腰痛が痛くなったら

当院は30周年を迎える腰痛、腰の痛みの専門家です。当院は腰痛、腰の痛みを楽にしたら、普通はそこで終わりですが、そこから原因を変える治療の体質改善ができます。
腰痛、腰の痛みが起きる時には原因が裏で潜んでいます。この裏で潜んでいる原因が深く関係して腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛みの原因は

腰痛、腰の痛みが起きやすい方、腰痛が起きた方は、体調が悪く疲れやストレスがが多く蓄積した時に、切っ掛けで起こります。

体調が落ちた時には、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤不安定性が起きています。
この時に、重いものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、同じ姿勢を長くしたり、立ったまま同じ姿勢をしたり、足に合わない靴を履いたり、歩き方が悪かったりすることで切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。
体調が良い時には、同じことしても起きません。体調が良い時には骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定は起こりません。

同じことをしても腰痛になったり、起きなかったりするのは、体調が原因です。
体調が落ちて骨盤の問題があるか、ないかが原因です。

腰痛、腰の痛みは骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定性で起こります。
体に多くの疲れやストレスがたまっていくと、自然と体は歪みやズレが起きていきます。この骨盤の歪み・背骨のズレがある時に、重いものを持ったりすると体を支えなれないでギックリ腰、腰痛、腰を痛める、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のシビレが起きる、などの症状が起こります。

腰痛が起きる時には重たいものを持ったり、中腰の姿勢が多かったり、前かがみになって何かをとろうとしたり、急に姿勢を変えたり、くしゃみをして腰にきたり、ハイヒールをはり、長く歩いたので腰が痛くなったり、長時間の車の運転をしたり、色々な原因が腰痛や腰の痛みになっています。
しかし本当を言うと、今あげた色々なものは、きっかけです。
このきっかけが起きる前にも原因が完成しているから、後はきっかけを待つだけです。何事もきっかけがないと腰痛や腰の痛みにはなりません。

当院では腰痛や腰の痛みが、どこから起きているのか、検査することで原因がわかります。
検査するというのは大変重要なものなので誰でもできる検査テクニックでありません。腰痛や腰の痛みもどこかに原因があって起きているので、痛いところが原因とは限りません。

普通は病院などに行くと痛いところが原因のような感じで、そこに注射をしたり湿布を張ったり電気をかけたりしますが多くの場合、痛みがあるところが原因ではない場合が多いようです。

痛みがあるところが原因ではない

痛みがあるところが原因ではなかったが、どこから起きている腰痛や腰の痛みかということを探らなければいけません。
この時に初めて検査するということが重要になります。痛みがある部分が原因ではなかったがどこか探さなくてはなりません。

その時に検査ができるかできないか重要な問題になります。
当院の院長は、この検査する技術にたけています。いつもいろいろなテクニックを研究したり開発したりする事が多く、人の体も一定ではありませんので、皆さん体の状態が違います。

体の状態が違うのに検査を正確にすること、それが一番大事になります
腰痛になるときには必ず原因があって起きています。湿布や注射、薬、電機でも一時抑えはできるかもしれませんが、原因や歪みが残っています。

この原因や歪みから解消していくことをしないと痛みやコリがないときでも歪みや原因は進行して急に出てきます。
その時には手術しないといけないほどと言うことを良く聞きます。
腰痛を悪化させてしまう前に歪みや原因から改善していかないと、と思います。
腰痛、腰の痛みは、骨盤の歪みと背骨の歪み、ズレから起きています。歪みやズレがある時には、筋肉・靭帯のバランスが悪くなっています。
この時に痛みが起きる姿勢をすると急に起きるのがギックリ腰で、徐々に痛みが起きる事もあります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになると
2019年02月01日