骨盤矯正とは

北九州市小倉南区の骨盤矯正が人気の徳力整体院は30周年。

初回から骨盤を小さくしていく骨盤矯正をしていますが初回から骨盤を小さくしていくためには何をすればいいのかということを検査して骨盤矯正をしていきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正といっても単純にどうすれば骨盤が小さくなるのかということを考えてきている方はいませんので骨盤矯正で一番、関係しているものは疲れやストレスの蓄積なんです。

骨盤矯正と疲れやストレス

疲れやストレスが溜まれば溜まるほど骨盤は大きく開いていき歪みが大きくなっていきますし歪んだり開いたりすることが原因で骨盤周辺のむくみや脂肪が多くなっていくからです。

今まで当院に骨盤矯正を希望されて訪れた方全員の検査をしてきましたが、全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり脂肪も増えているということが現状ですから骨盤の歪みや骨盤の開き、そして多くなってしまったむくみや脂肪を減らしていくことでも骨盤は少しだけ小さくなってくれますが、単純に歪みや開きを改善すればいいというわけではなく脂肪やむくみを減らせばいいというわけではないんです。

脂肪やむくみに関係するものと歪みや開きに関係する物を減らしていかなければいけませんので減らすためには、どこに溜まっているのかということも考えなければ減らすことができませんのでどこに溜まっているのかということを検査することで見つけ出すことができます。

小尻になる

骨盤矯正と体調

骨盤矯正を希望されて訪れた方が、全員の方が体調が異常と思えるほど悪くなっていますので体調が悪いということは疲れやストレスが多く溜まっているということを表していますので、疲れやストレスが、多く溜まっていればいるほど骨盤の歪みや骨盤の開きは大きくなっていきますが、骨盤がどうして開いたり歪んだりしているのかという原因が疲れやストレスにあるわけです。

骨盤矯正で 小さくできるのは後ろから見たお尻の幅ですからお尻の幅というのは骨盤の幅になりますから 、骨盤の幅を小さくしていくことが骨盤矯正になりますので、単純に歪みが開きだけを矯正すれば小さくなるのかと言うと少ししかなりませんし、骨盤周辺にできてしまったむくみや脂肪を減らすことでも少ししか小さくなりませんのでそれ以上に小さくすることをするためには、何をすればいいのかということを考えなければいけませんし、小さくなったぶんだけ内臓を圧迫するということも起きてしまいますので内臓がどういう状態になっているのかということも考えなければいけません。

骨盤を触ると小尻になるのがわかる

骨盤矯正をする時にご自分で触ってもらうことをしていますが触るのは骨盤の真横の部分ですから足の付け根の上の方の股関節の部分を触った方がいいと思いますので股関節の少し上の辺りに手のひらを置いて幅を覚えるようにしてもらっています。

触る部分

しかし単純に骨盤の横に手を当てただけではわかりませんしおいただけではもっとわかりませんので幅を感じようとして触ってみないと小さくなってもわからないということがありますので骨盤矯正をして行く時には10 CM 20 CM の30 CM も骨盤が小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで骨盤が小さくなっていきますので後 A 1 CM 変わってもわかるように触っておかないと小さくなったのがわからないということがありますので本当に小さくなるのかと疑問に思うことなくしっかりとさわるようにしてください。

自分の骨盤を触る練習

骨盤矯正を入る時に骨盤の触り方は2度ほど練習をしますがまずは自分で触って覚えることから始めて骨盤矯正に入る直前に矯正する台の上に寝てもらったら院長と共にもう一度骨盤の幅を触って覚えるようにしてもらいますので意識をしながら触った方が分かりやすいと思いますので必ず左右さを比べてみてください。

骨盤というのは左右に若干の違いがありますので右側の方が大きく感じるとか左側の方が大きく感じるとかそういう状態で違いがありますので左右差があるということですから左右さを感じ取るようにして触った方が分かりやすいと思いますし 左右でもむくみの度合いや脂肪の付き方も違いますのでむくみや脂肪のつき方の違いを親指と人差し指などで摘んでみることも大切な方法になりますのでむくみや脂肪がどれくらいあるのかということを親指と人差し指でつまんでみてください。

徐々に変わる骨盤
2019年03月25日