骨盤矯正で骨盤が小さくなる

北九州市小倉南区で骨盤矯正なら初回から小尻になる徳力整体院。

骨盤矯正をして骨盤を小さく小尻にしていく為には、一番、関係するものがあります。一番、関係するものは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
毎日の生活、仕事、運動、睡眠負債で多くなるものは、何をしても多くなるし何もしなくても多くなって体に積み重なっていきます。

何をしても多くなるし何もしなくても多くなって体に積み重なっていくものとは、疲れやストレスです。
当院の骨盤矯正は他の骨盤矯正をしている治療院やエステとは違います。今まで30年間で多くの方の骨盤を小さくする事をしてきましたが全員の方が小尻になっていますが、それには理由があります。
骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪み・骨盤の開きの矯正や浮腫み、脂肪を減らせば良いと言う訳ではありません。多くの治療院やエステでは検査もしていない所がありますから、当院では検査する事をしていますが、今まで30年間、骨盤矯正をしてきて誰一人として骨盤が正常な方はいません。骨盤が正常ではないと言う事は歪みやズレではありません。それ以上のことが起きているからです。

全員の方が骨盤が炎症やハレを起こしているからです。骨盤の骨が炎症やハレを起こしていると骨盤が肥大して大きく太くなります。これを正常に戻していくと骨盤が小さくなり始めます。しかし1回で終わる事はありません。1回では持続性もありませんので。

疲れやストレスと骨盤矯正

一見、関係ないような疲れやストレスと骨盤矯正なんですが、実は深く関係があり疲れやストレスを減らすと骨盤が小さくなっていくと言う効果がありますが、疲れやストレスを減らすことは容易ではありません。
疲れやストレスと言うのは病気ではありませんから検査しようにも検査もできません。自分でわかるしかないのが疲れやストレスですが、何も症状や痛みやコリ、ダルクないからと言って疲れやストレスがたまっていないと言う事はないからです。

今まで30年間以上、骨盤矯正をしてきましたが、検査してみると全員の方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあり、背骨のズレがあって背骨がガタガタ状態でした。この現象は疲れやストレスの蓄積にあります。
単純に骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレがあると体調の低下を表しています。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積で、日常の生活で料理を作ったり包丁で切ったり、お風呂に入ったり、掃除をしたり洗濯物を干したり、車の運転をしたりショッピングをしたり洋服を脱いだり着たりする事でも多くなります。

また、仕事でもパートでも営業でも多くなるのが疲れやストレスですが、減らす事もしていませんから。
いつの間にか感じなくなったりしているからなんですが!!
無くなっている訳ではなく疲れやストレスの蓄積が溜まっています。疲れやストレスは自然になくなる事はありません。疲れやストレスがたまると脂肪になったり浮腫みになります。また太りやすくなります。

そして、それだけではありません。

骨盤の歪み・骨盤の開きが起きたり背骨のズレを作っていきます。

骨盤矯正で骨盤の大きさを変える

骨盤矯正をする時に骨盤が小さくなれば

骨盤矯正をする時に骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば良いと言う訳ではありません。しかし骨盤が小さくなった分は良いんですが中にある大腸や小腸、膀胱、子宮、卵巣はどうなるのでしょう。
小尻になった分だけ骨盤が内臓を圧迫する事もあります。そうすると生理痛、生理不順、便秘がひどくなることもあります。

骨盤を矯正するだけではない

体に多くの疲れやストレスがたまりますがたまるのは内臓に多くたまっていきます。内臓に多くの疲れやストレスがたまると

骨盤の歪み・骨盤の開きになります。そうすると骨盤が大きくなります。
今まで30年間で多くの方の骨盤を小さくしてきましたが正常な骨盤の方は一人もいませんでした。疲れやストレスは内臓にもたまりますが内臓だけではなく骨盤にもたまります。骨盤にたまると骨が炎症やハレを起こしていき骨盤が大きくなります。
つまり骨盤が正常では無くなって、大きくなります。もちろん浮腫み、脂肪が増えていきます。

2019年09月30日