり、寝込むような肩こりでも、関係することは疲れの蓄積です。
トップページでも説明しましたが、多くの症状の原因になるものは疲れの蓄積です。
肩こりと言っても筋肉を揉んでも楽になる事はありますが、筋肉を揉めば良い訳ではありません。
本当に筋肉おコリだけで起きている肩こりなのか、確認する必要があります。
日常で多くなる疲れの蓄積が筋肉の疲労を解消できなくして
肩こりと言うと最近はテレビや雑誌の特集でも多く取り上げられています。特に最近はテレビの特番で『肩こりは、実は病気だった」とかも言われています。
肩こりが、何をしても楽にならずマッサージしても楽になることがない方が、思い立って病院に行って検査してみると、実は病気から肩こりが起きていたと言うことを言っています。

 

肩こり、肩の痛みと湿布を貼る事

 

肩こりになると代表的なものは湿布を貼ることです。湿布を貼って肩こりが楽になる事もありますから、まずはかぶれがなければ湿布を貼ったりすることは有効な方法です。湿布を貼るのも種類が色々あると思います。色々な所から発売されています。何かの現有量が多く効果があると言う宣伝を良く見ます。

 

しかも暖かい湿布や冷たい湿布などがありますから、どれを選べば良いのか、迷ってしまいます。急性状態(最近、起きた肩こり)では、まずは冷やした方が良いと思います。その理由として炎症やハレがある事があるからです。炎症やハレがある時に多少の熱がある事がありますから、この場合は冷やさなければいけません。

 

慢性化した肩こりや、長期間の肩こりには、冷たい湿布でも暖かい湿布でも、構いません。血行が悪く、不良状態の場合もありますから、血行を良くする為に温める事は大変、良いことです。
温める時にはお風呂で入浴する時にも、肩や首の部分を十分、温める事も必要です。
また、入浴した時にお風呂の中で腕や肩の部分を自分で揉む事も良いことです。
そしてお風呂から上がったら急激に温度が下がってきますので、汗が引いたら肩を冷やさないことです。湿布を貼って冷やす事と違い、汗をかいたりして冷やす事の方が問題になります。

 

また寝ている時にも肩を冷やすようなことは避けて下さい。肩を冷やす時には汗をかいても冷えますし、布団から出てしまっても冷やしてしまいます。
つまり湿布を貼って冷やすことは良いことですが、汗をかいたり、寝ている時に肩を冷やすことは良くないと言う事です。
(当院の院長の勝手な見解)肩こりには湿布を貼る事も有効ですが、考えて下さい。どうして湿布を貼るようなことになっているのか。肩こりを起こしている何かがあるからじゃないですか?湿布を貼る事は簡単で良いですが、肩凝りの原因もあるということを考えて下さい

 

肩こりとストレッチ

肩こりと言うとストレッチして筋肉を伸ばした方が肩こりが楽になると言われています。
スマートフォンを見たりすることや操作する機械が増えてしまっていますから首を曲げる姿勢が多くなっています。
この為、首や方には過大な負担が起きています。
その為、ストレッチして腕や肩や首を動かすことをしないと悪化してしまう事もあります。ストレッチするとリンパの流れが良くなり循環が良い状態になり老廃物が流れていきます。ストレッチすることは肩こりにとって大変、いいことです。

 

片側から筋肉を伸ばしたり、反対側も筋肉を伸ばすようにしたりストレッチしていきます。角度も耳の横から腕が平行になるまでストレッチすることが肝心です。
また痛めない程度に後ろにも回すことも良いと思います。ありとあらゆる角度をストレッチした方が良いので動く範囲で無理なくストレッチすることをお勧めします。

 

ストレッチして気持ちがいい感じが一番です。筋が伸びるような感じで。ストレッチの方法も色々ありますから検索してみると多くが見つかりますが、当院ではストレッチが目的ではありませんので、ここではストレッチ方法は説明しません。
(当院の院長の勝手な見解)肩こりの初期ではストレッチする事も大変、良いことです。
しかしストレッチして、どうにかなる時もありますが、原因があるかも知れないと考えるようにして下さい。
どうしてストレッチしなければならないのか、と言うことが。
何かがあるからストレッチしなければ、ならないと言うことを。
肩こりがない方はストレッチもしていません。ストレッチもしていないのに肩こりが起きていません。
肩こり解消グッズ 、ネックレス、
肩こりを解消できる?グッズ も市販されています。
電動でバーブレーターで振動を与えて肩や背中の当てて筋肉をほぐしたりする機械や機械を肩においているだけで暖かくなってほぐせるグッズ 、また暖かくなるだけではなく振動を与えたりするグッズ もあれば、角のような部分で指圧効果がある機械のグッズ もあります。マフラーのような形で首と肩に機械のグッズ を置いて温めたり振動させたり押したりするグッズ もあれば家庭用の低周波治療器も、未だにあるみたいです。

 

また肩コリは姿勢が悪くなることが原因で起きる事もあると言われているので姿勢矯正ベルトもグッズ としての仲間入りです。
また素材が伸びるものでストレッチしたり運動したりすることもグッズ を使います。そして入浴剤でも湯たんぽでも肩こりが解消できるグッズ でもあります。

 

ゲルマニウムが成分的に入っているものやチタンが入っているものや磁気が入っているネックレスもあり首に巻くものや手にはめてコリをほぐすことができるグッズ もあります。
また枕でも低反発枕でも、肩凝り解消グッズ もあります。
人の手のように揉んでくれるグッズ もあります。
(当院の院長の勝手な見解)
しかし肩こりを楽にしてくれるグッズ を使っても、刺激がある分だけ湿布とは違いますが、肩凝りの原因を見つけ出すことを考えて欲しい所です。
肩こり、肩の痛みになる時には、特別なモノでもなく、あることが多く体にたまっているのが原因です。

 

あることは特別なことでもなく、物でもありませんが日常に多くたまっているモノです。この日常になるモノが体に多く蓄積していくと肩こりになります。

 

誰でも多くのモノが蓄積していますから、たまっていない方はいません。しかし肩こり、肩の痛みになる方は肩こりに関係する部分の弱さがある方です。
肩こりになる部分が弱いと毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものがたまっていきます。

 

弱い部分には多くのモノが蓄積して肩こりになっていきます。
さらに多くのモノが蓄積していくと、肩こりがひどくなります。
肩こり、肩の痛みを起こす弱いモノとは、疲れです。
体には毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れが溜まっていきます。

 

それがドンドン日増しに多くなって積み重なっていきます。
疲れは限界なく蓄積していきますから、疲れが多くなると疲労になり、疲労から蓄積疲労になっていきます。
疲労が多くなると筋肉疲労が多くなり代謝の低下が疲労から起きてリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

 

肩こりになる時には、何も原因がないのに、代謝が悪くなる事はありません。
リンパの流れが悪くなり老廃物がたまるのも、原因があります。そのため、流せば良いと言う訳でもありません。
疲れがありとあらゆる症状の原因になりますので肩こりだけではありません。
疲れは弱い部分にたまっていきますから、弱い部分が、どこなのかで起きる症状が違います。
疲れは、たまる所を選んでたまる事はありません。たまる所は体の弱い部分です。
弱い部分とは体質的に弱い部分と言う意味ですから、弱っているとは違います。
弱っていると言うのは一時的に弱っていることを言いますが、弱い部分と言うのは日によって変わる事もなく、何かをしても変わる事はなく、良くなる事もありませんが、落ちていくばかりの部分です。

 

人の体には、弱い部分とそうでもない部分があります。そうでもない部分には疲れがたまる事は少なく、弱い部分は、そうはいきません。
弱い部分には毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れが溜まっていき、疲労になり、疲労から蓄積疲労になり筋肉を硬くする事もあります。
これを筋肉の老化と言います。疲労が多くたまったままになっていると、筋肉細胞も、健康なままではありません。
筋肉も老化する事があり、筋肉が老化すると硬くなります。
老化して固くなったものは、揉んだもマッサージしても何をしても柔らかくなる事はありません。
筋肉のコリが長い方ほど、筋肉が硬くなっていることもあります。

 

しかし、筋肉の問題が起きるのは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れだけではありません。
眠りの浅さからも疲れは多くなります。
自分でも気が付いていないで眠りが浅い方が増えています。寝ている本人にはわからない状態で眠りが浅い方が増えています。
眠りの浅さからも疲れが多くなり、疲労になると大きくなり肩こりになります。
疲れを減らす事ができるのは、唯一、眠りだけです。眠りと言っても脳が寝る熟睡だけです。
疲れが感じると人は栄養のあるモノを食べたり、焼肉を食べたりウナギを食べたり甘いものを食べたりしますが、体を動かさないからと言って疲れが生み出されないことはありません。
脂分や糖分、アルコール、食べたものの消化や分解にどれくらい内臓が働いてくれているのか、と言うことは考えていません。

 

内臓が働くことでも疲れが多くあり、減らすのはしていません。
食べることも内臓は働いてくれるから動いたり、生活したりできるのに、ず~と働いてくれています。

 

また、人は体を動かすことでも疲れが多くなっていきます。
●食べることでも飲むことでも内臓は働いてくれます。
●体を動かす事でも疲れが多くなります。
●眠りが浅くても疲れが溜まります。

 

この両方の疲れが体にたまりますが、どこにたまるのか???
両方とも最終的に筋肉にもたまりながら弱い内臓にたまっていきます。
内臓といっても病気ではなく疲れや疲労の蓄積です。

 

両方からたまる疲れや疲労が大きくなり骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレになります。
筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから骨がズレると筋肉は引っ付いていきます。そうすると筋肉疲労が起きて筋肉が緊張してリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

 

これが肩コリになります。
弱い部分を変えていかなければ、また生活や食事することや眠りの浅さで疲れが弱い部分にたまっていきます。その悪循環を少しずつ変える事ができるのが体質改善の矯正になります。
だから、当院では 体質改善の矯正 をお勧めしています。
体質改善の矯正は簡単に短気で変わる事もありませんし変えられることもありません。
簡単に変わるモノだったら変える必要はありませんし、お勧めしません。
変えなければ、変わる事もなく、あとは進むばかりです。

 

肩こりになる時には、原因があります。
肩のコリが起きる時には、特別なことではなく日常で多くなるモノが蓄積しています。毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

 

多くなるモノは、何をしても多くなり、何もしなくても多く生み出されていきます。
家でゆっくりしても、ゴロゴロしても、ダラダラしても多くなります。掃除をしても、家事をしてもアイロンをかけても階段を上り降りしても歩いてもジョキングしても筋トレしてもストレッチしても体操をしても多くなります。

 

肩こりと言うと肩を動かした方が良いとか、肩甲骨を動かすようにしたりすることやストレッチ、体操の類や筋肉を鍛えることや色々な方法がありますが、すると一時的にリンパの流れが良くなり、老廃物も流れて循環が良くなります。

 

また、お風呂等で温めても一時的にリンパの流れが良くなり、老廃物も流れて循環が良くなります。
しかし、何かをしたら、代償が生み出されてしまいます。
仕事や生活で疲れているのに代償が生み出されて、体にたまっていきます。

 

この代償が、ダメージになり積み重なっていきます。これが疲れです。疲れが多くなると疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になり、筋肉にもたまりながら、体の中にもたまっていきます。蓄積疲労が体の中にたまっていくと体の中から崩れを起こして背骨のズレになります。
筋肉は背骨から他の骨へ引っ付いていますから、背骨のズレが起きると筋肉も引っ張られたりコリを起こしていきます。
そうするとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。これが普通に起きている肩こりです。

 

しかし湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽に感じてしまいますが、原因が残ったままになっています。
この原因が、肩こりを直りずらくしたり、繰り返すことになったり、肩が重たくなったりしていきます。

 

確かに湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽にすることは可能ですが、原因が残ったままになっていますから繰り返したり、治りずらくしたりしていきます。
肩こりになる原因は
肩こりになる原因は、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものが体に蓄積したものが原因です。

 

これが疲れですけど、多くの方は簡単に考えてしまいます。

 

疲れが多くなって疲労になり、疲労が多くなって蓄積疲労になり、蓄積疲労が筋肉にもたまりながら、多くは体の中にたまっていきます。
体のある部分にたまった蓄積疲労が体を中から崩していきます。これが背骨のズレになります。
背骨のズレが起きると筋肉は引っ張られて緊張したり固くなったりしてリンパの流れが
悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなり肩こりになります。

 

蓄積疲労は、たまる部分を選んでたまってくれません。
蓄積疲労は弱い部分にたまっていきますから、弱い部分が肩コリになる部分であれば肩こりになっていきます。
蓄積疲労を減らすことも考えなければいけませんが、多くの方は考える事もしていません。いつの間にか消えているか、感じなくなっているからなんですが。
しかし、実は無くなった訳ではありません。
疲れは、体を動かすことをしたら多く生み出されますが、動かさなくても多くなります。
疲れはドンドン、弱い部分にたまっていきます。
弱い部分にたまりながら限界をためた時に肩こりとして感じていきます。
そして、由一、疲れを減らす事ができる方法があります。
それは栄養がある食べ物でもありません。
焼肉、ウナギを食べても肩こりが楽になったとは聞きません。
減らす事ができるのは眠りです。
しかし多くの方は勘違いしています。
眠れていると多くの方が思っています。
眠りとは脳が寝ている事を言います。
つまり熟睡の事です。
つまり熟睡が出来ていなくて寝ていると疲れは多くなっていきます。
眠れているか、眠れていないかは、検査することで判断できますが、体を確認しても分かりますが骨盤の歪み・背骨のズレが多くありますが、痛みやコリとして感じていない方も多くいます。
疲れは脳が元気だから減らす事ができます。脳が元気にならないと自力で減らすことは困難になります。
肩こりを感じてしまったら何をしたらいいのかと言うとまずは湿布を貼ったり冷やしたりすることも優先なんですが、お風呂などに入って温めて運動したり肩や首や腕を回したりということも構いませんが根本的には原因があるので原因から改善していくということが一番だと思います。
慢性化状態になってしまったり長期間、肩こりを起こしている方は何をしても構いませんので湿布を貼ったりして冷やしても温めても構わないんですが、急性状態の方、急に肩が痛くなったかというのは温めることなく湿布などで冷やしてください。

 

肩こりとは

 

肩こりの方は考えて欲しいんですがどうして筋肉のコリが起きるのか。
確かに筋肉というのは毎日毎日、荷物を持ったりバッグを肩に提げたり指先や肘を使ったりスマートフォンを操作したりということで力が入ることで筋肉疲労は起きていくんですが普通は筋肉疲労が起きるとホルモンが分泌されて筋肉疲労を解消していくはずなんです。

 

しかし確かに大量に筋肉疲労を起こせばホルモンが解消しにくい状況まで陥っているということもあると思います。どうして筋肉疲労が解消しないのかということを考える必要もありますので、筋肉を揉んば良いというわけではありません。
筋肉を揉んだり電気をかけたりすることで筋肉が中和されてしまい本当の原因を見つけ出すことができなくなります。

 

しかも筋肉を揉んだりマッサージしたり、電気をかけたりすると、しばらく肩こりを感じなくなることもあるために『肩こりが楽になった』、または『肩こりが良くなった』と思うでしょうが、実は、原因が残ったままになっています。

 

肩こり、肩の痛みを解消する

 

肩こりを楽にするためには色々な方法があるんですが、湿布を貼ったりすることでも肩こりが楽になることもありますしマッサージや家族の方に叩いてもらったりすることや専門家の先生にマッサージをしてもらったり、鍼灸をしたり、指圧をしたり、ツボを押したり、電気などをかけたりすることやサプリメントでも運動療法でも肩こり解消グッズでも肩こりを楽にすることができます。

 

しかし本当に、そんなことでいいでしょうか。

肩こりと湿布を貼る

肩こりを起こしたら湿布を貼って鎮痛効果があるものを貼って肩こりを楽にするという方法は良い方法だと思います。

 

何よりも冷やすということがいいこともありますので慢性化になってしまったら温めるのも構いませんが冷やした方が良い効果も出しやすいと思います。
しかし肩こりが楽になる程度でしたら湿布を貼って楽になることがあるということですから何でもかんでも湿布を貼っても効果が出にくいまで進行していくということもあります。

 

肩こりとマッサージ、揉む

肩こりと言うと家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったりマッサージをしたりということで肩こりを解消することもできると思います。

 

しかし肩こりを楽にしても原因が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられませんので、あまりに、しょっちゅう肩を揉んだりマッサージしたりすると肩が徐々に硬くなるということもあります。 ももということは刺激を与えることになりますので確かに人間は良くなってリンパの働きも解消されて老廃物の流れていくんですが刺激を受ければ受けるほど筋肉は徐々に硬くなっていきます。

肩こりと薬、サプリメント、医薬部外品

肩こりを感じたらサプリメントや薬を飲むということも良い方法だと思います。

 

薬というのは痛みやコリを楽にするというよりも痛み止めになって楽になっていると思いますしサプリメントなどでは栄養やミネラルやビタミンや何かのエキスで肩こりを楽にしているということがありますので循環をよくすることも可能かも分かりませんが原因が残ったままになっています。

肩こりとストレッチ

肩こりを解消するためにはストレッチをしたり筋肉や靭帯を伸ばしたりというストレッチ法も多くあるんですが原因が残ったままになっているためストレッチをしてもあまり解消することもなくストレッチで解消する程度の肩こりであればストレッチで楽になっていきますが楽になっても原因は残ったままになっています。

肩こりとツボ

ツボを使って指圧する時でも効果は大きいと思いますが本当の原因は何なのかということを検査して見つけ出すことをしなければ指圧をしてツボを押しても、どうなのかなと思います。これは個人的な見解ですから理解お願いします。

肩こりと鍼灸

経略に鍼を打って刺激をしても強い刺激を与えることはできるんですが根本的な原因を見つけ出すことはしていないと思っています。
これも1個人の見解だけです。

肩こりとネックレス

磁気ネックレスや何かの鉱物が入っているというネックレスをしても筋肉は和らぐと思いますが原因を見つけ出すことをしなければいけませんので当院では肩こりの原因を見つけ出す専門家です。

肩こりと運動

肩こりを感じたら確かに運動したりすることでリンパの働きを良くなって老廃物が多く流れていき循環が良くなることから肩こりが楽になることもありますが、運動して楽になる程度のカタクリであれば楽になっていきます。

肩こり、肩の痛みと低周波治療器や電器

当院でも以前は初期の頃テクニックが今ほど高くないために低周波治療器や色々な電気を使っていましたので、よくわかっていますが、低周波治療器というのはプラス端子からマイナス端子2定電流の電気を流して筋肉を電気的に刺激をして運動させているだけですから、リンパの働きよくなって老廃物が多く流れていき循環は良くなりますが筋肉疲労が多くなっていきます。

肩こりと整体

当院とは違って他の整体院ではまず骨を矯正しやすくするために、マッサージをしたりローラーベッドでローラーでほぐしたり、マッサージチェアでほぐしたりということをしながら、矯正をしていくと思いますが矯正をした後に低周波治療器をかけて痛みやコリを散らしているということが多くあります。
普通一般的にはボキボキしたり、ボキボキしないでソフトだといえば専用の治療代でドスンと音したりドロップさせるという治療なんですが、それ以外ではアクチベーターというパチンとさせる道具を用いて矯正をしています。

肩こり、肩の痛みと病院

最近はテレビの特集や雑誌の特集でも肩こりは実は病気だったという感じで言われていることがあるぐらい病気と無関係ではありませんが、多くの肩こりは未だ病気にあらずという状態で関係しています。
何も原因がなくて筋肉がコルことはありません。 しかし病気に関係していないでも病気というのは健康なものから
一気に病気になることはなく10年以上かけながら進行していくということが普通です。
進行途中やなっていく過程では病気ではありませんので、いくら病院で検査をしてみても異常なしつまり健康ですと言われます。

 

当院では整体とカイロプラクティックのテクニックを使いながらボキボキもしないし痛くもないけど骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレを矯正することをしているんですが、肩こりに該当する者は多くは骨盤というよりも背骨のズレが関係しています。

 

ボキボキもしないし、矯正台でドスンと落としたりすることもしないしアクチベーターという道具でパチンとさせることもしないで、手の技術だけで骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正するテクニックをしています。

 

当院では肩こりを検査をすることからしています。
何事も検査しなければ肩こりが、どうなっているのかということも、どこから起きているのかということも分かりません。

 

多くの治療院の先生は何も検査することもなく、肩をマッサージしたり揉んだり電気をかけたりすることは簡単ですが、検査するということは誰でもできるものではありません。 検査することが誰でもできないために、多くの方は肩こりの本当の原因を見つけ出すことができていません。

 

検査することができなければ、普通、一般的にも思うのは筋肉のコリだろうと思うことで、筋肉のコリばかりほぐしたり、柔らかくしたり、揉んだりしていますが、本当の原因は、必ず存在しています。

 

肩こり、肩の痛みと疲れやストレス

肩こりというのは疲れやストレスが蓄積した状態で起きていますので筋肉にも溜まりながら、多くはは背骨をズレを起こす原因の部分に蓄積していきますので背骨のズレが起きたのが原因ではありません。

 

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がずれることで骨は動きますので筋肉が引っ張られたり反対側は緩んだりしてリンパの働き悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることから肩こりになります。

 

肩こりに関係する部分が弱いせいで疲れやストレスが溜まりやすく溜まって多くなってしまったものが歪みを起こし筋肉が引っ張られて肩こりになります。

肩こり、肩の痛みと眠りのトラブル

眠りというのは大脳が寝ていることを言いますので布団で横になって目を閉じていてスースー寝息を立てているからといって寝ているわけではありません。

 

人は格好だけで騙されてしまいますので脳が寝ていなければ眠っているわけではありませんので眠りができていないと寝ていることでどんどん疲れやストレスが多くなっていきます。
熟睡ができていない方ほどむくみやすく脂肪も多くなり骨盤の歪みや骨盤の開きが大きく起きて背骨がずれているんですが脳内麻薬が多く出れば出るほど、痛みやこり自分の体調わからなくなるぐらいどっかになる方もいます。
本当に寝ている方は筋肉疲労でも筋肉疲労は寝ている間に解消できていなければいけません。

肩こり、肩の痛みと不眠症

不眠症というの夜寝ようとする時に寝つきが悪く一時間も二時間も眠れないのが不眠症です。
また最近の多くの方の不眠症は夜寝ようとする時に夜中に何回も目を覚ましてしまうけれどすぐに眠れるからと思っているでしょうけど、これも不眠症の一つです。

 

不眠症のある方ほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくを引いて背骨がずれて方々状態になっていても気が付いていない方もいますが眠りが浅い時には大脳の負担がかなり大きく内臓も疲弊していることさえもわかっていない場合が多くあります。

 

肩こり、肩の痛みと睡眠負債

最近は多くの方が睡眠負債の方もいますので睡眠負債というのは夜寝ようとする時に寝つきが良くすぐに眠れて朝まで目が覚めることがないんですが眠りが浅い睡眠しかしていませんので、熟睡状態ができていないということは眠れているわけではありません。
睡眠負債の方は夜寝ようとすると、すぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的に、3時間も4時間も5時間も6時間もあって夢が覚める瞬間に夢を見ているから夢しか記憶に残りません。

 

不眠症や睡眠負債の熟睡状態でできていない方ほど体調を検査して見ると、奈落の底のような体調をしていますので簡単に上がることもないぐらい落ちている方が、多くいますので時間がかかってしまいますが、回復させることをしないと大変な結果を招くこともあります。

 

体質改善と肩こりの治療

当院では体質改善という矯正をしているんですが体質改善というのは肩こりの原因になってるものを見つけ出して会長をあげて整えていくことをしたら、次の段階として背骨のズレを起こした原因を探し出して見つけ出すことで、見つけ出したものを変えていくことができます。
そのためにはまずは筋肉を揉んだりマッサージをしたり筋肉を柔らかくすることからしてリンパの働きを解消して老廃物を流すことから始めていきます。

 

筋肉の問題が解消できたら次のステップとして背骨のズレを負いたくない方法で解消することをしていきますし椎間板ヘルニアがある方は椎間板ヘルニアを改善することをして次のステップとして内臓疲労を治療していきます。

 

内臓疲労というのは病気ではありませんので内臓と言うと何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓にも疲れやストレスが溜まるということが起きて背骨がズレています。
そして疲れやストレスが溜まりやすい内臓というのは弱い部分でたまっていきますので弱い部分を少しずつでも変えていくことができれば蓄積度合いが違ってきます。

疲れやストレスがたまる弱い部分

 

疲れやストレスがたまるのは、弱い部分ですが、弱い部分は誰でもあります。
弱い部分が筋肉の場合もありますが肩こりと言うのは筋肉だけで起きていることはありません。
筋肉と言うのは骨から骨へ引っ付いています。
背骨のズレが起きると骨が動きますから筋肉は引っ張られていきます。
筋肉が引っ張られると筋肉は緊張したり固くなります。
この時に、リンパの流れが悪くなり老廃物が多くなります。
これが、肩こりになります。
肩こりといっても簡単に書いても、9項目存在しますので9項目全てを治療する場合もあるでしょうし省けるところがあるかもせいもありますが、どれもこれも検査することをして見つけ出すことをしています。

 

北九州市小倉南区、小倉北区、戸畑区、八幡東区、八幡西区、行橋などから。