腰痛で腰に痛みを感じたら

北九州市小倉南区で腰痛を解消するなら徳力整体院。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、原因があります。腰痛の治療と言うと多くは原因なんか関係なく痛みのみを楽にすることをして、治した、とか、治ったと思っています。表面上の腰の痛みを治すと言う事は簡単なものが多くありますが、本当の意味で腰痛を治すことはしていません。
普通は腰の痛みを楽にすることを、「治った」と言います。しかし、腰痛を起した原因が、まだ残っています。腰痛を起こしている原因は簡単に変わるものではありません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰の痛みが起きた時に、「治った」と思わせる治療は湿布を貼ったりしても、サプリメント、医薬部外品を飲んでも、マッサージをしても、低周波治療器や電器をしても楽にすることはできるかも知れません。
しかし、奥底に原因が存在しています。奥底に潜んでいる原因は、いつまでも同じままではいられません。悪い所ほど急速に進行していくからです。

進行した形態が、どう言う状態で出て来るかは出てみないとわかりませんが、今まで、痛みもなく突然、急に椎間板ヘルニアになる方もいます。また坐骨神経痛に進行する方もいます。
慢性化してしまい長期にわたり治らない方もいます。また脊柱管狭窄症に進行する方もいます。骨の骨折が起こる事もあり腰椎すべり症等になる方もいます。

また骨の歪みやズレから腰痛は起きていますから、歪みやズレの原因の部分が進行する事もあります。
腰痛が起きるのは
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは、色々なものから起きることがあります。一つずつ解決していく必要があります。

① 腰部の筋肉、じん帯のバランスの崩れ

腰の部分には色々な筋肉、じん帯があります。この筋肉、じん帯がバランスが悪くなると骨盤が不安定になります。骨盤が安定していない時に悪い姿勢をすると腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど進行します。しかし何も原因がなくて筋肉、じん帯がバランスが崩れることはありません。何かの原因があるから筋肉、じん帯のバランスが崩れていきます。
筋肉、じん帯バランスは運動してもストレッチしても鍛えられるものではありません。バランスが悪い時に余計な負担をかけると悪くなります。

② 骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・背骨のズレがあると体を支えることができませんから、支えることができないと腰の負担が大きくなります。負担が大きくなると腰の痛みになります。
骨盤の歪み・背骨のズレも姿勢が悪かったり猫背でも起きることはありません。骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのも原因があります。骨盤を矯正すれば良いと言う訳ではありません。骨盤の歪みを起こした原因があります。その原因を見つけ出さなければいけません。

③ 背骨のズレ

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは背骨のズレから起きていることが多くあります。背骨のズレが起きる時には腰椎の4番目と5番目にズレが起こりやすくなりますから、4番目と5番目は骨盤の上になります。腰のベルトがあたる部分が痛い時には背骨のズレがあることもあります。

④ 椎間板ヘルニアから腰痛

腰痛が進行してしまうと椎間板ヘルニアになっている方もいます、背骨の骨の間には椎間板(軟骨)があります。この軟骨が膨らんでいることがあります。この椎間板の膨らみのことを椎間板ヘルニアと言います。椎間板ヘルニアも原因があります。原因から解消しないと直りません。

⑤ 骨の炎症やハレ

最近は、普通では起こりませんが、筋肉、じん帯だけではなく骨まで炎症やハレを起こしている方がいます。普通では考えられませんが実際に検査してみると腰椎の骨自体に炎症やハレを起こして、タダレのような感じになって痛みになっていることがあります。骨盤の中央の骨の仙骨(尾てい骨)と言う骨も炎症やハレを起こしてタダレていることもあります。
⑥ 免疫の問題の低下から増えてしまうものがあります
ハッキリは言えませんが人には、免疫細胞の数が減ってきている方が最近は、増えてきました。その為、免疫の細胞の数の減少から敵対勢力の増殖が起こり炎症やハレを起こしてタダレを起こしていることもあります。

⑦ 内臓から起きる腰の痛み

腰痛は内臓から起きる事もあります。内臓から起きる腰痛は2通りのものがあります。一つは病気から起きる腰痛です。これは当院では適応外ですから病院で検査してみる必要があります。
もう一つは病気ではない状態で起きる腰痛です。病気ではありませんが内臓疲労が関係して起きる腰痛です。内臓疲労は病気ではありません。
本当は腰痛の原因の多くは内臓疲労から起きています。詳しくは下の説明をご覧ください。

つらい腰痛を楽にする

腰痛、腰の痛みを楽にしていく事から始めて、腰痛、腰の痛みの原因を見つける施術をしています。腰痛、腰の痛みには起きる原因が必ずありますが、原因を改善しなくても楽になることがあります。その施術法が対症療法と言うやり方です。対症療法は湿布を貼ったりしても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。サプリメント、医薬部外品の薬を飲んでも腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。マッサージしても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。低周波治療器や電器をしても腰痛、腰の痛みは楽になることもあります。

しかし腰痛、腰の痛みには原因があります。原因を見つけ出すことは簡単なことではありません。専門的な知識も必要です。検査もできないと良くすることができません。検査して確認して腰痛、腰の痛みの解消を進めていきます。
最近の腰痛、腰の痛みの方の原因は普通の骨盤の歪み・背骨のズレから起きている方もいますが、それだけではありません。一般的な腰痛、腰の痛みは、骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると骨盤が安定しなくて不安定になりますから体を支えることができません。体を支えることができないのに負担をかける事ばかりしていると骨盤の歪み・背骨のズレが広がります。この時に腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みがある方は骨盤の歪み・背骨のズレが原因で起きています。骨盤の歪み・背骨のズレが起きているときに重いものを持ち上げたりすると体と重いのもを支えることができません。支えることができないと急に腰痛、腰の痛みになります。骨盤の歪み・背骨のズレも程度と言うか、段階があります。軽いのからひどいのから色々な段階があります。大きく骨盤の歪み・背骨のズレがあれば、いつ起きても良い状態です。あとは切っ掛けだけです。切っ掛けとは、中腰、同じ姿勢、重いものを持つ、前かがみ、クシャミなどの腰に負担がある姿勢です。

つらい腰痛、腰の痛みを改善することをしています。腰痛、腰の痛みを楽にしていく時には色々な治療法がありますが、当院では、まず、痛みを楽にしていくことから始めて行きます。
最近の腰痛は以前とは違いますから、検査する事をして状況判断しています。当院の腰痛を改善する検査は触るだけで、状況判断できます。

腰を触ると歪みやズレがわかりますし、歪みやズレだけではなく椎間板ヘルニアが起きていることも判断してわかります。もちろん腰痛に深く関係する骨盤も歪みや開きが検査することでわかります。

しかし最近の腰痛の方は、骨盤の骨まで炎症やハレが起きている方もいます。そして背骨が炎症を起こしていたりハレている方もいます。 普通は起こりませんが眠りが浅いとなんでも起きます。

今、来院した腰痛の方も整形外科で筋肉のバランスが悪いとか、内転筋が弱りすぎていると言うことを言われたそうですが、当院で検査してみると5番目の腰椎の部分に椎間板ヘルニアがありました。病院でレントゲンを撮影しても分からなかったそうですが、当院では検査する事ができますから確認と治療をすることができます。
病院でもレントゲンでもわからないことを見つけ出して改善することができますが1回で良くなることはありません。楽にはなると思いますが。

実際に骨自体に炎症やハレがあるかは検査しないと判断できません。
しかし多くの方が骨に炎症やハレがあるみたいです。特に骨盤の中央の骨の仙骨(尾てい骨)が多くの炎症やハレを起こしています。そして背骨(腰椎)も炎症やハレを起こしている方が多くいます。もし、骨の炎症やハレがある場合は、骨の炎症やハレから改善しないと腰痛はいつまでも悪いままです。

腰痛とは

腰の痛みやつらい腰痛を解消していく為には、色々な方法がありますが、当院の治療は根本的な部分から改善していく治療法です。当院では30年の腰痛の治療の専門家ですから骨盤の歪みや背骨のズレを的確に見つけることができます。
検査することで骨盤の歪みや背骨のズレも判断していきますし椎間板ヘルニアがあればレントゲンでもわかりずらい椎間板ヘルニアも見つけていく事ができます。
すべて、検査する事で確認しながら矯正することをしていきますが治療は痛くはありません。怖くもなくマッサージ感覚で腰痛を治療していく事ができる方法です。
マッサージと言うのはマッサージをしている訳ではありませんから注意して下さい。マッサージをしても腰痛の原因である歪みやズレは改善できるとは思えません。

腰痛は歪みやズレから起きています。

しかも歪みやズレを起こした原因があります。何も原因がないのに、また、姿勢などで歪みやズレが起きることはありません。歪みやズレを起こした原因があります。これが腰痛を起した黒幕です。この黒幕から改善しないと一時抑えばかりしていると黒幕は進行して違うものとして先将来につながります。

腰痛と先将来の問題は無関係ではありません。腰痛と言っても簡単なものではありません。腰痛と言うのは体が起こしているボディランゲージです。体が唯一起こすことができる一過性の痛みやコリが腰痛です。腰痛を一時押えしている方は、先将来、腰痛を起こしている原因を進行させていくと内臓の病気になります。
腰痛と言うのは体が起こしている警報です、警報をスイッチを切ることだけしていると腰痛、腰の痛みがない時でも進行していきます。せっかく体が良くないぞと知らせてくれているのに、それを人は簡単に考えていますから。

腎臓疲労が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに
2019年02月01日