小顔矯正とは

北九州市小倉南区で徳力整体院は小顔矯正をして30年。

初回から顔が小さくなることで評判の小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正はボキボキもしたりすることもなく痛いこともなく顔をマッサージするような感じで顔を小さくすることができる矯正をしています。

しかしマッサージ感覚で小顔矯正をしていますがマッサージをしているわけではありませんし30年の経験があるからできることですから誰でも真似したりすることはできないと思います。

顔を変える

小顔になるとは

小顔矯正をして行く時には一番簡単なように見えるマッサージ感覚なんですがマッサージをしているわけではありませんので実際にマッサージをして顔が小さくなるのかという疑問は院長にもありますからマッサージではありません。

小顔矯正をしていく時には本当にマッサージをするような感じで矯正をしていますので患者さんから自分でも出来ますかと聞かれることもありますが30年の技術があるから出来る技ですから簡単にしているように見えて簡単な方法ではないと答えています。

顔の正常性

小顔矯正とは

顔を小さくするためにはまずは鏡で見て自分の顔を覚えなければいけませんので変化しても分からなければ意味はありませんから自分の顔を鏡で見て輪郭や大きさやむくみ度合いや脂肪の度合いや左右さを確認してもらうようにしています。
しかし鏡で見ることはある程度は簡単なようなんですが次の段階として鏡で見て自分の顔を覚えたら手で触ることをしてもらいます。

手で触る時には手を顔に当てただけではわかりません。
手を顔に置いただけではわかりませんので左右差を分かろうとしないと分かりませんから顔というのは左右が対称ではなく左右差が存在していますのでどちらの顔が大きいのか出っ張っているのかということを見つけ出さなければいけません。

実際に顔というのは左右差が存在していますので左右差が分からなければ顔が小さくなったのがわからないという方がいます。

顔が変わるのは

小顔矯正をして行く時には顔が10 CM 20 CM も小さくなることはありませんので小顔矯正で顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったりという感じで小さくなっていきますしむくみや脂肪を減らせるのは当然なんです。
だったりという感じで小さくなっていきますしむくみや脂肪を減らせるのは当然なんです。

しかし小顔矯正ですから実際にむくみや脂肪を減らすだけでも顔は少しは小さくなってくれますが実際にはそれだけではありませんので歪みやズレを整えるというよりも顔だけではなく体の調整もしなければ維持する力や持続性はないと思っています。

初回から色々顔を変えてしまうと身体全体の影響がありますので小顔矯正した後もだるくなったりきつくなったりすることがありますので要注意しなければいけません。
顔を小さくするだけでも身体全体の影響があるということなんです。
顔を触って覚える時には両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにしてくっつけていきます。

顔のさわり方

自分で確認できる

手のひらや顔が浮いたところがないのか確認しながら左右さを感じ取るようにしてください。
一番大事なのは左右さを感じようとした時に感覚神経が働き出してての集中力が増すからです。
左右差を感じようとする時には考えなければいけませんので考えないで手だけを置いたり触ったりしているだけでは小さくなってもわからないということがあります。

しかし、小顔矯正というのは顔面骨という感じで顔だけという意味が大きくあると思いますが、実際は頭蓋骨の前の部分を顔と言っていますので頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨を小さくすることが小顔矯正です。
解剖学書などで見てみると頭蓋骨というのは一つですから頭蓋骨の前側部分だけを買おうと言っているだけであり実際には頭蓋骨の一部です。

頭がい骨の一部が顔

頭蓋骨の一部である顔の前面の部分を小さくすることができるのが小顔矯正ですからむくみや脂肪だけではなく顔を、どうやって小さくすることができるのかということは考えなければいけません。
顔には何があるのかと言うと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と顔の骨とむくみしか存在しています前のでむくみと脂肪を減らすことでも顔は少しだけ小さくなってくれますが実際にはそれだけでは小さくしか変わりません。
当院では小顔矯正をして行く時にはむくみや脂肪を減らすことはもちろんなんですが顔の骨を正常に戻していくと顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

小顔矯正


2019年07月19日