骨盤矯正で小尻になるためには

骨盤矯正で小尻になるためには

骨盤矯正で骨盤を整えて小尻にしていく事ができます

骨盤矯正で小尻に

当院では北九州市小倉南区で30年の経験がある小尻になれる骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をする時に、良く聞かれることは?

  1. 本当に小尻になれるの? → 多くの方が小尻になっています
  2.  

  3. 痛くないの? → ぜんぜん、痛くも怖くもありません
  4.  

  5. 持続性や戻りは? → 持続性は、体全体を整える施術をしないと持続力は上がりません。人によっては終わったときから崩れ始める方もいます。それほど体の状態が良くない方ですが
  6.  

  7. 通院しなくちゃダメなの? → 小尻になれば満足して1回で来ないと言う方もいますが、当院では無理強いはしていませんが、体を整えて、体質改善の施術ができるようになってることが持続性、維持するチカラの向上になると思います

 

骨盤が大きくなるのは?

ちょっと前に履いていたスカートやパンツがキツク感じたら、骨盤矯正をしたいと思う訳ですが。

 

脂肪が増えてお尻が大きいと思う場合
骨盤に浮腫みや脂肪が増えてお尻が大きいと思う場合

 

骨盤に浮腫みや脂肪が増える場合は、浮腫みや脂肪だけで増えません。

 

必ず、骨盤の歪みや開きが起きて浮腫みや脂肪が増えていきます。

 

 

  1. 食べ過ぎてしまうと、浮腫みや脂肪が増えて骨盤が大きくなります。
  2.  

  3. 多少、体を動かす事をしないと骨盤が大きくなります。
  4.  

  5. 眠りのトラブルが多くなると、骨盤は歪んだり、開いたりして代謝が悪くなり浮腫みや脂肪を増やします。
  6.  

  7. ストレスを多くためると骨盤の歪みや開きが起きて浮腫みや脂肪を増やします。
  8.  

    どれが一番、影響するかと言うと3番目と4番目です。

     

 

 

 

 


むやみやたらな骨盤矯正よりも体を整えていくことが重要です。

 

普段の生活でスマホはキャッシュをためていきますが、人の体も、一過性で気が付くストレスもあれば、気が付かないストレスをためていき、痛みやコリなどの症状が無くても体は歪んでいきます。

 

小尻にしていく骨盤矯正をする時に、どうしたら骨盤が小さくなるのか、わかっていません。
運動したり、ストレッチしたり、骨盤矯正ショーツをはいたり、ガードルで締め付けたり、ストッキングで締めつける方法もありますが、根本的には、骨盤を整えていくことが一番です。

 

と言うのは、骨盤が歪んだり、開いたりしていると、骨盤が大きくなりスカートやパンツが入りにくくなるからです。

 

骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりすると、骨盤だけではなく生理痛、膀胱炎、尿漏れなども起こしやすくなります。
骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりすると、骨盤周辺に浮腫み、脂肪が増えていきますので、骨盤が大きくなることは多くの問題になっていきます。

 

骨盤矯正をしていく時に、疲れやストレスの蓄積を無視することはできません。
疲れやストレスが溜まると、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

 

それが浮腫みを多くしてしまい、脂肪も増えていきます。

 

疲れやストレスが体に蓄積していくと骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。
姿勢が悪いからと言って骨盤の歪み・骨盤の開きが起きることはありません

 

座り方が悪いからと言って骨盤の歪み・骨盤の開きが起きることもありません。
骨盤の歪み・骨盤の開きが起きているから、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

 

浮腫みや脂肪が増える原因も高いカロリーの摂取、炭水化物、糖分、脂分の取りすぎと言うだけでもなく運動不足だけでもありません。

 

多くの方が自分の体の状態を考えることはありません
テレビや雑誌の特集でも外的な要因(食事、運動とか、水分を出す方法)ばかり言っています。
一番の基本的なことは自分の体の状態です。
自分の体の状態と言うのは疲れが多くなった体の状態のことを言います。疲れは限界なく蓄積していきますので、『ここまでしかたまらない』と言うことはありません。

 

疲れは無限大まで限界なくたまっていき、どんどんストレスに変換されて体にたまっていきます。
仕事をしてもパートで働いても、料理を作っても、掃除をしても洗濯物を干しても階段を上り下りしても、歩いてもジョキングしても運動してもストレッチしても体操しても疲れは多くなり、ありとあらゆる部分にストレスとしてたまっていきます。
疲れやストレスほど体の働きを悪くすることはありません。

 

その一つとしてリンパの流れが代表されます。
疲れやストレスがたまっているから働きが悪くなってリンパの問題が起きて老廃物がたまっています。これが浮腫みになります。

 

だから、単純にと言うとリンパマッサージやリンパ療法をいている方に怒られるかもしれませんが、ただ流せば良い訳ではありません。

 

しかもリンパが流れないと言うことは大変なことが起きていると考えて下さい。何も原因がなくてリンパの流れができないと言うことは起こりません。

 

病気の方がお腹に水がたまる腹水がたまる、と言いますが、良くない状態だからです。そこまでリンパが溜まらなくてもリンパの流れが、どうして悪くなるのか??

 

疲れやストレスの蓄積以外の問題はありません。

 

しかし疲れやストレスは計測機械も検査する道具もありません。

 

自分で判断することができて、他人には理解も分かる事もないのが疲れやストレスです。
自分の体にたまる疲れやストレスは、何かをして『疲れた~』と感じても一時的にしか感じません。

 

しばらく時間がたつと消えたように忘れてしまいます。

 

このため、多くの疲れやストレスがたまっていることに気が付いていません。
何も痛みやこりなどや症状がないからと言って、疲れやストレスがたまっていない方はいません。

 

どんな方も疲れやストレスはたまっていますし、眠りが浅い方、睡眠負債の方ほど疲れやストレスは多くなるばかりです。

 

と言うことは、骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば良いと言う訳でもなく、疲れやストレスが蓄積した結果で骨盤の歪み・骨盤の開きが起きていますので、歪みや開きを矯正すれば良い訳でもなく、歪みや開きを矯正して疲れやストレスを減らすことが必要になります。

 

骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正することと、浮腫みや脂肪を減らしながら疲れやストレスを減らしていくから、初回から骨盤が小さくなっていきます。

 

しかし、それだけでは、また疲れやストレスが溜まると、同じことが繰り返されますから、体質改善の矯正で体の中から変える施術をしています。

 

当院では、初回から骨盤が小さくなることで人気がある骨盤矯正をしていますが、どうしたら骨盤が小さくなるか、考えるようにして小尻にしていきます。

 

骨盤矯正と言うのは2通りの矯正があります。

 

一つは骨盤周辺に多くなった浮腫み・脂肪を減らすこと。

 

もう一つは骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正する事、です。
しかし、それだけではありません。

 

骨盤矯正をする時には

当院の特徴ですが、当院ではスタッフがメジャーで測る事はしていません。それはスタッフが測ると位置が違ったり、矯正する前はユルク測って、矯正したあとはキツク測れば小さくなったように思うからです。

 

しかし実際に、そんな事をしても小さくなっている訳ではありません。
では、どうすれば小さくなったのがわかるのか???
自分で確認してもらいます。

 

自分で骨盤が小さくなるのが、わかるようにしていますので、触り方がありますから、触り方は院長が教えていきます。
しかし骨盤矯正をする時には、しっかりと意識して触る事をしないと、変化がわかりません。
骨盤矯正と言っても10センチも20センチも変われば誰でもわかります(どれだけ骨盤が大きいんだか)

 

骨盤矯正をして変わるのは1センチだったり2センチだったりと言う感じです。
例え1センチしか変わらなくても、変わったのがわかるように触っておぼえておくと、変化がわかります。

 

骨盤矯正をすると当院では初回から骨盤が小さく変わることができるので人気です。
当院の骨盤矯正はボキボキしない痛くない骨盤矯正をしています。

 

手の技術だけで骨盤を小さくする事をしています。

 

危険な事もなく痛い事もなく骨盤矯正で小尻にしていく事ができます。
骨盤矯正で骨盤を小尻にする時には、関係する事があります。
この関係することから減らすことをしないと効果がなかったり、戻りやすくなります。
単純に骨盤矯正をすれば良い訳ではありません。

 

また、骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば良いと言う訳でもありません。
多くの方が骨盤矯正をしたいと思うときには、理由があるからです。
骨盤矯正をしたいと思う理由は、パンツ、Gパンやスカートのウエストがキツクなった時です。

 

以前から履いていた洋服がキツクなった時に思う方が多くいますし、出産や腰痛、腰の痛みでも骨盤矯正をして見たいと思うでしょう。

 

鏡で自分の骨盤を見たり、手で触る事も有るでしょうが、見えません。
多くの場合は、パンツ、Gパンやスカートのウエストがキツク感じた時だと思います。
どうしてキツク感じたのか、それは、多くの方が太ったと思う方や脂肪が付いたと思う方や浮腫みが多くなったと思う方が多くいます。

 

骨盤が大きくなったから骨盤矯正をしたいと思うからです。
実は骨盤矯正をする時には関係するモノがあると説明しましたが、それは特別なことではなく、多くの方にたまっているモノです。

 

これがたまって、増えていくと骨盤が大きくなります。
当然、浮腫み、脂肪も増えていきます、そうするとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
そして骨盤の歪み・骨盤の開きも起こります。

 

たまっていくモノとは、疲れです。疲れを簡単に考える事はできません。疲れも多くなれば疲労になり、疲労から蓄積疲労になっていくと、結構、厄介ですから。

 

疲れの蓄積と骨盤矯正

疲れの蓄積ほど骨盤矯正に関係するモノはありません。
しかし疲れと言うのは検査することは普通ではできません。
そのため、どう言うことが起きているのか、専門家の先生もわかっていませんので、骨盤ベルトを巻いたり、ベルト巻いたまま運動したり、機械で締めつけたり、ボキボキしているくらいです。
当院の院長は検査する事ができます。

 

検査してみると多くの情報を得ることができますから。しかし検査する方法を知らない方が多くいますから、押さえつけるような矯正をしています。
毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなる疲れですから、全員の方が疲れをためています。

 

疲れをためると浮腫み、脂肪が増えていき代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
疲れがあると流れが良くなる事はありません。

 

流れが良くないと、浮腫みは増えていき脂肪になります。
そして、さらに骨盤の歪み・骨盤の開きになります。
当院では骨盤が初回から小さくなるように骨盤矯正をしていますので、評判が良い調整だと思っていますが骨盤矯正をする時に院内のスタッフがメジャーや計測する道具で骨盤を測ったりすることはしていませんので、ご自分で確認することができるようにしているのが特徴です。

 

スタッフが測ったりすると、位置が違ったり、計測する前はゆるく測って、計測したあとは、キツク測れば、誰だって骨盤が小さくなっているわけですから、そういうことがないようにご自分で確認することができるようにしています。
当院の院長は骨盤矯正に来たわけですから、骨盤の変化が、自分で分からなければ意味はないと考えていますので骨盤が変化したのがわかるようにしています。

 

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは骨盤の幅を小さく変えていくことです。
今まで30年間で多くの方の骨盤を小さくすることをしてきたんですが全員の方が骨盤が正常の大きさではなくて大きくなっているという事実があります。

 

骨盤が大きくなっているのは理由があって大きくなっているわけですから、無理な治療をすることもなく骨盤を正常に戻していくことができれば骨盤が小さくなるという骨盤矯正をしています 。

 

当院では骨盤矯正をして行く時に検査することをしていますので検査をしてみると全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きだけではなく、多く積み重なるものが蓄積して骨盤が大きくなっていると言う 現象が起きているんです。

 

30年間、骨盤矯正をしてきて一人として骨盤が正常の大きさの方はいませんでしたので全員の方が骨盤が何らかの理由から大きくなっているということがあり骨盤を正常に戻すことができれば骨盤が小さくなるという骨盤矯正をしていますので全員が対象になります。

 

骨盤を小さくすることは大変、難しいテクニックを要しますので、誰でもできるものではありませんので特殊な技術になりますけど、検査ができなければ、正常なのか異常なのかということを見つけ出すこともできません。

 

骨盤矯正をする時に一番深く関係している者が毎日毎日の生活や仕事をすることで運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていくものが骨盤に溜まっていくと骨盤が徐々に大きくなっていきます。
毎日多くなっていく物というのは日常的にあるもので特別なものではありません。
それは疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスの蓄積と骨盤矯正

疲れやストレスの蓄積というのは誰でもあるものなんですが、どこにたまっているのかで起きる症状も違いますし痛みやコリがないからと言って便秘や生理痛がある方は、骨盤が大きくなっています。
どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが矯正が、必要になるのかというと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているからなんですが、どうして歪みや開きが起きるのかという原因があるから歪んだり開いたりしているわけですから。何も原因がないのに骨盤が歪んだり開いたりすることは起きませんし、歪んだり開いたりすることで骨盤周辺に浮腫みや脂肪が多くなっていくわけですから。

 

骨盤が小さい方も何らかの骨盤の大きさがあるかも分かりませんので検査をしてみないとどういう状況になっているのかどれぐらい溜まっているのかということはわかりません。
疲れやストレスの蓄積というのは、誰でもあるものですからない方は逆にいませんので、多く積み重ねれば、なるほど骨盤が大きくなり、太りやすくなっていき脂肪やむくみが多くなっていきます。

 

実は疲れやストレスほど非常に厄介なものはありませんので疲れやストレスを減らすことが簡単に出来れば苦労しませんが疲れやストレスほど減りにくいものはないんです。多くの方が疲れやストレスを言うと簡単に考えてしまっているんです。
体に蓄積したあらゆる所の疲れやストレスを減らしていくと骨盤が小さくなったり顔が小さくなったりウエストが細く引き締まったり上半身も細くすっきりしてくるという効果があります。 しかし簡単に減ることはありませんのでどれぐらい蓄積しているのかということも関係していますし体質レベルの弱さや悪さがどれぐらいあるのかということも関係しています。

 

骨盤の歪みを直す方法

骨盤の歪みを治す方法はいろいろな方法があると思うんですが運動系や何かを巻いたりサプリメントを飲んだり色々な方法がありますが基本的な物を減らすことを考えてもいないし、検査することができていないためただ締め付けたり運動したりという骨盤矯正が多く見受けられます。

骨盤ベルト

一番矯正をして行く時に骨盤ベルトを巻いて圧迫した状態で骨盤を小さくするということや骨盤ベルトを巻いたままでフラフープを回すような感じで腰を回すと骨盤が小さくなるとかそういう方法もあると思いますので圧迫しても循環が悪くなっていますから一時的に骨盤が小さくなることがあっても維持することはできないし、検査しているわけでもありませんのでどういう状況で骨盤が小さくなるのか分かっていないということもあります。

 

圧迫すれば少しは小さくなる可能性もありますが、圧迫して変わるのは浮腫みの部分だけであり逆に脂肪が増える可能性もあるかも分かりません。
ベルトというのも圧迫しているだけですからサポーターと同じで血行が悪くなりリンパの働きが停滞しているを廃物が多く蓄積していきますから効果的なのはどうなのかなと思っていますが厳密に考えでは蓄積しているものを減らすことや骨盤の歪みや骨盤の開きそしてそれ以上のものを解消していくことが一番の近道だと思います。

 

骨盤矯正ショーツ

骨盤矯正ショーツというのも売られていますので参考までに骨盤矯正をする時に骨盤矯正ショーツというのは履いて骨盤を整えようという考えで骨盤が整うようなベルトをショーツの中に組み込むことでストッキングと同じような感じで骨盤を小さくしようというやり方なんですが合法的にはいいと思うんですけど履いてるだけで本当に痩せてくるのか、または細くなるのかと言うとどうなのかなと思います。
骨盤矯正ショーツとガードルとの違いは全体を締め付けるのと部分的に強い引っ張る力がある生地を使うかの違いです。

 

骨盤矯正とストレッチ

骨盤ストレッチという方法もありますが骨盤ストレッチで運動療法をしても骨盤が引き締まるのかと言うとやればやるほど脂肪も簡単にも減りませんしむくみが逆に多くなる場合もあるんではなかろうかと思います。
運動療法というのは疲れやストレスを多く貯めてしまうことがあるので疲れやストレスがない運動というのはありませんのでどんな運動をしてもストレスを多く貯めてしまいますから貯めてしまうことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてむくみや脂肪が多くなっていくということをあると思います。

 

骨盤矯正と疲れやストレス

疲れやストレスの蓄積ほど骨盤を大きくしたり太くしたり脂肪を作ったりむくみを大量に作成することはありませんので一番関係するのは疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスが多く溜まれば骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり骨盤周辺にむくみや脂肪が多くなってしまいます。

 

しかし疲れやストレスと言うと簡単に考えてしまう方が多く何もわかっていない場合がありますので疲れやストレスほど減らすことが大変なことはありません。
太ってしまうとかズボンがきつくなったということを聞きますが何が増えてしまったのかということも考えなければいけませんので、浮腫みや脂肪が増える原因というのは食べ過ぎるということで、脂肪が多くなった場合はあるでしょうが疲れやストレスの蓄積というのも考えなければいけません。

 

全ての原因が食べ物や運動不足ではありません。
疲れやストレスというのは全身に溜まっていきながら弱い部分に溜まっていく傾向がありますので弱い部分が得なのかで骨盤が大きくなる度合いが違います。
疲れやストレスが溜まっていくとあらゆるところに脂肪が多くなっていき脂肪が多くなった部分にむくみが存在していきます。

 

しかしそれだけではなくリンパの働きも悪くなり老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなることからいろいろな問題を起こして行きます。
骨盤矯正をして行く時には一番減らすことをしなければいけないのは疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスというのも溜まる場所を選んでたまってくれるわけではありませんので全部の部分に溜まっています。
当院ではいつもしていることなんですが骨盤に溜まってしまった疲れやストレスを減らしていくとで骨盤が徐々に本当に小さくなるという特殊な骨盤矯正をしていますが骨盤矯正で骨盤の歪みや骨盤の開きを解消する時も当院ではマッサージをするような感じで整えていくことができます。

 

骨盤矯正と睡眠

骨盤矯正をして行く時に関係するのは睡眠も関係していますので最近は多くの方が睡眠不足状態になっていますので睡眠不足の方は骨盤のゆがみは骨盤の開きが大きくあるということが当然の結果だと思います。

 

不眠症や睡眠負債の方は体の状態が、かなり悪く骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくありむくみや脂肪が大量に増えてしまっていますので簡単には骨盤が小さくなることはありませんし維持することはできません。
本当を言えばどちらかと言うと骨盤矯正よりも脳の力をあげなければいけませんので脳の力が落ちているということは重大な問題になっているんです。
眠りが足りていない方ほど骨盤の維持する力がありませんので太りやすくなることもあるでしょう。

 

骨盤矯正と不眠症

最近は多くの方が眠りの問題抱えていますので不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く一時間も二時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことが不眠症の特徴です。
夜中に目を覚ましてもすぐ眠れる方も不眠症ですから不眠症だと思っていない方も多くいます。

骨盤矯正と睡眠負債

睡眠負債というのも夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないというのが睡眠負債なんですが眠りが浅い睡眠になっています。
夜、寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をする時間が圧倒的に3時間も4時間も5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢しか記憶に残りません。
眠りが浅い形ほど骨盤が大きくなったり、むくみや脂肪が太くなっていきますから骨盤自体が大きくなっていくので解消するためにも矯正が必要です。

当院の骨盤矯正は

当院のの骨盤矯正は矯正をしていくときにはボキボキもしないし痛くもないし電気や機械を使ったりすることもないけど院長がマッサージをするような感覚で骨盤を小さくすることができる特殊な矯正をしています。マッサージをするような感覚でと説明しましたがマッサージをしているわけではありませんしマッサージをして骨盤が変化するということはないと思います。 ということを考えれば特殊な骨盤矯正だということが分かると思います。
当院では骨盤矯正をする時には初回から骨盤が小さくなることで人気がありますが骨盤矯正をする時にボキボキしたり電気や機械を使うこともなく院長の手の技術だけで骨盤を小さくすることをしています。

骨盤矯正をする前に

骨盤矯正をする前に当院に、お電話で『初めてです』と伝えて予約を入れるようにしてください。 そして骨盤矯正を希望する旨を伝えてください。 そして当日に予約時間の5分前には。来院して下さい。
当院に来られたらまずカルテを書いてもらいますのでカルテを書き込む時間が5分は必要になりますので必要事項を書いてもらって骨盤矯正の部分に〇をしてください。 カルテを受け付けで渡したら中に入ってもらいます。
中に入ってもらったら院長と机で向かい合わせて座って、院長から『骨盤矯正ですね』と言われます。

 

当院の骨盤矯正は、院内のスタッフがメジャーで計測する道具で測ることはしていませんのでご自分で確認しながら小さくなったのが分かるようにしています。
骨盤矯正をする時には骨盤の幅を触って覚えてもらうことからしていきますので、説明のイラストを示しながら触ってもらう部分を言います。
骨盤矯正をする時には強制に入る前に自分の骨盤の幅を触って覚えておかなければいけませんが、多くの方は骨盤矯正をする時に、どこが骨盤なのかということも分かっていなくてきていますので骨盤矯正をして行く時には、ここは変わるんですよという感じで説明があります。

 

骨盤矯正をする時のさばる行きは下の写真にある青い矢印の両側を触ります。 できたら今でも立ってみて骨盤の位置だと思われるところを触ってみてください。また、ご自分の家にある鏡で見て確認をしてみてください。
骨盤の触る位置と変化する位置が、わかったら矯正するベットに下向きで寝てもらいます。

 

院長とともに骨盤の幅を確認する

骨盤の幅を触る時に真ん中辺りを中心に考えて右側の手のひらで感じる幅と左側の手のひらで感じる幅が違うように感じ取ることを確認してください。
骨盤というのも同じようであって足の大きさが左右で若干違うように骨盤の幅も若干違いますので、全く同じ方はいませんから右や左の左右の違いを手で触って確認できれば、さらに骨盤の幅が小さくなったとかしっかりと分かります。

 

骨盤矯正をする時には骨盤矯正をする際に寝てもらって、もう一度、院長とともに骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしています。初めに自分で触った骨盤の位置を触ってもらういますが、院長とともに触るとさらにしっかりと骨盤の幅がわかることも多くあります。

 

自分の骨盤の横に両方の手のひらを当ててもらって院長がその上から少し抑えるようにして触りますのでその時に、初めて骨盤の幅が分かったという方までいますから。 そして真ん中を中心にして左右の違いを、ここでも感じ取るようにしてください。

 

骨盤の触り方は

骨盤の触り方というのは鏡で見ることもできないために一番、難しい触り方になりますのでただ手を当てるだけではなく骨盤の横に手を置くだけでもなく、感じようとしないと骨盤が変わったのが分かりません。

 

感じようとしないとわからないために左右の違いを確認してもらうようにしています。
今まで数パーセントの方は骨盤が小さくなっても履いてきたパンツが緩くなっても分からないという方がいましたので、わからないという方は意識を持つことをしていません。

 

骨盤矯正と言っても10 CM 、20 CM も大きく変わることはありませんので、骨盤矯正で小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりということで変化するのは個人差があります。

 

そのためしっかりと触って矯正する前の幅を覚えておかないと比べることができないために、やっている方法です。当院では骨盤矯正を行うときに、院内のスタッフがメジャーで計測したり、道具で測ったりすることはしていませんので、ご自分で感じてもらうようにしています。
自分の骨盤の幅がわかったら骨盤矯正に入っていきます。

 

骨盤矯正のやり方

 

骨盤矯正のやり方と言うか方法は簡単なように見えますので自分でもできますかと、聞かれることもあるくらいですが、当院の院長は30年の骨盤矯正の経験があるから、簡単にしているようにしか見えませんが、専門家の先生がやってみても大変、難しい技術を簡単にしているようにしか見えないため簡単だと思う方が多いようです。
ですから簡単にしているように思えても一般の方ができる骨盤矯正ではありません。

 

骨盤矯正をしていく方法というのは、浮腫みや脂肪を減らすこともしているんですが骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正すれば骨盤が小さくなるのかと言うとそうではありません。
骨盤矯正をして行く時には揉んだりマッサージをするような感じが一番、近いのでマッサージ感覚と説明をしていますがマッサージをしているわけでもありませんし、マッサージをして骨盤が小さくなることはありません。

 

当院の院長は特殊な技術を有していますので特殊な技術を使ってマッサージをしたり、骨盤を揉んだり生きてるだけで骨盤の歪みや骨盤の開きが矯正されたり、浮腫みが脂肪が減っていくという特殊な技術を持っています。
本当に当院の矯正の全てはマッサージをするような感じで骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することもできるし背骨のズレを矯正して整えていくことができます。
しかし単純に骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正すればいいというわけではありませんので体の中から矯正を行うことをしています。

 

骨盤矯正をしたあとは

マッサージ感覚で骨盤の矯正が終わったら寝たままで先ほどと同じようにして骨盤をもう一度触ってもらいます。 つまり骨盤矯正をする前と骨盤矯正をした後を比べてもらうわけです。
先ほどと同じように同じ場所を触るようにしてください。
そして多分ですがウエストも細くなっていると思います。 骨盤矯正を行うときには副産物として骨盤だけではなくウエストをまで細くなってしまいます。
骨盤矯正と言っても、一度で骨盤が小さくなって維持することができるか持続性があるかということを、よく聞かれますので一度目では関係するものも、あまり減っていませんので維持することはできないし、戻りやすいと思います。

 

体を整ていくと、さらに

当院の骨盤矯正は全身をしていく骨盤矯正でもありますので単純に骨盤を小さくすればいいというわけではありません。
そして一同ではなく骨盤矯正を、しばらく受け続けてもらうと、さらに 骨盤が小さくなったりウエストが引き締まっていくという効果がありますが、当院では体質改善の矯正を行うことができますので体質改善のレベルまで治療を進めていくと、さらに色々な部分が変わっていきます。

内臓の問題から骨盤に影響がある

骨盤矯正で一番、深く関係する部分というのも骨盤の中にある大腸の働きや小腸の働きや生理に関係する子宮や卵巣の問題も関係しますので中からも改善していかなければ骨盤が安定しません。
骨盤の中にあるのは大腸や小腸が大きく関係しますので女性に多い便秘の方は骨盤の歪みや骨盤の開きが起きやすくなっています 。
また生理痛や生理不順のある方は骨盤の下の方が開きやすい傾向がありますので生理痛や生理不順も骨盤矯正をする時に関係があります。

骨盤矯正とは

骨盤矯正と言うのは骨盤の幅を小さくしていくのが骨盤矯正です。つまり骨盤を後ろから見て小さく幅を変えることをしていきます。
骨盤矯正と言うと良くわかっていない方もいますので、骨盤を小さくするとは、お尻が小さくなります。
もちろん浮腫み、脂肪も減らすことも対象ですが、また、骨盤の歪みや開きの矯正だけでもありません。
骨盤矯正をする時には、浮腫み、脂肪を減らすことや骨盤の歪みや開きを矯正すれば良いと言う訳ではありません。
まだまだ、関係するモノがあるんです。
例えば骨盤の歪み・骨盤の開きを起こした原因もあります。
何も原因がないのに骨盤の歪み・骨盤の開きは起こりません。
姿勢が悪くても骨盤の歪み・骨盤の開きは起こりません。
何かの原因があるから骨盤の歪み・骨盤の開きになっています。
そして骨盤周辺に多くなる脂肪、浮腫みも原因が実はあるんです。
当然、歪みや開きが起きると代謝は悪くなり老廃物は多くなり浮腫み、脂肪は増えてしまいます。
しかし、それだけではありません。

 

体質改善と骨盤矯正

当院では体質改善と言う特殊な矯正をしています。
体質改善の強制は体の中の色々な部分を改善することができる強制ですから一番効果も大きいので小尻にもなりやすく維持することや持続性がかなり高いことがありますがどこの部分を体質的に変えるのかで問題は違います。

 

体質改善と言うのはアンチエイジングでもあるので体の中から変えていくことで骨盤が小さくなりやすくなり持続性が向上していきます。

 

例えば生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、尿漏れなどの方は骨盤の歪み・背骨のズレがあります。骨盤矯正をする時には一番、関係するのは内臓です。
弱い内臓に疲れやストレスはたまります。弱い内臓を変えていくことができるのは体質改善の施術のみです。