小顔矯正本当に顔を小さく

評判の良い小顔矯正をしていますが、今まで30年間以上、小顔矯正をしてきて小顔矯正するなら、必ず減らさなければいけないものがあります。
これを減らさないと顔が小さくなりにくく、持続性や維持する事ができません。逆に言うと、これを減らしていくと顔が小さくなります。
減らすと小さくなり小顔になるものとは、疲れやストレスです。

小顔矯正

疲れやストレスを減らす事

疲れやストレスと簡単に行ってしまうと簡単そうに思えるでしょうが、実は減らすのが一番、難しいのが疲れやストレスなんです。疲れやストレスを甘く考える事はできません。
疲れやストレスと言うのはマッサージでもサプリメント、医薬部外品でも低周波治療器や電器でも減らす事ができていません。筋肉を揉んで気持ちの良さと、疲れやストレスを減らすことは別であり違うからです。
時間を変えて揉んだりマッサージしているとキツクなります。時間をかけて揉んでも顔は小さくなりません。顔を小さくするには、どうすれば顔が小さくなるのか、考える必要があります。

小顔矯正だけではなく、骨盤矯正でも、体を細く引き締めていくダイエットでも関係するのが疲れやストレスの蓄積です。
体に疲れやストレスがたまると、実は多くの方がわかっていませんが、顔にもたまっていきます。顔にも疲れやストレスがたまっていくと、顔が大きくなっていきます。多くの方の顔が正常な顔の大きさではありません。
だから初回から顔を小さく小顔にすることができますが、疲れやストレスを減らすことは、簡単ではありません。一番、難しいのが疲れやストレスをたまった部分から減らす事です。

疲れやストレスを顔から取り除く事

当院の小顔矯正は他の小顔矯正とは違います、初回から顔を小さくしていますが、簡単にしていますが簡単ではありません。今まで多くの方の顔を小さくする事をしてきましたが全員の方が顔の大きさが正常ではありませんでした。顔の大きさが正常ではないのは顔の浮腫み、脂肪だけではありません。

本当に顔自体が大きく太くなっています。これを正常に戻していくと顔は小さく小顔になる事ができます。
小顔矯正をする時には、一回、一回、自分で比べる事をしてもらいます。他人やスタッフが計測したりすることはありませんから、他人やスタッフが測ると誤魔化しもあるからです。誤魔化しもなく自分で顔の変化がわかるようにしています。
その為、小顔矯正に入る前に、おぼえてもらいます。

鏡で顔の大きさを確認したり自分で顔を触っておぼえてもらいます。特に自分の手で触って小さく小顔になったのが、わかるようにしていますが、自分で触ることは、簡単ではありません。その為、簡単に触ってしまうと変化したのが、わからないと言う方がいます。

小顔矯正をする時には5センチも10センチも小さくなりません。顔が小さくなるのは1センチだったり、2センチだったりと言う感じです。
その為、下の写真のような触り方をしてもらいます。もちろん、院内にある鏡を見て顔の大きさを確認しても、もらいます。それは、本当に変わるからです。

疲れやストレスと小顔矯正

小顔矯正をする時は

小顔矯正をして行くときには関係するものがあります。関係するものを減らす事をしていくと顔は小さく特にアゴのラインはスッキリして細く引き締まっていきます。しかし顔を小さくする矯正をしていく時に関係するものを減らすことが、一番、難しく簡単には減りません。
簡単に減らないものを減らすことをして顔を小さくする事をしていますが、今まで30年間以上、小顔矯正をしてきて顔が小さくならない方はいませんでした。
と言う事を考えれば、全員の方が関係するものがあると言う事になります。

両方に関係するものとは、誰でもあるもので特別なモノではありません。特別なモノでもないし毎日の生活で生み出されていくものです。それは、

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと小顔矯正と言うのは一見、関係ないような感じですが専門家の先生も知らない方が多くいますし検査もできないものですから、減らしても変化したのが、わかるものではありません。

小顔矯正をする時には、たまってしまった疲れやストレスを減らす事をすると顔が小さくなりますが、どこに疲れやストレスがたまっているのか、検査することができないと変わりませんし、検査できても、それを減らす技術力も必要になるから、大変、難しい高度な技術が必要になります。

疲れやストレスと言うのは体にもたまりますが、顔にもたまることが起きています。多くの方が、顔に疲れやストレスがたまるということを信じられないと思いますし小顔矯正の専門家の先生も知っている方は少ないと思います。
知らないしできないから顔を無理やり押さえつけたりする事や、ボキボキするしかありません。

2019年02月14日